人気ブログランキング |

■ 今日も元気に 三連続山行

c0067706_8223135.jpg


いつも元気なんだけど
さすがに 二日連続の山行は おっちゃんにはこたえる
しかも 亜熱帯の関西へ帰ってきて 暑い
つい 昨日まで雪渓を踏んでいたなんて まるで夢のようです

さて
サッカーでちびっと動きがあったみたい
まず サンフレの駒野が ヴィッセルの三浦淳に代わって代表入りした
先日のレッズ戦(ジーコが観戦していた)では もう一つだっただけに
呼ばれても出番はあるのかな?
東アジア選手権は 今日 北朝鮮戦
駒野の出番よりも スタジアムの雰囲気が 少し気になる

もう一つが 筑波大学の平山が 
オランダリーグのフェイエノールトの練習に参加している
これは寝耳に水
先のワールドユースを拝見する限り
平山はすっかり平凡なFWになってしまっているだけに
大丈夫かな? と思ってしまう
マスコミや周囲が騒ぐほどのプレーヤーではないと思うけどな...
高校を卒業してからの2年間を 無為に過ごしてしまった意味は大きい

サンフレは 来月6日から12日まで 北海道合宿
それまでは しっかり身体を休めて 英気を養って!
8/20のアントラーズ戦 行きます!

   ▼ △   ▼ △   ▼ △   ▼ △   ▼ △

さぁ 実は今日も山行
京都市内にある 愛宕山
ここには7/31から8/1にかけてお参りすると
一回のお参りで なんと1,000回お参りしたのと同じご利益(りやく)がるという
その“千日詣”へ往きます
これは大館出張が決まる前からの計画で
森の音さんと 悪友カプ そして三国小町さんの4人で歩いてきます
三連荘で バテてしまわないか 若干の心配が...
でも きっと 大丈夫でしょう!

   ▼ △   ▼ △   ▼ △   ▼ △   ▼ △

先週の週末もパラには顔を出していないので
グレともご無沙汰!
報告によると グレは元気なんだけど
コグレのうち まおちゃんが 危ないのだとか...
ノラゆえ ボクは何の手助けもできないけれど
まおちゃん どうにか元気を取り戻してほしいいです

このあと 洗濯を干したら パラへ行ってきます!
# by hangzhou21 | 2005-07-31 08:23 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 全身から 硫黄の香が...

c0067706_7465034.jpg


昨日は岩木山
今日は八甲田の大岳
そして 今はもう西宮の拙宅でパソコンを開いてる
なんとも 不思議な気分です

今まで八甲田に関しては
新田次郎の小説ぐらいしか知らなかったけれど
そのスケールの大きさと 素晴らしさに驚きました
とにかく 湿原が素晴らしい

天気予報に反して
そこそこの好天に恵まれ
気に入りました!
チャンスがあれば 違う季節にもう一度歩きたいですね

こちらも 詳しくは 後日...
# by hangzhou21 | 2005-07-30 21:31 | けんちゃな日記 | Comments(2)

■ おいわきやま を歩いてきました!

c0067706_7502391.jpg


津軽の岩木山を歩いてきました
死にました
今まで 幾つかの山を歩いてきたけれど
今日の疲労度はトップ5に入ります
もう何度も これ以上歩くのをやめようかと思いました
でも 上がるのを止めても 簡単に降りられるわけでもなし...

何故か自然と口ずさんでいるのが
「帰って来いよ」と「みちのく一人旅」
う~ん 不思議!

