人気ブログランキング |

■ シアワセ鍋

雨になった
今回のソウル
何か具体的な目的があったわけじゃない
映画を観て ブラブラするくらい
でも わざわざ行ってもいいかなと思っていたのが
サムスンが運営している美術館「Leeum」
ここで売られている札入れ(財布)を使ってる

新しいデザインのがあれば 買いたい(春だしね)
「Leeum」は地下鉄6号線「漢江鎮」から少し歩く
南山のハイアットの南側 崖の下に当たるね
でも
確か 「市庁」近くのサムソン生命ビルの地下に「分館」があった(はず...)
そこならスグ近くなのに 幾ら調べても出てこない

もう「分館」はなくなったのかな?
(2年前に閉館してた! ビルそのものをサムスンが売却してしまったそうです)
本館のスーベニアショップに辿り着くと
いま ボクが使っているデザインのもあったけど
新しいデザインも出てました
さっそく 購入
(美術館の見学はパスしてしまったけどね)
このあたりって 超高級住宅街
まるで 映画「パラサイト」の豪邸が建っていそうな...


   \ \ \   / / /


昨夜は
以前行った 江南駅近くにある「チョルトゥンノム第2工場」というかっこいい焼肉屋へ
以前のような活気が無かったのは ちびっと残念だったけど...
(レジに日本語が出来るお兄ちゃんがいました)

今夜は
忠武路で“チュクミプルコギ(イイダコのプルコギ)”と思ってたら
「漁師の伝説」というお店を見つけた
“シアワセ鍋(湯)”という海鮮鍋がある 怪しいビルの地下
(もっともチュクミプルコギもドアを開けるのを躊躇するほど怪しいけど...)
これが「大正解!」
気のイイお母さんがいろいろ世話を焼いてくれます はい
(ただし 何故かビールは置いてなかった...ソジュはあるけど)
アワビやタイラギをはじめいろんな貝 ワタリガニ イカ エビ...
そして まだうねうね動きまわるイイダコ
こちらにしては かなりあっさり味のスープがいい!
脇目もふらず 一気に完食 ソジュも進む
本当は その後 シメにカルグスク(麺)を投入するようだったけど
残念ながら お腹がはち切れそうで もう何も入らない
残ったスープを持って帰りたかった...
調べてみると 日本語でも紹介してるページありました!
びっくりした! スゴイね
この“シアワセ鍋(湯)”
二人だったので“小”がW49,000
そこにソジュ2本空けて合計でW57,000でした
まぁ こんなもんかな
旨いし豪華 おすすめです!
日本人のボクにとって 辛さの区別がつかなくて
ただ辛いだけとしか思えないチュクミプルコギより
ウ~ンと旨かった~!
※残念ながら日本語は全く通じません! 日本語メニューもないです


.


by hangzhou21 | 2020-02-12 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ ソウル劇場 ■ 未来の主人公 >>