<   2015年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

■ 9月のお昼

9/01 火
お昼休みはものごっつい雨
雨が降ると「斗鬼」は空いてる
自家製エソのすり身にタマネギを入れて揚げた団子
あつあつだし 余計に美味しい!

9/02 水
「斗鬼」ニベの煮付け
今日の魚はニベですょと教えてもらいました!

9/03 木
「斗鬼」塩サバ焼いたの

9/04 金
「斗鬼」カレイ・カンパチ・ハマチのフライ 美味!

9/05 土
SodaStreamで100kmほど駆けてから部屋で素麺ゆがきました!

9/06 日
今日も部屋で素麺!

9/07 月
「斗鬼」塩サバ焼いたの

9/08 火
「斗鬼」コチの煮付け

9/09 水
「斗鬼」赤魚のてんぷら

9/10 木
新居浜駅前のフジで買ったお弁当をバスの中で食べました
(悲しい...)

9/11 金
「斗鬼」カレイの唐揚げ

9/12 土
福岡へQちゃんで移動中!
中国道の美東SAで“騎兵隊弁当” 単なる豚の生姜焼きお重でした
でも いつぞやの吉備SAより ウンとましです!

9/13 日
春日市の「らーめん次男坊」で“らーめん”
普通過ぎて ややがっくり...

9/14 月
「斗鬼」うおぜ(愛媛ではアマギ)の唐揚げ
うおぜを食べるのは実に久しぶり!

9/15 火
「斗鬼」ハマチの煮付け

9/16 水
「斗鬼」塩サンマ焼いたの

9/17 木
「斗鬼」サバのてんぷら

9/18 金
「斗鬼」塩サンマ焼いたの(多分)

9/19 土
烏丸の地下で買った鯖寿司弁当をアトリエ劇研の前で食べました
お腹一杯になりました

9/20 日
森の音さんと歩いた大舟山の山頂でおむすび頬張りました!

9/21 月祝
松山の部屋で素麺

9/22 火祝
犬寄峠から内子大洲長浜への119kmライドから戻って部屋で素麺

9/23 水祝
東温の乗馬クラブまでの55kmライドから戻って部屋で素麺

9/24 木
「斗鬼」サバの味噌煮付け

9/25 金
「斗鬼」塩サンマ焼いたの

9/26 土
静岡駅南側の「うな治」で“うな重・上”
目の前でさばいて焼いてくれます まずまずおすすめ!
うなぎはご飯を半分にしてもらって もう一軒!
ラーメン屋らしくない「イタリア軒」で“手打ちラーメン”
ふ~む 酢が効いたスープ まるで大阪の高井田系のラーメンみたいです
このスープには 細打ちの麺の方がマッチしたかも
チャーシューはかなり旨い
店名同様なかなか個性的なラーメンでした

9/27 日
浅草の「天健」で“かきあげ丼”
こりゃカロリーオーバーになる!
でも 美味しい たまにはこんなんもええね

9/28 月
有楽町駅のガード下にある「吉野家」で“並”+タマゴ
時間なかったしね 仕方ない 
ちょっと遅めのお昼時だったけど よ~く流行ってました!

9/29 火
「斗鬼」カンパチの煮付け

9/30 水
「斗鬼」塩サンマ焼いたの
[PR]
by hangzhou21 | 2015-09-30 23:58 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ ユーラシア大陸縦断

ふと思い出しては記事を探して楽しみにしているのが
A紙のweb-siteで月二回更新されてる「クリックディープ旅
今回は ユーラシア大陸を縦断する鉄道旅だそうで
その一回目 南端のシンガポールを出発するところ
気になるのは 記事中で明示されていない行き先となる北端
ロシアなのかノルウェーなのか...
最北端の駅で検索しても よくわからない
もし ロシアだとしたら 結構綿密に予定を立てないとダメだしね
世界地図を取り出して ルートをなぞってみると
なぞらなくてもスグにわかることなんだけど 聳え立つヒマラヤをどう越えるのか
中国へ入るのか インドから中東へ迂回するのか...
自分自身ではこんな旅をしたくはないけど
計画するだけなら 何ともわくわくする
どれくらいの時間と費用が必要なんだろう?
はるか昔 1970年代 沢木耕太郎はデリーからロンドンへバスに乗って向う
そして 現代 年老いた下川裕治は鉄道でシンガポールからどこへ向うのか
高速道路が発達した今となっては 鉄道よりバスでの移動のほうがラクだろう
(もっとも 飛行機のほうが速くてラクに決まってるけど...)
きっとロシアのどこかなんだろうな
たどり着けるのかどうか楽しみ!
確か かつてこの連載でユーラシア横断もしてるような記憶が...
この下川さんの旅へのモチベーションってどこにあるのでしょうね
今回は 同行のカメラマンが中田浩資さんに戻っているのが ちびっと嬉しい

