<   2017年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧

■ 6月のランチ

(★は特にオススメ!)

6/1 木
かんたん弁当です!

6/2 金
マイタケご飯のお弁当です

6/3 土
ピーチで高雄へ
こさえたサンドを機内で食べました!

6/4 日 ★
高雄の「博義師燒肉飯」で“焼肉飯”いただきました
豚ロースの生姜焼きが丼ご飯の上に載せてある
なかなか美味!

6/5 月 ★
空港へ行く途中にわざわざもう一度お邪魔した「呉寶春麥方店」
ソーセージが入ってるおかずパン二種類を空港でぺろり!
さすがにかなり旨い!

6/6 火
かんたん弁当です!

6/7 水
かんたん弁当

6/8 木
かんたん弁当です

6/9 金
かんたん弁当

6/10 土
ホームベーカリーでハムを挟んだパンを焼きました
どうも田舎臭さが抜けない仕上がり...

6/11 日
三田の産直市とよかたんから戻って
焼きソバこさえて食べました!

6/12 月
かんたん弁当
今日で広島の「あきろまん」はおしまいです

6/13 火
かんたん弁当
お米は 三田の「さんキラリ」(どんとこい)になってます

6/14 水
今日は阪神の改札前の「ミンガス」で“チキンカツカレー”
こんな味でしたね

6/15 木
“貧むす”のおむすび弁当こさえてみました!
旨かった~!

6/16 金
今日も“貧むす”のお弁当

6/17 土
伊丹の「こまめや」で“四川麻婆豆腐ランチ”
よく流行ってます!
辛さを競うのではなく 旨さを強調しているお味です
まずまず

6/18 日
生めんをゆがいて ザルラーメン
まぁ こんなもんじゃないすか

6/19 月
おむすび弁当持参です

6/20 火
今日は王子公園近くの「レマン」で買ってもらった
“カレーちくわパン”食べました
案外 ピリッと辛い!やんか~

6/21 水
今日は“貧むす”のお弁当!

6/22 木
WINS横の「吉野家」で“豚丼・並”
お昼のピーク時間帯だったせいか
ちょっとキャパオーバーしてて
まともなオペレーションできてなかったね
それに ご飯があきませんでした

6/23 金
かんたん弁当こさえました
三田で買った「さんキラリ」おしまい 美味しかった!

6/24 土
天王山を散歩してから 大阪へとんぼ返り
上本町の「中国酒家 菜都」で“激辛陳麻婆豆腐”
まずまずやね

6/25 日
よかたんから戻って 家でありものをごにょごにょと
ビールと一緒にいただきました

6/26 月
かんたん弁当です
つなぎで2kg買った「あきたこまち」まずまず

6/27 火
豆ご飯を炊いてかんたん弁当です

6/28 水
かんたん弁当
「あきたこまち」おしまいです

6/29 木
かんたん弁当です 魚肉ソーセージ入ってます!
お米は三田で買った「さんキラリ」になってます

6/30 金
WINS横の「吉野家」で“豚丼・並”
雨がパラついてるせいか
拍子抜けするほど空いてました~



.
[PR]
by hangzhou21 | 2017-06-30 23:58 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 夏競馬スタート

それにしても 連日よく降る
(今日は昼から晴れたけど)
明日の土曜
もし 雨にならないなら
久しぶりに 青野ダムから永沢寺のヒルクライムのコースどうかな
トレーニング不足に加えて体重も絞れてないから
タイムは全く期待出来ないけどね
それに 調べてみたら二月以上空いてるしなぁ...
帰り道 パン(和みぱんみのりや)を買うか
篠山の産直市(味土里館)へ寄ってみたいしね
(もちろん 温泉も!)
空模様によっては 相変わらずの武庫川コースをポタリングか...
一日降るようだったらビール飲んで昼寝かな?
それとも 仁川のスタンドという手も...

