<   2015年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧

■ 5月のお昼

5/1 金
お休みだったけど 少し職場に出て
「斗鬼」 小イワシ(ほうたれ)のてんぷら 美味!

5/2 土
久しぶりに長居の「一心」“ざる”
よ~く流行っていて安心しました

5/3 日
家で庭仕事 お昼ごはんはごにょごにょと済ませました

5/4 祝月
岡山の米子道に久世というICがある
そのすぐそばにある「さんはうす」で“とんかつえびかつカレー”
よ~く流行ってます
何年ぶりかな? いつもの美味しさで良かったです!

5/5 祝火
大洲の「ビストロサンマルシェ」でワンプレートのランチ
お腹が一杯になるのは確かだけど...

5/6 祝水
興居島(ごごしま)から戻って
家でうどんをゆがきました

5/7 木
「斗鬼」サバの味噌煮

5/8 金
午後から島で“試写会”
その前に 波止浜の「松製麺所」で“ぶっかけ冷”
ここ安定して旨いし よ~くお客さんは入ってます!

5/9 土
イベント
内野パンで買ったパン

5/10 日
しまなみ海道爆走中!
だから因島で“いんおこ”
コースからは少し逸れるけど土生(はぶ)の「越智」で“そばダブル”
懐かしいソースが決めてです
一杯で少し待ちました

5/11 月
「斗鬼」塩サンマ焼いたの

5/12 火
「斗鬼」ヒラメのてんぷら 珍しい!なかなか美味!

5/13 水
「斗鬼」カンパチの塩焼き

5/14 木
「斗鬼」カナガシラというホウボウのような魚の煮付け
骨が硬くて多いけどなかなか旨い!

5/15 金
お休み
早朝のしまなみサイクリング(大島と伯方島)から戻り
家でありものを食べました

5/16 土
三宮で映画をはしご
何を食べようかと検討した結果
久しぶりに元町の「むさし」で“へれ(定食)”
なんか 昔のような感動ないなぁ...

5/17 日
塚口の「タント」で“ミートソース”
でも やっぱりここは“ベーコンなす”やね

5/18 月
「斗鬼」カンパチの漬焼き

5/19 火
「斗鬼」キビナゴとサヨリのてんぷら 美味!

5/20 水
「斗鬼」エイの煮付け牛蒡入り
エイってはじめて食べた!

5/21 木
バリシップで今治へ
途中で見かけて気になった「車屋食堂」で“中華そば”
あ~やっぱり愛媛のラーメンってこんなんやねんな

5/22 金
四国中央からの帰り道 土居のほっかほっか亭で買った「ハンバーグ弁当」
途中のSAでいただきました
う~む ほか弁屋のメニューが凄く淋しくなっているのには驚いた!

5/23 土
南高井の「ピッツェリアマルブン」で“パスタランチ”
クリームソースのパスタにしました 濃厚で美味しかった!
広島の「マリオ」みたいな感じですね
値段は少し高いけどね

5/24 日
愛南町であった「びやびや祭」で買ったお寿司を食べました

5/25 月
「斗鬼」塩サバ焼いたの

5/26 火
「斗鬼」魚三種のフライと唐揚でした

5/27 水
「斗鬼」塩さんま焼いたの

5/28 木
「斗鬼」ハマチの煮付け

5/29 金
泉の広場にある「古潭」
“餃子ラーメン醤油”+生ビール

5/30 土
板宿の「ポップボーイ」で“レバーステーキ”
土曜のお昼時ということもあって よ~く流行ってました

5/31 日
三番街の「本みやけ」で“ステーキ重”
この生姜味のたれ どうやってこさえるのかな?
行列が出来ていて30分ほど待ちました!
[PR]
by hangzhou21 | 2015-05-31 23:58 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ ドゥラメンテ

朝からプライベートバーバーに予約が入れてある
それまでに 日本ダービーを予想する
勝つのは二冠を目指すドゥラメンテがリアルスティールだろう データでもそうなってる
この二頭を一二着の裏表に据えて
三着にどんな伏兵が飛び込んで来るのかが焦点かな...
ということで 手広く7点(計14点)
中心は 三着にサトノクラウンとキタサンブラック
まさか
二着にサトノラーゼンとは...(三着の候補には入っていたけど...)
その時点で馬券は持ってなかった
目黒記念もぱ~っと散った 残念無念
これで サドルはしばらくこのままやね...
(くどいけど 来週は安田記念と鳴尾記念です)
優勝したドゥラメンテ号 おめでとうございます
関係者のみな様も おめでとうございました!

