■ 中国の行方は...

c0067706_8371938.jpg


韓国に続いて 中国も荒れている
日本はここまで近隣諸国から嫌われているのかと思うと 悲しくなる

で 中国
日本大使館や総領事館 それに日本料理店や日本人が被害を受けている
中国は「これは日本のせいだ」と言っている
確かに日本にも非があり 中国国民の感情を逆撫でしている部分があるのかもしれない
でも それと デモや襲撃とは別問題だと思う
この中国側の発言は言い逃れとかではなく 
すでに「中国政府が統治権を発揮できていない」ことを全世界に表明しているのではないか?
だから この発言は 中国政府が“言い逃れ”をしているのではなく
“悲鳴を上げている”のではないだろうか?

この一連の問題が 対日問題であることをひとまず置いておいて
傍観しているボクの立場を言わせてもらうなら
中国はもうすでに民衆をコントロールする力を失っているように見える
何がいいことで 何をやってはいけないことなのか それを判断できなくなっている
感情に任せて 暴力に訴える民衆を制止出来ないことが問題なのだ
少し言葉足らずになるのを承知で言えば
中国は 日本を「右傾化している」と非難しているけど
中国こそ 右傾化している 国粋主義的な発想で動いている
若者が掲げている「愛国無罪」の大看板こそその表れで 中華思想そのものでは?

抑制が効かなくなった大衆は恐ろしいパワーを秘めている
「反帝国主義」「反日帝」が中国共産党存在の拠り所だっただけに
それを掲げて デモや狼藉を繰り返す民衆に対して 拳は振り上げられない
振り上げても 降ろしどころがないのだ
ここに 中国政権のジレンマがある

シンセンに住む知人が ここ数週の一連の動きを「文化大革命以来の出来事」と称していた
今朝のサンケイのコラムにも面白いことが書かれていた
(※ボクがこのコラムの筆者の意見に全面的に賛同しているワケではありません)

しかし このデモをきっかけにして
この恐ろしいパワーを秘めた大国が綻び始めるとしたら
こんなに恐ろしいことはない
今まで 北朝鮮の国家体制の崩壊を心配していたけれど
ボクは一気に 中国の体制転覆が心配になってきた
2008年のオリンピック北京開催なんて とんでもない話しで
動き出せば一気に動く そんなパワーをこの国は秘めている
ひょっとしたら 数十年後 “2005年の春が「大きな起点」となった”と評価される
そんな気がしてならない

 ▲  ▼  ▲  ▼  ▲  ▼

■ 先週の競馬

皐月賞も終わった
勝つべき馬が快勝して 久々にスターホースが誕生!
日本ダービーもディープインパクトが勝ってしまうような気がする
ちょっと気が早いけれど この馬が菊花賞に出走するかどうかが気がかり
「三冠」にどれだけ意味があるのかはわからない
淀の菊花賞を盛り上げて欲しい気もするけれど
3,000mの菊花賞ではなく 2,000mの天皇賞・秋で 古馬の一線級と勝負してもらいたい

馬券は先日の予想通り買いました
まさかシックスセンスが2着に追い込んでくるとは考えていなかった
そういえば この馬 滑り込み出走だったし
ディープインパクトも映画のタイトルなら シックスセンスも映画のタイトル
それに 四位が騎乗しているなら 押さえは必要だったか...

先週は 三つともハズレ ダメですね
43戦8勝31敗3休
40,000(投資) - 36,130(回収) = ▲3,870円

写真は 一週遅れだけど 桜花賞
ラインクラフト号 おめでとう!
[PR]
# by hangzhou21 | 2005-04-18 09:00 | けんちゃな日記 | Comments(2)

■ パブリックビューイングへ行ってきた

c0067706_14234990.jpg


スカパーの協賛で ヴィッセル神戸さんが開催した
パブリックビューイングへ行ってきました
場所は ハーバーサーカスのスペースシアター
ここにごっついビジョン付きの広場がありそこでするそうだ
JR神戸駅・高速神戸駅からハーバープラザへ向かう途中の通路にも当たるので
そこそこ人通りもあるはずだ
もちろん ヴィッセルのお膝元なので
きっと ヴィッセルファンで一色なんだろうなぁ
隅っこで こっそり見ようと 折りたたみ式の椅子を持参した

