<   2014年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧

■ 1月のランチ

1/01 水
お正月 SpanishExpressから戻って
インスタントラーメン

1/02 木
パスタをゆがいて食べました

1/03 金
お昼はパス

1/04 土
高知の奈半利 加領郷港にある「みなと食堂」で“刺身盛り合わせ”
感じの良い食堂でした!

1/05 日
かわいい紋甲イカの赤ちゃんの煮付け
買ってきたナスの天ぷらとアジの南蛮漬け

1/06 月
「斗鬼」塩サバの焼いたのです

1/07 火
「斗鬼」サバの煮付けでした

1/08 水
宇和島の道の駅で「ちゃんぽん+シラスご飯」セット

1/09 木
新居浜のマクド「アメリカンヴィンテージ・シリーズ」
“ダイナーダブルビーフ”
“ダイナーハニーマスタード”
二つ食べて胸が悪くなりました...

1/10 金
「斗鬼」(多分)カンパチの煮付け

1/11 土
高松でイベント だからイベント弁当
これアカンかった

1/12 日
塚口で「タント」ではなく「HEAVEN'S KITCHEN」でパスタ
まずまず 量もお上品だけどね

1/13 月祝
蛍池の駅前にあるコープで買った「タン塩焼き弁当」

1/14 火
「斗鬼」サバの味噌煮

1/15 水
「斗鬼」塩サンマを焼いたの

1/16 木
「斗鬼」白身魚のフライでした

1/17 金
「斗鬼」サバの煮付け 醤油と生姜の味付けでした

1/18 土
浅草で歌舞伎 ということは
松屋の地下で「草津亭」のお弁当“隅田川”
上品で美味しいです!

1/19 日
国立劇場で歌舞伎
がっくしファミマのお弁当

1/20 月
午前中からずっと会議
朝買った「シェ・カザマ」のパン
(思ったより高かった~!)

1/21 火
朝 東京から戻って
「斗鬼」塩サンマの焼いたのでした

1/22 水
斎院のパスタ屋「フォンターナ」
日替わりパスタは“挽肉とコーンの辛味スパゲッティ”でした
ふにゃふにゃなのに麺が美味しい!

1/23 木
「斗鬼」カレイの唐揚あんかけでした

1/24 金
太陽市で買った“鯛飯”と“ちらし寿司”

1/25 土
泉の広場の「古譚」“餃子ラーメン醤油”
そうそうこのスープこの麺!

1/26 日
上本町から伊丹行きの空港バス
そうそうと思い出して 近鉄の地下で「今井」の“日替わり弁当”
相変わらず上品です!
今日は白いご飯がもうひとつやったけのが残念...

1/27 月
「斗鬼」サバの煮付け 醤油と生姜

1/28 火
川之江の「たつや」で“えび天ぶっかけ・冷”
相変わらず美味しかった!

1/29 水
今治の「たつ」で“ジャンボカツ定食”
古びた食堂 そのボリュームは24時間以上の絶食を要求するものでした...

1/30 木
「斗鬼」太刀魚の塩焼き

1/31 金
「斗鬼」塩サンマを焼いたの
[PR]
by hangzhou21 | 2014-01-31 23:58 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 一月もおしまい

体調不良は徐々に回復
もう九割方は普通に戻ったような気がする

どうも身体のキレが悪い
考えてみたら
SpanishExpress 元日に武庫川コースをちびっと乗っただけ
アカンなぁ
運動不足に加えて 一月は美味しいものばかり食べてしまった
今月はイベントもなかったからか一段落してしまい
精神的にもすっかり弛緩
二月は何とかせんとね

九月からヘルプしてくれていた派遣スタッフの方
今日でおしまい
あっちゅう間の五カ月 ほんとうにありがとうございました!
そのお礼というわけではないけど
プチ送別会
二番町のでっかい立駐の前にある「じゅん」というお店へ
ここの“かめそば” 松山の隠れ名物らしい
確かに珍しい食感ではあるけれど
まぁ 一回食べればそれで十分って感じ

Jリーグから今年のゲーム日程が発表されてる
ヴォルディスがJ1へ昇格 ガンバとヴィッセルが復帰しているから
近場でのゲームが増えて嬉しい限り
開幕戦が長居でセレッソ
その後 春のうちにガンバとヴィッセルのアウェイも組まれてる
これらは行くしかない!
ラストに組まれているアウェイの連戦が気にかかるけど
今年も頑張って三連覇を目指して欲しい
出来る限り ボクも参戦します
しかしな ボクが現場へ行くと成績もうひとつやねんなぁ...

