<   2013年 08月 ( 32 )   > この月の画像一覧

■ 8月のランチ

8/1 木
「斗鬼」カレイの唐揚げ甘酢あんかけ

8/2 金
宇和島へ行ってた
「菊屋」で“ちゃんぽん・小”
ものごっついボリューム! 夜まで満腹感が続いた...

8/3 土
「ゴーゴーカレー」(新宿東口中央通りスタジアム)
“ゴーゴーカレーヘルシークラス”
なんか監獄で喰わされているみたいで イヤな感じ

8/4 日
銀座の三越地下で買った「梅林」
“カツ丼”“カツサンド”を歌舞伎座の座席でいただきました
普通(まぁ値段も普通だったからこんなものかな)

8/5 月
「斗鬼」塩サバを焼いたの

8/6 火
「斗鬼」アジのから揚げでした

8/7 水
「斗鬼」イワシの煮付け

8/8 木
大洲の「亀屋」という昔ながらのおうどん屋さんで“冷やし天ぷらうどん”

8/9 金
「斗鬼」サバの煮付け

8/10 土
広島 商工センターの「恵庭屋」で“ロースかつ”
懐かしいなぁ...

8/11 日
家でありもので済ませました
それにしても暑いなぁ!

8/12 月
川之江駅前の「たつ家」で“うめとろやまかけ・冷+おむすび”
昼から半休だったのを思い出して ビールを追加!
昼酒はなんでこんなに美味しいんかなぁ...
五臓六腑にしみわたる!

8/13 火
北口の「RYURYU」で“うめしそパスタ”
専門店のお味でした まずまず

8/14 水
甲子園球場へ あまりの暑さと時間の都合でお昼はパス

8/15 木
塚口の「TANTO」で“ナスベーコン・大+ビール”
そうそうこの味!
よ~く流行ってますなぁ...

8/16 金
「上のべこや」で“べこや定食”
七輪で焼く本格派
長いこと肉喰ってなかったからなぁ...まずまず美味しい!

8/17 土
しまなみを渡って尾道へ
新尾道駅から尾道ICへの路沿いにある「一番」へ“チャーハンセット”
まぁこんなもんじゃないですか
途中見かけた「東珍康」にはこの暑い中行列が出来ていて凄いことになってました!

8/18 日
切羽詰ってる 日曜だけど休日出勤
「シシリア」という二番町三丁目にあるイタリア料理のお店へ
“ボンゴレ”にしました 普通

8/19 月
JR松山駅近くで終日イベント
キスケというアミューズメント施設の中にある「おが多」というラーメン屋“冷麺”
サラダみたい 綺麗な冷麺でした

8/20 火
久しぶりに「斗鬼」 おろしたカレイのから揚げでした

8/21 水
「斗鬼」 さばの煮付けでした

8/22 木
「斗鬼」 いろんな魚の切れ端の天ぷらです

8/23 金
川之江駅前の「たつ家」で“えび天ぶっかけ・冷+おむすび”
麺がきれいでおいしいね!

8/24 土
八幡浜⇒別府間のフェリー中 久しぶりにカップヌードル食べました!

8/25 日
八幡浜フェリーターミナル三階の「マリン」で“海鮮ちゃんぽん”いただきました
まずまず

8/26 月
「斗鬼」  タイの切り身を煮付けたんでした

8/27 火
川之江ICすぐそばにある「熊福」
養鶏所直営のご飯屋さん!
ここで“卵丼”を頂戴しました
ちょっと味が濃かったかな

8/28 水
宇和島の「丸水・がんすい」で“鯛めし”いただきました
愛媛の“鯛めし”は二種類あって
ここはもちろん宇和島(南予)風です
卵掛けごはんに鯛の刺身を混ぜるって感じかな
上品なお味でした はい

8/29 木
「斗鬼」 塩秋刀魚を焼いたのです

8/30 金
「斗鬼」 さばの煮付

8/31 土
「おが多」で“ラーメン”
まずまず
[PR]
by hangzhou21 | 2013-08-31 23:58 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 温泉TV

またしてもイベント
前回で要領はわかっていたので気分はラクなんだけど
東シナ海から日本をうかがってる台風の行方が気になっていた
が 朝までに台風から温帯低気圧へ そのまま前線上に吸収されたみたい
交通機関の乱れがなくほっとした
つつがなく終了 よかった!

