人気ブログランキング |

■ 1月は去ぬ

この冬 なかなか寒くならない
金魚が泳いでる大きな水盤
氷が張るほど冷え込む朝はまだない

この週末
松山では「つばきさん」(椿神社の大祭)
これ 愛媛の“えべっさん”みたいなもんで
関西のえべっさんのように“縁起物”を売る屋台も並びます
愛媛のひとは 人出が多いことを“つばきさんみたい”って表現するね
この「つばきさん」の頃が愛媛では最も冷えると相場は決まっているのに
雪どころか雨ばかり...

この週末が明け 2/3(月)は「節分」
次いで 2/4(火)は早くも「立春」
そして週末は(今年は行かないと思うけど...)
“備後路に春を呼ぶ”三原の「神明さん」
もう 寒くなることはないみたい
このまま
暦の上だけじゃなく 春になってしまうのかな?
は~ こうして見ると
季節の移り変わりのなんと速いことか...
季節だけじゃなくて 1月ももうおしまいやね


   \ \ \   / / /


ここ数年
冬から春先にかけてマスクをして過ごしてる
風邪とかアレルギー それに花粉症ってワケではなく
まぁ 気休めのような予防
気に入っているのが
ユニ・チャーム「超立体」
これの100枚入りボックスを買い
毎日1枚ずつ使ってる
これが そろそろなくなりそうだなと思ったら
いきなり新型肺炎フィーバー

タッチの差やった...
先週の日曜 何軒かドラッグストアを巡るものの
どこにも箱入りの「超立体」はない
ふ~むどうしようかと迷ったけど
探しているうちにマスクそのものが世の中から姿を消してしまうかも...
あるうちに買えるものを買っておこうと
50枚入りと35枚入りのボックスを購入しといた
昨夜 天満へ寄り道していたんだけど
商店街に幾つかあるドラッグストア
どこも マスクの「マ」の字もない
マスクが並んでた形跡はあるのにね...
それにしても
天神橋筋商店街 びっくりするほど中国の方が多かった~!
なんでかな?


   \ \ \   / / /


木曜N紙の夕刊「目利きの3冊」から
陣野俊史さん
「幼な子の聖戦」(木村友佑 集英社 9784087717099)
★「インタビューズ」(堂場瞬一 河出書房新社 9784309028552)
中沢孝夫さん
★「移民の経済学」(友原章典 中公新書 9784121025753)
「かんぽ崩壊」(朝日新聞経済部 朝日新書 9784022950543)
野崎六助さん
★「砂男(男女)」(ラーシュ・ケプレル 扶桑社ミステリー文庫 9784594083663)
「ただの眠りを」(ローレンス・オズボーン 早川書房 9784150019518)
「地面師たち」(新庄耕 集英社 9784087716849)


週末のJRA出走馬が確定しています
鮫川啓一牧場の生産馬は
“出走ナシ”です...
中山から府中に開催が替わって
種牡馬別に出走馬をピックアップするのは
2/29の仁川までしばらくお休み!


.

by hangzhou21 | 2020-01-30 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ ドミニカン ブレンド ■ 格の違い? >>