<   2014年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

■ 9月のランチ

9/01 月
「斗鬼」さばの唐揚

9/02 火
「斗鬼」はまちの煮付け

9/03 水
「斗鬼」赤魚のてんぷら

9/04 木
「斗鬼」はまちのアラの煮付け
濃い目の味付けが美味!

9/05 金
「斗鬼」カレイの唐揚

9/06 土
今治の「白楽天」で“白楽天丼”
まっこんなもんでしょ

9/07 日
大街道からちょっと入った「イタリア軒」で“鉄板スパゲティ”
むむむ...

9/08 月
今治の産直市さいさいきてやにある「彩菜食堂」
塩サバ焼いたんなどなど...

9/09 火
「斗鬼」塩サバ焼いたん

9/10 水
終日イベント
朝「パンメゾン」で買ったスタッフ用のパン食べました

9/11 木
「斗鬼」はまちの塩焼き
美味しかった!

9/12 金
「斗鬼」カレイの唐揚

9/13 土
部屋でカップ焼きそば

9/14 日
長居の「一心」“ざる”+ビール
やっぱりおいしいね

9/15 月祝
塚口の「タント」“ベーコン茄子”+ビール
伊丹から飛行機に乗る前の定番!

9/16 火
「斗鬼」あじのてんぷら

9/17 水
「斗鬼」塩サンマ焼いたの

9/18 木
「斗鬼」サバのしょうが煮付け

9/19 金
「斗鬼」カンパチの粗の煮付け

9/20 土
品川で仕入れたお弁当を国立劇場の幕間に
しかし! お箸が入ってない!

9/21 日
歌舞伎座の向かい側にある岩手県のアンテナショップで買ったお弁当

9/22 月
会議の間に コンビニのパンなどを...

9/23 火祝
新横浜「吉野家」で“並”
ビーフボウルです!

9/24 水
今治の波方「松製麺所」“ぶっかけ冷”+とり天+ナス天

9/25 木
「斗鬼」塩サンマ焼いたの

9/26 金
「斗鬼」白身魚(たぶんサワラ?)のフライ

9/27 土
伊丹空港から長居の「一心」へ直行
“ざる・特大”やっぱり旨い!

9/28 日
河内小阪の「とん文」とは久しぶり!
“ミックス”クリームコロッケが美味しかった!
よ~く流行ってます!

9/29 月
昼前から今治へ
若いのと三人で前から気になっていた「うなぎや」へ“うな重・並”
関西風のうなぎ まずまず美味しかった
(というか 愛媛で食べたうなぎで一番かもしれん)

9/30 火
「斗鬼」赤魚のてんぷら
[PR]
by hangzhou21 | 2014-09-30 23:58 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ ミョウガとシシトウ

9月もおしまい 早かった
ますます時間の流れが速くなって もう止まらない!
汗だらだらだった夏の日も過ぎ去って もう 秋だな
(まだ 日中は暑いけど)

この夏 よ~く食べたのはミョウガかな
刻んで 素麺や冷奴の薬味にしたり 納豆や味噌汁に入れたり
食べ過ぎると“ばか”になるそうだけど
爽やかな食感が気に入ってる もちろん 高くないことも!
また
シシトウもよく食べた こちらも安定して安い
フライパンで炙って 醤油や塩を振ってね
涼しくなったら
何が安くなるかな
ブロッコリーはまだまだ高い


目を離しているスキに
関西のカレッジ・フットボールえらいことになってる!
ギャング なんと三連敗!
開幕戦でシーホークスに敗れて レイバンズとデビルズにも負けてる
次戦はワイルドローバーズ
その後はファイターズ パンサーズ カイサーズと上位陣と当たる
ふ~む
下手したら 全敗も覚悟
降格もあり得るなぁ... なんてこった!
(入替戦は12/7に王子公園!)
[PR]
by hangzhou21 | 2014-09-30 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 運だけなのか?

次に山を歩くときからはヘルメットが必需品となるのかな
御嶽山の噴火
いろんな報道を見ているとそう思える
生と死を分ける境目はいったい何だったんだろう
それがヘルメットだったとは思わないけど...
山で自分を護ってくれるのは自分だけ
あとは 本当に運だけなのか それとも周到な準備であり装備なのか
不幸にしてお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りします
また まだ行方不明の方の一日も早い発見救出
そして 負傷された方の回復もお祈りしています
この秋のうちに
石鎚を歩こうと思っているけど
どうしようかな?
それでなくても 体力落ちてるだろうしなぁ...