それにしても
妙に暖かい
[PR]
by hangzhou21 | 2014-01-31 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 柑橘王国

今治にある産直市「さいさいきて屋
はじめて寄らせてもらいました
いつも行く「太陽市」にもまして柑橘がドカンっと売られている
みかんって南予のものだと勝手に思い込んでいたけど
そうとちゃうんや!
改めて愛媛は柑橘の王国だと知らされる
はるか彼方の昔 出張先の長崎で「あまくさ」と出合って以来
そのあまりの美味しさに伝道師になっていたんだけど
考えてみたら「あまくさ」は新しい柑橘のほんのひとつにしかすぎず
世の中には実にたくさん新しい柑橘が出てる
(まぁそのほとんどを知らなかったんだけど)
こういう産直市では 贈答用も売られているけど
そうじゃない規格外のものがビニール袋に入れられ
無造作に棚に並べられてる いやはや壮観!
果実の大きさもさまざまだけど
色がね いいんです 濃いオレンジ色から薄いレモン色まで
見ているだけで 口の中にツバが湧いて来る!
それに 値段も格安(100円から高くても500円まで)で
財布にも健康にも優しい!
これくらいだとお試しに買うのにそう躊躇しなくてもいい


今回 買ってみたのは
「スヰートスプリング」
「ありあけ」
「ひめのつき」
「たまみ」
きっと大阪ではあんまりお目にかかれないだろうな
じっくり味見してみます!

普通の温州みかんでも
「大津4号」「南柑20号」「石地みかん」などなどがあるのを知ったし
目にしただけで まだそのほとんどを買ってはないけど
その種類は無限にあるんじゃないかとさえ思う
手当たり次第に試してみよう!(覚えていたらレポートもします!)
でも いまのところ一番はやっぱり「あまくさ」かな
これ もう少し剥きやすかったらええんやけどな...
[PR]
by hangzhou21 | 2014-01-30 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 冬の土用

月曜は心の底から冷え込むような寒さ
あの晩は帰り道を歩きながら迷う
「体調もイマイチだしこの寒さ 温泉へ行こうか銭湯へ行こうか...」
でも あまりの寒さに部屋に戻ると もう外出するは気力なかった

一転して
あの月曜の晩が同じ週だったとは思えない 夜でも10度近い
羽織ったコートの前を開けても歩ける
ありがたいことです
天気予報を見ると
この週末 朝方は冷え込むようだけど 日中の最高気温が17度となってる!
まだ真冬だというのに これならすっかり春

夏だけじゃなくて
冬にも“土用の丑”はある 2014年は1/18と1/30(だそうです)
用事で朝から今治
そういえば 前に今治に行ったときに
ロードサイトにうなぎ屋さんがドカンとあった記憶がある
(が 調べてみると 水曜は定休日やんか!)
仕方ないので
いろいろ調べて「たつ」という食堂 ボリューム優先のカツが有名
行ってみると ほんま“食堂”でした
名物の“ジャンボカツ定食”というのを頼んでみる
ほんまに“ジャンボ”! 久しぶりに食べ物を持て余してしまう
こりゃ完全にカロリーオーバー 太るな
(っちゅうか 満腹中枢が犯され 明日の昼までな~にも食べたくない!)
なんか
ボク自身のイメージの中に“健啖家で幾らでも入るし胃腸も丈夫”とあるけど
実際は すっかり食も細くなって胃も小さくなってる
しかも 油ものはどうもな~
食事もよ~く考えて選ばないとアカン
(しかし うなぎは食べたかった...)
[PR]
by hangzhou21 | 2014-01-29 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 咳

熱があるわけではないし しんどくもないんだけど...
先週の木曜には大きなくしゃみを連発して
日曜は鼻水
月曜はタンがからんだくどい咳が止まらず...
風邪というよりなんだか悪い病気のような気がする
(そんなこともないか...)
今日はまだましだけど
時折 タンが絡んだ深い咳が止まらない イヤやなぁ...

土日とあったかかったのに
月曜は底冷え
松山でも朝は氷点下
日中も寒いままだったし 帰り道も刺すような空気
それが ようやくシングルを脱して 日中は暖かくなってきた

宇和島市役所に電話したら
宇和島歌舞伎のチケット 安い席(4,000円)がまだ残ってた
この土曜は宇和島へ行こうかな
じゃ
高知の西側に点在するお寺も一緒に廻ってしまうか
37番岩本寺は窪川(四万十町)から足摺岬の38番金剛福寺
39番の延光寺は宿毛 そして愛媛に入って愛南町にある40番観自在寺まで
前回もこの四ケ寺は一緒に巡ったような...
33号線を使った山越えになるけど 雪さえ降らなければ そんなにハードでもない
欲張らなければ 余裕で夕方には宇和島に着けるかな

四国中央の明屋書店さんで「デッドヒート3」買いました はい
すぐに読めるかな~?

