2018年 06月 04日 ( 1 )

■ 地蜘蛛

地植えにしているツバキの根元とかに
何やら 怪しい蜘蛛の巣のような筒状のもの いくつかくっついてる
そうそう これ 前から気になってた
指でつまむと すぐに取れる
何か幼虫が成虫になってここから這い出て来るのかな?
そう思いながら 調べてみると...
すぐに判明!
いやはや 最近は何でもすぐに解って ネットってほんまに便利!
これは「地蜘蛛・ジグモ」の巣なんだって
蜘蛛の巣そのものやったんや!
地蜘蛛はこの筒の奥に潜んでいて
昆虫が筒に触れた振動などを察知すると 飛び出して捕獲するそうです
ということは
あの筒状のものをじっくり掘り出すと 地蜘蛛を捕らえることができるんや
(まぁ 捕りたくはないけど...)

虫で云うと
こないだ オオスカシバとルリチュウレンジが飛んでた
オオスカシバにはクチナシ
ルリチュウレンジにはサツキ
かわいそうだけど
幼虫は発見したらすぐに捕殺しないとね...
柑橘が植わってるから アゲハもじゃんじゃん飛んでくるしね
虫さんも元気になる季節だね


   + - +   + - +   + - +


S紙の読書コーナーから
〇「キネマトグラフィカ」(古内一絵 東京創元社 9784488027858)
〇「誰でもない」(ファンジョンウン 晶文社 9784794969873)
★「不便ですてきな江戸の町」(永井義男 柏書房 9784760149827)
「隠蔽人類」(鳥飼否宇 光文社 9784334912161)
「100年後の世界」(鈴木貴之著 化学同人 9784759816761)
Y紙からは
★〇「サイコパスの真実」(原田隆之 ちくま新書 9784480071378)
「人間の偏見 動物の言い分」(高槻成紀 イースト・プレス 9784781616612)
「まいにち絶品!「サバ缶」おつまみ」(きじまりゅうた 青春新書プレイブックス 9784413211130)


.


[PR]
by hangzhou21 | 2018-06-04 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)