2018年 11月 25日 ( 1 )

■ あきだわら

昨日
イズミの売場
見たことも聞いたこともない「あきだわら」ってお米が売られてた
それも 他の銘柄より少し安い
このネーミング「安芸俵」なのか「秋俵」なのか?
その場で iPhoneでピピって調べてみると
どこかの県の農業試験場が開発したお米ではなく
「農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)」という
国の農業試験場(?)が育成したようです
「ミレニシキ」に「イクヒカリ」を交配して生まれた
“良食味・多収の水稲新品種「あきだわら」”だそうです
(何でもすぐにわかる便利な世の中になったね 意味は「秋俵」です)
この売場では“広島のお米・新米”と書かれてる
少し重いけど 5kg買ってみましょう(少しじゃなくて ウンと重かったけど...)
食べかけの「AiZ'S-RiCE(アイヅライス)」がもう少しあるから
実際に食べるのは 今週末か少し先になりそうだけど...
良食味・多収米は 他にも
「恋始めし(こいそめし)」とか「たちはるか」っていう品種もあるそうです
そうそう 来月には山口へお邪魔する予定
まだ「伊陸米(いかちまい)」売ってるかな~?
山口へはQちゃんだから 重くても大丈夫だしね


九州場所が千秋楽
応援している尾車部屋の天風は全休でがっくしだったけど
もう1人応援しているのが幕下17枚目の野上
2勝してから3連敗 負越リーチにドキドキしてたけど
14日目に堂々の勝越し!
おめでとう!
これで初場所は幕下上位へ 関取への足掛かりにして欲しいね
ボクが何を云っても仕方ないけど
4場所続けての勝越で迎える年明けの初場所って
野上の相撲人生が掛かってる(大げさじゃなくてね)!
上手く行けば 大阪の3月場所には新十両が視野に入っていることになるね
微力ながら 応援してる ガンバレ~!

尾車部屋では
新十両の友風関が即十両優勝!
今場所の新入幕を逃した矢後関が十両筆頭で10勝
明けての新入幕は確実
矢後ちゃん きっと四股名も新しくなるね
何がいいかな~
豪関嘉関のベテラン2人は残念ながら負越
でも まだまだ~!
幕下以下の若い衆は1人(藤川)を除いて 負越
初場所はがんばろうね


.


[PR]
by hangzhou21 | 2018-11-25 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)