考えるまでもなくなんだけど
優勝を狙って 勝点や得失点差に一喜一憂しながら
目標(優勝)へ向かう愛するクラブを応援するのは とてつもなく幸せなことだったんだな
今となっては
残り8節で 首位との勝点差は15もある 数字上の可能性はあるものの...
ACL圏内へは勝点差で10 優勝に較べると可能性は大きいけど こちらもかなり厳しい
今後最大で勝点を24積上げることが可能なので
なんとか頑張って20くらいはどうか すると ACLは現実味を帯びてくるか
レイソル グランパス FC東京 エスパルス アルディージャ ヴァンフォーレ フロンターレ
最終節はベガルタ
上位は FC東京とフロンターレだけだから 勝点20も夢ではない
でも 間違いないのは 負けないのではなく勝たないと意味がない(引分けでもダメだ)こと
ベガルタ エスパルス アルディージャ ヴァンフォーレといった降格危機クラブにとっては
サンフレが鍵を握っているかもしれない
ACLには無関係だけど ナビスコ杯もあるしね

気になっているのは
寿人と皆川
この二人を並列使うのは難しい
だからといって ずっと築いてきた寿人をターゲットとしたサンフレの繊細なパスワーク
皆川が入ることによって引き継いでいけるかというと それは難しそうだ
二連覇して有頂天になっていたけど
ひたひたと世代交代はやって来てる
若い世代ののびしろは計り知れないだけに
これからの8節 そして来季へ向け
森安監督は果たしてどんなメンバーでどんなサッカーをしていくのだろう?
[PR]
by hangzhou21 | 2014-09-29 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 怪しい彼女

松山でも上映してるけど なかなか行けなかった

調べてみると東大阪の布施ラインシネマで上映してくれてる!
韓国映画の「怪しい彼女」
なんか タイトルが「猟奇的な彼女」みたいで 期待が膨らむだけ膨らんでる!
ラスト付近のクドキ 久々に号泣してしまった(お恥ずかしい!)
面白くていいお話しだったな おすすめ
主人公演じる おばあちゃんのナムニってほんといい女優さんです
若い頃のオドゥリのシムウンギョンもかなりいい!
くるくる変わる表情がいいね
ボクの近くにも“青春写真館”あったらいいのにな!
ほかにも 映画やバラエティなどで見かける方が出演していて
設定そのものにはややムリがないでもないけど
面白い!
ゲラゲラ笑ってほろっとさせられる そんなおすすめのお話し!

朝早くから 庭木の剪定をして
夏のうちに咲き誇ってくれたポーチュラカの株を整理
金魚鉢の水を入れ替えといた
布施から上本町へ 空港行きのリムジンであっと云う間
松山へ着いたらもう真っ暗
久々に湯楽で温泉しました ふ~スッキリ!


  +  +  +     -  -  -     +  +  +


「八月の六日間」(北村薫 角川書店 ISBN:9784041015544)

「明日。山、行きませんか」
同僚の藤原ちゃんから声を掛けられる
これが彼女の山への入り口
ちゃんとステップを踏み 装備を揃え
彼女は一人で山を歩く
このお話しに収められているのは五つの山行きの記録
いいな
素直に書かれてる
山は日常から解放うされ 素晴らしい景色に出会える
仕事でのストレスを忘れ達成感が得られる
それは間違いない
でも 実はしんどい かなりしんどい
それに 頼れるのは自分だけだ
この道で合っているのか 荷物が重すぎたか 大事な忘れ物はないか
歩きながらそんなことばかり考えてる
引き返そうか やっぱりもう少し歩こうか...
迷いながら自分と闘ってる
もちろん ふと気が付けば仕事のことを思い出している自分もいる
主人公の編集者
おんなじなんだな
このお話しを読んで 明日すぐに山を歩く人はいないだろうけど
いい動機付けにはなる
山っていいよ しんどいけど
おすすめです
[PR]
by hangzhou21 | 2014-09-28 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 噴火

門戸へ帰る
朝いちから道後近くにあるパン屋さん「雲珠」
ここの食パン 美味しいと人気
いつもお世話になりっぱなしの門戸のお隣さんへのお土産にする
早くから開いてるからありがたい

今日はNHK-BSでヴィッセル戦の中継
惜しいチャンスを幾つか逃し あ~あって思っていた
ハーフタイムに入ったBSニュースで絶句
御嶽山が噴火したという あの御嶽山って火山だったの!
お手軽に行ける3,000m超の山頂として人気なのよね(一度地図まで買ったことがある!)
秋晴れの土曜お昼過ぎ けっこうな人が山頂およびコース上にいたはず
映像を見るだけで 震える...
全容はつかめないけど
う~ どうしてしまったのかな

サンフレは負けるのを覚悟したけど
辛くも引分け
勝たないと意味がないゲームだったのにな...