昨夜は大きな震度の地震があったそうだ
ボクは酔っ払って寝ていたので気付きもしなかったけど
ほんとに 大丈夫なのか やや不安

松山へ戻って
SodaStreamで重信川のコースを拡大して60kmほど
汗をたっぷりと出して いやはや 疲れ果てました...
くたくたになって 部屋に辿りつくと銭湯へ行く元気もナシ
今日で585kmほどになりました
この数字を見ると 驚くな
今月はよ~く遊ばせてもらいました!

先日愛南町へ行ったときに買ったのが 高知のお酒「銀杯桂月」
順番が回って来ました
一升瓶だから 口に合わなかったらどうしようと心配したけど
すっきりとした味わいでなかなかいい(これならすぐになくなる!)
梅田のじょんのびでは「麒麟山」がちゃ~んと売ってあった
グリーンボトル
これの一升瓶 買いました(持って帰るのが重たかった!)
次はコレです!楽しみ!
しかしなぁ
部屋に一升瓶がごろごろしてるのもなぁ...
[PR]
by hangzhou21 | 2015-05-31 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 金婚

今日は父親の命日
朝のうちに騒々しいお坊さんがやって来てお経をあげてくださる
仏壇の横には 八十八ヶ寺巡礼の掛軸が掛かってて なんだか懐かしい
あまりしゃべらなかった父親だけど 彼岸でのんびりしているだろうか?

その後
OSシネマズ神戸ハーバーランドへ
ここ新しく出来たのかな? すごくキレイでびっくりした
最近のシネコンはすごいね
JR神戸というと シネカノンばかり行ってたけど 時代は変わります
今日が初日の「あん」を観る
なんと 満員御礼!(小さいスクリーンだったけど)
これも びっくり

キャストを知ったときに
仙太郎は永瀬正敏ではなくもう少し若い人か大森南朋がいいかなっと思ったけど
永瀬正敏も悪くなかった(とは失礼な言い方だけど)
内田伽羅ちゃんは今後どう成長していくのか 楽しみなような...
割と原作に忠実
ほろっとさせられます
でもな 徳江さんのアズキに対する言葉 やや唐突でもったいなかったような...
仙太郎が自販機で買う酒の銘柄が“金婚”とはすごいネーミング!
差別に対する反省や自覚を促す部分がなく 深く自分の心に沈みこんでいく
全体として見れば上出来
是非 多くの方に観ていただきたいです!

さて
サンフレはJの14節 アウェイでベルマーレ戦
今年J1に復帰したばかりのベルマーレを軽く一蹴したかったところだけど
スコアレスのドロー
1stステージは残り3ゲームになって 首位のレッズとは勝点差7
順位は暫定2位だけど 現実的には(優勝は)かなり苦しい
が 年間順位を見据えるなら
負けたのではなく 勝点1は悲観するほどでもないかもしれないけど...
[PR]
by hangzhou21 | 2015-05-30 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 映画を三本

待合室のTVを見てびっくりした!
鹿児島の口永良部島で噴火!
(その瞬間がばっちり写っているのだからすごい)
このところ 火山の噴火や地震など天変地異というか自然災害がとっても多い
この地球 大丈夫なんでしょうか?

