人気ブログランキング |

2020年 03月 15日 ( 1 )

■ ガンバレ竜風

本当なら
今日は春場所中日
尾車部屋のお相撲さんに声援を送っているはずだった
でも ご存知のように“無観客相撲”
TVで見る お客さんが誰もいない府立体育館での取組
慣れたようで 慣れないね...

先場所14日目
三段目82枚目の竜風が序二段28枚目の宇良と全勝同士で対戦
でも 段(階級)も違うし番付は46枚も違う...
普通 有得ない割だった
竜風は勝てば三段目優勝もあったけど 負け
宇良は序二段優勝を決めた
今場所 竜風は三段目24枚目 宇良は30枚目と番付は接近!
ひょっとしたら 再戦もあるかなと期待していたら
お互い3連勝で迎えた中日に組まれた!
竜風はここで勝てば もっと上でもやれることが証明できるし
宇良にとっては ここでもたもたはしていられない...

どんな相撲だったのかは見ていないけど
またしても負けた
ただ
ここ数場所 竜風と栄風はめきめきと力を付けてる!
大丈夫 とにかく まずは幕下へ!
竜風は 1年前は初日休場で 途中出場したけど負越しだったね
1年が過ぎ強くなってる
今場所は5つか6つ勝って 幕下へ!


ここんとこ
毎週金曜の夜はコナミで泳いでる
新型肺炎のショックで
3週前は半分 先週は6割減 こないだはいつもの1/4ほどにまで減ってる
プールも空いてるけど
大浴場もガラガラだね
お年を召した方が極端に減った...
ボクみたいにのんびり泳ぐ人が50mのコースにいても
ほとんど貸切だからね... 気兼ねなくていいです

腹筋や背筋やチューブを使ってのエクササイズ
こちらも 朝夕真面目に取り組んでる
でも この土日の晩
ちびっと飲みすぎ 続けてお休みしてしまいました はい...

先週からリスタートしたSodaStream
こちらは 寒くはなかったのに
雨やら映画やらで
この土日はお休み
アカンね...


   \ \ \   / / /


M21「PMC:ザ・バンカー」(シネマート心斎橋)
しかし
このところスクリーンで会う韓国の俳優はハジョンウばっかりだね
(彼以外はたまにドンソク兄さん...)
それくらいどんどん映画に出てる!
今回 国際傭兵グループのリーダー役で大暴れ!
与えられたミッションは
38度線上にある施設の地下で 北の要人を拉致(?)すること
しかし そこに現れたのは...
想定外の事態となり 南北米中の4カ国が入り乱れ
果たしてミッションを達成できるのか...
まっそんなお話しです
ハジョンウはリーダーだから
自動操縦で自ら動き回る複数のカメラボールを自在に操り
そこから送られてくる映像と音声を手掛かりに次々と指令を出す...
(それだけじゃないけど...)
だから
まるで モニターを見ながらゲームを操作している感覚になる(ならんか!)
カンタンにリセットできそうだし
虚しく死亡する部下には「×」が表示される...
そのほとんどが地下の施設だから
高さや奥行には乏しいものの スゴイ迫力(なのは間違いない!)
ラスト
もう 何が何だかわからないまま
地上に叩きつけられるんだけど
そのとき一緒にいたはずなのがキングじゃなく
レオンライ(のように見えるイソンギュン)だったのは何故?
男の友情だね
しかも ハジョンウにはおめでたの奥さんがいるって...


M22「スウィング・キッズ」(シネマート心斎橋)
冷静になって考えてみれば ひどい話し
(冷静に考えなくてもそうだけど...)
ストーリーは理解できる
でも もう少し見せ方を変えれば
もっと違う意味で記憶に残るいいお話しになったのに!
結局 このお話しの作り手は何を伝えたかったのか?
それがよくわからない...
結局主体性が無い“被害者意識”を伝えたかったのか...
ラスト
トラックの中からジャクソンが見つけた足許には...
それはさておき
このお話し
出演陣は素晴らしい
主演のDOは面構えがいい
嫁を探すおっさんは懐かしのオジョンセ!
そして 何よりもパンネを演じるパクヘス
彼女の圧倒的な存在感と声量には魅了され
彼女の逞しさにまだ救われました はい


.

by hangzhou21 | 2020-03-15 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)