■ 劣化

今日はイベントのヘルプ
まだ寒いし疲れ果てる

疲れただけじゃなく
いろいろ考えさせられた
こっちは一つずつ歳を喰うけど
イベントに来てくれる若いのたち 毎年更新されるから
どんどん離れていく
毎年 フレッシュな方々と触れ合えるのが
いいのか悪いのか...
顕著なのは
年々 コミュニケーション能力が低くなること
そして 一定数 どうしようもないのがいることか...

明日からの三連休を前に
ふと いろいろ考える“おっさん”でした



.
[PR]
# by hangzhou21 | 2017-03-17 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ ルヴァンカップ

どんどん明るくのなるのが早くなってる
6時過ぎにはもう明るいな
その割にはなかなか気温が上がってこなくて
いつまでもうすら寒いのも困ったもんだ

昨夜はルヴァンカップの第一節
サンフレはホームにヴァンフォーレを迎えてた
DAZNで中継がないので ネットで途中経過を追いかける
若手主体でゲームに臨み スコアレスのドロー
守備を固めるヴァンフォーレを攻めあぐねゴールを奪えなかった
これで今季は2分2敗 得点はたったの1しかない
深刻なゴール欠乏症
FC東京ではウタカが途中出場してゴール(PK)してるね

一方 ACLのグループリーグ
前半の3ゲームを終えてる
アントラーズは好調 レッズもなんとか
ガンバとフロンターレは苦しんでるね
幾つのクラブがグループラウンドを突破できるのかな
伝わってくる緊張感はルヴァンカップと全然違うなぁ...
来春 是非ACLで闘うサンフレを応援したい

日本代表のメンバーが発表
FC東京に移籍した洋次郎が選ばれてる
ガンバレ!


   + + +   + + +   + + +


木曜なので目利きの三冊から
北上次郎さん
「蘇我の娘の古事記」(周防柳 角川春樹事務所 ISBN9784758413015)
「神様ドライブ」(浜口倫太郎 講談社 ISBN9784062203715)
「絆」(島田明宏 集英社 ISBN9784087816273)
井上章一さん
「ブルマーの謎」(山本雄二 青弓社 ISBN9784787234100)
その他
ふと目に付いて気になった
「かわうそ堀怪談見習い」(柴崎友香 角川書店 ISBN9784041048313)
「地歌舞伎を見に行こう」(産業編集センター ISBN9784863111455)
「歌舞伎に行こう!」(船曳建夫 海竜社 ISBN9784759315202)
どんどん本出るなぁ...



.
[PR]
# by hangzhou21 | 2017-03-16 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 楽天地温泉

しっかりストレッチを繰り返したからか
単に筋肉をあまり使わなかったからか
時間が経過したからなのか
まぁわからないけど
ハムストリングの張りはとれたし
膝の腫れも痛みもう~んと収まった

この週末は三連休だけど
SodaStream号は大人しくお休みするとして
その次からは 右脚の運びに注意しつつ
平坦な武庫川コースを軽いギアでクルクル回そう
森の音さんからのお誘いもあったことだし
その次の週には どっか行きたいな
思い切って マメイチもいいかな?

そうそう
こないだの土曜
天満で若いのとお好み焼きを食べたんだけど
その前に「楽天地温泉」という銭湯に寄ってみた
天満駅から北側に5分ほど いやはや ほんまに街中に突如としてあるね
思ってたよりも 明るくて広くて開放的
お湯がたっぷりあるのがいいし 水風呂が冷たいのもいい!
時間的に空いてたんだろうけど 気に入った!
近くには「クラブ温泉」という銭湯もあるらしい
次に天満で飲むときはそっちへ寄ってみようか

いかなごの新子
ようやく手が届く値段になったので“初物”をいただく
と云っても 閉店間際の半額シール
1パック350円(税抜き)が半額
やっぱり 1パック150円くらいじゃないと ぱくぱく食べられないよね


   + + +   + + +   + + +


「岳飛伝 4 日暈の章」(北方謙三 集英社文庫 ISBN:9784087455403)
図書館の本が切れたら読んでたので時間がかかった
南下してきた金軍と岳飛軍との対峙 迫力あるな
今回 岳飛が繰り出した“長刀隊”ってどうなるのかな?
まぁいろいろ考えるなぁ
本体のお話しよりも
熱帯でサトウキビ畑を開墾するストーリーが面白い
今後の展開に期待です!
まぁ 一気読みすると熱や鼻血が出ると思うけど
水滸伝から通してお読みになることをオススメします!



