人気ブログランキング |

2020年 01月 26日 ( 1 )

■ うつ白

平幕17枚目の徳勝龍関が14勝1敗で優勝!
おめでとうございます!
取組直後 土俵上で見せた涙に ボクも思わずもらい泣き...
14日目に1敗同士の相星対決 そして千秋楽は大関戦
いずれも勝って優勝を決めたんだから 文句の付けようがない
来場所以降も是非活躍してください!
しかし
徳勝龍関って その顔がマンガに出て来る歌舞伎役者みたい!
愛嬌があっていいね
でも
この徳勝龍の優勝で
いかに横綱の力が抜きん出ていたのか思い知らされた
そして 白鵬と鶴竜がいないと
他の力士の実力はかなり接近していて(どんぐりの背比べだね)
誰が優勝しても不思議じゃなかった
来場所以降
この大混戦を抜け出して来るのは... 誰だ!
(横綱不在でも場所は最高に盛り上がったのは事実だけどね!)


   \ \ \   / / /


なかなか読めない
やっぱり目が悪くなってる(眼鏡が合ってない)からかな?


B1「いま、幸せかい?」(滝口悠生 文春新書 9784166612420)

“困ったことがあったらな、風に向かって俺の名前を呼べ”
“てめえ さしずめインテリだな”
映画「男はつらいよ」シリーズで
寅さんが発する幾多の名セリフのなかから
選ばれた珠玉のセリフを集め1冊にしている
ある程度の本数の「寅さん」を観た人はもちろん
そうじゃない人も 思わずうなずいてしまうでしょう
読みながら いろんなシーンを思い出し
そして その時代その時代の日本の本質や
寅さんを借りて 山田洋二が伝えたかったことを考える
“困った~”は最新作の予告編でも使われてる
“てめえ~”はこの本には出てこない(でもボクが大好きなセリフ!)
各セリフに付いて来る 滝口悠生の解説が意外とイイ!


B2「うつ白」(森﨑和幸・森﨑浩司 TAC出版 9784813287780)

サンフレッチェ広島のレジェンド 森崎兄弟
サンフレサポのボクは彼らが
心の病を得て何度も離脱し
そして 復活し活躍したのをよく知っている
ただ それは言葉として知っているだけで
例えば“オーバートレーニング症候群”って
実際にはどういうことなのか 全く知らない...
あまりにも真面目な2人のアスリートが
心の病と向かい合い 乗り越えたのか
その姿をありのままに語る
そうか そういうこととやったんか...
良いクラブ 良い指導者 良いスタッフに恵まれ
家族からのバックアップがあったんだな
そして 胸が熱くなり 落涙
(サンフレが“いいクラブ”で良かった)
ここに書かれているのは
森崎兄弟のことなのかもしれない
でも おそらく (アスリートに限らず)少なくない人が
同じように苦しんでいるんだろう
ボクはもう若い子を預かることはない
でも もう少し早く知りたかったな...
サッカーやスポーツの指導者だけじゃなく
若い子と接することが多い管理職にも読んでもらいたい1冊
もちろん サンフレのサポーターじゃなくてもいい
スグに読めます そしてオススメです


.

by hangzhou21 | 2020-01-26 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)