<   2017年 04月 ( 25 )   > この月の画像一覧

■ 芋松温泉

西京極で愛媛FCの応援
一昨年 長居でのプレーオフ以来
だいぶメンバー代わってる
先制して 逆転されたものの終了寸前に追いついた

まさかの 勝越し点を奪われ 劇的な敗戦
ふ~む 路は険しいな
サンガもこのゲーム内容では
J1復帰は夢のまた夢って感じ

今にも降りそうな西京極からひと駅
西院へ移動して
スマホの地図を片手に「芋松温泉」(銭湯)
どうして芋松温泉かと云うと
この銭湯 母親の友人宅だと先日知ったから
調べてみると まだちゃんと営業してた!
細い路地の古い町並みの中に唐突にひっそりとありました
18時前と云う中途半端な時間だからか お客さんは三人だけ
ゆったり のんびり
水風呂がいいね
しかし このネーミング すごいね



.
[PR]
by hangzhou21 | 2017-04-15 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 温泉銭湯へ

今週 拙宅ではリフォームの工事中
なので 一階のお風呂が使えない
で 水曜の晩は母親を伴って鳴尾の“塩辛温泉”ことクア武庫川へ
庶民的で良い温泉銭湯
結構広い駐車場があるのもいい
ふ~む 思い返すと
新開温泉と湯楽が近所にあって
毎日のように通えていた松山はつくづく恵まれてた
お湯はいいし 人は少なかったし...

パンの耳が固い件
そうか~ ボクだけじゃなくて 結構な人がそう感じてたんだ
ネットで調べてみたら 何件もヒットしました
“出来上がり10分前にコンセントを抜いて電源を切る”
こんな簡単で過激な方法を伝授してもらいました
なるほどね 焼き過ぎやったんか! 次 試してみよう
しかしな
ネットで調べるとなんでも手軽に分ってしまう
そんな時代になってんなぁ...

ところで
先日 フィギュアの浅田真央ちゃんが引退を表明
長い間最前線で頑張ってきたんだから
ゆっくりお休みください
ご苦労さま そして ありがとう!
そういえば フィギュアの小説「銀盤のトレース」続き出ないのかなぁ...

A紙とY紙の読書コーナーから気になった本
忘れないように 書き留めておきます
「山登り語辞典」(鈴木みき 誠文堂新光社 ISBN9784416517185)
「出会いなおし」(森絵都 文藝春秋 ISBN9784163906201)
「麗しのオルタンス」(ジャック・ルーボー 創元推理文庫 ISBN9784488188023)
「誘拐されたオルタンス」(ジャック・ルーボー 創元推理文庫 ISBN9784488188030)



.
[PR]
by hangzhou21 | 2017-04-14 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 週末は皐月賞

三歳クラシックの第二弾は皐月賞
桜花賞は波乱となったけど
それは核になる人気馬がいたからこその結果
皐月賞は 単勝1倍台になるような抜けた馬はいない(今のところ)
なにしろ 1番人気は牝馬のファンディーナかもしれない
そこいらの牡馬は道を開ける(のかな?)
パンパンの良馬場はムリそう スピードより馬力優先のレースだ
しかしなぁ 難しい
どれが勝つのかさっぱりかわからん

気になるは「クリンチャー」号
ふ~む この馬名は自転車タイヤのタイプを示す言葉
父ディープスカイ母ザフェイツ(母父ブライアンタイム)
上にワキノブレイブやエステーラブがいるね
でも 近親にも自転車関係の馬名はないけどなぁ
二戦目の未勝利を14番人気で逃げ切って
少頭数になったすみれ賞も人気薄で連勝してる
すみれ賞勝ちのクラシック制覇はフサイチコンコルド(日本ダービー)
だから 可能性がないわけじゃない
皐月賞でも人気薄は確実だけに
20~40倍はつくであろう単複が妙味かな?