今夜のサンフレ ホームにFC東京を迎える一戦
イベントがあったので現地観戦はかなわない
NHK-BSで中継してくれる
そこで「そうや!」と思い付き電話して確かめた
「NHK-BS映ります」と教えてくれた
よっしゃ こないだ行った「そらともり」へ行くしかない!
ここのリラックスルーム モニター付きのリクライニングチェアがど〜んと並んでる!
前回がウソだったみたいに混んでる(駐車場へ入れるのにさえひと苦労!)!
温泉は早々に部屋着に着替えリラックスルームへ
良かった!席空いてた!

悪くないゲームだった
でも 勝利の匂いが漂っていなかったのも確か
終わったものは仕方ない
代表のゲームの関係で短いインターバルを挟むのが不幸中の幸い
疲れをいやし気分もリフレッシュ出来る
三位に落ちたとはいえ 首位のマリノスとの差はわずか“3”しかない
次の25節は9/14 アウェイでフロンターレ戦 ここで仕切り直し!
(またNHK-BSで中継してくれる!)
しかしなぁ
TVを見るために温泉へ出かけて行くとはなぁ...
[PR]
by hangzhou21 | 2013-08-31 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 雷雲来ル

朝から曇ってはいたんだけど
暗雲が低く垂れ込めたかと思うと大粒の雨が一気に叩きつけるように落ちてくる
数メートル先も見えない
みるみるうちに路面に水が浮き川となる
一瞬ピカっと光ると間髪置かず重い雷鳴が轟く!

このゲリラ雷雨
伊予鉄の施設に落雷
数時間にわたって運転できなかっただけではなく
あちこちで電車が立ち往生したり踏切が下りたままになったり
おかげで松山の道路は行き場をなくしたクルマがあふれかえって大渋滞!
多くのドライバーはどうしてこんなに混んでいるのかその理由さえわからなかったはず
ほんま困った!
明日のイベントの設営
ボクはかなり余裕を持って出かけたんだけどイライラした
ラジオで速報を聴いてからは裏道を駆使してなんとか間に合いました!
まぁ 到着する前には雷雲は去り 陽も射してたけどね

部屋に戻る前に郵便受けをのぞくと
「星星峡」が届いてる
そうか〜 ぎりぎりの申し込みやったけど 9月号から間に合ったんや!
広告のチラシや請求書 あるいは税金の督促状ではないものが入っているのは
なんだか嬉しいものやな

雷雨のせいなのか
近づいているという台風のせいなのか
ずいぶん蒸す
熱帯夜復活です
[PR]
by hangzhou21 | 2013-08-30 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 三津五郎がんばって!

早くも顔見世(京都南座)の詳細が発表されている
そうか〜今年ももうそんなに残っていないんだなぁ...
知ってはいたものの 今年の顔見世は猿之助などの襲名披露公演 ちびっと違和感
演目も例年の顔見世らしくないような気もする
12月の予定はさっぱり見通せないから 今年はパスかなぁ...
(もちろん 気が変わるかもしれないけどね)

歌舞伎の話題といえば
今月の歌舞伎座で改めて見直した三津五郎
病気で来月以降休演と発表されている
大丈夫かな 心配
きっと歌舞伎役者はとてもハードワークなんだろうな
思い切っての休演なんでしょう
ゆっくり休んでしっかり治してください


「シンクロニシティ」(川瀬七緒 講談社 ISBN:9784062182867)
「よろずのことに気をつけよ」(講談社 ISBN:9784062171434)の川瀬七緒
「147ヘルツの警鐘」(講談社 ISBN:9784062178310)に続く
岩楯と垢彫(!)のコンビが大活躍!
“法医昆虫学者”という切り口は新鮮で二作目でも十分楽しめます
西葛西のトランクルームで発見された死体
この死体は誰? 犯人は? 殺害現場は?
手詰まりの捜査本部に独自の視点で次々と情報を提供するのが赤堀
ちびっと上手くはまりすぎ ラストの種明かしが急ぎすぎのような気もするけど
まぁ 許容範囲かな
人形師の藪木 少しもったいない!
次作でも登場してくれたらいいのになぁ...(無理か?)
(もちろん ハーフの怪しい虫屋の兄ちゃん辻岡大吉も!)
岩楯とコンビを組む月縞 いい味出してるけど
この書き手さんがひねり出す 苗字の漢字には独特のセンスがあるな
すぐに読めますが
急いで単行本で読むまでもないか 文庫化まで待ってもいいかな
映像化はちと難しそう
[PR]
by hangzhou21 | 2013-08-29 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ なんと...