.
[PR]
# by hangzhou21 | 2017-03-15 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 予約順位

図書館で予約している本たち
何冊かは 予約順位がどんどん上がってきて もうすぐ連絡が来そうだ
中には昨年の5月10日に予約した本があって
もう10カ月以上待ってる すごいね
今予約中で一番順位が大きいのが「119」
これって いったい何時になったら順番がまわってくるのかな?
松山で図書館に目覚めてから ほんま 本を買わなくなったなぁ...
“公立無料貸本屋”と揶揄されるのも仕方ないのかもしれない

書店さんに出てる今月の文庫新刊一覧を見ていると
三月は楽しみにしているお話しが出るなぁ
3/15に
「灰色の密命(上下)」(ロバート・ゴダード 講談社文庫 ISBN9784062936217)
3/17は
「岳飛伝 5 紅星の章」(北方謙三 集英社文庫 ISBN9784087455519)
3/25に
「カブキブ!6」(榎田ユウリ 角川文庫 ISBN9784041052648)
これらはちゃんと買って読むことにします!

土曜の阪神未勝利にアユツリオヤジ
運良く勝ち上がる 上のクラスで即通用はないと思うけど おめでとう!
この馬 北海道で新馬使ったときには全然アカンかったのに
よくぞ立て直したというか 成長してくれました!
日曜 中京の500万にプリンセスオーロラ 次走にちびっと期待
同じく 中京500万ローデルバーンが恵まれて3着
中山の未勝利マイネルゲドゥルト まだまだ すごく時間がかかりそう
こうして
鮫川啓一牧場の生産馬を追いかけていると
ひとつ勝つのがいかに大変なことかよくわかる
それに 500万であっても上のクラスを勝つのはすごく難しくて
重賞に勝つどころか出走すること自体 夢のようなもんだ
競馬はロマンかもしれないけど 大変だね ほんま!

この週末は三連休
土日月の変則三日連続開催
中山ではスプリングSにフラワーC
仁川では阪神大章典
中京ではファルコンS
仁川では 若葉Sもあるしね
リズムはやや上向いているものの
ふ~ ほんまに続くなぁ


   + + +   + + +   + + +


「月のえくぼを見た男」(鹿毛敏夫 くもん出版 ISBN9784774313917)
N紙に紹介されてた児童書
でも 大人でも興味深く読めた
江戸後期に生きた天文学者“麻田剛立”のお話し
この方 大分に生まれ後年大阪に出て天文塾“先事館”を開く
もちろん剛立がある種の天才だったは間違いないだろうけど
全てに恵まれていたわけではなく 大きな挫折を経て
信念に生きる フィールドワークを大事にしている
何事も諦めない挫けない 強い心が必要なんだなぁ...
それに この剛立は一つの考え方に固執しないところがいい
死の直前に 自分の著作や資料を焼くように指示するところがスゴイ!
難しい言葉を極力避け 判りやすく書いてある
あの伊能忠敬は門下生で孫弟子にあたるんですね
ボクもくじけずに生きて行こう 素直にそう思った
まだ若い中学生くらいの方に 是非読んでいただきたい
すぐに読めます おすすめ!



.
[PR]
# by hangzhou21 | 2017-03-14 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ ちびっと膝が痛い

土曜 松山にいた若いのから出張で大阪へ来ているとお誘い
天満で飲む
もっとも
この若いの ちっとも飲めないから 飯を喰ったって感じかな
何がいいかと尋ねたら「お好み焼き!」というので天満の「千草」
土曜夜の天満 巨大な“酔っ払い製造装置”だね
いろいろ面白い話しを聞かせてもらった

天満に行く前に「DAZN」でサンフレの応援
映像配信 今週は快調 一回だけ通信が途切れたけどね

肝心のサンフレがさっぱりやんか!
リズムが悪い
こりゃ時間がかかりそうな気がする
とにかく 早く一つ勝たないことにはね
序盤とは云え 順位は14位
もう後がない!
(まぁ そこまで心配してないけどね)

土日は朝が冷え込んでたので
気温が上がるのを待って9時ごろから武庫川コースへ
二日で100kmほど
うっすらと汗が出るくらいで 気持ちがいい!
ローダーも多かったしね