JRAのweb-siteに掲載されてるレース分析によると
アウトライアーズとスワーヴリチャードが中心
カデナ ファンディーナ レイデオロも浮上してきた
他には アメリカズカップ アルアイン この二頭も減点がないね
また
何の役にも立たないボク独自の感触は...
上に書いたクリンチャー
他には アダムバローズ サトノアレス ファンディーナ プラチナヴォイス
あとは 枠順と馬場との相談


ホームベーカリーで焼いたパン
焼きたては美味しかったけど 冷めるとそうでもない
耳がすごく固くなる! その辺が課題やね
もう少し工夫が必要みたい
それよりも 数年寝ていた機械がちゃんと動いてくれたことが嬉しい
当たり前かもしれないけど えらいね
暑くなるまでに いろいろこさえてみたくなった

木曜だからN紙の目利きの三冊から
小谷真理子さん
「時間のないホテル」(ウィル・ワイルズ 東京創元社 ISBN9784488014629)
(このお話し どっかでも紹介されててピックアップしたね)
藤島大さん
「インヴィンシブル」(エイミー・ロレンス 三賢社 ISBN9784908655050)
「「鉄道と野球」の旅路」(雲プロダクション 啓文社書房 ISBN9784899920243)

昨日の夕方から久しぶりに青空が戻ってきた(ちと寒かったけど)
週末まではもたない予報だけど...
天気がいいと気持ちイイね!


   + + +   + + +   + + +


42「海に向かう足あと」(朽木祥 角川書店 ISBN9784041041956)

ふ~む
何が何時起こるのかわからない
南海トラフ大地震もそうだし 独裁国家が核ミサイルを発射するかもしれない
ことが起きてから
ああすれば良かった こう備えれば良かったと後悔するのは簡単だけど
今 何もしていない 一瞬一瞬を刹那的に生きてる
起こるであろう何かに対して行動をしていないんだな
そんなことを考えさせられた
ボクなら最後の数日いや数時間をどのように過ごすのだろう?
しかし ラストの数十ページでここまで変貌するお話しも珍しい
政治家に読んでもらいたいですね
すぐに読めます



.
[PR]
by hangzhou21 | 2017-04-13 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 週末雨降るな!

この週末 天気予報は微妙
スカッとは晴れないみたいだけど 気温はぐっと上がる
降らないことを前提に 何をしようかな?
土曜 愛媛FCが西京極で15時からサンガ戦
これ 行ってみようか
日曜は皐月賞だし 夕方からはサンフレのゲーム(DAZNで観戦予定)
土日とも 午前中はSodaStreamで遊べるね
遠出は出来ないからきっと武庫川コースになるだろうけど...
明るくなるのがすっかり早くなってるから
6時前には出かけられるのがいい(どこかに小銭入れを忘れなければ...)
とにかく 雨になりませんよ~に!

今夜はルヴァンカップ予選の第二戦
アウェイでアルビ戦
ヒヤヒヤしながら途中経過をネットで追いかけていると
チャジのゴールでなんとか逃げ切った
ふ~ 公式戦連勝!
これで波に乗れるかな?
先週のガンバ戦で負傷退場していた宮吉
怪我の具合が気になっていたら
ふくらはぎの筋肉損傷で復帰まで4週間と発表されてる
もっとひどいかと心配していたから 少しほっとした
才能あるタレントなのはもう証明済みなんだから
焦らずにしっかり直して帰ってきてください

いっときは熱心に取組んでいたものの
ここ数年はすっかり忘れていたのが“パン焼き”
最近 職場にご飯を詰めただけの“かんたん弁当”を持参してる
今度は焼いたパンでサンドウィッチをこさえてみたい!
ということで
強力粉 ドライイースト スキムミルクなどを買い
すっかり埃をかぶっていたホームベーカリーを取り出した

なんと タイマー時計用の電池が切れてる!
これ ちびっと特殊なボタン電池みたいで
何軒か回ったけど置いてないやんか
(結局 大阪駅前のヨドバシにありました)
何かしようと思っても なんやかやと時間がかかる



