2018年 04月 25日 ( 1 )

■ 周遊スタンプラリー

“しまなみ海道&琵琶湖を走る「周遊スタンプラリー」”がスタート
ざっと読んだだけでは よくわからないけど
要は スマホ用のアプリをダウンロードして
しまなみと琵琶湖を走ろうってことでしょう きっと
しまなみでは“しまなみ海道アプリ”
琵琶湖では“いまどこ+”というアプリを利用するらしい
どういう特典があるのか知らないけど
駆けるのに必死で
スマホを見る余裕はないか... となると
使えるかどうかは ちょっと不明だけどね
でも
一応 アプリはダウンロードしといた


N紙の名物企画のひとつ「私の履歴書」
今月は高田明氏
こう書くとピンと来ないけど
あのジャパネットたかたの創業者
面白いから 久しぶりに 熱心に読んでる
この方
いまは J1 Vファーレン長崎の社長さんですね

Vファーレン長崎といえば,...
(ちょっと話しは外れるけど)
福岡は空港の近くに立派な専用スタジアムがあって
北九州は小倉駅から徒歩圏内に専用スタジアムがオープンして
鳥栖だって 鳥栖駅からすぐに専用スタジアム
大分は街から少し離れるけど ドーム型のスタジアム
熊本もJR駅からはかなり離れているけど立派なスタジアム
そのうえに
長崎では長崎駅から徒歩圏内にスタジアム建設用地の交渉権確保か...
九州の各県で実現していることが
どうして 広島で出来ない 一歩も前進しないんだろう?


昨日の夜
門戸の駅前にあるパン屋さん「ハウネベーヤー」で“レトロバケット”
やわらかくて 趣が異なるね
なんだか昔懐かしい“給食のパン”みたい
これはこれでアリやとは思うけど...


2年ほど前のことだったか
「脳が壊れた」(鈴木大介 新潮新書 9784106106736)という本を読んだ
書き手さんが突然脳梗塞を患い
そこから回復するというお話しだった(と思う)
そんなことはすっかり忘れてたら
ふと
「されど愛しきお妻様」(講談社 9784062208888)がレコマンドされた
ふむふむ
あの書き手さんの奥さんは発達障害だったのか...
そう思っていたら
「脳が壊れた」の後日譚も出されてる
「脳は回復する」(新潮新書 9784106107542)
ちょっと読んでみようかな


.


[PR]
by hangzhou21 | 2018-04-25 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)