 ***     ***     ***

「百年前の山を旅する」(服部文祥 新潮文庫 ISBN:9784101253213)
ボクが日頃楽しんでいる山歩き
さっと行ってさっと歩いて帰ってくる
最新(でもないけど)の装備 そして信頼に足る天気予報
家から歩き始めるワケはなく アプローチには公共交通機関やクルマを使う
極めてお気軽でかつ安全な山行
冒険などではなくまさしくレジャーなんだな
だから
山の中で“怖さ”を感じることなんてない いや 希だ
この書き手さんは凄い
山歩きの“原点”というか
“どうして山に行くのか”を或る意味“哲学的”に捉え実践する
それが“素晴らしい”ことなのかどうかはわからないけれど
それをこうやって記録することは凄く意味がある
上手く表現できないけど
とても同感してしまうフレーズが幾つもあった
ボクもサバイバル登山してもいいかな
まずはブラスストーブを手に入れるところから始めようか...
(もちろん読み手は選ぶけどまずまずのオススメです)
[PR]
by hangzhou21 | 2014-01-28 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 愛媛で歌舞伎

朝のラジオ
聞き流していたら
海老蔵がしまなみ海道のどこかで公演をすると云ってる
気になって 少し調べてみると
「しまなみ歌舞伎」と銘打って
今年の6月7日と8日
会場は大三島の「大山祇神社」 境内に特設会場を設けるそうだ
演目は決まっていないけど
この場所だと 源平モノになるのかな
チケットは争奪戦となるのかしらん?
もうひとつヒットしたのが
昨年は三月の終わりだった「宇和島歌舞伎」
今年は今月の31日と2月1日らしい(知らなかった!)
まだチケットあるかな?(明日にでも電話して訊いてみよう)
大掛かりな演目ではないけど
猿之助と海老蔵 こんな人気者が来るのは凄いことだし
いいことだと思うな

出来れば
内子座に巡業が来てくれれば それが一番ええんやけど...
せっかく素晴らしい器があるんだもの
どこにでもあるような ひめぎんホールよりずっといい!


  ***     ***     ***


ふと気になってちょこちょこアマゾンで検索してみる
川西蘭の「セカンドウインド」の続きはどないなってんねん!
碧野圭の「銀盤のトレース」もまだ途中だし
バトミントンの「ラブオールプレー」だって続きが読みたい!
また 須藤靖貴もそろそろ新刊が出てもおかしくない
すると
「デッドヒート3」(須藤靖貴 ハルキ文庫 ISBN:9784758437905)
なんと気付かなかったけど12月に出てる
これなぁ まだ2も買っただけで積読やしなぁ...
(決して面白くないわけじゃないけど...)
それにこの書き手さん もうすぐ相撲のお話しで新刊が出るみたい
(2月「大関の消えた夏」(PHP研究所 ISBN:9784569817385))
こちらは3月
「君が輝く季節 ラブオールプレー」(小瀬木麻美 ポプラ文庫 ISBN:9784591139356)
このシリーズも4冊目か...(こっちはちゃんと読んでます)
川西蘭と碧野圭は予定ないみたい
もうすぐソチ五輪開幕だし 朱里ちゃんの活躍の続き読みたいな

どんどん新刊は出るし
最近はとんと買わなくなったけど
それでも積読の高さはいっこも減らへんなぁ...
寒いからお家で本読もう!
(でも寒いからついつい飲んでしまうねんな)

どこかで見かけて タイトルがちびっと気になった
「牛丼愛」(小野寺史宜 実業之日本社 ISBN:9784408536378)
あれ この書き手さん
ちょっと変わった切り口のお話し
「転がる空に雨は降らない」(新潮社 ISBN:9784103325413)
やっぱりそうだ!
でも 図書館待ちかな

早いもので
今週で1月が終る
この週末はもう2月やんか!
ということは 1月はいっこも当たらへんかった!
というか 当たる予感すらせえへん...
9R参加して 的中ゼロ ▲9,000円 大丈夫かいな!
[PR]
by hangzhou21 | 2014-01-27 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 寝汗で目覚める

妙に暖かい朝
そのせいなのか
それとも 咳と鼻水の軽い風邪の症状なのか
いや~な夢を見てて びっしょり寝汗をかいて目が覚めた
シャツもパンツもぐっしょりと濡れてる
病気でもないのに こんなことも珍しい!