.
[PR]
by hangzhou21 | 2017-04-12 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 活気ない

あったかくなったと思ったら
曇天や雨が続いて 気温が上がらない
今日は台風のような強風と雨
ふぅ 季節の大きな針は進んでいるけど
秒針はまだ行ったり来たりなんかな?
嬉しくって
ついつい毎朝ジャガイモの芽を確認してしまう
同時にチェックしてるオクラのポット
こっちは まだウンともスンとも云ってないけどね

先日
吉本新喜劇で活躍してた中山美保さん逝去のニュース
この方 マドンナ役で活躍されてたな 懐かしい
すると今度は 京唄子さんも他界されたとのこと
ふ~む 独特の存在感と迫力があるおばはんやった...
こうして訃報に接して いろいろと思い出してしまうのは
こっちが年齢を喰った証拠なのかもしれないな...

図書館にお世話になってるからすっかりご無沙汰してたBOOK-OFF
久しぶりに何軒かお邪魔した
なんだか店内が淋しくて活気がない
本の棚がすっかり減ってるし
お客さんが少ない コミックコーナーすら人がまばら
そう思ってたら“業績不振で社長交代”の記事が目に止まった
そんなものなのかな?
別の店にお客を取られたのではなく
そもそも 本を買う 本を読む そんな人が減ったんだろうな


   + + +   + + +   + + +


40「潮騒のアニマ」(川瀬七緒 講談社 ISBN9784062203081)

ずいぶんと待ってようやく図書館からやって来た
法医昆虫学者赤堀涼子先生のシリーズもいつの間にか5冊目
正直 こんなに続くとは思わなかった
今回 伊豆諸島でミイラ化した女性の死体が発見されたところから
岩楯刑事と赤堀先生の出番です!
この死体を発見した(?)ハスキー犬のトシゾーに
外来種のアリがくっついていたところから...
まぁ 幾つかの伏線が一気に収束せず 伏せたままになってるのはご愛嬌
鰐川もちらっと顔を出してくれるしね
このシリーズまだまだ続きそうです


41「よもぎ学園高等学校蹴球部」(松波太郎 文藝春秋 ISBN 97841632585900)

知らなかったけどこの書き手さん
2015年下半期も含めて三回も芥川賞の候補になってるんですね
この「よもぎ学園~」で2009年に初めて候補作になったそうです
そんなことは全く知らずに
タイトルだけで新古書店の棚から引き抜いて そのまま積読の山に埋もれてた
表題作と「廃車」という短編二作が収められてる
「これほんまに芥川賞候補なん?」そんな感じ
正直なところ なんだかよくわからない
起承転結があるわけでもなく 読了後の納得感もまるでない
「廃車」の方がまだマシかな?
唐突に卒業論文が挿入されたり 中国人に対する考察を語ったり...
ふ~む...
あんまりオススメはしないけど すぐに読めます はい



.
[PR]
by hangzhou21 | 2017-04-11 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 「オイル」で麻婆豆腐

先週末
つくづくヘンテコな天気だった
昨日は少し寒かったしね
そんなせいもあって SodaStream号で走ってないから
運動不足 馬券も外れてストレスだけが溜まる!
今朝は少し青空だったけど
午前中にはすっかり鬱陶しい曇り空になってしまった
季節は少し後戻りかな

少し遅くなったけど
金曜のN紙の映画紹介から
「午後8時の訪問者」
「LION/ライオン」
この「LION/ライオン」って 確か原作を読んだような...
「25年目の「ただいま」」(サルー・ブライアリー 静山社 ISBN9784863893146)
でも どう探しても履歴がないねんな...
どちらも もう公開が始まってる 観に行けるかな?