三宮の「赤ひょうたん」で腹ごしらえをして
ぶらぶら歩きながら ウインズ神戸を経由して 神戸まで歩く
休日に このあたりを歩くのは久し振りだなぁ
三宮や神戸にお邪魔することはあっても 駅と映画館を往復するだけだからなぁ
元町の商店街は相変わらずだけど ぼちぼちお店も入れ替わっている
西へ行けば行くほど 人通りが淋しくなって
ここは神戸なのか 場末のアーケードなのか...

30分前にスペースシアターへ着いた
缶ビールでも持ってきたらよかったかな
200席ほど椅子が出されていて 半分ほど埋まっている
子供連れも多いけど 濃そうなヴィッセルファンがずらり ボクは完全に「場違い」
レプリカを着ていこうか少し迷ったけど やめといて良かった
ケイタイに付けられている サンチェクンのストラップと キャップについたバッジで
こそっと サンフレファンですと ほんの控え目に主張する

瞬く間に席が埋まり 配られているエンジ色のフラッグがボチボチ振られている
なんか まとまりがないので まだ救われる気分だ
立ち見や 床へ座り込んでの観戦者もいるよ
ボクはこっそり 前から5列目あたりの端っこで
わずかに 椅子を周囲から離して座る

さぁ ゲームが始まる
俊介のFKからカズがゴール
静まりかえる会場の中 思わず立ち上がって声を出してガッツポーズ!
周囲からの冷たい視線が突き刺さる

大木の追加点もあり 結局 2-0で勝利!
関西でサンフレサポーターをしていると 常時アウェイ状態はもう慣れっこ
それでも 今日は周囲の目が冷たかったなぁ
サッカーは 勝てば幸せになれる スポーツですね

帰り道は 元町までの高架下
前から行きたかった「すーぷ房」で少し早い夕食
日本語が不自由な女の子が注文を聞きに来たので 
韓国からの留学生かな と思ったら
だべっている言葉は なんと普通話やんか!
帰りしなは「マイダン」と言って お勘定してもらいました ちゃんちゃん

 ▲  ▼  ▲  ▼  ▲  ▼

■ 今日の写真
アオキという植物をご存知ですか?
秋に鮮かな赤い実をつける常緑種で 割と良く植栽されています
先日まで このアオキがこんなにキレイな花を付けるとは知りませんでした
ざっと調べてみると これは「雄花」のようですね
いちど 探してみてください
まるで ランのようですね
[PR]
# by hangzhou21 | 2005-04-17 14:24 | けんちゃな日記 | Comments(2)

■ 社説を読むと...

c0067706_6373577.jpg
少々老眼になろうとも 新聞はよく読むし
新聞社各社が開設しているsiteもちょくちょく拝見している

かつては そんなところに目を通すことはなかったけれど
最近 好んで読むのが各社の「社説」
この社説にこそ どれでも同じように見える各社の主張(違い)が鮮明になる
世の中には いろんな考え方があり いろんな主張がある
そして 幸せなことに それを比較的自由に発言することが出来る
実は 各新聞社の主張を読み比べてみたいと ボクに思わせる事件が相次いでいる
これは 喜ぶべきなのか 悲しむべきなのか...