ラスト付近は
強風に一面のガス
冗談ではなく吹き飛ばされそうになり
何も見えない(めがねを外したほうがなんぼかまし)
大きなごろ石のコース

達成感もへちまもなく
それこそ 這うように頂上へ
(達成感は少なかったけれど 嬉しかったな)

下山するバスの中は 全身が濡れているので 寒くて
歯の根が合わないほど 震えていた
こうして 無事に下山できて 良かった!
(詳しいレポートは また 後日 本館にて)
# by hangzhou21 | 2005-07-29 17:57 | けんちゃな日記 | Comments(2)

■ 送り火

c0067706_753970.jpg


大館の街の中で目に付くのが ラーメン店の多さ
どのお店もロードサイトなので 食べていないけれど
大館の方はよっぽどラーメンがお好きなんでしょうかね?
それと 電柱に腰巻のように巻かれている「大」の字
これは何かと思っていたら 
この街でも8/16に 大文字の送り火を燃やす行事があるそうです
もちろん 京都である五山の送り火が有名だけど
探してみると 日本中の各地でこの大文字の送り火行事は残っている
大館駅から見える山の中腹に 大の字がうっすら見えた
(タクシーの中だったので 写真を撮れなかったのが ちびっと残念)

京都の五山の送り火 もう何年も見ていない
まだ子供だった頃は 京都市内に祖母が存命で住んでおり
夏休みには この送り火を見に行ったり 地蔵盆によせてもらったりしたのにな

お盆で各家庭に里帰りしていた先祖の霊
お盆が終わり あの世へもう一度帰られる際に 山を焦がしてお見送りする
なんとも 壮大な発想ですね

  ● ○  ● ○  ● ○  ● ○  ● ○

きのう 昼食を摂っていたら ケイタイのメイルに訃報が入ってきた
年齢はちょっと離れているけれど 一時期同じ職場だった方
その当時はボクもまだ若くて 至らない人間だった(もちろん今でもそうだけど)
仕事上のことでも様々なことを教えていただいたけれど
仕事のことよりも この方を通じて 人間としていろいろと 言葉や文章ではわからないことを教えていただいた
あまり健康ではないことは知っていたけれど
職場が分かれてからは すっかりお会いすることもなくなっていた
本当は直接お会いして 過去の数々の非礼をお詫びしないといけなかったのにな
それどころか お通夜にも葬儀にも出席できない
遠い所からではあるけれど 心よりご冥福をお祈りいたします
# by hangzhou21 | 2005-07-28 07:03 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 台風一過 陽も射しました

c0067706_7552854.jpg


昨日は 紆余曲折 秋田県の大館にちゃんと到着しました
大阪から秋田へ行くとは 実はなかなか大変なことで
考えてみれば 距離的には遠い 札幌へ行く方が便数は多いし
ひょっとしたら ソウルへ行く方がましかもしれない
秋田ではなく 大館というところがポイントですね

今日 タクシーに乗ると 女性のドライバーだった
女性と言うよりもまだ若い方だったので ちびっと驚いた
きりたんぽも比内地鶏も食べていないと言うと 叱られた
だから さっき食べてきました 比内地鶏
教えていただいたお店に行きました
比内地鶏料理の店 秋田比内や 大館本店
お値段はなるほどという感じだったけれど
確かに 歯ごたえがあって 濃厚な味です 比内地鶏
“ブランドかしわ”を名乗るだけありますね
同じお店で きりたんぽも食べられるそうでしたが
お腹一杯になってしまい きりたんぽは 次回頂戴することにします

このお店は 嬉しいことに“器”にずいぶんと気を使っていて それが嬉しい
また 従業員の方も適度にフレンドリーなところがいいです
一人で行くのはちょっともったいないな
グループでももったいない 少人数でじっくりお話しをしたい時に最適です
もし大阪にあるのなら“隠し玉”としてキープしておきたいようなお店です
でも 次に大館にお邪魔するのは...

