<   2017年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧

■ 三月のお昼

3/1 水
ウツボ公園近くの京町堀二丁目「うどん家あぶく」“鶏天温玉ぶっかけ・冷”
うどんそのものは美味しい!
うどんのヴォリュームが半端ない!
おなか一杯!

3/2 木
昼から守口なので
守口市駅の高架下にある「マーメイド」で“ハンバーグランチ”
場所柄に似合わず上品な店内 お味もいい!
若い営業に教えてもらったんだけど ここはまずまずおすすめできます!

3/3 金
今日はもち麦などが入った雑穀を混ぜて炊いた“にこまる”
これでかんたん弁当にしました!

3/4 土
家でありものをごにょごにょといただきました

3/5 日
三宮の「むさし」で“へれ”
相変わらず上品で美味しかった!
「むさし」って広島ならおむすびとうどんだけど
神戸ではトンカツ屋さんです

3/6 月
イベント運営
だから“イベント弁当(塩サバ弁当)”
ヴォリューム満点でお腹が一杯になりました

3/7 火
おむすび弁当!
太陽市で買ってきた“にこまる”美味しいです!
まぁお鍋で炊くのもすっかり手の内に入ったことだしね

3/8 水
かんたん弁当です

3/9 木
今日はおむすび弁当

3/10 金
寺田町の「極楽うどんAh-麺」で“アスパラ天ぶっかけ・冷+鶏天”
まずまず
ここって 玉造の「極楽うどんTKU」の姉妹店なのね
しかし そこそこ流行ってます

3/11 土
家でありもので済ませました
このところ 妙に食欲モリモリで困ったな

3/12 日
SodaStreamの武庫川から戻って
半生のうどんをゆがいて“ひっぱりうどん”こさえました!
思ったよりも美味しい!

3/13 月
おむすび弁当!

3/14 火
簡単弁当です

3/15 水
お弁当はお休み
吉野家で豚丼にでもしようかと歩いてると なんと改装工事中でお休み!
じゃ 三番街まで行って「青冥」で“五目やきそば”
すご~く流行ってました

3/16 木
おむすび弁当!

3/17 金
イベントのヘルプだったのでイベント弁当(和風)

3/18 土
札幌南郷8丁目の「とんかつ さんか」で“とんかつ定食”
こんなもんかな?
注文した通りに料理は来ないし 頼りないことこのうえナシ!
わざわざ行くまでもなかった

3/19 日
新千歳空港ターミナル「ラーメン道場」にある「けやき」で“味噌ラーメン”
いかにもこんな場所でやってますって感じのラーメン
もう三つくらいかな

3/20 月祝
家で袋入りのラーメンなどをごにょごにょといただきました

3/21 火
おむすび弁当!

3/22 水
簡単弁当です

3/23 木
昼から外出だったので阪神尼まで脚を伸ばして
「でめきん」で“そば入り”
まぁまぁ 感動はなかったね

3/24 金
三番街の「インディアンカレー」で“レギュラー”
久しぶりだけど 相変わらずのお味でした

3/25 土
買っておいたカップ麺「蒙古タンメン中本」
これ 最初はインパクトあっておいしかったけど
慣れてしまえばこんなものなのかな?

3/26 日
甲子園のライトスタンドに陣取る
前から気になっていたパン屋さん「PAIN DE CAMPAGNE」で買った
おかずパンをいただきました
外観に似合わず庶民的なラインナップとお味(少し高めかな?)
まぁこんなもんかな

3/27 月
簡単弁当です

3/28 火
簡単弁当

3/29 水
今日も簡単弁当です

3/30 木
守口で食べようかと思いながら京橋まで戻って来た
ごちゃっとした一角を通り過ぎて
「とんかつ三谷」で“一口ヒレトンカツ定食”にしました
まずまず

3/31 金
簡単弁当持参です



.
[PR]
by hangzhou21 | 2017-03-31 23:58 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ グリルパン

このところ気になっているのが
魚を焼くグリル(引き出しみたいなところね)で使う“グリルパン”
そもそも このグリルは数えるほどしか使っていなくて
ここ数年の使用実績は皆無
魚を焼くときは フライパンにフッ素加工したアルミ箔を敷いてる
(これ とっても便利!)