散髪してすっきり
夕飯をいただいて すぐにバタンキュー
いやはや ほんま 門戸だと幾らでも寝てしまうねんな


  +  +  +     -  -  -     +  +  +


「まるまるの毬」(西條奈加 講談社 ISBN:9784062189903)

もうずいぶん前に「金春屋ゴメス」(新潮文庫 ISBN: 9784101357713)で出会って以来
新刊が出るのを楽しみにしている書き手さん
(しかし 文庫版の装丁画はヒドイ!)
今回 江戸にある「南星屋」という小さな菓子舗が舞台のお話し
若い頃に日本中を尋ね歩いて修業した治兵衛
その娘お永 孫のお君ちゃん
「南星屋」を切り盛りしているこの三人を中心にお話しは展開される
各々のタイトルにはお店で売り出されるお菓子の名前
ほっとしてほろっとするってわけじゃないけど
“がんばれ?”って応援したくなる
それに 甘いのは好きじゃないのに
思わず 熱いお茶に和菓子が欲しくなるな
読みやすい すぐに読めます!
まずまずのオススメ
続きはでるのかな?
[PR]
by hangzhou21 | 2014-09-27 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ ビーカラの会

お昼前
自転車に乗って町の中を移動
どこからともなく キンモクセイが薫ってる
そうか
もうそんな季節になったんだな


久しぶりに若いのと飲む
以前から口約束していた「ビーカラの会」
唐揚を喰いながらジョッキを傾け大いに飲むというだけの まぁ ありがちな飲み会
松山市駅の駅前 客あしらいは最低だが唐揚は最高という店(行ったことないけど)
このお店で修行した人がやっているビアホールが別の場所にあるという
そのビアホールで「ビーカラの会」開催
(大げさではなく)拳ほどの大きさの鶏唐が五つ入って一人前
いくらでも食べられそうなもんだけど ボクは二つでギブアップ!
味はかなりイケる!
大いに飲んでしゃべって なかなか楽しい一夜
たまには若いのと飲むのもいいな

先週はうどん県と東京と出張が続いていたので
なにかとせわしなかった
そんなこんなもようやく落ち着いてほっとひと息
そういえば
東京のホテルから着替えや読み終えた本や配布された資料などを宅配便で送った
送料と袋代で1,450円かかったんだけど
最終日は身軽で助かった 次回からこれもありかな


  +  +  +     -  -  -     +  +  +


「特捜部Q-キジ殺し」(ユッシ・エーズラ・オールスン ハヤカワポケミス ISBN:9784150018535)

「特捜部Q」シリーズの二作目
失踪した美人国会議員を無事に救助したカール警部補と助手のアサド
いつの間にかデスクに置かれていた20年以上前の事件のファイルを手に取る
犯人は服役中で解決済みのはずの事件
そこへ ニューフェイスの秘書ローセも加わって再捜査に乗り出すことに
なんか気分悪い事件
謎解きと云うよりも 如何にしてガードが固い真犯人たちに迫っていくのか
そして 犯人たちから姿をくらまし浮浪者となったキミーに追いつくのはどっちだという緊迫感
スピード感はたっぷり
ただ 暴力シーンはどうもな...
それに ちょっと踏み込みが浅いような気がする
だって それなりの社会的地位にいるのだから もっといろいろ手はあったと思うな
まぁ それはともかく
カールが飛行機に乗ってスペインへ乗り込むエピソードには笑ってしまった
ローセはなんだか上手く描けていないような...
次作「特捜部Q―Pからのメッセージ」(ハヤカワポケミス ISBN: 9784150018603)
こちらに期待しようか
[PR]
by hangzhou21 | 2014-09-26 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 季節はずれの...

熱帯夜にはならなかったけど 暑かった!
もう仕舞おうかと思っていた扇風機のタイマーが切れると
暑さで目が覚める
日本海を進む台風崩れの低気圧がもたらした南風め!