でも
どうも右ひざが痛い
ペダリングを変えたしなぁ...
ダッシュで職場を出て織部さんへ
(実は織部さんに診てもらいたいと思うほど痛かった!)
“がんばりすぎたかな?”
“膝が少し腫れてる(炎症を起こしてる)し
ハムストがすごく張ってる ストレッチして伸ばす
太ももの動きとふくらはぎの動きにズレがあるので膝に負担我かかってる”
とにかく
腫れが引いて 筋肉の張りが収まるまで 少しお休みします

そうそう
日曜は武庫川から戻ってからジャガイモ植えました
1~2週間で芽が出てくるそうだけど
どうかな~?
植え付けから100日後くらいが収穫時期らしいので
それは 梅雨前の6/18(日)前後になりそう
タネイモを買ったわけでもないしな
でも 楽しみ!


   + + +   + + +   + + +


「あしたの君へ」(柚月裕子 文藝春秋 ISBN9784163904429)
お話しの一つひとつはかなり重いお話しなのに
沈み込んだ気分にならず 軽快に読み進めることができる
家庭裁判所には「家裁調査官」という人たちがいて
一人前の調査官になる前の研修期間中は「捜査官補」なのだ
主人公は九州の家裁に派遣され研修を受けている
事件を担当しながら 悩みそして成長していく
世の中にはいろんな人がいて いろんなことが起こるんだな
そんなことがよくわかった
そして 必ずジャッジしないといけないんだな
ある意味 つらい職業なんだと知った
興味深く すぐに読めます




.
[PR]
# by hangzhou21 | 2017-03-13 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 漂流

森友学園
もう開校することはないだろうけど
甲子園出場校も真っ青になるほど
一気に日本で一番有名な学校になってしまった
運営している幼稚園も含め今後どうなるんでしょう?

次に
韓国大統領の弾劾が決定
韓国と云う国 漂流してる
いったい どこに流れ着くのだろう?



.
[PR]
# by hangzhou21 | 2017-03-12 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 3.11

6年前のこの日
春らしく暖かい日だった
ボクは 大阪駅にほど近いビルの20階にいた
大阪でもあれほど揺れたんだもの
さぞかし強烈な地震であっただろう
この大震災
地震の揺れ 地震に伴う津波
そして 津波がもたらした原発事故
まるで悪夢をそのまま絵に描いたような出来事だった
あれから
もう6年もすぎたのか...
まだまだ漂ってる
どこに着地しようとしているのか
それどころか 誰が舵を取っているのかもわからない

神戸が揺れ 東北が揺れ
そして昨春は熊本が揺れた
いつどこであるのかわからないのが地震
備えだけは忘れずにしておこうと思う



.
[PR]
# by hangzhou21 | 2017-03-11 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ ツバキと家庭菜園

今朝は 寒さがやや和らいで来たかな
すかっと晴れてはないけど
庭のツバキ
「玉之浦」がぼつぼつ咲き始めてる
他には「春風」「十里香」あたりかな
「有楽・太郎冠者」は咲き乱れてる
いつもはたくさん花をつける「出雲大社赤藪」や「金魚葉白侘」
今年は極端につぼみが少ないね
代わりに「一休」は初めてたくさんつぼみをつけてくれてる(まだ固いままだけど)
だんだんと ツバキそのものが環境に慣れてきてくれてる感覚
そうだよね 長いものだともう20年ほどになるもんなぁ
今年こそ
SodaStreamで汗を出す合間にしっかり世話をすることにします

例年
母親がキュウリやトマトを植えている裏庭
今年は休む(何も植えない)と云っているので
ジャガイモを植えてみようかと画策中
今 春菊が植わっているので それを収穫して 堆肥を入れて
春ジャガだね
きっと最初から上手くは行かないと思うけど
しっかり研究してみます

この週末
小倉が終って中京開催
時期が移った金鯱賞が土曜に
日曜の中山は中山牝馬S 仁川ではフィリーズレビュー
土曜の中山ではアネモネSもあるね
桜花賞の勢力図もここまででわかるはず
先週のチューリップ賞を圧勝したソウルスターリングが強そうだけど
まぁそう簡単には決まらないか
軍資金が枯渇気味だから 絞って買うことにしよう
しかし
競馬って毎週毎週ちゃんとあるから大変やなぁ
たまにはお休みの週があっても良さそうなんやけど...



