■ おめでとう! レッズ!

Jリーグも今年のシーズンが大詰め

昨日J1は2ndステージの13節 レッズがステージ優勝を決めた
ここは素直に「おめでとう」と言いたい
レッズはサンフレと同じく創設期から参加していたクラブ
最初は低迷が続き その成績から「Jのお荷物」とさえ酷評されていた時期もあった
とうとうJ2に降格したこともあったが 1年でカムバックし
ここ数年は中位で頑張っていた 昨年のナビスコカップに続いての制覇
おめでとう! よく頑張って来ましたね

レッズといえば 熱烈なサポーターで有名
一度だけまだ大宮サッカー場がホームの際に お邪魔したことがある
ここはトラックがないサッカー場で熱気がムンムンしていた
アウェイのサポーターはゴールの真裏に
柵とガードマンに囲まれて50人ほど入れるスペースがあるだけ
この場所以外は 文字通り真っ赤に染められていた 凄くいい雰囲気だった
この日は Vゴール負けだったけど(内心ホッとした部分もあったけどね)
とても印象に残るゲームでした

サンフレはジュビロに2点差を追いつかれたものの
終了前に前田(ユース)が リーグ初ゴールで 勝ち越し
これで 入替戦圏外からの脱出が確定
そんなに心配はしていなかったものの 安堵の息を漏らしたのも確か
来年こそは 上位 いや 優勝争いに加わってもらいたいものです
来年の今ごろはもう居ても立ってもいられないほどに
「アウェイでもどこでも優勝決定をこの目で!」となってもらいたいな

一方 J2は42節が終了して 残り2節を残すのみ
昨日の時点で自動昇格の2クラブが決定 先に決めていたフロンターレに続いて
アルディージャが昇格決定 こちらもおめでとうございます!
これで なんと さいたま市はJ1のクラブが二つも存在することになりました
来年の“さいたまダービー”はさぞかし盛り上がることでしょうね
入替戦への挑戦権は アビスパ モンテディオ そしてサンガ
アビスパとモンテディオは勝点で並び得失点差でアビスパが上にいる
サンガはこの両クラブから勝点で4の差 残り2試合ではちょっとツライか

J1から入替戦へ回るのはセレッソかレイソルか
こちらも 勝点差は4
セレッソは昨日勝っておけば ずいぶん違ったのになぁ(最後に追いつかれて引分)

Jリーグは あさっての23日にもう一節
サンフレはホームの最終戦をトリニータ戦
このゲームはボクもビッグアーチへ駆け付ける予定にしています
幸か不幸か サンフレは全く目標が無いゲームになってしまったけれど
来季のためには 立ち止まってはいられない
成長途上のサンフレには 消化試合など存在しないはずだ!
好ゲームを期待しています!

線上の各クラブも頑張ってくださいね
[PR]
# by hangzhou21 | 2004-11-21 23:59 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ なごや

新幹線に乗ることは ボクにとってそんなに珍しいことではない
それでも 新大阪から東海道新幹線に乗るのは久し振り
新大阪から広島へ向かうのと 東京に向かうのとでは
明らかに空気が違う
やっぱり 大阪~東京間は幹線なんだなぁ
“日本の大動脈”という表現は間違いではない

もうひとつ感じたのは
つくづく名古屋という街に 馴染がない ということ
今日も 目的のビルに行った以外は 名古屋駅前に出来た高島屋へ行っただけ
どこかをウロウロしようかとも思ったけれど
土地鑑がなく ウロウロしようがない
この理由は明白で 今まで名古屋に来るときは 何か明白な目的があるときばかりで
歩き回った経験が少ないから
だから 何がどこにあるのか それがさっぱりわからない
今日だって ウロウロしたいけれど その結果 約束の時間に遅れるわけにはいかない
こうなると 目的の場所へ一直線になってしまう

名古屋駅から地下鉄に乗る
切符を買うと表示は「なごや→200円」
この“なごや”というひらがなの表示が妙に新鮮で ひとり受けてしまった
そう言えば 梅田から阪急に乗ると 切符に印字される梅田の“田”が
“田”ではなく “口”のなかに“メ”なっている
これは どういう訳なんでしょうね?