競馬は 仁川から桶狭間へ
東は福島開催 そして 引き続き函館か
ここ二週 すっかり女神に見捨てられた感があるけどどうかな?
自信があるレースなんてないけど
CBC賞 ラジオNIKKEI賞 それに巴賞と番組は豪華だしね
ここでプラス出来れば  来週は函館へ...
いや その後の札幌や新潟でもいいけどね

鮫川啓一牧場の生産馬
日曜中京の未勝利 ブラックシンデレラ号
このブラックシンデレラ デビュー戦は三着に粘ったけど
そこからはさっぱり...
例年なら
仁川で 出石蕎麦を出張販売で食べてたけど
今年は そんなイベントあったのかな?
人が一杯なのもイヤだし 現場は どんどん遠ざかってるよなぁ...


金曜なので
N紙の映画紹介から
インドの「裁き
なんか岩波ホールで上映してそうなお話しですね(ユーロスペースだけど)
関西では シネリーブルでもう少ししてから

共同通信の読書コーナーから三冊
「もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら」
(神田桂一・菊池良 宝島社 ISBN9784800271105)
「キッチハイク! 突撃!世界の晩ごはん」(山本雅也 集英社 ISBN9784087816266)
「結婚」(末井昭  平凡社 ISBN9784582837599)
カップ焼きそばの本はどこかでも取り上げられていたような気もする
「キッチハイク!」は面白そうだ!
こないだノンフィクション特集で取り上げられていた「もの食う人びと」(辺見庸)
これに通ずるものがあるのかな?
(珍しく西宮の図書館に入っているのに 予約本がいっぱいでこれ以上予約出来ない!)

もう一冊の「結婚」
いつも 読書コーナーの紹介文って
ほとんど読み飛ばすだけなんだけど
今回の選者の日野淳さんってどんな方か存じませんが
このテキスト かなり上手です!
この紹介文を読んで このお話しも是非読んでみたいと思いました はい
このところ
読書欲が減退しきってただけに いい刺激になりました~!



.
[PR]
by hangzhou21 | 2017-06-30 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 水無月・みなづき

昨日の帰り道
阪急に寄って“水無月”を買った
(例によって ボクは食べないけど)
ほんとうは 一年の半分が過ぎたと云うことだから 6月30日なんだけど
そうなると ずいぶん並ばないと買えないから 少しフライング
(ちなみに 旧暦の6/30は8/21みたい)
それでも 10分以上は並んで待ったけどね
この水無月って
母の生家があった山ノ内の電車通り(三条通)
そこにあった しなびた和菓子屋さんのを思い出す
まぁ 派手じゃないし ものごっつい美味しいってもんでもないしね
半年の穢れや暑気を払う まぁ 縁起物みたいなもんやね


昨夜のサンフレ
ルヴァンカップのプレーオフの緒戦
ホームにFC東京を迎えて 負けた また負けた
しかし
点が取れないね ゴールが遠い...
もう ここまで来たら
どうして こんなクラブを応援しているのかって気になる

ガンバから
DF丹羽とFWパトリックの獲得を発表
ふ~
しないよりマシなんだろうけど
効果あるのかな~?
どうするんだろう
ここまで負け癖ついてたら
もう何をしたもアカンような気もするけど...


先週から梅雨らしくなって
サツマイモ(鳴門金時)がどんどん伸びてます!
いや~ その勢いは驚くしかないね ツル返ししなくっちゃ
一方 ようやく蔓が伸びはじめた“安納芋”
この週末には 植え替えてみようかね


N紙の夕刊
目利きの紹介 今回はピンって来るのなかった



.
[PR]
by hangzhou21 | 2017-06-29 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 猫ピッチャー

このところ「夜廻り猫」にすっかり心を奪われているんだけど
「猫ピッチャー」のミ~太郎も大好きです はい
高雄へも着ていった猫ピッチャーのTシャツ そろそろくたびれてきたので
新しいのを買ってみようかと
昨夜
銭湯へ行くついでに 園田のMacHouseというお店へ...
売場にあったのは一枚だけ
う~ん 気に入ったデザインでもないしな
やめときます
チャンスがあれば 別の店で探してみます