涼しかったのは束の間の夢だったのか...
まぁ まだ8月だし仕方ない

今週は水曜にもJ1のゲームが組まれている アウェイでヴァンフォーレ
もう何年も前の秋 甲府のナイトゲームへ行ったなぁ
(帰りは夜行で帰ったっけ...)
そんなことを思い出しながら部屋へ戻り 試合経過をチェック 後半に入ってる
が〜ん!
負けてる
今期J1に昇格したものの下位に低迷している相手に決してなめていたわけではないだろうに
8月に入って
レッズに負け ジュビロに勝ったものの
グランパス トリニータと続けて先制したものの追いつかれて分け
そして今夜はそのまま負けた
首位陥落
8月は勝点5 満点なら15のところだった せめて二桁は欲しかった... がっくし
でも
まだ諦めるには早い
失速の8月から立ち直って欲しい
目標はACL出場ではなく あたりまえだけどリーグ二連覇!
[PR]
by hangzhou21 | 2013-08-28 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ ドカドカっと

涼しくなっただけで
ビールがそんなに進まないんだから
なんだか不思議

松山の図書館 ネットからの予約 10冊できる
いつも数冊の予約を入れているんだけど
つい最近 出来心でドカドカっと10冊全て入れてしまった
すると
当たり前の結果なんだけど ドカドカっと「予約本確保のお知らせ」が固まって来た
ありゃ...
楽しみにしていたお話しもあるから頑張って読まないとね
しかし
幾ら涼しくなったとはいえ 急かされて2週間で4冊読めるのか(固い目のお話しもあるしなぁ...)

朝から 川之江
川之江といえば「たつ家」でうどんなんだけど
前から気になっていたのが養鶏所直営のご飯屋さん!
なんと 卵は食べ放題(と云われても幾つも食べられないけど)!
「熊福」というこのお店へ若いのと行ってみました
若いのは「たまごかけご飯セット」ボクは「玉子丼」
面白いコンセプト ちびっと不便なところだけど
よ~く流行ってました

日中の陽射し
まだまだ暑いんだけど
そんな中でも 夏もおしまいの気配が濃厚
なんだか 嬉しいなぁ
[PR]
by hangzhou21 | 2013-08-27 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 一気に秋!

なんということか!
こういうのを“天の恵み”というのか
雨雲が去り 一気に気温が下がる
熱帯夜ではない朝 こんなにすがすがしく迎えられるのか
(すっかり忘れてた...)
嬉しくて嬉しくて 涙がちょちょ切れます!
まぁ
まだ8月だし
このまま秋本番を迎えるほど甘くはないだろうけれど
それでも ほんま 嬉しい!

ところで
この夏というか ここ数ヶ月というか
テーマパークでの異常な迷惑行為にはじまり
アルバイト先での非常識行為の写真を嬉々としてをSNSでアップするという
今まででは考えられないような出来事が相次いでいる
「最近の若いのは困ったもんやな」だけでは済まされない
目立ちたいとか 人とは違ったことがしたい(出来る)という
しょうもない自己顕示欲なのかなぁ
しかも 現代では いつでもどこでもカメラを持っていて 気軽に公開できるしね
数年前に バイト先に芸能人や有名人が来たというツィートが問題になったけど
結局 同じことか
やっていいこととアカンことの境界線が甘くなっているというか
わからなくなっている
困ったもんやというか ほんまに考えが足らへん
どこまでがセーフで どこからがアウトなのか
簡単じゃないけど そんなに難しくもないと思うけど
まぁ 仕方ないか
(社会人のためのSNSの研修キット 売れそうやね)
でも
まだまだ 大きな問題がドカンっと出てきそうな気がするな
(まぁ日本の政治家もみんな脇が甘いしね...)


