2018年 09月 07日 ( 1 )

■ 50作目

朝のこと
狭い庭をチェックすると...
ありゃ 夏すずみがしおれてるやんか!
こないだの台風の強風で傷んでたみたい
昨日は寝坊して確認してなかったしなぁ...
がっくし
結局 キュウリの収穫はなしか...
来年頑張ろう!
オクラは台風にも負けず それなりに収穫してるけどね...


ニュースは北海道の地震や台風被害の関空関連ばかり
そんな中で
目が留まり ついニヤっとしてしまったのは
「寅さんが帰って来る!22年ぶりの50作目制作!」
そうやね~ 懐かしいね
渥美清さんが亡くなったときの喪失感ってハンパなかったもんなぁ...
もう寅さんに会えないんだ 満男の将来はどうなるんだ...
そう思うと 悲しかった
渥美さんはもういなくても
山田洋二監督やさくら(倍賞千恵子)と博(前田吟)がお元気なうちにね...
制作される50作目がどんなお話しになるのかわからないけど
楽しみ!


北海道胆振東部地震
被害に遭われた方にはお見舞い申し上げるし
復旧に向けて懸命に作業をされている方へは心から応援をしたい

ちびっと違和感を感じるのは
北海道電力の停電からの回復状況などの発表
何故 電力会社の社長や担当者からの発表ではなく
世耕弘成経済産業相が発表するのか?
それがわからん
なんだか 自民党の総裁選がらみで
やたらと首相や閣僚が“仕事してる感”をアピールしているような気がしてならない!
災害を政治に利用するな~!


   + - +   + - +   + - +


B41「ダメ女たちの人生を変えた奇跡の料理教室」(キャスリーン・フリン きこ書房 9784877713645)
図書館に予約して1年待ってやっと読めました!
う~む
料理をするのは“楽しい”のではなく
プレッシャーがかかって“苦しい”ものなんだな
ひと群の迷える子羊たちへのレッスンを通じて
料理の“楽しさ”に目覚めさせるお話しなんですね
読み進めるうちに つくづく 料理ってセンスやねんなと思ったし
ラストに出てくる あんまり口出ししないというのは
まさにその通りだと思いました はい
誰だって パートナーに美味しくて安全な料理を食べてもらいたいと思ってる
(できれば安価で!)
それが出来ないってかなりのプレッシャーやねんなぁ...
別に 女性が日々の食事をこさえるって 誰が決めたわけでもないのにね
普通に料理する人は
読んでも読まなくても別にいいかな
でも 料理にコンプレックスを持つ方は 読んでもいいかも
そして いい料理教室見つけてくださいね~!


   + - +   + - +   + - +


金曜は共同通信の“新刊レビュー”更新されてます
今週の選者は田村文さん
○「彼女は頭が悪いから」(姫野カオルコ 文藝春秋 9784163908724)
○「ディス・イズ・ザ・デイ」(津村記久子 朝日新聞出版 9784022515483)
○「ブルーハワイ」(青山七恵 河出書房新社 9784309027050)
「ディス~」は別のところでも紹介されてました 図書館に予約中
「ブルー~」もどこかで拝見したような気がするね

寅さん関連で1冊
★「悪童」(山田洋次 講談社 9784062207294)
買ってしまいそうだ!
これは ヒラで積まれていて装幀が気になった1冊
★「赤い靴」(大山淳子 ポプラ社 9784591159965)


N紙の夕刊“シネマ万華鏡”から
「泣き虫しょったんの奇跡」(9/7~TOHOシネマズ西宮OSなど)
★「1987、ある闘いの真実」(9/8~シネマート心斎橋 サンサン劇場でも上映アリ)
「累」(9/7~TOHOシネマズ西宮OSなど)
「ブレス しあわせの呼吸」(9/7~シネ・リーブル梅田)
「ヒトラーと戦った22日間」(9/8~テアトル梅田)
「マガディーラ 勇者転生」(9/8~神戸国際松竹 サンサン劇場でも上映アリ)
この週末は何本か観るかな?



.


[PR]
by hangzhou21 | 2018-09-07 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)