■ カレッジフットボール

なんと
明日金曜 西京極でナイター
ギャングvsカイサーズで今季のカレッジフットボールが開幕する!
ちょっと早すぎるんじゃないの?
ポストシーズンもあるから仕方ないのかな
どれどれと 一部で闘う顔ぶれを確認すると...
レイバンズの名前がないのが なんともさみしいね
入れ替わってるのがサンダーリングリージョンライオンズとは
いかにも長い名称やね
珍しく 宝ヶ池でもゲームが組まれてる
宝ヶ池って もう何年行ってないのか 思い出せないほど!
今季はどうかなぁ 一試合くらいは現地観戦したいけど...

昨夜
あまりの暑さに 塩辛温泉(クア武庫川)へ行く
松山のときと違って
平日の夜にお風呂へ行くことは すっかり珍しくなってしまったな
熱い温泉とキンキンに冷たい水風呂
ふ~ 生き返りました!
それにしても 処暑も過ぎたのに
暑さがぶり返してきたような...


   + + +   + + +   + + +


図書館から本がやって来た しかも結構なツカの二冊!
「罪の声」(塩田武士 講談社 ISBN9784062199834)
「メコンを下る」(北村昌之 めこん ISBN9784839602352)
「罪の~」は 予約してから10ヶ月以上待たされました
予約の時点で500番台の順位だったんだけど
今でもボク以降に550も予約がついてます! すごいね
「メコン~」は案外と速くやって来てくれました 楽しみです!

木曜だからN紙 目利きから
藤島大さん
★「神に愛された西独製サッカースパイク」(小西博昭 文芸社 ISBN9784286179988)
「アドバイス」(落合博満 ダイアモンド社 ISBN9784478103081)
小谷真理さん
「夜会」(井上雅彦 河出書房新社 ISBN9784309025919)
「AX」(伊坂幸太郎 KADOKAWA ISBN9784041059463)
こっちは書店さんの棚から声を掛けられました
「バサジャウンの影」(ドロレス・レドンド ハヤカワポケミス ISBN9784150019143)
「ヴェサリウスの秘密」(ジョルディ・ヨブレギャット 集英社文庫 ISBN9784087607277)
二作ともスペインものですね
順番がまわってくるかな?


   + + +   + + +   + + +


この週末
鮫川啓一牧場の生産場
出走は土曜に二頭のみ
札幌の3R3歳未勝利戦にブラックシンデレラ
新潟の1R2歳未勝利にハクサンフエロ(前走失格やったなぁ...)
二頭とも人気はなさそうです



.

[PR]
# by hangzhou21 | 2017-08-24 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 香港 行きたい!

このところ何年も行っていないけど
今でも 香港はボクが最も好きな街のひとつ
今日は台風が直撃みたいだけど大丈夫かな?
LCCも飛んでいることだし そろそろお邪魔してみようかな...
そんなことを考えたのは A紙のコラムを読んだからかな
そう 香港はホテルが高い!(そして狭い!)
このコラムで紹介されているのは「イースト 香港」
場所は 香港島の東側 北角よりも地下鉄でもう二つ東側の“太古”ですね
行ったことないから知らないけど 高級住宅街みたいですね
いいなぁ 行ってみたい!
確かこの逆というか
香港島の西側に数年前にオープンした「トレーダーズ」も行ってみたい
まぁ お邪魔するにしても
それはもっと涼しくなってからだけどね

今まで
ウーロン茶はちゃんとした茶葉を買って飲んでいた
スーパーで売っているような 粉末を紙パックに入れたものじゃなくてね
でも
こないだ ふと
冷やしてがぶがぶ飲むなら そんなんもありかな?って
軽い気持ちで そんな廉価版ウーロン茶を買ってみた...
ふ~む
薫りは全く無いものの「充分やん!」
アイスで飲むならこれでいい!
水出しでしっかり色も出るしね
考えてみると
今まで いい茶葉で飲んでたのは かなりの贅沢やったんやなぁ...