読んではみるけれど
それに対するボク自身の論評は避けたい(小心者ですから)
ただ
面白かったのは 最近 検定に合格した 扶桑社の教科書を巡る
産経と朝日の 少々ヒステリックな応酬かな
社説というよりも 子供の喧嘩のようなものだったけれど

毎日と朝日 神戸 以外は 紙で社説を読む機会はまず無い
各社のsiteで拝見することになるのだけど
siteのどこに社説が書かれて(置かれて)いるのかも 興味深い
朝日や産経は 堂々とわかりやすい場所にリンクボタンが用意されている
産経はご丁寧なことに 自社の社説ページから 他の全国紙の社説へのリンクが用意されている
そんなところに 社説に対しての 産経の主張が明らかになって面白い

昨今の出来事を見ていて
教育が大切なのは当然としても 新聞もどの新聞を読むのか(信じるのか)これも大切
特に 新聞は選択権が自分自身にあるだけに その選択は重要なんだな

 ▲  ▼  ▲  ▼  ▲  ▼

■ 今日の写真
今までは 花弁の数が多い(一重ではない)ツバキは
そんなに好きではなかった
でも 好みは(許容範囲は?)変わっていくものだ
こんな大振りで 派手な花にも
なんとなく 迎合(?)出来るようになりました
大神楽かな それとも四海楼かな(後でちゃんと調べます)
高槻市内のマンションのエントランス
4つほど植栽されていて 幾つもの花が 競うように咲き誇っていました

 ▲  ▼  ▲  ▼  ▲  ▼

■ 今日の競馬
ボク自身 少々気合は抜けてしまったけれど
明日は 牡馬のクラシック第一弾 皐月賞GI
ここは ほぼ絶対視されている本命馬ディープインパクトがいる
鞍上もユタカだから 万全の体勢ですね
ボクも素直にここに乗りたい
二着候補には横典の アドマイヤジャパンを推したい
馬券的な興味は 三連単で 三着候補をどれにするかだと思う
蛯名のダンスインザモア 祐一のアドマイヤフジは押さえるとして
ボクが押したいのは タガノデンジャラスとビッグプラネット
従って
14-16-12 14-16-6 を本線
前々日発売のオッズを見ても かなりつく
14-16-18 14-16-1 も一応押さえておく
馬単 14-16 が大勝負の王道かもしれないけれど...
(この通り買うかどうかはわかりません)

 ▲  ▼  ▲  ▼  ▲  ▼

さて 今日は千里中央で映画を観て
それから神戸まで移動
ヴィッセルの企画に便乗するのは少し気が引けますが
JR神戸駅前で開かれる サンフレ戦のパブリックビューイングで
サンフレに声援を送りたいと思います!
[PR]
# by hangzhou21 | 2005-04-16 06:37 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 好きな書店さん...

c0067706_2117149.jpg
関西一円に出かけることが多いのだけど
今日は久し振りに 高槻

高槻だと 「洋食のいろは」でカニクリームコロッケを食べないとね
用事を済ませてから 阪急高槻市駅の中にある
ダイハン書房高槻店へ 久し振りに顔を出す
ありゃ 店長がいきなり情けなくヒゲをのばしている
なんだか お札のおっさんみたいだぞ!
スタッフの高福さん(仮名)も 相変わらずかわいくてお元気そう
ダイハンさんは いい書店さんなので 高槻にお住まいの方は
是非 ご贔屓に!
高槻は 西武の中に強大な紀伊國屋さんと アルプラザに熊沢さんがあって
かなりの激戦区なのです

いい書店さんとはどういうお店なのか?
これはなかなか 難しい
ボクのように この世界にも 足を踏み込んでしまったら
なかなか お客さんとしての立場で もう判断出来ない
梅田の紀伊國屋さん ジュンク堂さん Book 1stさん
こんな巨大な旗艦店だけでは 判断できない

個性がある書店さんとは?
これもなかなか難しい
書店さんの個性と 自分の個性がドンピシャならいいけれど
そんな書店さんに 巡り会えるかどうか...

 ▲  ▼  ▲  ▼  ▲  ▼

本当なら 今日 関空から香港へ向かっているはずだった
諸般の事情がそれを許してくれなくて
ちびっと がっくりしています

  ▲  ▼  ▲  ▼  ▲  ▼

■ 今日の写真

近所のネコパラには サクラの木もあります
モーちゃんが ポーズを取ってくれました!
[PR]
# by hangzhou21 | 2005-04-15 21:17 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 少しお休み

ようやく 陽気
春らしさが戻ってきた

忙しいわけではないのですが
ちょっと あって 今夜も 少しお休みです 
[PR]
# by hangzhou21 | 2005-04-14 22:13 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ ようやく...

