■ さぁ どこか 歩こう!

c0067706_2114514.jpg


風邪の具合は 完調とまでは行きませんが
随分 良くなりました ご心配をおかけしました

今日は割りと温かい雨が降りました
ちょっと着込んでいたので 帰りの電車の中では 少し蒸しました

さて
これまでの数年 ちょっと気が狂ったように 毎週歩いていたのに
このところさっぱり
生活のリズムが変わってしまったのが大きな原因かな

以前は 割りときっちり時間通りに仕事を終えることが出来たので
職場を出てから充分映画を観ることができた
でも 今はなかなかそうも行かない
その日の最終回に間に合うかどうかも その時にならないとわからない
(もっとも それが普通だとは思うけど)

で 自然と週末にまとめて映画を観ることが多くなる
以前は 週末に都会の雑踏を歩くのは嫌だったのにね(今でもそうだけど)
となると 犠牲になっているのが山行になっている
いかんなぁ...

よく話しをするプロダクションの社長さん
最近 急にハイキングに興味を持ち出している
先日 近くの六甲をご子息と歩かれたと聞き
六甲の山の地図を持っていく その地図を広げながら あれこれお話しをしていると
「また歩きたいな」と思うから不思議

悪友カプと小町に誘ってもらったから この週末どこかをほっつき歩く予定
そうそう ちょっと足慣らしをしておかないと
大田の鶏龍山への遠征も近づいているぞ!

  ×  ×  ×  ×  ×

■ 今日の写真

グレも寅のこと心配してるのかな?
「困ったなぁ」って言ってます
[PR]
# by hangzhou21 | 2005-03-17 21:18 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 寅はいずこへ...

c0067706_223049.jpg


ここ数週 寅が姿を見せない
どこかで遊びほうけているのならいいけれど
なんか 不慮の事故に遭っていなければいいのだけど
ちょっと心配だ (いや実は かなり心配している)

もちろん ノラちゃんだから
心配しても仕方ないのだけどね

  ×  ×  ×  ×  ×

■ 今日の写真

こちらは グレ
最近はいつもいてくれて 心をなごませてくれます
[PR]
# by hangzhou21 | 2005-03-16 22:31 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ かっぱホテル

c0067706_17465267.jpg


今年の冬は風邪を引かなかった なんて思っていたのに
やっぱり 病は気からなんでしょうか?
忙しさのピークを越えて 一息ついた途端ですね
インフルエンザではないと思うのですが
ハナとノドにやってきました

休んでられへん と気が張っている時なら きっとへっちゃらだったのでしょうが
だらだらとしている今なら イチコロです
まぁ 一説には「遊びすぎ」という説も無くともないのですが...

すいません 今日は一日お休みを頂戴してしまいました
おかげで ぐっすり たっぷり 寝ました
(単なる寝不足だったのか?)
体調が戻ったわけではなく 今でも ハナズルで ノドもガラガラですが
今朝 起きたときよりもずっとマシにはなりました

あかんなぁ...

×  ×  ×  ×  ×

■ 今日の写真

もう何年も前から 新幹線の窓から見かけては気になっていたのです
「かっぱビジネスホテル」
ひょっとしたらカルビーが経営しているのかなぁ...

大阪からだと 広島駅に到着する寸前に南側から見ることが出来ます
一度泊まってみたいような 怖いような...
[PR]
# by hangzhou21 | 2005-03-15 17:47 | けんちゃな日記 | Comments(2)

■ 脳は異常なし

c0067706_2017258.jpg


先月の終わりに勤務先の健保組合の勧めもあって「脳ドック」へ
初めて経験するMRIには興味深々だったけれど
検査の途中で「眠らないでください~!」なんて叫ばれた始末
その結果が先日郵送されて来た 結果は「異常なし」
これを素直に喜んで良いのやら...
一枚だけ 脳の断面写真が添付されていたけれど
それを素人のボクが見て 判断するのは難しい(いや無理だ)

本当は「重篤な危険に晒されている疑いがあります」なぞと書かれているかと思ったけれど
残念なことに ボクはそんな繊細ではない

6月ごろに このところ毎年お邪魔している新大阪の人間ドックへ行く予定
これで何かわかったり 新しく病気が発見されるとは思わないけれど
いろんな数値の経過が自分でもわかるのがいい
ほんとうは もう少し体重を落とさなければならない(のかもしれない)

それでも やっぱり健康なのはとてもありがたいこと!

