■ やめられない とまらない!

c0067706_2122265.jpg


最近 何故かスルメがいい
単に 一杯やりながらくちゃくちゃと食べるだけではなく
映画を観ながら 口をモグモグ
一口食べ始めると なかなかやめられないのが 困る

先日 白浜へ行った際の行きしなの汽車の中
隣のおじさんが ワゴンサービスで「のしいか」買っていた
それが気になって ボクも帰りの汽車の中で買った

それ以来 なんだか よく食べてしまう
食べ始めると 一袋 空いてしまうまで食べてしまう
別に身体に悪いわけではないけれど
ついつい...
# by hangzhou21 | 2005-03-24 21:23 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ さびしいなサッちゃん

c0067706_21184947.jpg


夕方ずいぶん遅くなってから雨が上がった
雨が上がってから ぐんと気温が下がったような気がする
まだまだ春は一進一退
関西の春は センバツから
部屋の中にいても雨音が聞こえるほどの激しい雨
その中で センバツが開幕 かわいそうだナ
一生に一度あるかどうかの晴れ舞台が この雨では

もうピークは過ぎたかもしれないけれど
梅田の駅や地下街では
晴れ着で着飾ったお嬢さんとすれ違うことも多かった
ここ近年は 振袖ではなく はかま姿が定番かな

先日の阪急の車内
晴れ着を着て卒業式を終えた娘さんが
お母さんと一緒に座っている
お母さんは 何やら学校新聞を熱心に読んでいる
娘さんは 何をするでもなく 座っている
なんだか「放心状態」
4年間(2年間?)の思い出が 
彼女の頭の中を 走馬灯のように駆け巡っているのだろうか

親と家路につくの悪いことではないけれど
でも ちょっと寂しいかな

  ※  ※  ※  ※  ※

サッちゃんはね サチコっていうんだ ほんとはね♪

作家で童謡の作詞もされていた阪田寛夫さんが亡くなった
人間はいつかは生を終える
それはわかっているけれど
淋しくて 悲しいものです

別れの春 そして 出会いの春

人生は 春の連続です
# by hangzhou21 | 2005-03-23 21:19 | けんちゃな日記 | Comments(2)

■ パブロフのアズキ

c0067706_22285078.jpg


今日は雨
昨日は秋の空のように 高く澄んだ青空が広がっていた
見上げれば 何本もの飛行機雲が ぼやけながら 空を切り裂いていた

こんな日は 山歩き? 釣り?
いやいや 昨日のように何の予定もなく ぶらぶらと歩くのがいい
だから ついつい ネコパラに足が向いてしまう
寅が姿を見せないのは もう仕方ない
きっと どこかでかわいがられているのだろう
そのうち また ふらっと来てくれるでしょう

10匹ほど待っている 文字通り待っている

でも 寅がいないと 
何だか心にぽっかりと 大きな穴があいてしまったような...

  ×  ×  ×  ×  ×

寒さが緩んできて 大ぶりのツバキもあちこちで花をひろげてる
気を取り直して 今度は門戸の駅まで戻る
もちろん アズキにあうため
このところすっかり覚えてくれたみたいで
ボクが近づくと「ふふ」と唸って 柵まで寄って来る
「角砂糖のおじさんが来てくれた」でも思っているのかな
そりゃ 餌をくれる人のことは アズキちゃんも覚えてくれるよね

でも 調子に乗って角砂糖ばっかりあげていると
糖尿病などの成人病にならないか心配だ
もうすっかり「角中(角砂糖中毒)」になってる(ような気がする)
「パブロフの犬」ならぬ「パブロフのアズキ」か

  ×  ×  ×  ×  ×

■ 今日の写真

日も少しは長くなった
お彼岸も過ぎたし これから春も本番ですね
仁川の住宅街では 気が早いサクラがもはや満開を迎えていました
# by hangzhou21 | 2005-03-22 22:29 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 地震はツライ

c0067706_5215067.jpg


昨年の12月に長崎で歩いて以来の山行
芦屋川から城山~岩梯子~荒地山~雨ガ峠~東おたふく山~芦有道路 というコース
山行と言うよりも 軽いハイキングコースだったはず...
あかん 体力 脚力 気力 どれも衰えてる
夕方に這うように家に戻り 一風呂浴びて 夜までダウンしてしまいました