先週の鮫川啓一牧場の生産馬
土曜は阪神の三歳1勝クラスにブルーミン
日曜は中山のメイン京葉Sにブルドッグボス
いずれも ちょっと残念な結果でした

そういえば
去年の秋に立売堀の「チリレンゲ」というお店で麻婆豆腐のランチを食べて
その時 気になって 大阪の美味しい麻婆豆腐を出す店を調べたんやった
なぜか福島に固まっていて
今日お邪魔した「オイル」もそのうちの一軒
お昼過ぎ 店の外に7~8名待っているから ボクも最後尾へ
並んでいるうちに注文を取ってくれて 10分ほど待って店内のカウンターへ
みんな麻婆豆腐ランチ食べてる!
すぐに出てきたのは オイリーというかアブラギッシュした麻婆豆腐
見た目ほどギトギト感はなくて ドカンとヘビー級の辛さ!
でも 案外と美味しい パクパクいただきました!
一緒に食べ始めた方 みなさんまだ半分もお皿が空いてない
ボクって案外辛さに強いんやったかな?
でも 汗がアタマからどんどん吹き出してたけどね...
この「オイル」以外にも福島には
六徳 恒河沙/りっとく ごうがしゃ」「醤じゃん」「香港小菜 LEE」などなど
思わず“なんで福島に?”と思うけどね
う~む 麻婆豆腐はクセになる!
変り種では 西区の本町にある「ラヴィリンス
なんでも“飲む麻婆豆腐”らしい 気になる!
今までは 大阪で麻婆豆腐といえば
南森町の「福龍園」くらいしか思い浮かばなかったけどね
マニアックな世界が広がっているんやなぁ...



.
[PR]
by hangzhou21 | 2017-04-10 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ どっきり

朝 さぁ出かけようと準備をしてたら
う~む 小銭入れが見当たらない
いろんなところを探してみるけど ない
Qちゃんも二度確認しに行ったけど 車内に落ちているわけでもない
ないやんか!
お金は幾らも入ってないけど 免許証が入れてあるしなぁ...
再発行となると いろいろ面倒くさい
どこかで落としてしまったみたい...
昨日の行動を思い出す
よかたん温泉へ行って 産直市で野菜と日本酒買って...
最後にお金を使ったのは 有野にある「ニシヤマ」というスーパー
調べて 電話を入れてみると...
ちゃんと届けられていて サービスカウンターで預かっていますとのこと
嬉しかった 良かった ほっとしました!
(すぐに受取に行きました!)
そんなこんなで
SodaStreamで遊ぶに遊べず
せっかく午前中に雨は上がったのにな

ということで
ようやく オクラの種まき
ポット10個ほどにセットしときました
すっかり暖かくなってるから すぐに芽が出るだろうね

あまり早く行くと いらんお金を使ってしまうから
ゆっくりと歩いて出かける
いろんなところでサクラが咲き誇ってる
仁川に着いたら 阪神の9R忘れな草賞が発走するところ
桜花賞までのレースを細かく買っておいて パドックへ
ふ~む
まず ソウルスターリングの単勝が1.5倍になってる
これは危険なサイン!
1.1~1.3倍なら安全だと思ってんけどな
馬体を見ていると
6リスグラシュー 13ヴゼットジョリー 15アドマイヤミヤビ
この三頭が良く見えたんだけど...
結局
枠連7-7への大勝負は避けて
ちょこっと買うだけにしとく

10⇒6⇒14
レーヌミノル号 池添ジョッキー 本田優調教師
その他関係者のみなさんおめでとうございます!
ソウルスターリング 3着 最終的には1.4倍だった
アドマイヤは直線外を全然伸びず がっくし...
しかし
前夜予想でかすってたのに
つくづく 馬券が下手やなぁ...