「深夜特急」でも「PRIVATE WOLRD」でもそうだったけど
日本からアジアの核心へ向い そして 欧州へ到達する
もちろん緯度の関係もあるのだろうけれど
欧州は冷たく清潔 その環境の変化に旅人は疲れてしまう
(もちろん アジアでの困難でも疲れるんだけどね)
今回 もし 行き先がロシア国内だとすれば
寒いし 多難だし 旅人が行き倒れてしまわないか心配だ
まぁ 旅慣れている書き手さんだけに 大丈夫でしょ きっと
[PR]
by hangzhou21 | 2015-09-30 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 芝翫

先日 ネットで知ってびっくり!
「びっくり」はしてないか「ほ~」って思ったのか
橋之助が八代目芝翫(しかん)を襲名するのが決まったそうだ
同時に 三人の息子たちも四代目橋之助 三代目中村福之助 四代目歌之助をそれぞれ襲名
立役だけに芝翫とはやや違和感を持つけどね
橋之助はとっても好きな役者さん
芝居が上手いし 華がある!
平成中村座での勘三郎との掛け合い 本当に良かったなぁ...
派手な襲名披露公演をして ますます輝いて欲しい!
そして お父さんのように人間国宝になれるまで頑張ってもらいたい
(今のところ 息子たちには何故かオーラが全くないのが残念だけど...)
兄の福助の歌右衛門襲名が決まったのが13年9月
同年11月に公演を降板して以来 舞台には戻ってこないしなぁ...
歌舞伎界はまさに世代交代の時期に差しかかってる
そう遠くない時期に海老蔵の團十郎襲名があるだろうしね
今から思えば
最後の最後に七代目芝翫の舞台をナマで観られたのは貴重な体験だったな

歌舞伎ネタでは
来年の大河ドラマ「真田丸」に愛之助出るらしいね
このお話し脚本が三谷幸喜だから そこそこ視聴率も取れるだろうしね
愛之助の認知度がますます広がるかな
このドラマをTVで見ることはないと思うけど ちびっと気になるね


     =====     =====      =====


「敗者たちのツール・ド・フランス」(マックス・レオナルド 辰巳出版 ISBN:9784777815050)

静かだけど熱く尾灯は走り続けるんだなぁ
ランタン・ルージュとは
ツールドフランスで完走者中最下位に与えられる称号
汽車のテールに紅い後尾灯が輝くように
ツールを走る選手の最後尾に位置する者だ
このお話し
1903年の第一回のランタン・ルージュ第一号
アルセーヌ・ミロショーを皮切りに
歴代のランタン・ルージュ十余人を紹介してくれる
レースがあればその数だけ勝者がある
そして レースの数だけ最下位もいるんだな
棄権すればラクになれるのに...
読み進めるうちに このお話しは敗者の物語ではないと気付く
ランタン・ルージュの視線を通して
ツールドフランスを俯瞰し語っているんだな
フランスでベルギーでオランダで
ロードレースがどれほど愛され注目されていることか!
ボクも脚はないけれどエタップ・デュ・ツールを走ってみたい
このお話しを読み切るには忍耐が必要なのも事実
出来ればフランスの地図があればよりいいでしょう
ツールを見事に側面から切り取っていると思います
[PR]
by hangzhou21 | 2015-09-29 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 居眠り三昧

毎年 この時期にある職場のイベント
まるで 罰ゲームのように 一日中椅子に腰掛けて拝聴
ときどき いやかなり 居眠りしてしまう
懇親会 最近は途中で抜け出していたけど
今年は 最初からパスさせていただきました
ボクが居なくても 誰も気が付かないしね

