2018年 11月 01日 ( 1 )

■ 飲むのと買うのは別

あっと云う間に10月は終わり
今日から11月スタート
2月表示のカレンダーなら“最後の1枚”


外の新聞受けに朝刊を取りに出る
見上げれば
狭い空にオリオンが輝いてる
季節が進んで ずいぶんと西へ傾いてきた
もう少しすると
隣家の庇に隠れてしまう


浴びるように飲んでいるワケじゃないけど
まぁ 普通は毎晩 気持ち良く美味しく飲んでた
でも
ここんとこ 体調ひと息が続いてて
自主的に“休肝日”が続いている
アカンねと云うか なんと云うか...
疲れが抜けなくて 元気出ないねんな...
年齢かな?
暑くもなく寒くもない
気候はいいのになぁ...

でも
何故かお酒は買ってる
大丸では 先々週に長野県大町市「白馬錦」の薄井商店が来てたし
一昨日までは島根県大田市の一宮酒造が来てた
それに 丹後大宮の白杉酒造が置いてあった
丹後のお酒って 久美山の「玉川」木下酒造のイメージだったけど
この白杉酒造も頑張ってる!
ブランドは「白木久」なんだけど
いろんな面白いラベルで出してて 今回は3本買ってみた!
残念ながらまだ飲めてないんだけど
元気になったら 楽しむつもりです はい
(冷蔵庫の中 4合瓶がゴロゴロしてるぜ!)


   + - +   + - +   + - +


木曜なのでN紙の夕刊の目利きから
竹内薫さん
「人工知能に哲学を教えたら」(岡本裕一郎 SB新書 9784797392616)
「男たちよ、ウエストが気になり始めたら、進化論に訊け!」(リチャード・ブリビエスカス インターシフト 9784772695619)
速水健朗さん
「越境芸人」(マキタスポーツ 東京ニュース通信社 9784198646943)
「いまさらですがソ連邦」(速水螺旋人・津久田重吾 三才ブックス 9784866730813)
北上次郎さん
★〇「緑の花と赤い芝生」(伊藤朱里 中央公論社 9784120051173)
★〇「花まみれの淑女たち」(歌川たいじ KADOKAWA 9784041062265)
★「さよなら鹿ハウス」(丸尾丸一郎 ポプラ社 9784591160459)

他に気になったのは
★〇「本の夢 本のちから」(椎名誠 新日本出版社 9784406062817)


また
週末のJRA 出走馬も確定しています
例によって鮫川啓一牧場の生産馬は...
土曜は1頭
京都06R 新馬 オースミレーヴ
日曜も1頭
福島07R 500万 プリンセスオーラ
オースミレーヴはハルカの息子!
プリンセスオーラは藤田菜七子騎手!
頭数は少ないけど 楽しみです はい


.


[PR]
by hangzhou21 | 2018-11-01 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)