甲子園は決勝戦
広島代表の広陵 残念な結果になった
お互いさまだけど ちょっと疲れてしまったのかもしれない
でも 甲子園は来年もその次も たぶんずっとある
だから 優勝のチャンスはまだあるからね
炎天下の中 よ~く頑張りました ご苦労さま
そして お疲れさまでした!



.

[PR]
# by hangzhou21 | 2017-08-23 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 候補作

ボクが広島にいたとき
広陵高校がセンバツで優勝したことがあった(何年前やねん!)けど
夏はまだ優勝したことがないらしい
でも 今日の天理戦(準決勝)を追いかけていると
このまま猛打で優勝してしまうかもしれないね
そう思わせるほどの強力打線だ!
しかしなぁ “セーフティーリード”ってもうないね
ガンガン打つから幾らでも点が入る
早くに諦める必要もないしね
甲子園も変わったなぁ...
さぁ 決勝の相手は埼玉の花咲徳栄!


   + + +   + + +   + + +


Y紙などの読書コーナーから
★「牛車で行こう!」(京樂真帆子 吉川弘文館 ISBN9784642083188)
「人はなぜ太りやすいのか」(マイケル・パワー みすず書房 ISBN9784622085539)
「せつない動物図鑑」(ブルック・バーカー ダイヤモンド社 ISBN9784478102138)
“牛車”って てっきり“ぎゅうしゃ”と読むんだと思っていたのに“ぎっしゃ”だそうな
知らなかった...
そんなこんなで 興味深い本が続くなぁ

雑誌の「文藝春秋(2017.9)」 ようやく買って
第157回(平成29年/2017年上半期)芥川賞受賞作「影裏」(沼田真佑)を読んだ
他の候補作
「星の子」今村夏子
「真ん中の子どもたち」温又柔
この二作は読んでみたいなと思ったし
ひとつ前の156回(平成28年/2016年下半期/受賞作「しんせかい」山下澄人)の候補作
「ビニール傘」岸政彦
「縫わんばならん」古川真人
「カブールの園」宮内悠介
この三作もピックアップはしてたのよね(読んでないけど)
どれも近くうちには読んでみたいと思います はい


   + + +   + + +   + + +


66「影裏」(沼田真佑 文藝春秋 ISBN9784163907284)
知らなかったけど これって渓流釣りのお話しなの?
そう思ってしまうほど
冒頭に出てきて その後も時折織り交ぜられる釣りのシーンの描写
悪くない いや かなり上手
まだ若いであろう主人公が東北の子会社に出向となり
その赴任地盛岡であったことや出会った人
そして ふと 盛岡に来る前にあった記憶を手繰らされる
長くはないお話しの中に 実に多くのものがギュっと凝縮されてる
だけど 結局 何だったのか
何を伝えたかったのかよくわからなかったな
さらに その上に3.11は必要だったのかな?
なんか 日記を読まされているような気がした
でも 考えてみれば
ボクたちの毎日 実はとても多くのことが起こっている
それらを自分の心や身体で受け止められていることもあれば
スルーすることも あふれ出してオーバーフローしてしまうこともある
それでも 時の流れは止まってはくれない
こっちの心情に関係なく 時は実に淡々と流れて行く
そんなことを 改めて教えてくれたお話しなのかもしれません
この書き手さんの次回作をまた読みたいかどうかは微妙
このお話しそのものは すぐに読めます
(「文藝春秋2017.9」掲載のテキストを読みました)


   + + +   + + +   + + +


11「LUCK-KEY/ラッキー」(シネマート心斎橋)
ユヘジンに初めて出会ったのはいつで何という映画だったのだろう?
今ではさっぱり思い出せないけど
ちゃんと意識したのは「公共の敵」のナイフ遣いの兄ちゃんだったかな?
(どうして 彼のことをひらめちゃんと呼んでいたのかも思い出せない)
チンピラ風というか三流どころの兄ちゃんの役が多かった
そんなユヘジンがとうとう主役!
正直 期待していなかったけど 面白かった!
何度も声を出して笑ってしまいました はい
「鍵泥棒のメソッド」という日本映画のリメイク
このオリジナル日本版も是非拝見したいものです
お話しそのものは まぁあるわけないやろって感じなんだけどね
“兄弟温泉”ボクも行ってみたいです
しばらくシネマート心斎橋で上映中 その後神戸でも
な~んにも考えずに笑いたい方にオススメ!