  ×  ×  ×  ×  ×

■ 昨日の競馬
□フィリーズレビュー(GII)
馬連 1→2 7 12 14 15(各200)
※ハズレ
□クリスタルカップ(GIII)
馬連 (1 4 10 13)BOX(各100)
三連複 (1 4 10 13)BOX(各100)
※ハズレ
昨日の重賞は当たるような気が全くしなかった
前夜の予想はしていないし
朝になっても まるで気合は入っていない
これでは 駄目ですね
もう少し しっかりしないと 桜花賞へ向けての資金作りなんて とんでもない...

□今年の収支
29,000 - 28,330 = ▲670円
※あぁ またしてもマイナスに突入か...
来週は 中山でスプリングS(GII) フラワーカップ(GIII)
阪神では 阪神大賞典(GII)
ふんどしを締めなおさないとあかんなぁ

  ×  ×  ×  ×  ×

■ 今日の写真

広島は川が流れる街
だから 橋がたくさん架かっています
猿猴橋から荒神橋をながめます
向こうに見えるのは 黄金山ですね
[PR]
# by hangzhou21 | 2005-03-14 20:18 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 寒の戻り

c0067706_857691.jpg


これまでいろんな条件の下でサンフレのゲームをサポート(現地観戦)したけれど
昨日のビッグアーチほど厳しいのは初めて
後半の途中からは 身体に感覚がなかった
冬山用の下着に靴下を着込んでこれだから
ここ数日の陽気のつもりで観戦されていた人はさぞかし辛かったでしょうね
どんなに寒くても暑くても 勝てばそれなりに報われるのだけどなぁ...
来週はリーグ戦は一旦お休みになり ナビスコカップ 万博でガンバ戦
岡山でのPSMから始まって 日本平 ビッグアーチ 万博 皆勤賞ですね ボクは

  ×  ×  ×  ×  ×

先週 突然 岡部騎手の引退が発表されました
弥生賞にも乗らず チューリップ賞もお休み ちょっとおかしいなとは思っていた
長い間ご苦労様でした お疲れさま
岡部と言えば やっぱりシンボリルドルフ
この馬は憎いほど強かったなぁ...

調教師への転向はせず 今後は未定だそうだ
しばらくは ゆっくりしてください

  ×  ×  ×  ×  ×

■ 昨日の競馬
□阪神スプリングジャンプ(障GII)
馬連 6-7 (500) 6-11(400) 7-9(100)
※ハズレ
障害戦は地味だけど幾つか重賞がある
ボクは どんな印かに関係なく 熊沢・林・出津 この3人のボックスを買う
阪神スプリングジャンプには出津の騎乗はなかった 残念

□中山牝馬S (GIII)
馬連 2-9(300) 9-16(300) 5-9(200) 9-10(100)
※ハズレ

昨日はアネモネSが中山で行われている
重賞ではなくオープン競走 でもただのオープンではない
桜花賞トライアル アネモネSで二着までに入れば 桜花賞への優先出走権が手に入る
以前は 阪神で行われていた
チューリップ 4歳牝特が終わり ほんとにラストチャンスのレースだった
何年か前に 開催も中山へ移り 時期は2週も繰り上がっている
ラブラブラブ(飯田厩舎)が勝ち 久々に大勝ちしたこともあったし
その翌年には 馬連で5万円以上の大穴になり
一緒に行っていた釣師がそれを的中させたこともあったなぁ

さて 今日は「フィリーズレビュー」
しかし このレース名なんとかならんか...

  ×  ×  ×  ×  ×

■ 今日の写真

今期のホーム開幕戦
激しい吹雪の中 15,000を超えるサポーターが集まった
勝って欲しかったが...
[PR]
# by hangzhou21 | 2005-03-13 08:58 | けんちゃな日記 | Comments(4)

■ 若さをわけてもらいたい...

c0067706_6405329.jpg


昨日は珍しく若い仲間とちびっと飲む
飲むというよりも お酒はなめる程度で
メインは おしゃべり
楽しかったけれど 自分がいかにおっさんになってしまったのかを
改めて認識させられた

若さは可能を秘めているのだと
彼らの溌剌とした 表情や言葉から教えてもらった

  ×  ×  ×  ×  ×

今週は妙に 気味が悪いほど温かかった
昨日 大阪~京都を往復する新快速の車内は
着膨れしているせいもあって なんだかサウナの中にいるような感じ

それでも まだ マフラーをして分厚いコートやダウン姿の方もいらっしゃるからね
季節の狭間 そんな時期です

今日から二三日は 寒気が入るらしい
ボクがサンフレを応援する日は いつも 寒い なんでや~!

