■ 小樽の人よ

前回は苫小牧だったから
今回は小樽
30年ぶり?かな
駅はそこそこ変わってるけど
駅前の垢抜けなさなんてちっとも変ってなくて 相変わらずやね...
まぁ そこが小樽らしくていいけどね

今朝は快晴!
雪の照り返しがキツイ それに 足許がかなり悪い
ツルツルかグチョグチョか...
そんななか
小樽で最古と云う「小町温泉」へ
(その前に 味噌ラーメン!)
ちびっこの温泉(というか銭湯)
いろんな意味で かなり味があるね
先客はお一人だけ
それにしても ものごっつい熱さ!
入ってられへんかった...
でも
雪の中 来て良かった
ここ いつまでがんばってくれるのかなぁ...

札幌から小樽へ向かう函館本線
途中の銭函から小樽築港まで
線路はず~っと海岸線をつたってるんだけど
なんだか 車窓の風景は予讃線みたいな気がするのは ボクだけ?


   + - +   + - +   + - +


本当は
小樽ではなく
そう遠くない時期に必ずや“廃線”となる
JR北海道の札沼線(さっしょうせん)に乗っておこうかと思った
札幌⇔新十津川
札幌を7時前に乗ると 新十津川に9時半ごろに着ける
終着の新十津川駅に到着する列車は 1日にこの1本だけ
いま乗っておかないと
きっと もう間に合わないけど...
来年のコンサ戦にのときにまだ現役だったとしても
その時は きっと廃線フィーバーでにぎわってるやろうしなぁ...
でも 結局
雪と寒さに負けるまでもなく
行けなかったけどね...


   + - +   + - +   + - +


しかし
「恋の街札幌」も「小樽の人よ」も
古い古い唄やねぇ...


今朝の北海道新聞の読書コーナーで気になったのは
「サケ学への誘い」(帰山雅秀 北海道大学出版会 9784832982314)
他には 小町温泉にチラシが貼られていた
「函館本線へなちょこ旅」(舘浦あざらし 双葉文庫 9784575714371)
調べてみると 3巻まで出てる!
でも 残念ながら本作は“品切れ”みたい...


.


[PR]
by hangzhou21 | 2018-12-02 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 雪国のハンデ ■ 恋の街札幌 >>