無事にドッグ終了
結果はすぐには出ないから 1~2週間で届くレポートを楽しみにすることになる
今回はラストのバリウムのダメージも少なくて 気分は悪くない
何を食べようかといろいろ考えたけど
後ろの予定もあることだし
久しぶりに 泉の広場にある「古潭」で“餃子ラーメン醤油”+生ビール!
昼からビールっていいね
その後
どかどかって映画を三本ハシゴしました

まずはシネリーブル梅田
「国際市場で逢いましょう」
タイトルになっている「国際市場で逢いましょう」という意味がようやくわかった
だから「コップンの店」という店名も変えなかったんだね
第二次大戦後から現代までの韓国庶民史をざ~っと俯瞰したようなお話し
韓国で大ヒットした理由もわかります
先日「傷だらけの二人」でも好演していたファンジョンミンが主演
でも年老いたファンジョンミンがどうもユオソンに見えて仕方なかったけどね
オダルスの顔を見るのも久しぶり
お父さんを演じたのはチョンジニョン このぎょろ目は「王の男」か
なかなかのキャストでこのお話しの内容なら文句ないです
泣くまではいかなかったけど
まずまずです

「私の少女」
こちらもお久しぶりのペドゥナ
そして「冬の小鳥」のキムセロン
なんとも表現しにくい でも 深く心に刻まれるお話であることは確か
ドヒという少女は弱い小鳥なのかそれとも魔性の生き物なのか
生き抜くためには 何でもするのか...
それはわからなかったけど 充分上手く描けてるし演じてる
海辺の寒村 ここはある意味韓国社会の縮図だったのかもしれないな
スカッとはしないけど 余韻を残し 考えさせられるお話しです
ヨンハを演じるソンセビョクは存在感があった
これからもよく見かける顔になるかもしれない
まずまず

最後はテアトル梅田へ移動して
「サンドラの週末」
監督はあの「息子のまなざし」「少年と自転車」の方だという
病気が癒え職場に復帰しようとした矢先 サンドラは解雇を言い渡される
今までいた社員へ1,000ユーロのボーナスを支給するにはサンドラの復職は有り得ないという理由
ただ 社長との交渉で再度のチャンスを得る
社員の過半数が投票で賛成すれば サンドラの復職は叶うがボーナスは支払われない
今日は金曜日
サンドラは16人の同僚を訪ね 月曜の投票には自分の復職に賛成してくれるよう説得してまわる...
う~
なんとも重いお話しじゃないか!
サンドラはスーパーウーマンでもなんでもなく
一人の普通の女性 強い意志はあるものの 心も折れる 躊躇もする
家族(主に旦那)や友人に支えられてる そんな彼女の葛藤
そして
友人の復職を取るのか ボーナスを得るのか
ある意味究極の選択を迫られる同僚たちの葛藤
重いテーマだし 重いお話し
確かに サンドラ演じるマリオン・コティヤールは熱演だったと思う
でも 上手く描けていたかというと どうも消化不良感がある
各々の同僚たちの立ち位置の説明に丁寧さが欠けていたように思う
もう少し言葉を尽くして(時間をかけて)背景を描いて欲しかった
どうして 賛成なのか どうしてボーナスが必要なのか
登場する同僚を半分に減らしてでも そこに腑に落ちる説明があればな...
観ていて「ガンバレ!サンドラ!」とも素直に思えなかった
サンドラが休職する前の職場でのエピソードを少し入れるだけでぐっと良くなったような気がします
そのあたりがやや残念というか喰い足らなかった
でも ほぼ満席の盛況でした はい


   +  +  +     -  -  -     +  +  +


「睦月童」(西條奈加 PHP研究所 ISBN:9784569820606)

大きく趣が変わるお話し
放蕩息子の行いを改めさせるために
大店の主人が自らみちのくの山奥から呼び寄せた“座敷童”
後ろめたいものを持つ者はこのイオの瞳が黄金に輝く
恐れおののき全てを白状してしまうという
イオのおかげもあって御曹司央介(おうすけ)は更生する
イオは付近を仕切る鯨の旦那と仲良しになり
央介とイオは江戸での平穏な日々を送っていたのだけど...
イオの不思議な能力の源泉ともいえる
睦月の里の秘密が徐々に明らかになっていく
う?
めでたしめでたしで終わるほんわかとした時代物ではないな
人間の欲望であり
男がそして女が求めるものとは何なのか
そんな原欲求の迫るお話しかな
難しくはないけれど 読み終わってスッキリというお話しでもありません
まずまずのオススメ
[PR]
by hangzhou21 | 2015-05-29 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 今夜はあんぱん

