2018年 09月 12日 ( 1 )

■ もがけ

今日も雨
涼しくていいけど 続くとイヤだね
夕方に暗くなるのが早くなってるし
朝も なかなか明るくならない
やっぱりちゃんと季節は進んでるんだ

昨夜
ポイチジャパンの初陣
チラッとともゲームを観ていないけど
3-0で気持ち良く勝ったみたいだね
アオちゃんと佐々木は先発で出てたみたいだし
浅野も少し出てるね
昨夜のメンバーが今後のベースということはなさそうだけど
勝ったこともあって 好意的な報道が多くて ほっとしました
これからも がんばってほしいね
サンフレからは カッシー 稲垣 野上も試してね

今読んでるのは
「教誨師」(堀川惠子 講談社 9784062187411)
思ってたお話しとはちびっと違うけど なかなか興味深い
(なのに 遅々としてページは進まないけど...)
まだ借り出していないけど
準備が出来ていると図書館から連絡があったのが2冊
「棲月 隠蔽捜査7」(今野敏 新潮社 9784103002598)
「ソウルフード探訪」(中川明紀 平凡社 9784582837490)
「棲月~」はシリーズものの最新刊
予約してからずいぶんと待たされた~
本が出てから半年以上経過しているのに
ボクの後にもまだ100件も予約が付いてる! スゴイね


   + - +   + - +   + - +


M22「ガチ★星」(シネヌーヴォ)
歯を喰いしばって汗と涙で努力した先に 栄光があるはずなんだけど
濱島は汗と涙とゲロにまみれ そして手にしたのは何だったのか
それに おっさんの再生の物語りなんだけど 本当に再生したのか...
そのへんはよくわからない
でも 最後にはそんなことはどうでもよくなってしまう
濱島はほんまにあかんヤツ
そのアカンとこ これでもかって描かれる
そして とことん落ちて行く そのさまがくどいほど描かれる
別れて暮らす息子との約束を破ってしまった濱島は苦し紛れに嘘をつく
その口から出た嘘 濱島の背中を否応なしにトンっと押したんだな
競輪学校への入学は年齢制限なし 40からでも選手になれる...
おっさんが汗とゲロにまみれ そして泣く 本当に涙する
手厳しい教官に罵倒され 20も年齢の差がある同期にいぢめられる
“努力する”コトバではわかっているのに
その努力の仕方がわかってない
滅多にない休日には 街へ出かけ 隠れて酒を飲み煙草をふかしてしまう...
気付くのがいささか遅すぎた
でも まだ間に合うのかもしれない
もう“逃げて帰る場所”なんかないんだ...
しかし 不器用で熱い
この熱さにくらべたら ボクの仕事なんか屁みたい
濱島にあれだけもがけるんやったら
よっしゃ 俺ももう少し頑張ってみようか
そんな気にさせてくれる
それにしても
競輪学校の凄まじさには 観ているだけなのに怯むね
あのそびえ立つ坂道 あれはないわなぁ...
この映画そのものもドラマだけど
競輪のレース一つひとつにもドラマが詰まっているんだ
濱島のだけではなく それぞれが背負うものの大きさや重さ...
でも 勝つのは1人だけ
競輪がお好きならもちろん
そうじゃなくても楽しめます 熱くなれます(火傷するかも)
映画が終わる
濱島と一緒になってもがいていたから
肩で息をして 体温が1.5度くらい上がってます(間違いなく!)
おすすめ!
そうそう
教官の西原誠吾 かなりいい感じです
シロヤのサニーパンが好きではない同期の福山翔大もいいょ


.


[PR]
by hangzhou21 | 2018-09-12 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)