昨日
今治市の旧菊間町にある「大岡蒲鉾店」でじゃこ天を買う
前から気になっていたのを 島の帰りに寄ってみた
(お味はヒミツ!)
もうひとつ 伊予市にも気になる蒲鉾屋がある
それは「武正蒲鉾店
SpanishExpressで前を通りかかると
日曜はお休み 土曜は「今日は予約のみの販売です」って貼紙が出てる
そうなると 食べてみたいよね どんな味かな?
以前も書いたかもしれないけど
今のところ気に入っているのは「伊予正食品」という大洲の会社が作ってる練物
ここの生姜天はなかなか旨いです
じゃこ天や練物のてんぷらはなかなか値段に正直だからね

読んでも読んでも予約した本がどんどん押し寄せてくる!
「特捜部Q キジ殺し」(ユッシ・エーズラ・オールスン ハヤカワポケミス ISBN:9784150018535)
「まるまるの毬」(西條奈加 講談社 ISBN:9784062189903)
「八月の六日間」(北村薫 角川書店 ISBN:9784041015544)
「黒部の山賊」(伊藤正一 山と渓谷社 ISBN:9784635047685)
「それは甘くないかなあ、森くん。」(小野寺史宜 ポプラ社 ISBN:9784591139622)
また頑張って読まないとね


J2では史上最速でベルマーレがJ1復帰を決めてる(おめでとうございます!)

同じくJ2のジュビロ
現在3位で 自動昇格の2位も難しい位置にいる
シャムスカ監督を解任して 名波氏が監督に就任
この判断はちびっと遅すぎるなぁ... 大丈夫か?
[PR]
by hangzhou21 | 2014-09-25 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(6)

■ 島へ

続けて松山を空けていたので
ゴミが出せていない
普通のゴミはなんとかしたけど
プラゴミと新聞紙がどっさり ふ~ 一人暮らしはこんなんが不自由
冷蔵庫の中も空っぽだしね

昼前から怪しい雲行きのした伯方島へ
そうか SpanishExpressで島を駆けるというのも考えてたな
すっかり忘れてた
しまなみ海道 自転車は無料になったことだし
一回は計画してみよう!
[PR]
by hangzhou21 | 2014-09-24 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ コッデジ

昨夜
会議と長い表彰式には出たけど宴会はパス
いいホテルに泊まってるのに 二晩続けてコンビニで調達した夕食とは...
まっいいか

朝 はやいうちに
新宿まで移動して映画
そうか~ 新宿駅から新宿三丁目ってこんなに近かったのか
(もっと遠い印象だったけど...)
「監視者たち」
韓国のお話し ソルギョング久しぶり チョンウソンも久しぶり
ヒロインの女の子 イムスジョンも久しぶりと思ったら
ハンヒョジュという方 この子もなかなかかわいいね
(調べてみると「アドリブ・ナイト」という掌品に主演してた!)
お話しそのものは香港映画「天使の眼、野獣の街」のリメイク
(残念ながらこれは観てない)
ソウル警察の監視チームと云う特殊部署
そこへ新人の子豚ちゃん(ハンヒョジュ)が配属されてくる...
(トイレのシーンがなんとも云えないアクセントになってます!)
ここの班長がソルギョング 犯人グループのリーダーがチョンウソン
ちびっとご都合主義かなと思わないでもないけど
面白いのは間違いない!
二時間はあっと云う間!
ラストのおまけでサイモンヤムがソウル駅を歩く!
思わずニヤッとしてしまいます
まずまずのおすすめ

その後 新横浜 日産スタジアム マリノス戦
ここは アウェイのゴール裏席も広く開放されていていいです
見上げると真っ青な青空!

事実上の“終戦”となってしまった... 残念無念!
今季はACL含めて14試合を現地観戦
ホーム5アウェイ9 5勝6分3負 う~ん...
いや まだナビスコカップがある!
それにACLもあきらめるわけにはいかないぞ
[PR]
by hangzhou21 | 2014-09-23 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(4)

■ 手遅れ...

会議
まさかの指名を受けて急遽壇上へ
ほんまに恥かきました!

いつものDホテルから
いいホテルへ昨夜のうちに移動
お台場って心理的に遠いけど そうでもないんだ
このホテルは何年か前にも泊まってて今回で二度目 今度は連泊
こういうホテルには縁ないな


  +  +  +     -  -  -     +  +  +


「いつも手遅れ」(アントニオ・タブッキ 河出書房新社 ISBN:9784309206325)

男性から
奥さんなのか恋人なのか
かつてのある時 確かに心を通わせた女性への手紙
その内容は
惜別なのか懺悔なのか
言い訳 恨み言
いずれにしても 詳細にして饒舌

残念ながら
ボクには果てしなく退屈
頁を繰るのが実りのない苦行だった...
かなり読み手を選ぶお話しだと思います はい
[PR]
by hangzhou21 | 2014-09-22 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)