ちっとも読めないけど
図書館からお知らせが来ないので助かってる
だけど 読まんとアカン新刊は出るねんな
「岳飛伝 8 龍蟠の章」(北方謙三 集英社文庫 ISBN9784087455991)
このシリーズ 出て一週間近く経過するのに まだ買ってないって
初めてかもしれない!
まぁ「岳飛伝」は絶対に逃げないからね 安心

書店さんの棚で見かけたのが
「風よ僕らに海の歌を」(増山実 角川春樹事務所 ISBN9784758413053)
「勇者たちへの伝言」(ハルキ文庫 ISBN9784758439626)の書き手さんの新刊
書店さんにドカンって積まれている 今日になって気付いた!
調べてみたら 西宮の図書館にはまだ入ってないな
それに
「パーマネント神喜劇」(万城目学 新潮社 ISBN9784103360124)
凝った装丁に眼が引かれるなぁ...

N紙の夕刊コラムから
先週も紹介したノンフィクションの特集
「もの食う人びと」(辺見庸 角川文庫 ISBN9784043417018)
「宇宙からの帰還」(立花隆 中公文庫 ISBN9784122012325)
別のコーナーでは
宮内悠介という“旬”な書き手を褒めてます
「彼女がエスパーだったころ」(講談社 ISBN9784062199643)
「カブールの園」(文藝春秋 ISBN9784163905938)
「あとは野となれ大和撫子」(KADOKAWA ISBN9784041033791)
どれかひとつくらいは読んでみなくっちゃ

この週末に公開される映画は
しあわせな人生の選択」っていうのが気になる
スペインの映画みたいですね
テアトル梅田で

いやはや
ほんまに時間が足りません!



.
[PR]
by hangzhou21 | 2017-06-28 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ セイシュンの食卓

気が付けば
もうすぐ6月もオシマイ
そんなに暑くならなかったから助かった
まだ扇風機 出してないしね
(竹シーツはこないだの日曜から出動しているけど)
7月や8月は暑いのが当たり前だから まだ我慢できる(はず)
今年の夏も“常温生活”で乗り切るぞ!

昨日
簡単に料理をこさえる本を紹介していて思い出したのが
「セイシュンの食卓」
知っている人は知っているし 知らない人は知らないよね きっと
ボクは 広島で一人暮らしをスタートさせたんだけど
その時 少しだけこの本にお世話になりました
某R社のバイト雑誌に掲載されていた漫画 単行本化されたんですよね
1985~1990年くらいに青春を過ごした人には懐かしいかも
どんな料理が登場していたのか全く思い出せないけど
幾つかはボクのレパートリーに加わっていたような気もします はい

バイト誌の漫画といえば
もちろん いしいひさいちの出世作「バイトくん」!
バイトくん大好きでした プガジャから出た単行本持ってた!
それが タブチくんを経て
今や 天下の朝日新聞に連載するまでになったもんなぁ...
世の中はどんどん変わる!

調べてみたら
去年の秋にこんなん出てるみたいです
「オトナになったセイシュンの食卓」(たけだみりこ 永岡書店 ISBN9784522434314)
ふ~ん
やっぱり 懐かしい!
そう思った人も少なからずいたんやね



.
[PR]
by hangzhou21 | 2017-06-27 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ ワカル飯

c0067706_12523820.jpg

この週末
ちびっこのジャガイモを買った
これで 新ジャガのにっころがしをこさえるか
スナップエンドウも買ったから もう一度豆ご飯も炊こうかね
最初のオクラも収穫しないと
大きくなりすぎて 硬くて食べられなくなるな

昨夜の晩御飯は“ワカル飯”
ご飯にツナマヨのせて青しそでくるんでみました!
思ったより美味しくて どんどん食べちゃうね
お弁当には馴染まないのが ちびっと残念だけどね
魚肉ソーセージも買ったし
次は ケチャップライスかな... にっこり

今夕のN紙では
“ひとり飯”の漫画などが紹介されてる
「ごほうびごはん」(こもとも子 芳文社 ISBN9784832234413)
「ニートめし!」(まめきちまめこ 双葉社 ISBN9784575849332)
「世界一美味しい煮卵の作り方」(はらぺこグリズリー 光文社新書 ISBN9784334039738)
三冊とも 全く知らなかった
どうやら いずれもツイッターがスタートみたい
世の中 どんどん変わっていくんやな
ふ~ 読んでみようかな