と言うことで 今からビッグアーチへ行って来ます

  ×  ×  ×  ×  ×

■ 今日の写真

白浜にはなんと「日本一の鯖鮨」があるそうです
確かに 美味しかった!
(使い回しの写真ですいません)
[PR]
# by hangzhou21 | 2005-03-12 06:41 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ イカナゴ・フィーバー

c0067706_65755.jpg


播磨灘では 数日前にイカナゴ漁の解禁
これからしばらくは イカナゴ・フィーバーが続く
拙宅でも イカナゴの釘煮が大量にこさえられるのでしょう
でも ボクは釘煮よりも新子と呼ばれる釜揚げの方が好き
新子を酢醤油に付けて お酒のあてや 熱いご飯に乗せて食べるのが たまらない!

この新香は 長方形のザルンのようなプラスチックの入れものに入れられて店頭に並ぶ
だから このシーズンは このザルがとても多くたまるのです
(このザルは お弁当に持っていく オムスビを入れるのにぴったりのサイズです)
今はハシリだから 釜揚げも一箱300円弱と高いけれど
もう少しして落ち着くと 200円弱 時としては100円ほどになる
これがあると もう他のおかずは要らない(?)

  ×  ×  ×  ×  ×

このところ「春眠不覚暁」状態
幾ら寝ても 朝は眠たい
それに 晩の寝付きも良い まぁこれは春だけに限らないけれど...

ここ数日は 昼間の気温もグングン上がっている
ボクは 一昨日からコートを脱いだ
春はまだまだ浅いと思っていたけれど もう本番も間近なようですね
この週末は また少し寒気が入るようだけど
いったん進み始めた季節の移り変わりは もう止めようがない

  ×  ×  ×  ×  ×

■ 今日の写真

ネコパラの「もーちゃん」
もーちゃんはきっとどこかのお家で飼われているのだと思う
いつも こざっぱりとして綺麗だ
の割には がっついているけどね
[PR]
# by hangzhou21 | 2005-03-11 06:06 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 季語の風景

c0067706_6271328.jpg


昨日の帰り いつものように 梅田の売店で読売の夕刊を買う
毎月意識していたわけではないけれど「季語の風景」という特集があり
その美しい写真を楽しみにしていた

昨日が最終回だった
カラーでほぼ全四段 何ともいえない美しい風景が切り取れている
最終回とあって 今までの47枚の写真も併せて掲載されている

第一回目の「春の波」 第九回の「冬の浜」 そして先月の「柳鮠」は 強く印象に残っている
今回の「麦青む」 これも最終回を飾るにふさわしい
もう この世のものとは思えない美しい写真が掲載されている

この写真を見ながら
実際に自分の目でこの風景を見たわけではないのに
「あぁ 日本に生まれて良かったな」なんて しみじみ思ってしまうから不思議です
一瞬を切り取る写真 それが動かない一瞬だけに
還って 見る者に語りかけてくるものがある
いい写真は 多弁ですらあると思う

ちょこっと調べてみると こんなサイトもありました

  ×  ×  ×  ×  ×

仕事柄なのか それとも単なるひまなおっさんだからなのか
新聞は可能な限り目を通す
朝は 朝日毎日神戸そしてスポニチ
夕方は 読売と毎日
もちろん 時間がなくてざくっとしか読めない日もあるけれど
ボクにとって新聞は楽しみでもあり 知の泉でもあります

これだけメディアのあり方が多様化している中で
新聞が果たす役割はどんどん変化している
新聞に書かれている記事は もはや最新のニュースでは有り得ない
それでも 新聞が存在し続けているのには やっぱりそれなりの意味があるからでしょう

ここでメディアの優劣を検討する時間はないけれど
テレビやラジオの情報は 耳にしたり 目にした瞬間に消え去って行く
速報性は高いけれど 保存性においては皆無に等しい
新聞の情報は少し古い しかし大量に印刷されるメディアの中では
かなり(いや 異常なほど)速い
そして 保存性においては高く 繰り返し読まれる
(悪く言えば 証拠がいつまでも残ってしまう)
が 賞味期限は ほぼ日付通りで 昨日の新聞は誰にも読まれない
だからこそ 期限が切れる前に必死になって読んでしまうんだなぁ

  ×  ×  ×  ×  ×

■ 今日の写真

先日お邪魔した静岡駅 東海道線のプラットフォーム
さくっと フォームに立ち飲みがあるところが凄いですね
関西ではあんまりみかけないような気がします
氷雨がそぼ降る薄ら寒い夕刻
まだ 春は浅い
[PR]
# by hangzhou21 | 2005-03-10 06:29 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 馬の名前

c0067706_6411185.jpg


ふとしたきっかけで拝見するようになったblogに 「chiiko通信」がある
そこでchiikoさんが「うまのなまえ」という文章を書いていらっしゃるのを読んで
ボクも...