ようやく 今週はおしまい
来週は祝日もあるし 広島への出張もある
ちびっと 忙しくて気ぜわしくなりそうです
[PR]
# by hangzhou21 | 2004-11-20 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 月台

月と言えば
台湾では鉄道のプラットフォームのことを『月台』と表現します
“yue-tai”ですね
香港や大陸でこの『月台』という表現を見たことがない(ような気がする)ので
多分これは台湾独自の表現なのでしょう(大陸では『駅台・zhan-tai』)
新しい言葉は 音や意味から当て字を使うことが多いので
漢字を使う国でも 当てる字が違うことがあるようです
タクシーは『租車/出租汽車』と『的士』

この『月台』ってなかなか素敵です
ここから発車する列車は 月まで行くことができるのだろうか
そんなことを思ってしまいます

『月台』をそのまま英語に置き換えると
“moon-stage”でしょうか(かなりあやしい)

列車に乗ってどこかへ出かける
そこには日常とは違う何かが待っているのでしょう
仕事なのか帰省なのかそれとも遊びに行くのかもしれません
いずれにせよ どこかへ知らない場所へ 列車は運んでくれます
その出発地点が『月台』とは 何とも素敵
日常と非日常が交わる場所を表現するのに『月』の字を当てる
なんだか味わい深いものがあるような気がします

今日は午後から新大阪の『月台』から新幹線に乗って名古屋へ向かいます
(残念ながら仕事だけど)
名古屋ではどんな出会いが待っているのでしょう
楽しみです
[PR]
# by hangzhou21 | 2004-11-19 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 月の光でダンス

昨夜は20時を少しまわった頃に門戸の駅に帰ってきた
西の方を見上げると六甲のシルエットの少し上に 少し太った三日月
白く輝いている
その意外な明るさにちびっとドキッとした

一応都会と呼ばれる地域で生活をしていると
月の光を明るいと感じることはまずない
月の明るさは必要欠くべからずものではなく
全くの「趣き」の世界のものであり 風流なものだと認識している
(いや意識の外に存在しているものなのだ)

月光を意識し「明るい」と思ったことが一度だけある
それは北海道の牧場で一夏過ごしたときのこと
飼養している馬に「夜飼い」という夜のオヤツを午後九時に与える
晩ご飯を終え リラックスしている時間帯に
もう一度長靴を履いて厩舎に向かう
街灯など全くない そこには暗闇だけがあるはずだった
玄関のドアを開けると 妙に明るくて
不思議なことに 月光に照らされた世界が広がり
そこには 月の光で延びた自分の影がある
見上げれば満点の星空と 真ん丸い満月が輝いている
昼間とは一味も二味も違う光景がそこには広がっている
「月の光に照らされてダンスを踊りたい」なんて言葉だけの世界だと思っていたけれど
それは本当の話しだった
自分の影を見ながら思わずステップを踏みたくなる

銀色に輝く夢のような世界がそこにはあった

日々仕事に追われ 延びシロがなくなった今こそ
月の光を浴びて スッテップを踏んでみようか...
[PR]
# by hangzhou21 | 2004-11-18 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ ちょっと立ち止まって考える

以前からうすうす気配は感じていたけれど
本館の“杭州飯店”がお世話になっている
web-siteの無料サーバー NAVERのMyPageのサービスが年内で終了してしまう
これは困った!
あまり障害を起こさない安定したサービスの無料提供を受けていただけに
アタマを抱えてしまう どうしよう?

秋に入ってから 忙しくなって 映画を観る本数も激減しているし
更新もままならない現状なだけに
この際 閉店してしまうのも一つの選択肢かもしれない

“杭州飯店”を運営していくこと自体は 苦しいわけではなく
映画を観ながら 「ここはこう書こう」とか
「このセリフがポイントやったな」なんて考えていた
また 山を歩きながらだって どんな風にこの素晴らしいコースを紹介しようか
言葉を探していた
自分なりに 十分楽しませてもらった(過去形かよ!)