ところで
相変わらず 麻婆豆腐こさえて食べてる
いろなメーカーからレトルトで出てるからね
目についたのをどんどん試してる
辛さ、ほとばしる麻婆豆腐/新宿中村屋
贅を味わう麻婆豆腐の素<辛口>丸美屋
上の二つ
美味しいのはもちろん 手に入りやすさでも おすすめしときます

どの銘柄だったのか忘れてしまったけど
箱の裏に書かれている調理方法
賽の目に切った豆腐を丼に入れ
そこにレトルトのソースをかけてチンするだけ! というのがあり
最初は「なんちゅう横着な...!」と絶句したものの...
やってみると これ いい!
フライパンも器もムダに汚れない!
レトルトなら このチン作戦でたいていバッチリ
(オススメ!)

「森の中の家 安野光雅館」というのが
丹後の久美浜に開館するという記事があった
こりゃ 一回行かないとね
久美浜には 酒蔵もあるみたいだしね
一回 ゆっくりお邪魔してみたいね



.
[PR]
by hangzhou21 | 2017-06-26 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 裏天王山

降ったりやんだりになるみたい
雨の中 仁川へ行くのもな...
結局 朝から パスカルさんだとよかたんへ
昨日の疲れを温泉で癒しました はい

今夜は 裏天王山
16位のサンフレ 17位のアルディージャをホームに迎える
例によってDAZNで観戦...
しかし 盛り下がった
ロスタイムに入って失点を繰り返す 完全にキレてたね
ふ~
どこでどう狂えばこんなゲームになるのか
そして どんな手を打てば 抜け出せるのか
わからない...

今後
6/28水 ルヴァンプレーオフ FC東京 ホーム
7/1土 J17節 レッズ アウェイ
7/8土 J18節 マリノス アウェイ
7/12水 天皇杯3回戦 FC岐阜 アウェイ
連戦が続いて
そして およそ二週間のブレイクを挟んで
7/26水 ルヴァンプレーオフ FC東京 アウェイ
ここまでルヴァンも天皇杯も敗退してると ひと月近いインターバルやけど...
もう手遅れの感もするけど どうすんの?


宝塚記念
昼寝から目覚めて 結果を知る
ユタカのキタサンブラックは負けてしまったみたい
今週は検討に全然身が入らずで 土日ともさらっと
坊主でもなかったけど 全然ダメ
来週からは 中京福島函館か
例年そうだけど 夏のローカルはさっぱりやしね...



.
[PR]
by hangzhou21 | 2017-06-25 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 天王山

c0067706_12542514.jpg

そ~さんが
大山崎にある天王山を歩いてみたいとおっしゃる
調べてみたら
天王山から柳谷観音を経て長岡天神までの11kmほど
手軽なハイキングコースがある
でも このコース全部は歩けないというので
阪急の大山崎駅から天王山の山頂を単純に往復を歩いてみました
雨の心配もなかったしね
これなら ハイキングと云うよりも 散歩レベル
だから 服装も装備もそのレベルに合わせる
でも 靴はしっかりしたシューズの方がいいかもしれないね
往復で2時間もかからない そう汗もかかないし気持ちイイ!
アジサイが綺麗 それにほとんど日陰なのも助かります
思ったよりも人気のコースみたいで 多くの方とお会いしました はい

山崎といえば
「忠臣蔵」の勘平おかる
おかるの実家が山崎だったから
鉄砲をぶっ放して 財布を手に入れたのはこのあたりだったのか
「引窓」も確か舞台は山崎の山の中だったね
与兵衛が濡髪長五郎を逃したのも このへんやったんかなぁ...
二つとも哀しいエピソードだけど
そんなことを思い出しながら歩けるのも 関西ならではかな

正月恒例の初日の出ハイクは自重したし
歩くのは久しぶり
今回でリハビリできたから
7月末の愛宕山は大丈夫かな?