.

[PR]
# by hangzhou21 | 2017-08-22 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 新米出てるね

相変わらずの暑さなんだけど
気持ちましになったかな
我慢が効くようになったような気がします
夏ももう少しの辛抱かな
暑さ寒さも彼岸まで と云うのなら まだ一か月あるけどね

先週あたりから新米が出てるね
宮崎や高知のコシヒカリ 種子島というのもありました
これから続々と出てくるけど
いまは三田の「さんキラリ」(どんとこい)がもう少しあるしね


   + + +   + + +   + + +


65「ちゃぶ台返しの歌舞伎入門」(矢内賢二 新潮選書 ISBN9784106038112)
冒頭に書かれている通り
はじめて歌舞伎を観てからしばらくした人向けですね
ある程度 演目を観ていることが必須条件
入門者から初心者へのステップアップにもってこいだと思います
まだ歌舞伎をご覧になったことがないとか一度や二度だけという方には苦しいかな
タイトルからもっと砕けた解説本かと思ったけれど
案外と大真面目なお話しですよ 念のため



.

[PR]
# by hangzhou21 | 2017-08-21 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 競馬はさっぱり

三田を駆けようと思って
いろいろコースを調べていたけど
朝起きてみると Qちゃんに積んで三田まで行くのがなんだか面倒くさい
青野ダムも永沢寺も逃げない 涼しくなってからにしよう
ということで
いつもの武庫川コースを50kmほどポタリング
昼下がりとちがって 朝はまだ涼しい

今日は準々決勝 ベスト8の激突
相変わらずの猛暑だけど...
各ゲーム 大味な試合内容だったのが予想外
みんな疲れてるのかもしれないね
某校のプレーがラフプレーではないかと騒がれてるみたい
もう 大事にはならないとは思うけど ちびっと後味が悪いな
こうなったら 広島の広陵に頑張ってもらうしかないかな


鮫川啓一牧場の生産馬
三頭ともハナ切ってええ感じやったけど
逃げ切れるほどの脚はなかった 甘くはない...
フォレストタウンが三着だったけど...
重賞も井上記者の最終コラムも外れ 返還が100円あったものの
散々な週末となりました はい
またしても 資金の追加が必要 がっくし 憂鬱...
この週末 (投資)9,400円⇒(回収)750円⇒(収支)▲8,650円
トータル (投資)57,500円⇒(回収)42,070円⇒(収支)▲15,430円
来週 新潟は新潟2歳S 札幌はキーランドCですか
こういうレース名を見ると
そろそろ夏競馬もおしまいやねぇ



.

[PR]
# by hangzhou21 | 2017-08-20 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ この夏三度目の甲子園

ふ~む
明るくなるのが遅くなってる 5時だとまだ薄暗い
まだまだ暑いけど 季節は進んでいるんだな
そういえば
もうお盆が過ぎたのに ツクツクボウシの声を聴かないなと思っていたら
今朝 元気なさそうに鳴いてました

調べてみると 開門は7時
少し早く開くかもしれないので 6時前にママチャリで門戸を出発
6時20分にはライト側外野席の入場門前に到着 少し並んでる
6時半に開門して入場開始
拍子抜けするほどガラガラやなぁ...
これやったら 試合開始の8時にスタンド到着でも十分
最初はソフトドリンクやカチ割氷しか売りに来ない!
アル中のおっちゃんが待ち望んでいるビール
時計が7時半を回ってから ようやく登場!
これでも 常識的にはずいぶんと早いけど まぁ甲子園だしね

愛媛代表の済美
ガンガンとホームランの打ち合いの末
延長戦で散る
よく頑張ったけどね
広島の広陵は勝ったけど
大阪桐蔭はまさかのサヨナラ負け
それもこれも甲子園 高校野球だもんね

昼を済ませてから
SodaStreamで武庫川コースへ
アカン
洒落にならへんほどの暑さ
予定の半分(30km)ほどにしておく
危険な領域やったような...