“杭州飯店”を公開することは
自己満足であったことも事実
にもかかわらず
幸いなことに 少なからずの人たちとお知り合いになることも出来た
メールをいただくこともあれば 掲示板に書き込んでいただくこともあり
自己満足なだけではなく ほんの少しはお役に立てていた(?)ことも知りました
(もちろん お叱りやご意見を受けることも 度々ありました)

どうするかは まだ決めていないけれど
しばらく じっくり考えることにします
今回のサービス終了は そういう機会を与えてくれたんだと解釈しましょう

=========================================================

■ 今日の写真

王子公園にある水道筋商店街にある
洋食屋さん「プチ」
ちょっと 古い まだ暑かったころの写真です
[PR]
# by hangzhou21 | 2004-11-17 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 今日はちょこっと...

今日は久しぶりに普通に出勤して デスクで仕事
お弁当を持っていったせいもあって
とうとう 職場から一歩も外に出ることなく過ごした

机に居座っていると
溜まっていた仕事が捗るんじゃないかと思っていたけれど
それは大きな間違い!
電話は架かってくるし いろいろ話し掛けられたりで
結局 あんまり 堆積している仕事を片付けられなかった
それでも なんとか考えていた分は終わった(つもり)
やっぱり 休日の方がはかどるなぁ 間違いない!

=========================================================

そうそう さっき この“NAVER”を
何気なく見ていたら なんと“MY PAGE”のサービスを年内一杯で終了するそうだ
そんな告知が ひっそりと 掲載されていた
が~ん!
今までありがたく 無料HPサービスを使わせていただいていただけに
こりゃ ショック!

これで二回目の引越しか
少々お金がかかってもしかたないから 有料サービスに乗り換えようかな

がっくし...
[PR]
# by hangzhou21 | 2004-11-16 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 職員室

今日は 珍しくてそれでいて懐かしい体験をした

職員室という言葉の響きは 受け取る人によって違うだろう
ボクの場合は 叱られることも多かった(ばかり?)だったから
ちょっと 怖い場所だった(最後は開き直っていたけどね)
そんな場所へ久しぶりにお邪魔した

もう こんなおっちゃんになってしまえば
怒られたり 叱られたりすることもないのだけれど
何故か おどおどしてしまうから 不思議
身体にしみついているんやなぁ 反応が

教室 それも 子供がいない教室ではなく
普通に授業を受けている 生徒がいる教室に入ることは
そうそうあるものではない
教室のにおい
残念ながら 白墨ではなく ホワイトボードにペンだったけど
教室にも独特の雰囲気があり
そこには ボクには もうとうになくしてしまった
青春のにおいが充満していた

そうか 先生はこのにおい糧に 若返っているのか...!!!
[PR]
# by hangzhou21 | 2004-11-15 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ これで 元旦はヒマだ!

雨が降りそうで降らない ちょっとうっとうしい天気
気持ちも鬱陶しくなるやんか!

昨日からサッカーの天皇杯は4回戦 J1のクラブが登場
昨日の時点で レイソル エスパルス アルビが相次いで破れ
「情けないこっちゃ」なんて思っていたのに
なんと サンフレも今日 横浜FCに負けてしまった
これで 12月の楽しみが無くなったし 元旦に東京へ行くことも無い
今日は ジェフ ヴィッセル セレッソも 枕を並べて討ち死に
緒戦で16クラブ中7つも負けてしまうってどういうことよ!
はぁ...

そして エリザベス女王杯
我が愛馬オースミハルカは2着
テレビで画像を見たわけではないけれど
おそらく 二番手追走から 直線 抜け出したところを
アドマイヤに差されてしまったのだろう 惜しいな
それでも GI2着は立派
ボクはちょっと忙しくて 馬券を買えなかったけど
買えたとしても アドマイヤとの組み合わせを買っていたかどうか
きっと 単勝を買っていたやろな...

本日は お昼過ぎから
「海山オヤジの会」?
前回は 春先に345さんの新築マンションにお邪魔していた
今回は 野外でBBQ
毎度の事ながら なかなか楽しくて
あっと言う間に 真っ暗になってしまいました
参加されたみなさん お疲れさまでした!