早朝にSodaStreamで駆ける
今朝は道後温泉ではなくいつもの重信川のコースを半分ほど
気持ちイイもんです!
たっぷり汗も出るしね
そういえば あれだけ痛かったお尻
フレームの硬さやサドルに慣れたのか なんともなくなった
焦ってサドルを買わなくて良かったかな
(いやいや 週末の日本ダービーでいいサドルを買うぞ!)

明日は人間ドックだから
このところ 食事制限はもちろん 火曜の夜からアルコールも控えてる
体重はそう変わらないだろうから 酒を休んで血液検査の結果がどう出るのか
それが少し楽しみ!

最終の飛行機で伊丹へ帰る
いつもはちびっこのプロペラ機なのに 今夜はなんと787だった
でも 悲しいほど空いてる!
機材繰りで787になったんだろうけど
木曜の最終じゃなくて金曜の最終に大きい機材でお願いしたいものです
待合を待つあいだに売店で買ったアンパンを頬張る
これが 今夜の晩御飯とは淋しいね
もう 明日の昼まで何も食べられません...
[PR]
by hangzhou21 | 2015-05-28 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 暗雲

今夜はナビスコカップの予選
FC東京をホームに迎えて対戦
例によって大きくメンバーを入れ替えているけど 負ける気がしない

負けなかったけど 最後の最後に追いつかれてドロー
これで 可能性はなくはないけど 予選突破は難しくなった 残念
いや
下を向いてはいられない! ラストのヴァンフォーレ戦にはすっきり勝とうょ
どうもな
今季のサンフレ 安定はしているんだけど
勝たなければいけないゲームで勝てない
常勝クラブへはもう一皮剥ける必要があるのかな
でも
サブのメンバーもだいぶ力をつけている
2ndステージから来季へかけて 世代交代が進みそうだな
[PR]
by hangzhou21 | 2015-05-27 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ スマホにして良かったって思う日が来るのか?

土日はもうひとつのくせに
仕事がある日はぴ~かんの晴天(雨になるよりはいいけどね)
気温がぐんぐん上がって 松山でも28度ほど
空気がまだ乾いてさっぱりしているのは助かる
もう一週間もしたら梅雨入りかなぁ...

ところで
iPhone6+に乗り換えたわけだけど
(たぶん)まだちっとも使いこなせていない
やたらとデカいし 傷つけないように気を使うしなぁ
ひとつ確かなのは 通話中 相手の声が大きく聞き取りやすく
こっちの声も明瞭に伝わっているということ
以前のガラケーのときは「水槽の奥から聞こえる」ようなくぐもった音だったそうだ
でもな この通話の音質はスマホの機能とはあんまり関係ないしね
まだまだ慣れていなくて これから
いつかは「スマホにして良かった」と思えるんだろうか?

今夜
レイソルはACLのラウンド16の二回戦を韓国の水原と
このゲームには敗れたものの 初戦のアドバンテージがあって勝ち上がりを決めてる
うらやましい!
来季のサンフレ 何が何でもACLを闘って欲しい!
そのためには 今のリーグ戦をしっかり勝たないとね
明日 サンフレはナビスコカップの予選 ホームにFC東京を迎える
自力では予選を勝ち抜けないから 残り2ゲームを勝ち続けるしかない!
若手主体になるのかな?
でも 今はどんなメンバーでも(不思議と)負ける気はしないけどね
ガンバはACLでソウルと対戦 まぁ 頑張ってもらいたい
(こちらも初戦のアドバンテージが大きいしね)


   +  +  +     -  -  -     +  +  +


「ホケツ!」(小野寺史宜 祥伝社 ISBN:9784396634582)