夜はサンフレ
DAZNがうまくつながらなくて イラっとしたけど...
ゲームそのものにも ウンとイライラさせられる
おまけに もう 眠たくて仕方ない...
でも 後半に入ってやっとこさ ゴール!
ほっとした
これで 降格圏脱出までもう一歩

前のゲームで主審を揶揄するようなことを書いたけど
先日のJ2でも注目を集めるような“誤審”があったらしい
しかも 何度も問題を起こしている審判の“誤審”
ゲーム開始前に発表される審判団なんだけど
この審判が主審だと知らされると ちょっとブルーになったもんだ
プレー以外の部分でかなり気を遣ってゲームを行う必要があるからね
一度や二度なら 誰にでもあることだ
でも この方 もう何年も迷惑をかけてる
(Jを少しでも知っている人なら誰でもそう思ってる)
これがプレーヤーであれば もうとっくにピッチから姿を消しているであろう
しかし 審判がゆえにか いつまでもピッチで主人公気取りなのには合点がいかない
もうそろそろ 鈴をつけるというか 引導を渡してもらいたいのだけど...
そして もう 目の前から消えてもらいたい
相手のクラブや審判団 それに運営者をリスペクトするべきだと思ってるしそうしてきた
でも この人はそういうボクの思いを何度裏切ってくれたことか...
“不適格”が明らかな方に笛を持たせるのは止めてください



.

[PR]
# by hangzhou21 | 2017-08-19 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 朝は雷雨

朝 激しい雷雨
今日の甲子園は三回戦が四試合あるのに大丈夫かな?
そんな心配したけど 全く影響なく 何事もなかったように試合開始
そして今日も熱戦が繰り広げられた
さすが甲子園!
明日は第一試合に済美が登場 また行ってみようかな...

予約順がどんどん上がって行くのに
なかなか手許に来てくれないのが図書館で予約した本
そんな中 ようやくやって来てくれたのが
「ちゃぶ台返しの歌舞伎入門」(矢内賢二 新潮選書 ISBN9784106038112)
1/3ほど読んだんだけど
タイトルのように軽いノリのお話しではないね(難しくはないけど)
歌舞伎ってつくづく“経験値”が大切なんだと思う
「青砥稿花紅彩画・あおとぞうしはなのにしきえ)」の「稲瀬川勢揃いの場」と書いてあっても
その芝居のその場面がアタマの中に浮かんでこないと
やっぱり もう文字だけを追いかけても何のことかわからない
この“勢揃い”を何度か観ているからこそ
日本駄右衛門を先頭に 五人が白い傘を片手に花道から登場し
各々が口上を述べる(自己紹介する)
そうか ゴレンジャーなどのヒーローものに取り入れられているのかと合点がいくわけだ
観た芝居が少ないと
知識として文字で知っているのと 脳裏に映像が蘇るのとは全然違う
そこで“もっと観よう・経験を積もう”と思うのか“ちぇ”っとなってしまうのか
入門者から初心者となれるのかの分かれ道なのかな
ボクはここから二歩ほど進んで挫折したけど...