=======================================================

日記をアップしてから
ネットで速報を探してみていたら
なんと ギャングがファイターズに勝ったようです!
(ボクが行かなかったらこれや!)
もう ギャングに優勝の目はないけれど(入替戦はまぬがれそう)
こりゃ 最終節も目が離せないぞ! もう一波乱?
[PR]
# by hangzhou21 | 2004-11-14 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 2046

昨夜の日記をアップしてから 新聞を繰ってみると
「俯瞰鳥瞰(ふかんちょうかん)」ではなく「鳥瞰憂歓(ちょうかんゆうかん)」でした
11月9日の毎日新聞の夕刊(もちろん大阪本社版)
タイトルの「香港映画は大丈夫か?」とは なかなか挑戦的なタイトル
(リンク先は最新の記事になっているので 来週以降は“バックナンバー”を探してみてください)
戸澤美佐という記者の署名記事ですね

目を引くのが「香港・韓国・中国映画の公開本数」というグラフ
2001年は香港22・韓国13・中国4(合計39)
それが...
2002年16・12・8(36)
2003年11・14・14(39)
2004年4・19・5(28)6月まで
22→16→11→4 と 香港映画の凋落ぶりは 目を覆わんばかり
それ以前も一年間に15~20本はコンスタントに公開されていたのに...

記事そのものは
「インファナルアフェア」がきっかけとなり
「2046」「カンフーハッスル」が香港映画復興の起爆剤となるか と言っている

いやいや 難しいでしょう
今 香港映画界にスクリーンに客が呼べるスターは“(残念ながら)いない”
レスリー アンディラウ トニーレオン レオンライ
この4人が束になっても ヨン様には遠く及ばないし
これに マギーチャンやケリーチャン サミーチェンなどの
女優たちが加わっても苦しいでしょう
一体どうしてしまったのでしょうかね?

ボクは 香港も韓国も中国(大陸)も台湾も どの作品も
ウェルカムという 亜州迷だから 問題はないんだけど
エリックツァンやラムシューが観られないのは淋しいですよね
それどころか イーキンやニコラスツェーの顔すら長いこと観ていないような...


ところで
先日 本館(杭州飯店)に「2046」を書いてから
“そうやっったんか!”と気付いたことがある

1898年に清と英国は 香港の99年間の租借を認める条約を結ぶ
1997年になって 香港は中華人民共和国に返還されたのだが
中国は 香港をただちに中国に編入するのではなく
今後50年間は香港を現状のままとし 一国二主義の方針とした
その50年後こそ「2046」だったとは 浅はかなボクは 全く気が付かなかった
この事実をあらかじめ意識して この映画を観るのと
2046を単なる符号としてさえ意識せず ノー天気なままで観るのと
全く意味が違ってくる

あゝ ボクは何て間抜けなんだろう!!!!!!!!!
[PR]
# by hangzhou21 | 2004-11-13 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ がんばれぇ~ ハルカ!

11月も中旬を迎え そろそろ秋が深まってきてもよさそうなのに
いまだにこの暖かさはいったいどういうわけだろう
今年も余すところあと 一月半か...

目が回りそうな忙しさの中
映画館にもなかなか行けないけれど
新聞には 一応しっかり目を通している

ぺドゥナの記事が相次いで夕刊に載っている
つい最近まで 日本でのロケに参加していたので
個別の取材に応じる時間もあったのかな?
ボクは 毎日と読売で拝見した
「TUBE」も公開中だし ある意味 旬なお人なのかもしれない
どちらかと言うと 中性的な不思議な魅力を持った女優さんですね

毎日新聞の夕刊の何曜日かに「俯瞰鳥瞰」(やったかな?)というコーナーがあり
そこにも興味深い記事が載っていた
それは「韓流の割を最も喰らっているのは香港映画」という内容
まったく 仰る通りです!(詳細は後日)

この週末は ようやく一段落して
職場には行かない予定
ただし 天王寺と和泉中央に撮影には行くけどね

淀では 女王杯
愛馬 オースミハルカは 印が軽そうだけど
ボクの期待は 膨らむばかりです! がんばれぇ~! 
[PR]
# by hangzhou21 | 2004-11-12 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)