そんな一日を過ごしていると なんと
福岡で震度6の大地震
ボクは 被害の全貌を知らないけれど 
今まで 九州で地震というイメージがなかっただけに ビックリしました
何も出来ないけれど 被災された方には 心からお見舞い申し上げます

しかし 地震をなどの災害に関して 人間はなんと無力なんでしょう
揺れていても 何も出来なくて おろおろするだけ
日頃 地震が起こることを前提に生活していないから 仕方ない
建物そのものは大丈夫でも 揺れで 
部屋中がめちゃくちゃになってしまうと 精神的に良くない
その上 大きい地震の後には 余震が来るのがやっかい
直接の被害はなくても ダメージが大きいですよね
福岡で 眠れぬ夜を過ごした方も多いでしょうね

  ×  ×  ×  ×  ×

■ 昨日の競馬

□ 今年の収支
32,000 - 36,130 = 4,130円

よっしゃ プラスに復帰!
これだけスコンと的中すると嬉しいものです
しかし 枠連が3,850円なのに対して 三連単なら45万円
100倍以上違う それだけ難しくて買い目も多くなるんだけれど
一度はこんな高配を取りたいものです
枠連ももう少しついても良さそうなもんだけどな

そろそろマイソールサウンドが怪しいとは思っていたけれど
勝つとは思っていなかった
逆に言うと サクラセンチュリーはどうしたことだろう?

東西とも 本命馬が大きく崩れてしまう
ただ ボクのリズムは悪くない
来週は 高松宮記念(GI)
桜花賞も間近に迫ってきた!
# by hangzhou21 | 2005-03-21 05:22 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ ぎくしゃく

c0067706_623303.jpg


日本と韓国の関係がギクシャクしている
日本海に浮かぶ小さな岩礁の領有権を争っているからだ
いろいろ思っていることや感じていることがあり
ここに書きたいのだけれど 今は止めておく
時期を見て 発言したいと思います

ここで思い出しているのが「華氏911」だ
この映画を観て思ったのは
マスメディアによって 情報がいかに 歪められて大衆に届けられているのかということだった
それに どの情報を伝達し どの情報を無視するのかを決めているのが誰なのかも気になった

今回の事態も そんな側面が見え隠れしている
そんな気がしてならないのは ボクだけだろうか

  ×  ×  ×  ×  ×

さて
昨日は万博競技場へ
もちろん 我がサンフレの雄姿を見に行ったわけだけど
残念な結果に終わった
これで 3週連続して現場でサンフレのサポートをしてきたけれど
結果は2分1敗 とうとう勝ってくれなかった

でも 今年の出来は決して悪くない
明るい兆しが見えている
一気に優勝と言えばウソになるけれど 
戦力的にも 戦術的にも
充分上位を狙えるクラブになった(と思う)

後は 選手もそうだし ボクたちサポーターが
「勝ち方を覚える(勝ち方に慣れる)」ことが必要なようだ
開幕して僅か3試合の結果で落ち込む必要はない(もちろん反省は必要だけど)
むしろ 胸を張って 自信を持って 次週以降のゲームに臨んでもらいたい

とは言うものの やっぱり勝ってもらいたいよね
次回 現場で観戦できるのは いつになることやら...

  ×  ×  ×  ×  ×

■ 昨日の競馬

□ フラワーカップ GIII
(馬連) 1-2 2-6 2-9 2-13(各200円)
※ ハズレ
唯一関西から乗り込んだ連勝馬シーザリオから
相手には 印が入ったところを選ぶ
吉田豊は買えないから ハズレても仕方ないか

□今年の収支
30,000 - 28,330 = ▲1,670円

■ 今日の競馬
※珍しく昨夜のうちに買目を決めたので...

□ 阪神大章典 GII
(予想) ※本命戦
桜花賞と並ぶ仁川の名物レース
下手したら 宝塚記念より好メンバーが揃う
最近の充実ぶりからサクラセンチュリーを軸
相手の筆頭は昨年の優勝馬リンカーン ここを厚目に
荒れたときのために マイソールサウンド ウイングランツにもこっそり...
(馬単) 9→4(800円) 9→8(100円) 9→3(100円)