このグリルパン 魚を焼きたいだけじゃなくて
チキンやピザを焼いたり いろいろこさえてみたいのよね
どうせ買うなら 鋳鉄の蓋付きがいいなと思ってるけど
そうなると 案外とええ値段するなぁ...
気に入れば使い倒すと思うけど
使いにくければ そのままお蔵入りとなりそうなだけに
ちびっと悩んでます はい
結局買わない公算が大やけど...


ミキッチと柴崎が故障で明日のゲームはムリみたい
柏もまだダメだから 両翼がもがれてる
まだ若い高橋壮也がリーグ戦初スタメン濃厚だとか
このチャンスをなんとかものにしてブレイクして欲しいな
柴崎の代わりには誰が起用されるのかな?
カズはまだアカンのか?
明日4/1の14時キックオフ 相手はレイソル Eスタには行けないから
久々にDAZNで応援となりそう 楽しみ!


今日で3月はおしまい
昨日は20度近くまで上がって暑ささえ感じた
大阪でもサクラが開花したらしい
一転して 今日は大雨 ひんやりしてる
新年度はどんな一年となるのか ちびっと楽しみ!



.
[PR]
by hangzhou21 | 2017-03-31 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 今日買ってしまったもの

ドトールが新しい豆を出してたな
まぁ売り切れることはないだろうけど...
朝のうちに ドトールで買ったのが
エルサドバドル レッド ブルボン
どんな味かな 楽しみ!

そういえば
ここ(京阪百貨店守口店)に
鬼北町(愛媛県)の麦味噌を見かけたな
地蔵味噌
そろそろ暖かくなって 味噌汁もあんまりこさえなくなるけど
まぁ 守口に来るのもこれが最後かと買う

京橋にある商業ビル「kiki」
お邪魔するのは5年ぶりくらいかな
ここにBOOKOFFが入っているのをすっかり忘れてた
100円コーナーでについつい買ってしまったのが
「沈黙の森」(CJボックス 講談社文庫 ISBN9784062748445)

そして
昨日見逃していた 百貨店の試飲販売を偵察
大丸に愛知江南の「勲碧/くんぺき」さん!
こんなに早くまた来てくれてるとは!
ここの生酒 飲みやすくて気に入っている
ついつい二本買ってしまいました
先週は阪急に芳水さんが来てたから買ってしまったし
なんちゅうタイミング!

ふ~
散財しちゃった


木曜だからN紙の目利きの三冊から
陣野俊史さん
「再起動」(岡本学 講談社 ISBN9784062204644)
「ぼくの東京全集」(小沢信男 ちくま文庫 ISBN9784480434074)
「岩場の上から」(黒川創 新潮社 ISBN9784104444083)
中沢孝夫さん
「「週刊文春」編集長の仕事術」(新谷学 ダイヤモンド社 ISBN9784478102091)
野崎六助さん
「地下道の鳩」(ジョン・ル・カレ 早川書房 ISBN9784152096746)
「果鋭」(黒川博行 幻冬舎 ISBN9784344030886)
「死体島」(渡辺裕之 中央公論社 ISBN9784120049446)



.
[PR]
by hangzhou21 | 2017-03-30 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ ちゃんこでも食べようか

今日の昼間は春を思わせるあたたかさ!
昨日の センバツ 二回戦の再試合
案外とすんなり決着が付いたみたい
もう一回延長までもつれるかと思ったけどなぁ
再試合を勝った高校も 今日の準決勝で負けてしまった
四校の選手のみなさん お疲れさまでした

相撲は新横綱稀勢の里の劇的な逆転優勝で盛り上がったね
場所中 毎日注目していたのが
ひいきにしている天風関
十両七枚目で6勝9敗と負越し
ふ~ 幕がまた遠のいた 残念
25歳で もう若手とは云えない
いつになったら一皮剥けてくれるかな?
それに
春場所中に一回は行こうと思いながら行けなかったのが
相撲部屋訪問
機会は来年の春までもうない
その代わりに
ちゃんこでも食べに行こうか

N紙で小泉先生がホタテの天ぷらを紹介してる
そうか~
ホタテの缶詰があるはずだから
明日は 炊き込みご飯でもこさえようかな


   + + +   + + +   + + +


34「カブキブ!6」(榎田ユウリ 角川文庫 ISBN:9784041052648)
いつの間にかこのシリーズも6冊目ですか!
アニメ化されるようで 表紙も一新されて1巻目からズラっとヒラで並んでる!
今回は歌舞伎のお話しというよりも
青春モノの学園ドラマそのものになってるかな
ボクとしては 顧問の遠見先生の恋の行方の方が気になりますが...
演劇部の部長が“松葉目”というのも スゴイね
いろいろ伏線を張り巡らせすぎて ちょっと散漫になってしまったかな?
まぁ いずれにせよ ここってとこで6巻目はおしまい!
次号 乞うご期待!って感じやね
楽しみにして待ってます!