A紙の読書コーナーじゃないところで紹介されていて
面白そうだなって思わされたのが
★「ダメ女たちの人生を変えた奇跡の料理教室」(キャスリーン・フリン きこ書房 ISBN9784877713645)
図書館に入ってるかな?
書店さんの棚からボクに声を掛けてきたのが
「競馬の終わり」(杉山俊彦 集英社文庫 ISBN9784087456110)
競馬のお話しもしばし読んでないね
★「夏は終わらない」(須賀しのぶ 集英社オレンジ文庫 ISBN9784086801409)
「夏の祈りは」(須賀しのぶ 新潮文庫 ISBN9784101269733)
この書き手さん 高校野球のお話しを書いてたね
N紙からは
★「遠い日の呼び声」(ロバートウェストール 徳間書店 ISBN9784198638863)
★は個人的に特に注目!

そうそう
こないだちょこっと紹介した(もちろん紹介しただけでまだ読んでないけど)
「幻の黒船カレーを追え」(水野仁輔 小学館 ISBN9784093885690)
食の研究所」というsiteでも上手に紹介されています
ふ~む まずまず読んでみたくなったな


     ★  ★  ★     ★  ★  ★     ★  ★  ★


JRAのデータ分析で面白いデータ
北九州記念「同年の5月に出走していなかった馬が5連勝中」
札幌記念も面白い傾向があって
(1)5走前までにローカル場(札幌、函館、福島、新潟、中京、小倉)のGIIIで
3着以内に入っていたという経験を持つ馬が毎回1頭連対
(2)3走前が同年の1~3月に行われた重賞だったという馬が優勝
こういう 持ちタイムとか科学的な根拠に基づかないデータって気になるのよね
さぁ どうかな?



.

[PR]
# by hangzhou21 | 2017-08-18 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ ウヰルキンソン・タンサン

ポタリングでうろうろする武庫川コース
その北側の折返し点
阪急の宝塚南口駅付近の宝塚大橋の南詰にしていたのを
生瀬橋西詰から旧の176号線の森興橋あたりまで延長してみようと
そのあたりを何度か走ってみると
なんだか懐かしい
生瀬橋の西詰の南側 「ウヰルキンソン」の工場があったなぁ
外観のデザインが独特で まだ憶えてるって人もいるかも?

実は
ここで数週間だけアルバイトをしていた
中の仕組みがどうなのかはさっぱりわからなかったけど
製造ラインの末端 スタートラインを担う
すなわち 製造ラインにケースに入ったガラス瓶をどんどん投入する
野外に置かれていたのか 瓶に満杯の水が入ってとんでもなく重たいケースもあれば
24本入ってないくて 拍子抜けするほど軽いのもあったな
この作業を延々と続けていると 時間の流れがとてつもなく遅かった...
労働の尊さを身をもって教えられた
いま
この工場は跡形もなく 巨大なマンションが建てられてる
近くに高架のバイパスが開通して 生瀬橋もすっかり静かになってるね
このマンションの南側にひっそりと「ウヰルキンソン記念館」という建物
外観はかつての工場を偲ばせるけれど なんか 公民館みたいな感じ
そうだよなぁ
ボクがアルバイトしたのは かれこれ40年近く前のことだもんな...


木曜なのでN紙の目利きの三冊から
北上次郎さん
★「きょうの日は、さようなら」(石田香織 河出書房新社 ISBN9784309025780)
「監督の問題」(本城雅人 講談社 ISBN9784062206648)
★「潮風エスケープ」(額賀澪 中央公論社 ISBN9784120049934)
速水健朗さん
★「AMETORA」(デーヴィッド・マークス DU BOOKS ISBN9784866470054)
「戦争がつくった現代の食卓」(AMデサルセド 白揚社 ISBN9784826901956)
竹内薫さん
「発光する生物の謎」(マーク・ジマー 西村書店 ISBN9784890137725)
共同通信の読書コーナーから
「ニュータウンクロニクル」(中澤日菜子 光文社 ISBN9784334911737)
「あたらしい無職」(丹野未雪 タバブックス ISBN9784907053215)
どこかで見かけたのが
「バイトやめる学校」(山下陽光 タバブックス ISBN9784907053208)
「きょうの日は~」「戦争が~」はどこかでも見かけたような気がしますね
★は個人的に特に注目!


