人気ブログランキング |

■ 豆紀

納豆 よ~く食べてる
好きなのは極小粒ね
松山から門戸に戻って よ~く食べてたのは
豆紀というメーカーの納豆
何でもお安いディスカウントで3つ入りのパックが50円切ってた
これは安い! しかもかなり旨かった!
もちろん 米国orカナダ産の大豆使用だけどね
でも これはここ数カ月 パッたりと見なくなった 悲しい
このお店以外で豆紀の納豆 滅多に見かけないしね
そう思ってたら 近所のスーパーで1パック79円(税抜)で売ってた!
(でも買わなかったけど...)

本当は
ちゃんと普通の価格(1パック100円程度)で買わないと
メーカーも疲弊してしまうとはわかっちゃいるけど
安いのがあるとついついね...
いま
この何でも安いお店の最安値は1パック55円(税抜)
でも これ 豆紀ほど売れてる様子はないね
豆紀は夕方には売切で棚が空っぽになっていることも珍しくなかった
今のメーカーの納豆 ちびっとクセがあるし 粒が少し大きいせいか
いつ行ってもドカンと並んでる
でも 最近 やっぱりこれをよ~く食べてます はい
(結局はやっぱり値段なんかい!)
ちびっと心配して調べてみたら
豆紀って和歌山の会社
まだちゃんと存在しているみたいです(良かった!)

そう思っていたら
別の何でも安いお店で豆紀が売られているらしいという情報をキャッチ!
しかも 3つ入りのパックが40円切ってるって(税抜)!
ふ~む...
このチェーン ボクの行動範囲の中では十三にある
そんなこんなで
帰宅時に何度か途中下車して喜んでいたんだけど
ここんとこ続けて“売切”てるやんか~!


安もんついでに書いておくと
袋に入った“ゆで麺”のうどんと焼きそば
これの価格破壊も進んでる!
篠山や三田のディスカウントだと“1袋9円”(税抜)でどっさり並んでる
街中でも15~20円くらいだからびっくりする!
普通は安くても3つで100円くらいはしそうだけどね
あまり日持ちしするものでもなし 積極的には買わないけど
ときどき買ってしまうね
(余ったら 冷凍するって手もあるか...)


   + - +   + - +   + - +


木曜なので
N紙の夕刊 目利きの三冊から
陣野俊史さん
「水の匂いがするようだ」(野崎歓 集英社 9784087711493)
★「文学渦」(円城塔 新潮社 9784103311621)
〇「ブルーハワイ」(青山七恵 河出書房新社 9784309027050)
中沢孝夫さん
「すごい物流戦略」(角井亮一 PHPビジネス新書 9784569840956)
「自動運転「戦場」ルポ」(冷泉彰彦 朝日新書 9784022737786)
野崎六助さん
〇★「あなたを愛してから」(デニス・ルヘイン ポケミス 9784150019334)
「歪んだ波紋」(塩田武士 講談社 9784065123515)
「猫のまぼろし、猫のまどわし」(東雅夫 創元社推理文庫 9784488564056)

書店さんの棚からは
「ある葬儀屋の告白」(キャレブ・ワイルド 飛鳥新社 9784864106252)
「犯罪者」(ジム・トンプスン 文遊社 9784892571442)
〇「その雪と血を」(ジョー・ネスボ ポケミス 9784150019129)
「真夜中の太陽」(ジョー・ネスボ ポケミス 9784150019341)
「こうしてイギリスから熊がいなくなりました」(ミック・ジャクソン 東京創元社 9784488010829)


週末のJRA
出走馬も確定しています
鮫川啓一牧場の生産馬を確認すると...
日曜に小倉の平場に1頭だけ出走です
小倉08R 500万 ナリタアマリリス
中央未勝利で園田で勝って再入厩のようです
どこまで頑張ってくれるかな?
ちょっとヒネって考えれば 配当的にはここが狙い目かも?


.


by hangzhou21 | 2018-08-23 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 台風 ■ こんな美味しいもんがあったんか >>