.
[PR]
by hangzhou21 | 2017-03-29 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 春はそこまで

朝のラジオが“遅霜に注意”と云ってた
冷え込んでいるわけじゃないけど いつまでも薄ら寒い
陽が出てるときはそうでもないけど
朝夕の風の冷たさはまだ冬みたい
ジャガイモの芽が出てこないのは この気候のせいだとしておこうか

このごろ
毎朝の阪急の車内 妙に静かだと思っていたら
そうか~って 今頃思い当たったのが 春休み
子供たちがいない車内でしばらくはゆっくりさせてもらえそう
卒業式は一段落着いているだろうから
来週からは入学式シーズンか
街には 慣れないスーツを着た新入社員たちもうろうろするんだな
そういう意味では 春はそこまで来てるね

昨夜 ちとアタマが痛くて
いつもにも増して早く寝たら
夜中にくしゃみを連発して目が覚める 鼻水もじゅるじゅる...
風邪ひいたかなと観念したけど
今朝になると そうでもなかった(助かった!)

そういえば
去年の今頃
一連のイベントがなんとか終って
放心状態やってんな
それに較べると 今年は何とも締まらない...



.
[PR]
by hangzhou21 | 2017-03-28 23:55 | Comments(0)

■ サクラの開花は

この春
東京ではかなり早い開花宣言(3/21)だったのに
薄ら寒い日が続いてる
まだ“花見”という言葉は耳にしない
関西もまだまだ
この週末くらいにボチボチ“開花”となるのかな

ということは
今年の桜花賞は4/9
これまで 桜花賞当日ってソメイヨシノには遅すぎる日程だったけど
今年は ひょっとしたら仁川は満開かもしれない
(臨場しようかどうか迷ってる!)
その前に 今週は新設の「GI」大阪杯 芝2,000
でも 阪神の芝2,000は内回りを使うから
コースレイアウトが生かされてるとは思えない もったいないな
阪急今津線には大阪杯のヘッドマークを付けてる編成も見かけた
大阪杯は以前から GIIにしてはいいメンバーが揃う重賞だったけど
盛り上がるのかな?
ボクはあんまり盛り上がってないけど...
それに レース名から「産経」が取れてしまったみたいやね

Y紙の読書コーナーから 気になったのを書き留めておきます
「植物はなぜ薬を作るのか」(斉藤和季 文春新書 ISBN9784166611195)
「怪魚を釣る」(小塚拓矢 インターナショナル新書 ISBN9784797680065)
「科学者18人にお尋ねします。宇宙には誰かいますか?」(河出書房新社 ISBN9784309253619)


   + + +   + + +   + + +


「料理通異聞」(松井今朝子 幻冬舎 ISBN9784344029927)
江戸後期に江戸一との評判を取った料理屋「八百善」のお話し
もともとは精進料理を出していた「福田屋」
そこの跡取り息子善四郎の生涯と「八百善」の成長を描いてますね
すらっと読める
「絵画は百年後も残るが 料理は口先でなくなってしまう」と嘆く善四郎だが
創意と工夫の人だし
困っている人を見たら何かせずにはおられない人
冷蔵庫もなければ冷凍食品もない時代
料理そのものも大変だし
料理屋の経営はもっと大変だったんだろうな そう思わされます
善四郎 いい人だけじゃないんだけど
まぁ それもこれも 周囲に恵まれていたのもあるし
そんなふうに周囲に人を呼ぶ魅力もあったんでしょうね

実は 善四郎の奥さんお栄さんから見た
「八百善」の物語りを書いてもらいたいものです
そっちの方が面白いかもね
まずまずのオススメ!