   + + +   + + +   + + +


図書館の本は順番待ちなので
積読の山から発掘した本をぼちぼちと読んでみました


38「タッチアップ」(田澤拓也 エクスナレッジ ISBN9784767807164)

有り得ないのはわかってる
でも 胸が熱くなり ラストは息をするのも苦しくなる
野球 特に高校野球っていいもんだな
突如 彗星のように現れた剛速球投手!
激戦区の神奈川県予選を勝ち抜け甲子園へ行けるのか...
いろんなものをもう少し深堀してほしかったような気もするし
そうすると紙枚が足りないしね
ただ 周囲の大人(監督や部長などなど)が生きてないのも確かかな
それでも ぐいぐい引き込まれて一気に読んで
しばらく放心してしまいました
高校野球好きにはオススメ! すぐに読めます


39「四百歳の鮎」(潮見三郎 つり人社 ISBN4885360730)

若いころには いつかは鮎を釣ってみたいと思ってた
今では考えられないけど 武庫川の生瀬には鮎釣場があったしね
鮎釣にまつわる掌編が六つ
釣賛歌ではなく 釣が持つ魅力を伝えつつ警鐘を鳴らしている
ただ 鐘を鳴らしてもどうしようもないのもわかってるのか...
今はもう日本のどこにも桃源郷のような流れはないしね
それは河だけじゃなく 海もそうなのかもしれないけど
でも 面白い
鮎をしない人でも釣をしたことがあれば楽しめます
もちろん すぐに読めます
95年に発行だから なかなか読めないとは思うけど
どこかで探してみてください


映画は今年に入って五本目
「疾走スプリンター」「ローグワン」「この世の片隅で」「ララランド」
そして今回はエキスポシティの109シネマで「ムーンライト」
「ララランド」を押しのけてのアカデミー賞作品賞の受賞作
そうじゃなかったら まず観てないな
あんまり予備知識を入れないようにしてただけに ちびっとびっくりした
観て良かったとも悪かったとも表現できない
極めて説明が少なく ほとんど観客にゆだねられている
それだけに どう消化したらいいのか 正直判らない
ヤクの売人(マハーシャル・アリ)とその妻(ジャネール・モネイ)
この二人はとても存在感がありました はい
まぁ 無理してご覧にならなくてもいいと思うけど...



.
[PR]
by hangzhou21 | 2017-04-09 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ サクラが一輪

昨日からへんてこな天気 春の嵐かな
低く垂れこめた重そうな黒い雲
細かい霧のような雨かと思えば
雨音が響くような叩きつける大粒の横殴りの雨

そんな中
拙宅の庭 ようやくサクラが一輪
昨夏にきつく剪定したからこの春はもう咲かないのかと思ってた
このサクラ どうやらソメイヨシノではないらしく
花より先に葉が開く
ナツツバキ ヒイラギ 馬目樫 キンモクセイ レンギョウ
新芽が吹きだしてる
昨日 ようやくジャガイモも芽を出してくれたしね
こんな天気だけど フレッシュな気分


明日は桜花賞
ちびっと検討した結果の前夜予想
単勝1.1倍まで支持されてる14ソウルスターリングには逆らえないか
本線は枠連で7-7 これが3倍以上になるから厚く買おうか
三連単 14⇒15⇒(6*9*10*12*16)の5点
これの1着2着を入れ替えたのも少し
ひょっとしてと思って(6*9*10*12*16)の三連複をボックスで押さえるか
あとは 語呂合わせで 面白いなと思った
11ア「ロン」ザモナと17ディラ「ドラ」
ロンとドラで大きく上がれるかな? 馬単ウラオモテとワイド
どうかな?



.
[PR]
by hangzhou21 | 2017-04-08 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ ようやく片目

航平も壮也も空いてるのにボールが回らない
きっと二人ともミカやカッシーほど信頼されてないんだな
なんでもないつなぎのパスミスも多く逆襲を喰らう
ふ~ 失点するのは時間の問題かな...
諦観にも似た気持ち
が 真ん中でダイレクトのパス交換からシウバのミドルシュートがバーを叩く
そこに詰めていた工藤のへなちょこヘッドがバーに嫌われずにゴールへ吸い込まれた!
狂喜 歓喜
さぁ 追加点だ!
でも 考えてみたら 前の吹田のゲームも
ラッキーパンチのようなゴールを奪われて逃げ切られたんだから
サンフレだって なんでもいい
とにかく 今夜は勝って勝点「3」をもぎ取ることが大切!
今夜は GKの林はもちろん水本も柴崎もよく頑張った
(負傷退場した宮吉は大丈夫かな?)
とにかく ひとつ勝った
今夜は 単純にそれが嬉しい