.
[PR]
# by hangzhou21 | 2017-03-10 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 運動不足

正月まで
狂ったようにSodaStream号で遊んでいた
(実際のところ 本当に狂っていたのかもしれない!)
だから 明らかに“運動過多”だった
おかげで ずいぶんと身体が絞れた

年末のアワイチで体調を崩してから そんなに乗ってない
体調不良だけじゃなくて 寒かったしね
ということで 一転して“運動不足”になってる
体重そのものは増えていないけど
どうも身体が重いというかキレがない
お腹のまわりにも肉が戻ってきているような...
フィッティングしていただいて
チェーンもタイヤもクリートも新しくしたんだし
この週末からは頑張って遊ばなくっちゃ!

昨夜
阪神の地下でチェックしたら
プラスチックのザルのトレイに入れられた新子がなんと700円台
びっくりした これはまるで手が出ない!
ふ~む 初物だからなのか 今年は不漁なのかな?
伊勢湾ではこの春は休漁するとのことだしね...


   + + +   + + +   + + +


今日は木曜だから
N紙の目利きの三冊から

陣野俊史さん
「野良猫を尊敬した日」(穂村弘 講談社 ISBN9784062203951)
野崎六助さん
「マクソーリーの素敵な酒場」(ジョセフ・ミッチェル 柏書房 ISBN9784760147892)
「ゼロ・アワー」(中山可穂 朝日新聞出版 ISBN9784022514547)


読み終わったのが
「ひかり生まれるところ」(まはら三桃 小学館 ISBN9784092897526)
読み続けるのが苦しくなる
主人公は神社に勤める神職 しかも女性
この希美が純真で真面目すぎる
そんな彼女が子供の頃にあったことをトラウマにしている
そのトラウマを周囲の暖かい(?)支えで克服していく
子供向けのお話しなのに なんだかドキドキしてしまった
もうひとつ
ところどころに“姿勢”が出てくる
そうだなぁ 姿勢ってその人そのものを表す
このところ ボクの姿勢も乱れっ放なし
気をつけなくっちゃ!
まずまず すぐに読めます



.
[PR]
# by hangzhou21 | 2017-03-09 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ いかなごにレバー

新タマネギにジャガイモで味噌汁をこさえる
先日買った「菊人形みそ」を使う
風味がいいね でも ほとんど主張せずとんがったところがない
万人受けするまろやかなお味噌です

昨日の7日は「いかなご」の解禁日
帰り道に図書館に寄ったので 北口のコープで見ると
解禁を知らせるポスターはあれど ものは無かった
まぁ 遅い時間だったしね 仕方ない
解禁直後はまだちびっこだし高いしね
そのうち こなれた金額になる頃にはボクの口にも入るでしょう
このいかなごの「新子」の釜揚げが好き!
酢醤油でいただくと お酒のあてにもいいし
ご飯もモリモリ進むねんな!
春先のボクの楽しみのひとつです

水曜なので小泉教授のコラムが載ってる
今回はレバー料理!
う~む こさえたく(食べたく)なったので
忘れないように...


> まずは「レバーの竜田(たつた)揚げ」。牛レバー(豚でも鶏
>でもよろしい)を朝に水に漬け、一日数回水を取り換えて完全に
>血抜きする。そして夕方、適宜の大きさに切り分け、それを漬け
>汁(醤油1、酒1、塩少々、ショウガ搾り汁少々)に漬けて一晩
>置く。翌日レバーの汁けを拭き取り、片栗粉をまぶす。それを中
>温の揚げ油でからりと揚げる。注意するのは、醤油や酒を下味に
>使っているから、高温で焦げやすくなるので、必ず中温でじっく
>り揚げ、中まで火を通すことである。

> 次は「鶏レバーの甘辛煮」。血抜きしたレバー200グラムを漬
>け汁(醤油大さじ5、砂糖小さじ1、味醂大さじ2、酒大さじ2、
>ショウガの搾り汁少々)に1時間漬ける。汁けをよく切ってから
>油で炒め、少し焦げめが付いたら取り出す。別に右と同じ配合で
>つくっておいた漬け汁に水を70ccほど加え、それを小鍋に入れて
>から、揚げたレバーを加えて煮つめ、さらに途中で醤油、酒、味
>醂を少し足して好みの味に整え、最後に鍋をゆすりながらいり込
>み、そこに七味唐辛子を振り込んで出来上がりである。



.
[PR]
# by hangzhou21 | 2017-03-08 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)