■ 誤審

体調は徐々に回復中
来週はサイクルイベントのロングライドもあるしね!

ところで
11/1のホッカイドウ競馬
重賞の北海道2歳優駿で
勝馬を誤ったまま確定したという失態があったそうだ
ハナ差の1・2着を入れ替えてしまった
そういえば
もう何年も前のこと 仁川でも同じようなことがあった
86年5月31日(土)4R
本当は枠連5-5のところを4-5で確定してしまった
(当時はまだ枠連しかなかった...)
ちょうど ボクはその時仁川にいた
レースが終了してしばらくしてから
この誤審が場内に発表され
なんとも異様な空気が流れてたことを思い出す
今回は地方競馬とはいえ それ以来の失態
しかし 多くの人がゴールの映像を中継やネットで観ていたはずなのに
騒ぎにはならなかったんだろうか?
さほどの熟練者じゃなくてもゴールの入着順はそうそう見誤らない...
そして
(まぁ 以下は推測だけどね)
30数年前と決定的に違うのが
当時はほぼ全てが「紙の馬券」で発売されていたのに
現在では「電子の馬券」が大半だったということだろう
つまり 証拠が残っている!
誤審による被害が全くなかったとは云わないけど
かなり少なかったのも事実でしょう
でも 昔と違って 全国津々浦々の場外で売られていたとは思うけど...

結局
「勝馬投票券は確定するまで捨てずにお持ちください」ではなく
少なくとも2~3日は保存しておくべきなんでしょうね
(ちびっと未練たらしいけどね)


   + - +   + - +   + - +


一日遅くなったけど
共同通信の“新刊レビュー”から
選者は田村文さん
★○「地球星人」(村田沙耶香 新潮社 9784103100737)
★○「愛なき世界」(三浦しをん 中央公論新社 9784120051128)
○「ある男」(平野啓一郎 文藝春秋 9784163909028)
どのレビューも上手くて 思わず読みたくなる
「ある男」は自分が酷評してしまっただけに
余計に選者の上手さがわかります はい

N紙の金曜夕刊“シネマ万華鏡”からは
「華氏119」(11/2~TOHOシネマズ西宮OS)
「ポルトの恋人たち」(11/10~シネマート心斎橋)
「ビブリア古書堂の事件手帖」(11/1~全国ロードショウ)
「スマホを落としただけなのに」(11/2~TOHOシネマズ西宮OS)
「走れ!T高バスケット部」(11/3~TOHOシネマズ西宮OS)
「十年 Ten Years Japan」(11/3~なんばパークスシネマ)
今回はなんかぱっとしないね



.


[PR]
by hangzhou21 | 2018-11-03 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 体調イマイチで鍋の番 ■ メモ >>