.
[PR]
by hangzhou21 | 2017-06-24 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ メッセージ

気が付けば「今夜で上映終了」
あわてて観てきたのが「メッセージ」
このお話しの原作「あなたの人生の物語」(テッドチャン ハヤカワ文庫 ISBN9784150114589)
ずいぶん前 確かに読んだはずなのに 全く記憶にない!
映画を観ても思い出せないのだから それでは読んだことにならないか...
ただ 拍子抜けした記憶だけはあるのだけど...

他にも
この週末から ちびっと気になっていた作品が公開されます
ありがとう、トニ・エルドマン
ラスト・プリンセス
いつ、また君と
これ みっつともかなり面白そうでしょ
でも 観に行けるかなぁ...


週末 鮫川啓一牧場の生産馬
土曜はいずれも1勝クラス
7R ブルーミン
8R ローデルバーン
12R アユツリオヤジ
日曜は
最終12R1000万リボン賞 オースミラナキラ
ひとつくらいは勝ってくれるといいな


   + + +   + + +   + + +


9「メッセージ」(TOHOシネマズ西宮OS)

このお話し
宇宙から未確認物体がやって来るところからスタートする
そこには 複数のエイリアンが存在することが判明して...
普通なら このエイリアンたちが何か“良くない”意思を持っていて
それに対して 地球人たちがどう対応するのかが
ストーリーとなるんだけれど
ここでは パニックになるわけでも暴力に走ることもない
その視点が秀逸だと思う
そして 未知なる生物とコミュニケーションを図る
それって スゴイことだし よくも表現できた(映像化できた)と思う
どうして 時制がないと判断できたのか
そして このあといったいどうなるのか
三千年後って本当にやって来るのか...
さまざまな謎を孕みながら お話しは終ってしまう
この余韻こそが 人類に対するメッセージなのかな?
とにかく 難しくって
観終わってしばらくは 何も考えられなかった...
もう一度 原作を読んでみようかな



.
[PR]
by hangzhou21 | 2017-06-23 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 本 読めてません!

今週のN紙夕刊のコラム
「ノンフィクションの風景」稲泉連
ここで何冊かのノンフィクション作品が取り上げられてる
「空白の天気図」(柳田邦男 文春文庫 ISBN9784167240202)
「原爆供養塔」(堀川惠子 文芸春秋 ISBN9784163902692)
「サバイバル登山家」(服部文祥 みすず書房 ISBN9784622072201)
「増補 サバイバル!」(服部文祥 ちくま文庫 ISBN9784480433695)
こういう上質の本を紹介してくれる企画はいいね
ノンフィクションってきっかけがないとなかなか手が伸びない
紹介されてる 服部文祥って たしか 一昨年
「ツンドラ・サバイバル」(みすず書房 ISBN9784622079187)
これ買って そのまま積読の山に埋もれてるんだった...

今読みたいノンフィクションは...
(以前にもちらっと書いたけど)
「先生、犬にサンショウウオの探索を頼むのですか!」(小林朋道 築地書館 ISBN9784806715382)
「鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。」(川上和人 新潮社 ISBN9784103509110)
「バッタを倒しにアフリカへ」(前野ウルド浩太郎 光文社新書 ISBN9784334039899)
「洞窟ばか」(吉田勝次 扶桑社 ISBN9784594076252)
そのうち図書館からまわってくるでしょう きっと

木曜なので N紙の目利きさんの紹介は...
小谷真理子さん
「5まで数える」(松崎有理 筑摩書房 ISBN9784480804709)
「フォマルハウトの三つの燭台」(神林長平 講談社 ISBN9784062205757)
藤島大さん
「生死を分ける、山の遭難回避術」(羽根田治 誠文堂新光社 ISBN9784416616420)
縄田一男さん
「おもちゃ絵芳藤」(谷津矢車 文藝春秋 ISBN9784163906423)

でも
このごろ全く読めてません!
夜はビール飲んですぐに寝てしまうし
朝の電車も 全然 読む気にならない
ふ~む 困ったもんだ



.
[PR]
by hangzhou21 | 2017-06-22 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)