手許が明るかったら本を読めるんだけど
そうじゃないから 居眠りするくらいしかない
こんなに一日中座ってるのも珍しい なかなかないです

いいホテルに泊まらせてもらえるんだけど
セットで付いてる朝食がもうふたつくらい残念


     =====     =====      =====


「栗村修のかなり本気のロードバイクトレーニング」(栗村修 洋泉社 ISBN:9784800300232)
結局は自分を知ることなんだな
それがこのお話しを読んでの素直な感想
“おわりに”に書かれている
>目的を知り、自分を知り、
>その上で自分だけのやり方を見つけなければいけません。
ここ(p203)に集約されてる
そのための具体的な手法が説かれているわけだけど
“レースを勝つ”ことを目的に置かれている
だから ボクとはちびっちズレているかもしれない
だけど これを読んだかからこそ
自分の目的を改めて考えさせられたのも事実
書かれている理屈には なるほどと思わせられることばかりで
納得も出来るし 知識も増えました
一読するだけではあまり意味がなく
手元に置いて 折に触れ 復習とか確認する
そんなタイプのものだと思います
感覚だけではなく 理屈で納得したい方に向いてますね
そういう方にはかなりオススメ
読むだけならスグに読めます
もちろん 読むのと実践するのとはだいぶ違いますけどね
この書き手さんの
「栗村修の気楽にはじめるスポーツバイクライフ」(洋泉社 ISBN:9784862488978)
こちらも読んでみたいですね


     =====     =====      =====


「逆転のメソッド」(原晋 祥伝社新書 ISBN:9784396114121)
駅伝も生き方も一緒なんだな
15年の箱根駅伝を優勝した青山学院大駅伝部の監督さんのお話し
先日読んだ
「魔法をかける」(原晋 講談社 ISBN:9784062195171)
こちらとダブるところは多いのだけど
今回は読者をかなり限定していて
駅伝ファンではなくビジネスマンを対象にしている
だから どのような練習を経て箱根で優勝したのかではなく
ビジネスも駅伝のマネジメントも共通してますよと教えてくれる
かなり難しいとは思うけど
この書き手さんのように
実際の“逆転”を目の当たりにすると
よっしゃ ガンバロ〜と思ってしまうボクは単純なのかな?
すぐに読めます
[PR]
by hangzhou21 | 2015-09-28 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ かきあげ天丼とどぜう

起きたら細かい雨
月末だから歌舞伎はやってないし
上映中のラインアップを調べてみても どうも食指が動かない
ということで 先週 俄かに好調となった(ような気がする)ギャンブルしかない
夕方からの予定も加味して 浅草へ行こう
最近のウインズ エクセルシートという 一日ゆったり過ごせる指定席があるのがいい
さっぱり当らないかと思っていたら そんなことなくて
三連単がちょこちょこっと当って ニンマリ
エクセルシートの席料と昼食代を加味してもややプラス
電源もwifiも完備してるし
本を読んだり 居眠りしたり テキストを打ったり
人数が少ないから 窓口も混まないし 思っていたよりずっと快適!
まぁ 馬券が当たったからだけどね
ランチは何にしようか 迷って 近くのかきあげ丼にする
ものごっついヴォリューム ややひるんだけど
たまには こんな具沢山のかき揚げを濃いタレで食べるのもいいね
浅草はランチには困らない立地なんだな

(美しく外して)最終レースが終り
誕生日のプレゼントを何か買わないといけない
ワインにしようかと 山歩きのグッズにしようか
で ふと思い出したのが
浅草に居るなら 犬印があるじゃない!
久しぶりに行ってみると
そんなに種類は増えてないけど ちょっと垢抜けしたかな
プレゼントには小さなポーチにして 自分用には紫のTシャツ買いました

雷門で待ち合わせして
「飯田屋」というどぜう屋さんへ
そうか~ 冬のものなのか
拍子抜けするほどガラガラに空いている二階へ なんだかがっかり
熱気と活気に包まれて 鍋をつつきたかったのにな
まだ新婚さんの若いのにいろんな話しを聞かせてもらい
そうそう 若さゆえの選択肢の多さに 背中を押していいのか悪いのか
ボクには俄かに助言は出来なかった
ふ~む

昨夜は御徒町 今夜は有楽町のホテルです
[PR]
by hangzhou21 | 2015-09-27 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ ルワンダ

昨夜 珍しく飲みに行った
松山で頑張っていた若いのが
海外青年協力隊でアフリカのルワンダへ行くというので
その壮行会というかなんというか...
ルワンダといえば「ホテル・ルワンダ」という映画があったなぁ
ちょっと心配だけど
まぁそういう地域だからこそ日本から青年が行くんでしょう
ご健闘をお祈りしています!