はぁ
今 急いで帰ってきて ネットを繋ぐ
ようやく 勝ってくれた!

よっしゃ 今までの方針は間違いではなかった
これからの巻き返しでも 遅くないぞ~!

がんばれ! サンフレ!

※今夜は諸般の事情で 時間が無いので
わけのわからない お話しで すいません!
[PR]
# by hangzhou21 | 2005-04-13 21:50 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ メガネ屋さんへ行く

c0067706_216176.jpg


最近 本を読むペースががっくり落ちている
その理由がよくわからなかった
今までの傾向では 忙しい時期に寸暇を惜しんでページを繰っていた
このところ 忙しさも一段落したからかな?
それとも 春になり 暖かくなり 眠気に負けてしまうからかな?
なんて 思っていたのだけど...

それが 今日 何気ない会話から はたと気が付いた
視力が弱っているからだ!
本が読みにくくなり 活字を追う気力が無い
だから 無意識のうちに 本を避けていたのではないだろうか?
(その割には 新聞はきっちり読んでいるだけど)

「視力が弱くなった」と言えば 聞こえがいいけれど
実は 老眼の初期症状が現れてきている
今かけている眼鏡で 遠くを見るのは何の影響も無い
近くの 手元が不自由なのだ

昨年の秋が深まるにつれ 自覚症状が出ていた
最初は 忙しくて 疲れているのかなと思っていたんだけど
そうではなかった ショックやったなぁ...

で 今日の帰り道 めがね屋さんへ寄ってきた
まだ度数は進んでいないらしいけれど
「今の眼鏡のままでは 集中力が続かないでしょ」と言われた
その通りやねんなぁ...
遠近両用の眼鏡にするか それとも 老眼用の眼鏡を作るのか...
今日結論は出ないけれど 早急に結論を出さないといけない

  ▲  ▼  ▲  ▼  ▲  ▼

今日 ようやく吉野家の三連ストラップを入手
連日の呪縛から 解放された
今回は ずっぽりと 吉野家の術中にはまってしまった

もうしばらくは あのオレンジ色の看板すら見たくないなぁ...
(吉野家にとっては すっかり逆効果?)
[PR]
# by hangzhou21 | 2005-04-12 21:07 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 桜花賞が終わったら 急に寒くなった!

c0067706_21555037.jpg


怒涛のように桜花賞は終わってしまった
わずか 1分30数秒で 夢と期待と嬌声を残して 走り去っていく
そして 後に残されているのは 祭りの後の淋しさばかり

佑一くん おめでとう!
ラインクラフト号も おめでとう!

で ボクは がっくりと肩を落として 疲れきって 仁川から帰ってきました
桜花賞ということで 自分自身 ちょっと舞い上がっていたかな
冷静さを欠いていた
がっくし...

気を取り直して 「さぁ 皐月賞」と行きたいところだけど
何だか そんな気にもならないなぁ

  ×  ×  ×  ×  ×

今日から 職場には新人の配属
集合研修を終え ボクの職場にもやってきた
まだまだ 覚えられない
(結局 いつまで経っても 覚えられないかもしれないけど...)

それでも 彼らは新鮮な空気を運んできてくれる

  ×  ×  ×  ×  ×

■ 先週の競馬
□ 桜花賞GI
もちろん がっくしのハズレ
岩田のエリモファイナルから入って 討ち死にしました
パドックでは 凄く良く見えたのになぁ(能力とスピードの絶対値が足りなかったのでしょうか?)
逆に ラインクラフトは落ち着きすぎていて 平凡としか見えなかった
まだまだ 修行が足りません
※土曜のニュージーランドトロフィーGII はお山へ行っていたので“お休み”しました