□ スプリングS GII
(予想) ※大穴狙い
ここは難解なレースになった
三連単で100万券を追いかけたい気もするけど
ここは我慢して枠連で取りに行く
中心視したいのが 1枠 ワールドアベニュー ウインクルセイド
横山典と四位が乗っているのに 全くのノーマークなのが気になる
荒れると見て 1枠で心中
相手筆頭に 暮れのラジオたんぱを買った ヴァーミリアンの7枠
そして ダンスインザモアとスキップジャックの3枠
怖いので ペールギュント マキハタサーメットの4枠も押さえておく
念のために 1枠のゾロ目もね
8枠のプライドキムも気になるのだけど そこまで印がまわらない
念のため3-7も買う それ以外が来たら これはつくぞ!
(枠連) 1-7 1-3 3-7 1-4 1-1 (各200円)
# by hangzhou21 | 2005-03-20 06:25 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 都市生活者の憂鬱

c0067706_6172561.jpg


帰り道 阪急の中で夕刊を読むのは 先日紹介したとおり
つい先日の読売新聞の夕刊に 興味深い記事が掲載されていた
(3/17夕刊7面・大阪本社版)

ボクはタレントだと思い込んでいた米国人ケント・ギルバート
「カリフォルニア州弁護士」という肩書きで サマータイムについて寄稿している
その全文を紹介できないが 
主旨は 日本でもサマータイムを導入すべきではないか というものだった
ここでは それの是非は問わないが そこで展開されている彼の説が面白かった
曰く
>都会生活者は人工的な環境の中で暮らすために、季節や時間を情報と
>とらえるようになる。つまり、自分の五感を働かせて、暑くなったなあ、夏
>がきたんだ、と感じるのではなく、テレビや新聞の「本日の最高気温は...」
>という情報で納得してしまう。
と言うもの 
お腹が空くことによって お昼が来たことを感じるのではなく
腕時計に目をやり 12時を指していると 
その時計を見たことで(情報を得ることによって)空腹を覚えるのだ
日差しの強さや風の冷たさで季節を感じるのではない
記号としての情報で 季節や時の移ろいを実感してしまうのか

いや まさにおっしゃるとおり
平日 ボク自身の生活をで
空調が効いていない空間にいるのは 自宅を出て最寄の駅に行くまでだけ
あとは 人工的に“快適”と判断されている空間にずっととどまっている
これでは 五感で季節の移り変わりを知ることなんか出来ない
「自然のリズムを都市生活に取り込むために サマータイム導入を」
という彼の主張に飛びつきはしないが
なかなか面白い着眼点だと思った

そういえば ここのところ 朝 目が覚めると
もう うっすらと明るくなっている ついこないだまで 真っ暗だったのに
庭に出ると ケナリ(レンギョウ)の芽がすっかり大きくなっていた
寒の戻りもあるけれど 確実に季節は進んでいるんだな

※ 探したけれど ケント・ギルバートの投稿記事を収録しているsiteはないようでした

×  ×  ×  ×  ×

■ 今日の写真

純喫茶パール 
今まで気が付かなかったけれど そのすぐそばに
同じような 雰囲気を醸し出している
茶房ブランカ

猿猴橋から友愛市場周辺は
ある意味 広島の文化遺産として 保存するのはどうだろう...
喫茶店だけではなく ここを改造すればイケルようなお店も多いし
ヌーヴォのように変身可能なポルノ専門館もあるのだけど...
まぁ 再開発が前提となっているために
前向きな意見や 投資は抑えられているよなぁ
# by hangzhou21 | 2005-03-19 06:17 | けんちゃな日記 | Comments(2)

■ 黄金のまわし

c0067706_551244.jpg


東大寺のお水取り 相撲の春場所 そしてセンバツの開催
関西では春の行事が目白押し
そして 節分も目前に控えると 春本番まで「秒読み」です
コートを脱ぎ捨てて 身軽になって春の野を駆けたいものです

昨夜 TVがついていたので 何気なく見てしまう
そうそう TVの良くないところは こうして「何気なく見てしまう」こと
で ニュースで相撲の結果を放映していた
強い横綱・朝青龍が勝っている
それはどうでもいいのだけど 横綱が締めているまわしの色に目が止まる
なんと 黄金色ではないか
この色は 輪島の色だ(輪島の金よりは明るいような気もしたけど)
輪島が強かった頃 どれくらい前か忘れたけれど ボクが一生懸命相撲を見ていた
「黄金の左」と呼ばれ 輪島の左が入ったら勝負ありだった
そして 彼こそ黄金のまわしがよく似合っていた