二日酔い一歩手前
眠い目をこすりながら機上の人となる
羽田は雨だね
新幹線に乗り換え静岡まで
気を失ったように眠ったけど本も読みました はい

しかし
エスパルス大丈夫か?
帰りのバスの中 ボクよりかなり年長のエスパルスサポーターに話し掛けられた
印象に残ったのは「昔のエスパルスとは違うからなぁ...」という嘆き
そうだよね
どうも覇気が感じられなかった
スコア上は快勝だったけど
後半一点返されてから危なかった
負けるんじゃないかと怯んだ
そこで 交代で入った浅野のゴールで吹っ切れた
エスパルスには申し訳ないけど 負けなくて良かった

急いで新幹線に飛び乗り 蒲田へ
飛行機も新幹線もよ〜く混んでて 景気がいいんだなと感じます!
が 夜の蒲田界隈 ボクの記憶よりもウンと人が少ない
結局 行きたかった「鳥樹」というお店はいっぱいで入れなかったんだけどね
わざわざ蒲田に集合した意味ないやんか〜!
それでも
久しぶりに会う面々 しょうむないお話しだったけど
深夜近くまで盛り上がりました はい
[PR]
by hangzhou21 | 2015-09-26 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ もう金曜!

明日の土曜から東京へ(ほんまによう遊ぶな!)
明日は 久しぶりに清水への遠征を計画
お昼には 当然 ウナギを食べよう!
この夏は こないだお重を買って それを一回使ってスーパーのウナギを食べただけやもんね
かつて静岡でお邪魔したのは 駅の北側 商店街を少し行ったところ
お店の名前は忘れてしまったけど「期待以上ではなかった」なと記憶を手繰ると...
検索しても それらしきお店が出てこない!
「そうか~...」なんて思っていたら あれは静岡ではなく浜松だった
静岡で行ったのは 大雨の中 傘をさして 駅の南側に15分くらい歩いた女子高の横にあるお店
そんなロケーションは覚えているのに どんなウナギだったのかはさっぱり思い出せない
今回は どこで食べようかな

土曜の夜は蒲田でもう若くない若いのと飲んで
日曜の晩は中野で同じような感じで飲む予定をしていたら
なんと 行こうと思っていたお店 日曜は休みやんか!
そうか お店も休まないとね
以前も中野のこのお店で飲もうと計画したのに流れたんやった 縁がない
ということで
ちびっと迷って 浅草のどぜうにしようか
[PR]
by hangzhou21 | 2015-09-25 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 週のスタートが木曜

5連休だったので
事務所への行き方とか仕事の仕方をすっかり忘れてる(てなことないけど)
週のスタートが木曜日って なんとも気合が入らない
おまけに 朝は大雨だったしね

二週間ほど前に
普通話が堪能な若いの 上海と無錫へ遊びに行くという
それなら「お願い!買って来て~」と頼んだものがやって来た
ありがとうございます
これは 広島の人に送るんだけど
甜茶だけだとスペースにかなり余裕があるので
何を入れようかと アタマをグルグル廻して
いつものように 醤油と塩とあわせ生姜にしようか
どれも 日持ちして悪くならないしね


     =====     =====      =====


「十三億分の一の男」(峯村健司 小学館 ISBN:9784093897549)

「紅二代」そして「筍子」
これからの現代中国を解くキーワードになる
2012年の暮れに出た
「紅の党」(朝日新聞中国双極 朝日新聞出版 ISBN:9784022510297)
この続編というか 深層解説版というか 進化版かな
激動の中国を率いる習近平
彼がどういうプロセスと長老たちからの取捨を経て“皇帝”と成り得たのか
その解説
興味深いのはこの“皇帝”でさえ
娘を本当にハーバードへ留学させていた事実
前作でも思ったけれど
選挙で政治家を選ばない体制の一端を見た思いだ
気が遠くなるほど苛烈な競争を勝ち抜いてきただけに
その“闘争”に力を使い果たしてしまった感がある
でも
これらかは「紅二代」そして「筍子」をキーワードに
妥協のない国家運営を進めて行くんだろうな
しかし
肝心の足下の経済状態がふらついているのをどう乗り越えるのか
まずはお手並み拝見かな?
(そんな悠長なことを言っていていいのかは疑問だけど)
読み手は選びますがサクっとすぐに読めます
書き手さんの行動力取材力には脱帽です
[PR]
by hangzhou21 | 2015-09-24 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ シルバーウィークはハッピーエンド!