□今年の収支
40戦8勝29敗3休
37,000(投資) - 36,130(回収) = ▲870円
※桜花賞当日は 朝からかなりのレースに参加して
桜花賞を除けば ほぼチャラ(ちびっとプラス)だったのですが...
まぁ いつもの週のように 一応1,000円の投資だったことにさせてください
※来週は 仁川ではマイラーズカップGII そして中山ではグランドジャンプGIに皐月賞GIと
かなり豪華なラインナップですね
[PR]
# by hangzhou21 | 2005-04-11 21:56 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 今日は桜花賞

c0067706_7445933.jpg


ほぼ毎週競馬を楽しんでいるのだけど
ボクが本当に燃えるレースは年に3レースだけ
それが 今日の桜花賞
そして 5月末の日本ダービー/東京優駿 年末の有馬記念

そのうち 生で拝見できる確率が非常に高いのが
地元 阪神(仁川)で行われる 桜花賞なんですね

準備は万端 だけど 予想は...
サクラの花もばっちりだし 
どうやら天気も快晴とはいかないけど レースまで雨は待ってくれそう

今年は 無理に無理を重ね
各方面にご迷惑をおかけした結果
とても イイ席を用意していただいた

これで予想が的中したら言うこと無しですが
そこまですると バチが当たりそう
せいぜい「楽しんで」きます!

  ×  ×  ×  ×  ×

昨日は 悪友のデザイナーカプから再度のお誘いがあり
六甲の摩耶山に“お花見ハイク”へ行ってきました
このところ すっかり山行ずいていて これで4週連続
もう すっかり山を歩く体調に戻っていて 足取りも素軽い!

でも ボクが誘った なっちゃんは ちょっと無理したみたいで
ちびっと反省しています


肝心のお花見は ケーブル下の道を歩きながら
これがね 意外と良かった!
公園とかではなく 道だから歩くしかない
だから 見上げながら テクテク歩く それがいい

  ×  ×  ×  ×  ×


満身創痍のなっちゃんが こっそり(?)紹介してくれたのが
はっちゃんの写真展
こりゃ 時間を見つけて 行くしかないな!

  ×  ×  ×  ×  ×



昨日の 摩耶山を早々と切り上げて家に帰る
珍しく サンフレのゲームがBSで生中継
しかし...
ボクの胸の中で 脹らんでいた期待がどんどんしぼむ

出るのは タメ息ばっかりだ...
ただ 見捨てるのはカンタン
ここで もう一度 しっかりサポートしていきたい!
(でも Fightin' Sanfrecce の更新はすっかり滞っているけど...)
[PR]
# by hangzhou21 | 2005-04-10 07:54 | けんちゃな日記 | Comments(2)

■ 水ぬるむ

今週のアタマには 桜の開花に気をもんでいたのに
もう そんな心配はいらない
昨日は 仕事で南海高野線の金剛まで出かけた
途中の 北野田から 狭山~大阪狭山市までの沿線
見事に 桜が満開
ピンク色のヴェールの下を 駆け抜けていった

春は忙しい
桜花賞も お花見ハイクも...
もう何年も楽しんでいないけれど
春になると ウズウズするのが 潮干狩り

ボクがまだ幼かったころは阪神間にも幾らか砂浜があって
春休みには 潮干狩りへ行った
広島に住んでいたときには 潮干狩りのことをすっかり忘れていたけれど
知り合いの印刷屋さんに教えてもらい
大田川放水路の商工センター側で 毎週のように楽しんだ
今はどうか知らないけれど それこそざっくざっくと獲れて
数10分で 大振りのアサリでバケツが一杯になってしまう
楽しかったなぁ

こないだまで コートだ手袋だマフラーだと騒いでいたのに
昨日から夏物のジャケット
話題も どんどん移っていく

潮干狩りではなく
お風呂の最後に浴びる水のあたたかさで
季節の移ろいを感じる 今日この頃です

さぁ 今から摩耶山へ!
[PR]
# by hangzhou21 | 2005-04-09 06:57 | けんちゃな日記 | Comments(2)