  ● ○  ● ○  ● ○  ● ○  ● ○

大館に向かう途中に「鷹巣」という地名がある
通り過ぎただけでは どんな街なのかもわからないけれど
なんか この街を歩いてみたくなるような地名だし その由来を知りたいような気がする
そう思っていたら 教えていただいた
「古い杜があり その杜に巨木があった その木に白い鷹が巣を作った
白いタカを この集落の守護神としてあがめたところから
タカノスという現在の地名になった」そうです

  ● ○  ● ○  ● ○  ● ○  ● ○

■ 今日の写真
大館市内で見かけた映画館
今でも 決してフィルムを映すことがない白いスクリーンがかかっているんでしょうか?
こんな映画館で観てみたかったな
# by hangzhou21 | 2005-07-27 19:59 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 今日は秋田へ!

c0067706_715317.jpg


ひたひたと台風7号が接近中
どうやら関西直撃はなさそうだけど
コースが東に寄り 中部から関東の太平洋岸に上陸するかもしれない
去年も真夏の台風が来ていたような気がするな

何も予定が無ければ 台風が来ても別になんとも思わないのだけど
実は 明日から秋田の大館への出張が入っているので
この台風7号の行方には気をもんでいる
まぁ 自然現象だから ボクが幾ら気をもんだところで仕方が無い

明日の一番の飛行機で現地へ飛ぶ予定だったけれど
飛ばなければシャレにもならないので 今日の昼間の便に乗ることにする(と思う)
1泊2日の行程を想定していたけれど 2泊3日になりそう

普段まずお邪魔する機会がない街へ出かけるのは 少し楽しい
普通なら 飛行機や新幹線の時間を調べて予約を入れるだけ
でも 今回のように「台風を避けて...」と考えると
「夜行で行く手もあるかなぁ」などと考える
大阪から青森を結ぶ「日本海」という寝台特急がある
これなら日本海側をひた走るので台風の影響は少なそう
でも 凄く時間がかかるのが難点
このルートを走る列車にはずいぶん乗ったけど 「日本海」には乗ったことがない
貧乏学生には コストパフォーマンスが著しく劣る 「使えない」列車だった
(特急料金が必要なうえに 座席がないので高い寝台券も買わないと乗れない)
だから 思い入れがないんだな
東海道新幹線と東北新幹線を乗り継いで 仙台か盛岡から高速バスか在来線という手もある
でも これだと 新幹線がストップすると お先真っ暗
飛行機は 大阪や関空が晴れていても
到着先が荒れていると 着陸できないかもしれない
欠航してしまうと 出発地から一歩も動けないないのが 悲しい
やっぱり 台風が東海沖にいる間に 台風を飛び越え 秋田に入るのが賢そうかな
秋田でも大館能代でも青森でも いや盛岡でも三沢でもいい
今日中にあのへんに着ければ 何とかなる

秋田へお邪魔するのは
20歳の頃に何度か(たぶん2回)
何をしたという思い出はないけれど
象潟 秋田 能代 そして五能線に乗ったな
今回は仕事で行くので もちろんかつての思い出をなぞる旅ではないけれど
なにか目に入ってくるもので よみがえってくるものはあるかもしれない

  ● ○  ● ○  ● ○  ● ○  ● ○

昨日は 東大阪~茨木~河内長野と めまぐるしく移動
ちょっと忙しかったし おかげで昼を摂る時間も取れなかった
綱渡りのスケジュールだったけれど
河内長野には少しだけ早く着けたので タバコでも飲もうかと思ったら
南海の改札を出たところで ソフトクリームを売っていた

普段は甘いものをまず食べないんだけれど
うだるような暑さに参りかけていたからか それとも よっぽどお腹が空いていたからか
つい「食べてみようか」という気になった
美味しかった!
たまには いいもんやなぁ
(慣れない冷たいモノを急に食べて お腹をこわさなければいいんやけど...)

  ● ○  ● ○  ● ○  ● ○  ● ○

さぁ 今夜は無事に大館のホテルに辿り着けるのでしょうか? 
# by hangzhou21 | 2005-07-26 07:02 | けんちゃな日記 | Comments(2)

■ 新兵器は 寝ゴザ

c0067706_6281997.jpg


例年だと 熱帯夜が続くと我慢できなくなって 夜もエアコンを入れてしまうけれど
今年は なかなか我慢が効いている
さすがに 休日の昼下がりはエアコンを入れて昼寝してしまうけど
夜は 氷枕に扇風機
そして 今日からは新しい秘密兵器を投入する
それは“寝ゴザ”なんです

新しいイグサの香り それにさらっとした感触
こりゃなかなかいいもんです!