朝一でプライベートバーバー
すっきりする
その後
「そうそう」と昨夜思い出していたので 上本町まで出かける
数年前(2008年12月)にこさえたVANの冬物のジャケット
さすがにかなりくたびれてたのよね 新調しよう
お店に着いて調べてもらったら 5年前でした
ほとんどスーツは着なくなったから
この紺のブレザーばっかりやった
出来上がるのは2月に入ってから
ええ年齢したおっちゃんが いまさら「VAN」もおかしいかと思って
兄貴筋にあたる「Kent」にしてもらおうかと思うと
少しシルエットが異なるらしい(背中もフックベンツじゃないし)
じゃ やっぱり「VAN」でお願いします
夏のサマーウールのもくたびれているし 暑くなったらこっちも買い換えようか

そのまま伊丹へ向かって松山まで移動
生あたたかだったのに 松山は北風が突き刺す
やっぱり まだ1月


  ***     ***     ***


「利休にたずねよ」(PHP文芸文庫 山本兼一 ISBN:9784569675466)

「巧い!」唸ってしまう
最初の何章かを読んでから映画を観て
それからしまいまで一気に読んだ
利休の切腹の日から始まり
お話しは徐々に遡っていく
各々のエピソードの切り口がいい
読み手は利休の行く末を知っているのに
ページを繰る手を止めることは出来ない
「どうしてこの男はこうなのか」
その理由や背景を知りたくてたまらないからだ
しかし
心の琴線に触れる“美”とは何なのかなぁ...
侘び寂びや茶の湯に興味があるかないかは関係ない
読み終わって ふ~っとため息ひとつ
歴史上の人物 なぜか身近に感じることが出来ると思います
オススメ!


  ***     ***     ***


「フレンチの侍」(市川知志 朝日新聞出版 ISBN:9784022510433)

フレンチ(≒フランス料理)には全く造詣が深くない
ワインは好きだけど
どちらかというと避けて通りたいジャンル
だけど
このお話し すらすらとページを繰ってしまう
思い出すのは「情熱の階段」(濃野平 講談社 ISBN:9784062174442)
この書き手さん どんな立ち位置にいるのか予備知識はなかった
でも
自分の進む道に対してどん欲な姿勢
そうだな 運が良いのではなく 運を引き寄せるものがあったんだと知る
失敗をしてうなだれるのは誰にも出来る
失敗をバネに出来るのは凄いことなのだと 改めて知る
フランスと日本では野菜が持つ“力が違う”だそうだ そうなんだなぁ...
自分が作りたい(提供したい)料理と お客さんが食べたい(期待してる)料理は違う
そんな当たり前のように思えること
この人は切羽詰まってようやくわかる
この正直な語り口に好感を持つ
フレンチ 食べてみてもいいかも
そんなことを素直に思う
別に料理本でもなんでもない
「こんな日本人がいるんだ」そう思うだけでも意味があると思います
すぐに読めます
副作用は妙にお腹が空いてしまうことかな
まずまずのオススメ!
[PR]
by hangzhou21 | 2014-01-26 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 毒戦

久しぶりに心斎橋のシネマート
ジョニートォ監督の「毒戦」 初日初回
これは香港映画なのか大陸映画なのか...
この日は1,000円ディだったみたいで なんだか得をした気分
スタイリッシュさやスマートさはなくて
荒削りなゴツゴツとした感じ
これはこれで悪くはないんだけど 期待とはやや違う
面白くないわけじゃないけど
洗練されてなくて 全てが力技(ちからわざ)やねんなぁ
最新のハイテクが駆使されているのに...
これはきっと主役のおっさんとおねえちゃんが垢抜けないから(に違いない!)
せっかく出てきたラムシューも なんだかなという感じの役なのが残念
でも
それなりに面白かったのかな
オススメはしませんが まずまず


西宮北口から家まで歩いて帰る
そのまま歩いても仕方ないので
震災のときに住んでいた高木のマンションや
ディスカウントストアや酒屋や古本市場へも寄る
この辺りもすっかり変わってしまったな
安物のワインを買おうかと思っていたけど
500円以下ではあんまり食指が動かない
やっぱりせめて1,000円は出さんとあかんかな
震災から20年近く経過して
その爪痕というよりも すっかり新興住宅街となってしまいました