師匠ご夫妻と松山の若いの一名 そしてボク
重信川のコースを一緒にライド
最初は酒たる村までの予定だったけど 師匠の進言もあって
東温の山深い奥地にある乗馬クラブ(ライディングクラブフォーレスト)まで
距離も坂のキツさもこっちの方がラクかな?
ボクの部屋から往復で55kmほど
師匠とご一緒するのはサドルを交換してからはじめて
新しいサドルの高さや角度を微調整していただき
クリートもずいぶんいぢってもらいました
この再フィッティングのおかげで う~んとラクになった(ような気がする)!
びしっと決まると もっともっと走りたいけど シルバーウィークは今日でおしまい
しかも 連日のライドで疲労困憊 脚はすっかり売切れ状態です

今日は競輪のGI競争 オールスターの決勝
車券を買うのは昨年末のグランプリ以来
松山は街中に場外車券売場がある 
ここならミニサイクルで5分ほど(筋肉痛でこの5分がツラかった...)
スポニチ読んだけど 全く分らないので なんとなく
メインの前には愛媛県の選手が走るので 二連単総流しをウラオモテ
わからんもんやな
こんなアテモノが当るんやから...
このところ馬券はさっぱりだったけど 車券でほんの少し取り戻しました!
決勝は全然アカンかったけどね


     =====     =====      =====


「先生、洞窟でコウモリとアナグマが同居しています!」(小林朋道 築地書館 ISBN:9784806714941)

9冊目もいってみよ〜!
この「先生、」シリーズもいつの間にか9作目 今回も絶好調!
面白いだけではなく つくづく好奇心の大切さを思い出させてくれます
何も最初から学術的であることは必要なく
好奇心から起こした行動には 何処かに発見があるんだな
その発見に気付けるのも スタートが好奇心だからなのでしょう
今回は コウモリ ミミズ ドンコ スズメ モモンガ ムササビ そしてヤギ
別に構えて難しく考えることはない
面白く読んで そして身近を振り返ればいいんだな
そういえば
このところ ものごっつい数のムクドリが飛来する
これって どういことなのか その理由があるはずだよね
まずまずのオススメ(できれば一作目からお読みください)
ほんとにスグに読めます!
[PR]
by hangzhou21 | 2015-09-23 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 珍果ポポ~に出会えず

まだ暗いうちに起きて 窓から外を見る
絶好の晴天!
朝焼けの寸前 うっすらと石鎚のシルエットが確認できる
年に何度もないような晴天になりそう!
どうしようかな?
予定通りライドにするか それとも 変更して石鎚歩こうかな
まぁ
そのまま SodaStreamにしよう!

このコースは先日一回走って コースも坂の具合も判っているから
気持ちはウンとラク
犬寄峠⇒内子⇒大洲⇒長浜まで駆け ここで保内方面へ
少し行くと“きさい屋”という ちびっこの産直市
なんでもここで“ポポ~”なる北米原産の珍種の果物が売られているらしい
電話で問い合わせても さっぱり要領を得ないので
果たしてどんなものなのか 実物を見て食べるには直接行くしかないかな
が~ん!
「このところ全然入荷がないのよね」とのこと
生産者の方の電話番号を教えてもらって電話するも繋がらず
さすが“珍種”だけあるな
まぁ いつか出会えるでしょう

前回は郡中港からサイクルトレインに載ってしまったので
今日はラスト 部屋まで駆ける
イヨテツと並行して走るR56の旧道 クルマは多いし 舗装はガタガタで走りにくい!
120km弱 案外疲れてない
だけどな~
自分のペースでのんびりだと 疲れないけどトレーニングにはならないな
[PR]
by hangzhou21 | 2015-09-22 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)