昼過ぎに高槻から帰ってきて あまり暑さに シャワーを浴びてビールを飲んで
エアコンを効かせて そのまま晩ご飯まで昼寝
昼寝と呼ぶには長すぎたかな?

難点は 顔にゴザの跡がくっきりと付いてしまうことでしょうか?

   ▼ △   ▼ △   ▼ △   ▼ △   ▼ △

今夜でJリーグは18節が終了 東アジアカップとワールドカップの予選の関係で
ほぼ一月の中断期間に入る
サンフレからは一人も日本代表に選ばれなかったので
この中断期間中にしっかり練習してもらいたいですね
少し淋しいけど...

サンフレではなく ヴィッセルとヴェルディはどうなっているのか...
FC東京 レイソルはどん底だったけれど 何とか持ち直している
ヴィッセルはずっと超低空飛行が続いている
監督が二度も代わり カズも放出 でも結果が出ない
ヴェルディは このHOT6で 守備が崩壊 アルディレス監督も更迭
ワシントンを獲得しても これだけ失点してしまえば 気分が萎えるね

カズの横浜FCへの移籍
何か時代の移ろいを感じます

   ▼ △   ▼ △   ▼ △   ▼ △   ▼ △

■ 昨日の競馬
小倉の障害は美しく外したけれど
函館記念は 三連複の5頭ボックス(5,670円)が的中!
よっしゃ これでマイナス10,000円を切ったと思ったけれど あと210円足りない
くっそ~!
二週連続的中だから 来週の関屋記念もこの調子で...

■競馬の通算成績
72戦12勝50敗10休
60,900(投票) - 50,690(払戻) =▲10,210
# by hangzhou21 | 2005-07-25 06:30 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 短いんだから しっかり鳴いて!

c0067706_6514535.jpg


セミの声が鳴り止まない
暑さを増幅させ イライラするけれど
このセミの声も やっぱり夏らしいもの
もし セミ時雨がなければ きっと淋しさを覚えるに違いない
やっぱり 夏休みにはセミ取りに網を持って走り回る子供たちの姿が似合う

今年は スイカもきゅうりもこさえていないので
拙宅の狭い庭はどこか淋しげ
ニラやサツマイモでは 世話の焼きようがないしね

セミの合唱を聴きながら「そろそろかな?」と思って
つっかけをひっかけ 庭に出て探してみた
「ある!ある!」 今年は数が多いよ
例年なら 2~3個だけど もう5個以上ついている
どうりで セミの声も大きいはず

何年も土の中で過ごして ようやく出てくる
土の中で準備万端整えて 梅雨が明け 夏休みに入るのを待っていたのか
地上では短い命やもんな
子供に捕まらず 一生懸命名に鳴いてください
もう ウルサイ! なんて言わないから!

  □ ■   □ ■   □ ■   □ ■   □ ■

■最近の競馬
今日は 函館記念(GⅡ)
ボクが大好きな サッカーボーイが2,000mの日本レコードを出した競走です
何年も続けて函館競馬に遠征していた頃があって
サッカーボーイのデビュー戦も ナマで観戦しました
今年の函館記念は どんなもんでしょう?
開催時期が札幌と入替って 年々重賞としての価値は下がってるような気がします

■最近の結果
先週は 小倉で北九州記念(GⅢ)が行われました
こちらも 地味なレースですよね
ところが 久し振りに的中!
連敗街道をストップさせることが出来ました 良かった!
よ~し! なんとか夏場で盛り返して せめてチャラまで戻すぞ!