1月に12タイトル
2月は9タイトル
今月はここまで12で 合計33タイトルとなりました



.
[PR]
by hangzhou21 | 2017-03-27 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 球史

まだまだ薄ら寒い
午後から降りだしそうなので
朝から武庫川コース
今朝は少し頑張ったけど 膝は大丈夫
腹筋も使えてて いい感じやんか!
昨日は脱いでたウインドブレーカーだけど 今日は着る
でも 昨日からトゥカバーも帽子もネックウォーマーも外してるし
グローブも指切りのにしてます

家に戻ってすぐに着替えママチャリで甲子園へ
20分くらいで到着
ちょうど第一試合が終ったところ
ライト側の外野スタンドへ上がると だいたい1/3ほどの入りかな
割と淡々とゲームが進む
まさか 延長15回引分再試合となるとは...
観ているこっちも トイレへも行けないし 途中で帰れない
雨もポツリと落ちてきたのにね...
思い返せば
78年春のセンバツ 完全試合が達成されたゲーム
バックネット裏で観戦してた
なんと39年も前のこと!
そのゲームも甲子園の歴史の一駒だとすれば
今日の 二試合連続引分再試合も甲子園の球史に残るんだろうな


夕食後
ほろ酔い加減だったとはいえ
また 階段でずっこける
どういうことやねん!
怪我はしてないけど すっかり落ち込む
あゝええ加減年齢やなぁ...


この土日
鮫川啓一牧場の生産馬は5頭出走
土曜 中京1Rの未勝利戦 既走馬に混じってデビューしたブルーミン
向う正面からまくり気味に上がって行って
直線向いてすぐに先頭に立つとそのままゴール!
ふ~む こんなこともあるんやな
このブルーミン さかのぼるとクリアアンバーにたどり着く
社台ファームの牝系ですね
日曜にも未勝利戦でオースミベレルがデビューしていて
こちらは6着と馬券には絡めなかったものの悪くない競走
近々チャンスが巡ってくるかもね
他の未勝利二頭(ハクサンオダイリ・ザンテツケン)はちょっと時間がかかりそう...
3歳1勝クラス君子蘭賞に出たプリンセスルーラー
こっちは放牧に出して立て直したほうがいいのかも...



.
[PR]
by hangzhou21 | 2017-03-26 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ ニラの種を買う

朝 ひさしぶりに「よかたん温泉」へ
産直市で野菜も買いたいしね
行きしなは 宝塚廻りで1時間半 帰りは盤滝トンネル経由で1時間弱
トンネル通行料250円はおよそ30分になります
今日は空いてた
寒さが緩んで“さぁ温泉!”ってことでもなくなったのかな
ゆっくり浸かって サウナにストレッチで硬くなった身体をほぐしました

午後からは武庫川コースを40kmほど
小曾根あたりの工事が終っていて
サイクリングコースは全線通行できるようになってます
膝に負担がかからないよう そろりとフォームを確認しながら
軽いギアをクルクル回す
宝塚の末広中央公園 人でいっぱい
サクラのつぼみが大きくなってるし ヤナギには新芽が出てる
早咲きのサクラやヤマモモ それにサンシュなんかが咲いてるね
もうすぐ 春です!

ホームセンターへ寄って
ニラとオクラの種を買ってみた
もう少し暖かくなったら蒔いてみよう
こないだ植えつけたジャガイモは変化なし
早く芽が出て安心させて欲しいな



.
[PR]
by hangzhou21 | 2017-03-25 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 押忍

この週末 サンフレのゲームはお休みなので
いらん心配をしなくて済むから気が休まる
開幕から低空飛行
アルビレックス エスパルス サガン (ヴァンフォーレ) コンサドーレ
サガン以外は ついつい“組し易し”と思ってしまうクラブとの対戦
心のどこかに“勝って当たり前”みたいな気持ちがあったのも確か
最初に躓いてしまい どんどん気持ちが焦ってるよな
でも まだまだ始まったばかり! 大丈夫!
次節はレイソルをホームに迎える
しっかりリフレッシュしていいサッカーをして欲しいです はい

昨日はヴィッセルと練習試合
神戸のいぶきの森が会場だったから
よっぽど仕事を放り出して応援へ行こうかとも思ったけど
若手中心の編成 3-0で快勝したみたい
これで弾みがついてくれるといいけど...