ボクが贔屓にしていたのが 輪島と同じ花篭部屋の魁傑
大関まで昇進したけれど 二度も陥落してしまった
そう大きくないけれど 浅黒い身体で粘っこい相撲を取っていた
今では 放駒親方として部屋を率いている
一度 大阪場所の開催中に 陣中見舞いへ行かねばと思っているけれど
まだ果たせていない
そして そうこうしているうちに 今年も春場所が終わってしまうんだろうな

  ×  ×  ×  ×  ×

■ 今日の写真

広島は駅前が遅々として進まない再開発中
西側は 大きなビルが建ち 百貨店が入っている
東側は まだまだそのままで
良く言えば レトロな雰囲気を残している
駅前から 広電に乗ると いくらも走らないうちに一つ目の停留所に着く
猿猴橋(えんこうばし) 
この付近は まるで時の流れが止まってしまったかなような...
そんな存在のひとつが この喫茶店
いつも電車の中から見て 気になっていた
今回も店の中には入らなかったけれど 
チラッと見た感じ お客さんがたくさんいらっしゃるようでした
次回こそは勇気を出して...
# by hangzhou21 | 2005-03-18 05:52 | けんちゃな日記 | Comments(4)

■ さぁ どこか 歩こう!

c0067706_2114514.jpg


風邪の具合は 完調とまでは行きませんが
随分 良くなりました ご心配をおかけしました

今日は割りと温かい雨が降りました
ちょっと着込んでいたので 帰りの電車の中では 少し蒸しました

さて
これまでの数年 ちょっと気が狂ったように 毎週歩いていたのに
このところさっぱり
生活のリズムが変わってしまったのが大きな原因かな

以前は 割りときっちり時間通りに仕事を終えることが出来たので
職場を出てから充分映画を観ることができた
でも 今はなかなかそうも行かない
その日の最終回に間に合うかどうかも その時にならないとわからない
(もっとも それが普通だとは思うけど)

で 自然と週末にまとめて映画を観ることが多くなる
以前は 週末に都会の雑踏を歩くのは嫌だったのにね(今でもそうだけど)
となると 犠牲になっているのが山行になっている
いかんなぁ...

よく話しをするプロダクションの社長さん
最近 急にハイキングに興味を持ち出している
先日 近くの六甲をご子息と歩かれたと聞き
六甲の山の地図を持っていく その地図を広げながら あれこれお話しをしていると
「また歩きたいな」と思うから不思議

悪友カプと小町に誘ってもらったから この週末どこかをほっつき歩く予定
そうそう ちょっと足慣らしをしておかないと
大田の鶏龍山への遠征も近づいているぞ!

  ×  ×  ×  ×  ×

■ 今日の写真

グレも寅のこと心配してるのかな?
「困ったなぁ」って言ってます
# by hangzhou21 | 2005-03-17 21:18 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 寅はいずこへ...

c0067706_223049.jpg


ここ数週 寅が姿を見せない
どこかで遊びほうけているのならいいけれど
なんか 不慮の事故に遭っていなければいいのだけど
ちょっと心配だ (いや実は かなり心配している)

もちろん ノラちゃんだから
心配しても仕方ないのだけどね

  ×  ×  ×  ×  ×

■ 今日の写真

こちらは グレ
最近はいつもいてくれて 心をなごませてくれます
# by hangzhou21 | 2005-03-16 22:31 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ かっぱホテル

c0067706_17465267.jpg


今年の冬は風邪を引かなかった なんて思っていたのに
やっぱり 病は気からなんでしょうか?
忙しさのピークを越えて 一息ついた途端ですね
インフルエンザではないと思うのですが
ハナとノドにやってきました

休んでられへん と気が張っている時なら きっとへっちゃらだったのでしょうが
だらだらとしている今なら イチコロです
まぁ 一説には「遊びすぎ」という説も無くともないのですが...

すいません 今日は一日お休みを頂戴してしまいました
おかげで ぐっすり たっぷり 寝ました
(単なる寝不足だったのか?)
体調が戻ったわけではなく 今でも ハナズルで ノドもガラガラですが
今朝 起きたときよりもずっとマシにはなりました

あかんなぁ...

×  ×  ×  ×  ×

■ 今日の写真

もう何年も前から 新幹線の窓から見かけては気になっていたのです
「かっぱビジネスホテル」
ひょっとしたらカルビーが経営しているのかなぁ...

大阪からだと 広島駅に到着する寸前に南側から見ることが出来ます
一度泊まってみたいような 怖いような...
# by hangzhou21 | 2005-03-15 17:47 | けんちゃな日記 | Comments(2)