夕食には
昨日こさえたあじの南蛮漬けとかす汁
美味しくいただきました~!
[PR]
by hangzhou21 | 2014-01-25 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 南蛮漬け

こないだから食べたいと思っていたのが
小あじの南蛮漬けとかす汁
これ 両方とも「少し」はこさえられない
かす汁は母親に任せることにして
しめしめ 門戸の駅前のチコマートで小あじが売られてる
よっしゃ 南蛮漬けをこさえよう
まず アタマを落としてセイゴを取る
出たアラは庭へ埋めます(はやくあじの芽出ないかな)
薄口醤油がなかったから見た目は濃い色になったけど
急いでこさえた割には まずまずいつもの味になりました
この南蛮漬けの難点は こさえてすぐに食べられないところかな

休みを取って
門戸へ帰ってる
朝のうちに太陽市へ行って
各種の柑橘 椎茸 ブロッコリー(これ巨大です!)
それに塩パンとかいろいろ買い込む
昨日のうちに 松地下で岸本さんのトマトも買っておいたしね
リュックはそれらでぱんぱんに膨らんでます
松山はみかんと野菜は安いです はい!


ACLでFCソウルとのアウェイ戦
どうすれば 安く楽に行けるか ちびっと考えてみた
う~
2月から 松山⇔関空にピーチが就航する
ということは 松山から関空経由で仁川が一番安いかもしれない
松山から乗込んだとしても
料金はノーマルで東京を往復するよりウンと安い!
これなら 一泊二日で十分かな
松山⇔仁川 週に三便OZの直行便が飛んでいるけど
今回は曜日が悪い
福岡からソウルへ行く手もあるけど
これは松山⇔福岡の航空券が異常に高い!
ふと考えたのが 広島⇔仁川を毎日飛んでるOZ
これは時間もいいしね
NHで貯まってるマイルを使えばいいし
松山~広島はしまなみ海道をQちゃんで飛ばせばいいか
あとは 予約が入るかだけ
いまは 日韓関係が冷え込んでることだし 大丈夫でしょ きっと
[PR]
by hangzhou21 | 2014-01-24 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 暦の上では...

大寒だから寒いのは当たり前
このところブルブル震え縮こまっているんだけど
大寒が来れば次は「立春」(2/3)
春はもうすぐそこまで来ている(はず)

その前に中華圏や半島では「春節」(旧正月)
今年は1/31のようです
この春節にあわせてMMが釜山へ行くらしい
格安のピーチのチケットを予約したときは春節だとは気付いていなかったそうで
こないだ話したときに「どこもかしこもお休みみたいや~」と嘆いていた
いやいや
春節だからこそ味わったり見ることが出来るものもあるはず
かなり昔だけど
2月にソウルへ行くと「テボルム(旧暦で新年初めての満月)」の日
普段は見かけないゲーム(筵の上でする双六?)をしているのを見たり
全く見ず知らずの方から胡桃をもらったりと
なんか不思議な体験したからね
行動力抜群で“引き”が強いMMのことだもの
きっと面白い体験をしてくるはず
お土産とお土産噺を期待してます!
あゝボクも釜山でデジクッパ食べた~い!
釜山近辺はメイン料理の前に出てくる小皿(バンチャン)
これが巨大な丸いアルミのお盆にドカンって出てきて
なんだか お得感あるよな~


少し前だけど
Jリーグから今季の開幕戦と二戦目のカードが発表されてる
サンフレは
3/1の開幕戦をアウェイでセレッソ(座席数の多い長居スタジアムで良かった!)
次節を ホームでフロンターレ
いずれもACLを戦っているクラブとの対戦
これはなかなかいいね
是非駆け付けたいけど お仕事のスケジュールはどうかな?
近辺に何かイベントが入ってなければええんやけど
ACLでソウルへも行きたいしなぁ...


二度目の四国巡礼 あまりの寒さにひと休み
市内のスーパーで見かけたのが
「お椿さん」というポスター
伊豫豆比古命神社(いよずひこのみことじんじゃ)通称「椿神社」のお祭り
今年は2/6⇒8で実施されるとのこと(旧暦の正月7日から9日)
話しを聞いてみると えべっさんのようなもので
商売繁盛の神様でもあるようです(それだけじゃないみたいだけど)
椿の即売会とかもあるのかな(ないか?)
まぁ 一度は行ってみます
この時期は 三原の神明祭もあるね(今年は2/7⇒9)
両方とも行けるかな?
[PR]
by hangzhou21 | 2014-01-23 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)