人気ブログランキング |

2020年 01月 29日 ( 1 )

■ 格の違い?

昨夜 ACLのプレーオフ
気になって途中経過をチェックしていたら
決して 舐めてたり甘く見てたワケではないだろうけど...
案の定というか...
アントラーズはラッキーパンチを喰らって負けた
(負けるときってだいたいこんなもんだ...)
クラブも監督も選手たちも
どこか「なんとかなるやろ」って空気があったんじゃないか
今年のアントラーズ
昨夜の敗戦のダメージがず~っと尾を引きそうな気配...

昨年
サンフレがACLの緒戦を落とした時
各所からボロクソに叩かれた
一方
アントラーズは本戦にさえ進めなかったのに
今朝の報道“同情”論一色なのって どういうこと?
クラブは 天皇杯で準決勝を勝ったときから
昨夜の結果は予想できたはず
チームの編成(選手はもちろん監督も含めて)最小限の異動にするか
思い切って ACLの権利を返上する
そのどちらかにすべきではなかったか...
メディアとしては1本くらい
そんなアントラーズの“甘さ”を指摘すべきだろう
まぁ 思い返せば
昨春のサンフレ ACLプレーオフ 辛くもPK勝やったけどね...

ここ数年
日本のクラブ ACLで本戦ストレート2・プレーオフ2なのは
なかなか勝てなかったサンフレやフロンターレのせいだと揶揄され続けてきた
折角 日本のクラブが2年連続決勝進出でポイントも上がったのに
これで台無しやね
そう思っているのはボクだけで
非はアントラーズにあらずで JFAの日程調整に責任を転嫁してる
ある意味 それは正論なんだろうけど
ボクとしてはやるせないし
これが サンフレとアントラーズとの
クラブとしての“格”の違いによる“忖度”なのか...
サンフレはこのアントラーズと開幕戦で対戦
もう 勝つしかないね


   \ \ \   / / /


お正月前から
“赤腰蓑”が咲き始めてる
つぼみがたくさん付いてるからどんどん咲く
その前には
淡い桃色の“覆輪侘介”が咲き
今は
遅いなと思っていた“有楽(太郎冠者)”
こちらがぽつぽつ
そして “絞り侘助”も咲いてる
以上が地植え

鉢では
もう品種名はわからないけど
極小紅やや膨らんだ猪口咲で多花性
華やかに咲いてくれてるね(たぶん“伊予侘芯”)
今季は
どこからかのこぼれタネの実生
もう5年かそれ以上になるね
ようやくつぼみを付け 暮に一輪咲いてくれました
紅で小輪ややチューリプ咲き
やや長い杓がよく締まってる
(というか典型的なヤブツバキ!)
暖かくなったら 移植しようか
そして
先日お邪魔した三田のパスカルで見かけたのが
「石鎚」という名札が付いた苗
まだ固いツボミの大きさから
結構な大きさの花が咲きそう
調べてみると
桃紅色 八重 抱え咲き 筒しべ 大輪
このスペックだと
花が咲くのは桜花賞が終わってから
楽しみ!
ツバキの苗を買うのって何年ぶり?
これも 落ち着いたら地植えにしようか

さぁ
そろそろ
重い腰をあげ
寒肥の作業やね...


.

by hangzhou21 | 2020-01-29 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)