■競馬の通算成績
70戦11勝49敗10休
59,300(投票) - 45,020(払戻) =▲14,280
# by hangzhou21 | 2005-07-24 06:56 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ でんぐり返り

c0067706_615563.jpg


きのうのこと 打ち合わせに出掛けた奈良からの帰り道
JRの関西線はいつも空いている
仲が良さそうな高校生のグループと乗り合わせた
ロングシートの区間快速 車両の後ろ半分は 彼らだけ
元気がいい盛りなんだな わぁわぁ言って遊んでいる 楽しそうでいいね
すると 何を思ったのか そのうちの一人がシートの上で“でんぐり返り”をした

「私もね 時々 ベッドの上で“でんぐり返り”するんですよ」と
同行していた女の子が ぼそっとつぶやく
「そしたら 普段見えないものが 見えてくるんです」
そうか “でんぐり返り”なんて もう何年もしてないぞ
いや ひょっとしたら もう出来ないかもしれない(!)

「まだあるんです お風呂の中で 潜るんです
潜ってると 視界が広がるっていうか これも世の中の見方が変わるんですよ
是非 やってみてください!」
湯船の中で ぶくぶくと潜る これも久しくしていない
でも こちらは すぐにでも出来そうだ

う~ん それにしても発想が違うな

  □ ■   □ ■   □ ■   □ ■   □ ■

夏風邪はどうやら落ち着きました
まだ 粘っこい鼻水と タンがらみの咳が少しだけ残ってるけど

来週は どっさり予定が入っていて 風邪なぞぐちゅぐちゅいってられない
暑い日が続くんだろうけど 吹き飛ばす勢いでこなしていかないとね
# by hangzhou21 | 2005-07-23 06:15 | けんちゃな日記 | Comments(2)

■ 茹で上がってしまいそうです

毎日 本当に暑いですね...
最近読んだ本のお話をちょこっと...

■「観覧車―恋愛ミステリー」 祥伝社文庫 柴田よしき ISBN:4396332262
ジュンク堂の大阪本店でみかけて買い そのまましばらく“積読”状態だった
「何か本ないかな」と 最近になって発掘された
お話しうんぬんよりも「この作家どんどん成長しているな」というのが正直な感想
連作ものなんだけど 第一話のころに較べると最後の方はペンの滑りもなめらかになり
ツルっと心の中に入ってくるようになる
で 解説か後書かを読んでわかった 
第一話はデビュー時に書かれ そこから時を置きながら書き継がれてきたんだ
だから この作家の成長記録のようなものなんですね なるほど
結局 ストーリーは尻切れトンボのような形で終える
そりゃないよ!
是非 続きを読んでみたいものです はい

■「大博打」新潮文庫 黒川博行 ISBN:4101370125
実は 書評欄で見つけた別の本を旭屋の本店で探し出して買った
しかしその本は 数ページ読むだけで まぶたが重くなり 
帰りしなの阪急に揺られて西宮北口までそのまま爆睡してしまった 
「こりゃあかんな」やっぱり クソ暑い時期に小難しい本を無理に読んだらあかん
そこで 選んだのが黒川博行 
この人ならまず外れはない 夏風邪でバテている脳ミソにもすんなり入るはず
チケット屋の社長の父親を老人ホームから拉致し 身代金として20億円分の金塊を奪い取るお話し
語り口は滑らかで 安心してページを繰ることが出来る
ちょっと気になったのが 犯人を追う刑事「私」の人間的な部分の描かれ方が浅いことだろうか 
これはちょっとこの作家らしくない
騙す方も騙される方も魅力たっぷりに描くのがこの作家の魅力だと思っていたのだけど...
犯人と誘拐されたじいさんはなかなか面白かったのにな それだけがちょっと惜しい
この人の本は数冊読んだので 次は大阪府警を舞台にした連作に取り掛かろうかな
何度か書いたけど この黒川博行は
「疫病神」(新潮文庫)「国境」(講談社文庫)(※連作なのに何故か版元が違うんやねぇ)の二宮・桑原コンビが最高
是非お読みください
# by hangzhou21 | 2005-07-22 08:32 | けんちゃな日記 | Comments(0)