宮島大地 実にいいヤツ
高校3年生 都立の弱小サッカー部の部員
中学からずっとサッカー部だけど巧くない
何回か練習試合には出たことはあるけど 公式戦には出たことがない
そんな大地 クラブ以外のことでもいろいろ大変
受験 恋愛 後輩 そして家庭環境...
ただ一人のレギュラーじゃない先輩だ
でも キャプテンでもないのに いろんな人から妙に頼られている
本人は レギュラーじゃないことに屈折した思いだけど
周囲からはそう見えてないんだな
自分のことよりも自然と周りに気をつかってしまう
そして とんがっていない
サッカーの補欠だっていいじゃないか
それぞれの人生には補欠なんてないんだから
ラスト 惜しかったな
でも まだゲームは終わってない 大地の人生もね
なんかね「よ?しっもうちょっと頑張ってみようかな」
読み終って そんなことを思ってしまいました
この書き手さんのお話しは幾つか読んだけど
これがいちばんのオススメ
[PR]
by hangzhou21 | 2015-05-26 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ プロパガンダ・ラジオ

運動過多だし 毎晩飲んだくれていて ちっとも本が進まない!
もっとも 今まで開いていたのが“面白い”というお話じゃないしね 仕方ないか
それでも
読みたい本はどんどん出てくるもので
読めもしないのに 今日 二冊買ってしまった
「デッドヒートⅤ」(ハルキ文庫 ISBN:9784758438971)
「消えた大関」(PHP文芸文庫 ISBN:9784569763767)
両方とも割りとお気に入りの書き手さんのひとりである須藤靖貴の新刊
「デッドヒート」は実は一巻目を読んだだけで 続きは買ったけど読んでない
「消えた大関」は去年だったかな単行本で出た「大関の消えた夏」の改題で文庫化ですね
まぁ 近いうちに読みます(きっと)

書店さんへ行くと いろんな本が目に入る
知らなかったけど 東京バンドワゴン とうとう10作目ですか
「ヒア・カムズ・ザ・サン」(小路幸也 集英社 ISBN:9784087754247)
どこかの読書コーナーで紹介されていて 読みたいなと思っていたのが
「流」(東山彰良 講談社 ISBN:9784062194853)
最近 台湾ものが少なからずあるね


   +  +  +     -  -  -     +  +  +


「プロパガンダ・ラジオ」(渡辺考 筑摩書房 ISBN:9784480818324)

ラジオはコミュニケーションツールでもあるんだ
第二次大戦時にNHKの前進が世界へ向けて発信していた海外向け放送
「ラジオ・トウキョウ」
その歴史を紐解いたドキュメンタリー
お話しそのものは面白いものではなく
軍部の意向が色濃く反映された まさしく「プロパガンダ・ラジオ」
ドキュメンタリー番組制作のために重ねたインタビューや掘り起こした資料を駆使し
誰が何時どのような放送をしていたのかがまとめられている
現代のようにインターネットもなければ電話ですらそう発達していなかった時代
「放送(=ラジオ)」を握ることは強力な情報統制になっていたんだな
日本や日本軍に都合のいいことだけを伝え 事実と異なる内容を喧伝していたわけだ
その功罪を弾劾しているわけではない
幾つかのエピソードで面白いなと思ったのは
「ゼロ・アワー」という番組でトウキョウ・ローズという人気DJ(?)の存在や
大戦初期にはこの「ラジオ・トウキョウ」が戦況に大きく影響を与えたこと
そして
外交チャンネルを全て失っていた日本が降伏受託するまでのプロセスにおいて
このラジオ放送がコミュニケーションツールとして果たした役割の大きさ
また
米国という国は何でも保存しておくことにも驚く
その情報収集と保存能力の高さに驚くしかない
書き手さんは私情をはさむことなく しつこいほど資料に当たり 淡々と筆を運んでいる
そこに好感も持てるけれど 物足りなさも感じる
ここはひとつ これらのエピソードを基にしたお話し(=小説)の出現を待ちたい
いろいろ障害もあるだろうけど
トウキョウ・ローズを主人公にした朝の連ドラなんかいかがでしょうか...
[PR]
by hangzhou21 | 2015-05-25 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ びやびや祭