     ★  ★  ★     ★  ★  ★     ★  ★  ★


週末の競馬
鮫川啓一牧場生産馬の出走は
土曜
札幌5R新馬戦にジュリーハーツ
新潟8R500万クラスにフォレストタウン
日曜 新潟8R500万下 ナイアガラモンロー 連闘
以上の三頭
芝1500でデビューするジュリーハーツはハーツクライの牝馬
血統的にはホッコーオウカの孫だから
オオスミハルカの姪っ子になるね どうかな~?
鞍上は藤岡佑ですね
そうそう
8/15の盛岡 クラスターカップ(G3)でブルドッグボスが見事優勝!
おめでとうございます!
地方へ転厩して2戦目で重賞制覇とはすごいね!



.

[PR]
# by hangzhou21 | 2017-08-17 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ ものごっつい勢いで

サンフレッチェ
清水航平をエスパルスへレンタルで放出して
セレッソからDFの椋原健太を期限付きで獲得と発表されてる
ふ~
申し訳ないけど 椋原って全然イメージない
航平よりいい選手で すぐにサンフレにフィットしてくれるとは思えない
なんだか
今の順位を象徴するような 迷走した補強でありフロントやなぁ
ガンバから来た 丹羽も悪くはないし 頑張ってくれてるけど...
ここ数年で獲得した若手 ことごとく育成に失敗してるってことやね
いい選手を取っても取っても どんどんレンタルで他のクラブに出してしまって...
ジュビロの川辺 もう帰って来ないと思うな...
どないすんねん!
サンフレへの愛情というか関心そのものが ものごっつい勢いで薄れて行ってる...


ふと 気になった映画から
「打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?」(8/18~ TOHOシネマズ西宮OSほか)
アニメだね
劇場へ行ったら おっちゃんは一人だけやったらイヤやなぁ...
「LUCK-KEY/ラッキー」(8/19~ シネマート心斎橋)
こちらは韓国映画
なんとヒラメちゃんことユヘジンが主役! これは観逃せない!

書店さんの棚で
ボクに話しかけて来たのは...
「幻の黒船カレーを追え」(水野仁輔 小学館 ISBN9784093885690)
ふ~む 気になるな!
昨日の「すっぴんセレクション」で紹介されてたのが
「断片的なものの社会学」(岸政彦 朝日出版社 ISBN9784255008516)
「ビニール傘」(岸政彦 新潮社 ISBN9784103507215)
「偶然短歌」(いなにわ せきしろ 飛鳥新社 ISBN9784864105064)



.

[PR]
# by hangzhou21 | 2017-08-16 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 雨で順延


甲子園は早々と今日の四試合とも順延を発表
ムリすれば できたかな...?
でも 出来ればいいコンディションで試合して欲しいしね

お盆だから営業してるかなと思ったけど
三田のパスカルも吉川の山田錦の館も大賑わい!
もう少し果物が充実してたら嬉しいけどね
この時期ならブドウ
「藤稔」や「ブラックビート」が懐かしい
もう少ししたら ナシやクリか...
こないだ もう終わりかと思ったブルーベリーまだちゃんとあるね
値段もこなれてきてます!
夏のネバネバの材料も仕入れて 大量にこさえました はい!

お盆休みも今日まで
今年は 特に何をするでもなく 行くでもなく 読むでもなく
怠惰なうちに過ごしてしまった
(まぁいつものことだけど)
今日は雨でSodaStreamもお休みしたしね

馬目樫のアシナガバチ
巣が破壊された後 再建にいそしんでいたけれど
また襲撃されたみたいで 再建途中の小さな巣もなくなっちゃった
今では 枝の陰にハタラキバチたちが寄り添ってるだけ
SodaStreamで武庫川コースを駆けていて ハチがスッと横切っても
それがアシナガバチなら「頑張れ!」って思ってしまう...

夜も雨
もう暑いのはいいから
はやく涼しくなってくれへんかな...



.

[PR]
# by hangzhou21 | 2017-08-15 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)