.
[PR]
by hangzhou21 | 2017-04-07 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 週末は桜花賞

さぁ桜花賞
事前の評判では
関東の藤沢厩舎フランケル産駒で四連勝無敗のソウルスターリング
これが 他を寄せ付けない断然の一番人気候補
スポニチを眺めている限りでは まず負けないという印象
でもな 昨年は1.5倍のメジャーエンブレム(4着)
一昨年は1.6倍ルージュバック(9着)
圧倒的な一番人気の関東馬があっけなく敗退しているのも桜花賞
それに 気になるのは 当日 良馬場はちょっと難しい(サクラはきっと満開だけど)
すると セオリーでは前へ行く馬にチャンスがありそう
ただ 今回は玉砕覚悟でも前へ行きたい強烈な逃げ馬は見当たらない
枠順と馬場の具合も加味して
これから じっくり検討してみます

こないだ
A紙のweb-siteで見かけて気になったのが
お手軽おうち燻製、じわじわブーム
ふ~む
そういえば もう長く燻製こさえてないな
燻製用に置いてた段ボール箱も捨てちゃったし
ここからは暖かくなるからこの秋以降か今すぐかしかないけど
久しぶりにベーコンでもこさえてみようかな
ここで紹介されてる漫画は興味ないけど
レシピ集「いぶり暮らしレシピブック」(扶桑社 ISBN9784594076047)
こっちは いっぺん見てみたいな

木曜だからN紙夕刊の目利きの三冊から
今週は北上次郎さんの番だった
「出会いなおし」(森絵都 文藝春秋 ISBN9784163906201)
「嫁をやめる日」(垣谷美雨 中央公論新社 ISBN9784120049613)
「今日のハチミツ、あしたの私」(寺地はるな 角川春樹事務所 ISBN9784758413022)
速水健朗さん
「芸人式新聞の読み方」(プチ鹿島 幻冬舎 ISBN9784344030855)
竹内薫さん
「クマムシへんてこ最強伝説」(堀川大樹 日経ナショナルジオグラフィック ISBN9784863133808)
「知っているようで知らない鳥の話」(細川博昭 サイエンスアイ新書 ISBN9784797389203)
「愛と怒りの行動経済学」(エヤル・ヴィンター 早川書房 ISBN9784152096760)
垣谷美雨さんってどこかで見たようなと思ったら
「あなたの人生、片づけます」の書き手さんだったんや!
これは楽しみ!

それにしても
ここんとこ 本の紹介ばっかりしてるような気がするなぁ...


   + + +   + + +   + + +


37「沈黙の森」(CJボックス 講談社文庫 ISBN9784062748445)

amazonのレコマンドに出てきて
BOOK-OFFの108円均一で買って読んでみました
米国のワイオミング州(どのあたりに位置するのか地図で調べました!)
ここで猟区管理官をしているひとりの男ジョーが主人公
シリーズの一作目でかなり高い評価を受けているみたい
確かに 荒野のスケールはデカイ!
大自然の描写もすごいけど
ハイウェイを飛ばしていると ラジオの電波さえも拾えないゾーンがあるそうだ
ふ~む そうか
その割には 人間の営みとはみみっちくてなんと利己的なのか
ど肝を抜かれるような陰謀があるのではなく
ミステリーとしては いささか拍子抜けさせられるプロット
まぁ そこそこ面白いから一気に読めるかな
日本のお話と根本的に違うのは 家族に対する感情
家族を護るのは 米国の男には必須条件なのかもしれないな
続刊も手に取るかどうかは わからないけどね



.
[PR]
by hangzhou21 | 2017-04-06 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)