愛媛県の最南端にあるのが愛南町
ここにある深浦漁港はカツオの水揚量が四国で一番多いそうだ

この町で開かれている「びやびや祭2015」へ行く
お祭りのタイトルになっている「びやびや」とは
このあたりの言葉で「新鮮ぴちぴち」って意味だそうです
お祭りと云っても みこしが出るわけでもなんでもなく
ちょっと大きい道の駅の特産品売場が臨時に開設されているという感じ
目玉は「カツオの一本売り」で10kgから1.5kgまで数百本が売られています
(しかしな 一本まるごと買っても仕方ない...)
で 庶民は その場で藁で焼いている「かつおのタタキ」を買いました
他には 「ヒオウギ貝」(色が派手なホタテのようなもんです)も買う
会場には8時半ごろ着いて ぼちぼち人がいたんだけど
9時半の開始には長蛇の列になってました
気合が入ってる方は 巨大なクーラーボックスや発泡スチロールの箱を持参してる
ボクも小さい発砲のボックスに保冷剤を入れて持って行ったのが役に立ちました はい
楽しいのか楽しくなのかはよくわからないけど
美味しいカツオが食べられたので
片道2時間かけて行ったかいはあったかな?

部屋に戻ってから
重信川のコースを40kmほど駆けました(サプリなし)
ラストは向かい風の影響もあって すっかり脚があがってしまったな

昨夜のサンフレはホームでアルビ戦
ネットで追いかけていると
塩谷の2ゴールで勝ってる
1失点は仕方ないけど もう1失点は余計だね
これで暫定ながら2位に浮上
諦めずに勝点を積んでいけば何が起こるかわからない
前期は辛抱です!

さて競馬
昨日は平安S エノラブエナは伸びず
重賞ではまだ慣れが必要かもしれません
優駿牝馬 一瞬だけ夢を見せてくれた!
二番手追走 直線を向いてすぐに飲み込まれたけど 沈まず頑張って
4着はあるかと思った(実際は6着)
馬券は外れたけど よ~く頑張ってくれました(秋への期待“大”です!)
しかし
このところ さっぱり馬券当たらへん!
続いていた好調もそろそろ終わりかな?
来週はいよいよ 東京優駿(日本ダービー)です!
[PR]
by hangzhou21 | 2015-05-24 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ サプリ

天気予報によると 午後からは雨になるらしい
確かに
早朝の松山 低い雲が垂れ込めている
しまなみではなく手軽な双海から長浜へしておこう
用意しておいたサプリを試してみる
アミノフライト
これは顆粒状なので スタートする30分前に水と一緒に飲む
アミノバリュー
こちらは 粉末を水に溶かして ボトルに入れて携行

かつては苦労させられた三秋峠を経て下灘駅まで
風が背中を押してくれていただけかな?
なんだかとってもラクチン(なような気がした)
そのまま 10km先の伊予長浜駅まで海岸線を駆ける
「まことや」というパン屋さんの店先でメロンパンを頬張ってから 松山まで戻る
う~む タイムや巡航速度はそうでもないけど
確かに違うのは「疲れ」
いつもなら80kmも駆けると疲労困憊になるんだけど
そんなことちっともない スタート前と一緒みたいな感覚
ぜ~ぜ~と荒い息をすることもない!
不思議な感覚!
BCAAアミノ酸 おそるべし!


もちろんオチはあって
昼ごはん食べに出かけた帰り ちょうど14時ごろなんだけど
一気にガタって来た!
いつもと同じような疲労感と筋肉のだるさ
そうか!
8時間ほどは効くんだ!
そりゃそうやんなぁ こんな魔法のような疲れないサプリってあるわけないか...
でも 一瞬夢を見たし
疲れずにいつまでも踏める自分の脚に ドーピングするアスリートの気持ちも理解できた
(ような気がした!)

ふむふむ
結論として
100km以上頑張らなくてはならないロングライドにはかなり効果的
でも
後でがくっと来るけどね
次回 しまなみを駆けるときにもう一度試してみよう!
[PR]
by hangzhou21 | 2015-05-23 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)