WBCが終って
W杯予選はUAE相手に勝ったみたいだし
センバツも開催中(愛媛大洲の帝京第五は負けちゃった)
春場所も終盤を迎えて 天風関は6勝7敗で踏ん張ってる
(この星なら 十両から陥落はないけど 何とか勝ち越して欲しい!)
スポーツイベント花盛り
この週末は甲子園の外野スタンドでひとつくらい見てみようかな

N紙 金曜の夕刊には映画紹介が載る
今回 久しぶりに目を通してみて気になったのがアジアの映画二題
マレーシアの「タレンタイム
そして パキスタンの「娘よ
関西での上映はもう少し先だけど
映画館へ行こうかな そんな気になった
「タレンタイム」のweb-site トップページの男女二人を見てたら
全然関係ないんだけど 大昔の中国映画「太陽の少年」を思い出した
懐かしい!
なんか“垢抜けない”ところから連想したのかな?
ちなみにこの映画 「ローグ・ワン」に出てたチアンウェンが監督してます!

昨日紹介した「いかなご漁」について
Y紙に記事が載ってました


   + + +   + + +   + + +


「押忍とは何か?」(大森敏範 三五社 ISBN9784883206902)

そういえば誰かに会って「お~っす」なんて言わなくなった
それはボクだけじゃなくて 若いのもきっとそうだと思う
でも
空手の世界では「OSS」とか「押忍」が世界共通語なんだそうだ
知らなかった~!
それが何故なのか そして「オス」の語源は?
そういうことを調べた方の労作です
ただ それを知ったからといっても
「押忍」「オッス」を使うことはないだろうけどね
戦前の拓殖大学の学内で使われていたのが始まりのそうです
この大学がどのような建学の精神であったのかが興味深く
東大や早慶との立ち位置を自覚していたところが面白い!
また 別のエピソードとして
阪南大学と大阪商業大学の抗争が紹介されていて
そうそう「花の応援団」という漫画があったなと 懐かしかった!
すぐに読めるけど
興味にない方にはどうかな?



.
[PR]
by hangzhou21 | 2017-03-24 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ いかなご終了

不漁で超高値のまま 先週終了してしまったのが
大阪湾の“いかなご”
ありゃりゃ
ボクは新子を一回食べただけ
こんなに漁期が短いのなら もっと味わって食べれば良かったか
播磨灘以西ではまだやってるかもしれないけどね...
今年は伊勢湾では漁をしなかったそうだし
いかなごも いつしか高嶺の花となってしまうのかなぁ...

愛媛から戻ってそろそろ一年になる
向うでは魚が主食だったけど
こっちでは食指も動かない上に高いし すっかり食べなくなってしまった
いよてつ高島屋の地下 刺身のパックの半額シールが懐かしい!
どっかにいい魚屋さんないかな

ところで
こないだふと耳にして気になっている野菜がある
山口県のオリジナル野菜“ハナッツコリー
中国野菜のサイシンとブロッコリーを掛け合わせて出来たらしい
どんなもんなんか 興味あるな
最近 近所のスーパーで“ロマネスコ”も見かけたしね
これ 去年松山の太陽市でみつけてびっくりしたんだった!
(お味はイマイチだったけど...)

籠池氏の証人喚問
やってくれましたね
それにしても よぅしゃべるおっさん
その真偽はともかく
今後の展開 大いに注目!

木曜なのでN紙の目利きの三冊からは...
藤島大さん
「それでも俺にパスを出せ」(釜本邦茂 講談社 ISBN9784062205498)
小谷真理さん
「ぼくの死体をよろしくたのむ」(川上弘美 小学館 ISBN9784093864558)
こんなところかな


   + + +   + + +   + + +


「バベル九朔」(万城目学 角川書店 ISBN:9784041034644)
本当は二度三度と再読して楽しむお話なのかもしれない
でも ボクにはそこまでの忍耐力はないな
意味不明理解不能な万城目ワールドが展開される
ぐいぐいと読まされるわけでもなく
ただ テキストがあるからそれを目で追っている そんな感じ
だから そこに書かれている世界が理解できているかと問われると
答えは「No」だ 残念ながら...
でもそれでもいいのかもしれないな
図書館で予約して10カ月待って ようやく読みました
それなりというところでしょうか...



.
[PR]
by hangzhou21 | 2017-03-23 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)