一番好きだった馬は パワーホーラーという名前
荻野厩舎所属で 400キロそこそこの小さな牡馬だったけれど
道悪巧者で ききょうSとセントウルS 二つのオープン競走を勝っている

名前が綺麗なのは アローエクスプレス
もう知っている人は多くないと思うけれど 往年の名馬で
種牡馬としても大活躍していた
今では 母の父としてもアローの名を目にすることはほとんどない

姿が美しかったのは マイティスマイル
阪神でその姿を見たときは びっくりした!
ビロードのような青毛で 気品があふれるその姿に感動した
故障で早々と引退
あれから何年にもなるのに 子どもが出てこないのは淋しい

先日(3/6)の中京競馬 日曜の1Rは 牝馬限定二歳未勝利戦
ダートの短距離だった
その出走馬にざっと目を通していると ラブリーマリキータに目が止まった
あれは83年の新潟三歳ステークス 
恐ろしいスピードで逃げ切ったのが マリキータ
早熟でその後はさっぱりだったけれど
このレースはボクが初めて真剣に検討したレースだから 
20年以上前なのに 鮮明に覚えている
彼女のジョッキーは中野渡
対抗馬も 牝馬でアジサイという名前だったはずだ
双方とも新潟でデビューし レコードを記録していたように思う

ラブリーマリキータ きっとそのマリキータの血を引く馬なんだろう
出馬表で確認すると やっぱりそうだ
ラブリーマリキータは マリキータの孫になる
マリキータとは スペイン語かイタリア語で「踊り子」だったような...

さぁ スタート ゲートが開く
スタートで少し後手を踏みながらも 強引にハナへ 
終始絡まれて 苦しい展開 四角では手応えが怪しくなり 飲み込まれてしまう
残念ながら 馬券の対象にはならなかった
どうもあまり出世しそうにはないけれど
メンバーが軽くなれば 未勝利脱出も夢ではなさそう

  ×  ×  ×  ×  ×

■ 今日の写真

白浜へ
アドベンチャーワールドにいるラクダさん
近くで見ると 彼女は涙を流していました
そっと おはなを なでてあげました

名前を聞いたけれど 忘れてしまいました 18歳だそうです
[PR]
# by hangzhou21 | 2005-03-09 06:51 | けんちゃな日記 | Comments(2)

■ 岡山の彼

c0067706_514348.jpg


昨日の月曜は 一日立ち仕事だったので つらかった...
1時間もしないうちに じわじわと足腰に痛みやしびれが忍び寄ってくる
もう年だし 最近はちっとも鍛えてないしね あかんなぁ

今日は今から「スーパーくろしお1号」に乗って 一路 白浜へ!

  ×  ×  ×  ×  ×

先月 岡山へお邪魔したときのこと
学生さんとお話しする機会があった
今は 三回生のこの時期に就職活動が本番化する
だいたい きょうびの学生は「就職活動」を略して
「就活・しゅうかつ」と呼ぶそうだからスゴイ!

その学生さんは いかにも垢抜けない男の子で
まだまだ スーツ姿がちっとも似合っていない
(いやいや 揶揄しているのではありません その初々しさがちびっと羨ましかったりするのです)
スーツが似合っていないのは仕方ないけれど
ネクタイがね「一体どうやったらこんな風に結べるの?」と思うほど珍妙な結び方
それも だいぶ苦労して何度も何度も 結んだりほどいたりしたんでしょう
芯からぐちゃぐちゃになってしまってる
(だいたい こうやって誰でも 一本は駄目にする経験をするのでしょうね)

本当は ほっておいても良かったんだけど
これは親切なのか? それともおせっかいなのか?
ついつい 呼び止めて 結び直してあげました

でもね スーツやジャケットが身になじんで
しかも 何も悩まずに するするとネクタイも結べちゃう
これって ちっとも嬉しいことでも何でもないのかもしれないね
こんな風に 世俗の垢にまみれて いつの間にかおっさんになってしまう
そう 背広の背中には 様々な男の哀愁が詰まっているのです

岡山の件の学生さん
彼も 来年の4月からは社会人となるのですね
また お会いしましょう!

  ×  ×  ×  ×  ×

■ 今日の写真

こちらはネコパラのグレ
グレは ちっともなつかないし 警戒心と猜疑心が旺盛
カメラを向けても プイっと横を向いてしまい
なかなか思うように撮らせてくれません
久し振りに いいポーズが決まりました!
[PR]
# by hangzhou21 | 2005-03-08 05:15 | けんちゃな日記 | Comments(4)