次の本が待ち構えているから慌てて読んだ
(暑くないとページを繰るのもラクやなぁ...)
「ピアニスト辻井伸行 奇跡の音色」(神原一光 アスコム ISBN:9784776206477)
何年か前
若き盲目のピアニストが世界的なコンクール(2009年ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール)で優勝したことは
新聞などの報道を通じて知っていた
でもなぁ 日頃はまずクラシックやピアノは聴かないしな
頭の片隅にその記憶はあったもののすっかり忘れていた
その盲目のピアニストは辻井伸行
そして12年間に渡り彼の音楽的な側面を支えていたのが川上昌裕
辻井と川上の12年間を取材したTVドキュメンタリーをテキスト化したのがこのお話し
何かを検索していて偶然目に留まり 手に取った
当たり前だけど
才能はその才能が見出され 適切な環境のなかで育まなければ光らない
そんなことを教えてくれる
そして
健常者でも大変なのに どのようにしてハンディを克服したのか
そこに焦点が当てられていると思い込んでいたのだけど
それは肩透かし
辻井伸行という原石は見出され 川上昌裕に研磨され光り輝く
そこにはハンディを克服する必要があったのだろうけれど
そんなことはほとんど感じさせない(感じさせないように書かれてはいるのだろうけど)
前向きな辻井伸行がどんどん吸収してい成長する姿は
読んでいてすがすがしい! 素晴らしい!
伸くん 大きな器になったね(これからもっともっと大きい器になってください!)
これを ひとつの成功譚として読むだけではなく
「今日からボクも前向きに生きていこう」単純なボクはそう思ってしまった
辻井伸行 彼のピアノを聴いてみたいな
オススメです すぐに読めます!
(同じタイトルで文庫版も出てます 文春文庫 ISBN:9784167838508)


新開温泉からの帰り道
涼しいと ほんま嬉しい!
[PR]
by hangzhou21 | 2013-08-26 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ ツバメ号とアマゾン号

大分の朝
雨 大粒の雨がしっかり降ってる
秋雨前線
おかげで 気温はかなり低い
このホテル かなり古くて部屋はもうひとつやったけど
朝食が良かった!
ついつい食べ過ぎてしまった...
雨だしどこにも行けそうにない
予定を変更して一本早いフェリーで帰ろう
行きと違ってかなり空いてる ゴロンっと寝転んで 本を読んでうたた寝をして...
2時間45分 こんな船旅もいい

「海を渡った人類の遥かな歴史」(ブライアン・フェイガン 河出書房新社 ISBN: 9784309252834)
図書館で借りていた ちっともページが進まなくて
貸出しの延長をしたにもかかわらず もう読了しないままの返却を覚悟していた
面白くないわけじゃないんだけどな...
人類はどうして大海原へ漕ぎ出したのか
その理由を推測するお話しだ
ロマンや好奇心ではなく そこにあったのはもっと実利的な目的であり
なおかつ 高い精度で今いるここに“帰ってこれる”確証が必要だった
それは 子孫に残す土地や巨万の富だったのかもしれない
もっと切実に 自給自足では補えない食料や木
目の前に広がる海との濃厚な関係の中で人々は海を知り海と向き合う
その結果 何代にもわたる経験を積み重ね 海を知り 風を知り そして漕ぎ出した
そんなことが 幾つかの海域に分けて検証され推論されています
ロマンや好奇心ではなく
紀元前数千年からつい100年ほど前まで連綿と受け継がれてき 海への知識と技術
それらの裏打ちがあって それぞれの方法で海を利用していた

内燃機と石化燃料 そして鋼鉄製の船
そして 衛星を利用したGSPの技術などが
数千年ものあいだに積み上げてきたものを無用としてしまった
人類と海との蜜月は終わり かつてないほど距離が空いてしまったんだなぁ...
アーサー・ランサムの「ツバメ号とアマゾン号」が面白かった方なら
読んでみてもいいかもしれません
ただし 結構時間はかかると思います

この土日
函館と新潟で三重賞
土曜は惜しくもハズレ
これでいよいよ危なくなってきた 赤字転落も覚悟...
が 迎えた日曜
当たるときは当たるもんやねんな(額は小さいけど)
キーンランドカップの馬連が300円 新潟2歳Sは複勝(押えておいて良かった!)500円
86レース経過して18R的中 払戻94,290円 +8,290円(先週の計算ちびっと間違ってました!)
一万円台までもう少し!
来週は 新潟記念 札幌と小倉は2歳Sです
[PR]
by hangzhou21 | 2013-08-25 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 大銀ドーム

今夜を逃せば
サンフレが大分でゲームをするのもしばらくないかもしれない
ここまでわずか1勝 J1残留に危険信号が点滅するトリニータとのアウェイ戦
松山からだと八幡浜までJR フェリーに乗継いで別府まで
別府駅前の「駅前高等温泉」(なんちゅうネーミングや!)
なんと200円!でさっぱりしてから
「別府ブルーバード劇場」へ
なんだか ずいぶんと前に観た台湾の「楽日」というお話しを思い出してしまう
古い古い映画館
しかも ボクが観る前の回 誰もお客さんがいなくて お休みしてた...
(ボクが観た回は4人)
昨年公開された「人生、いろどり」

徳島の山奥
な~んにもない山の中
山間に貼りつくようにわずかな人々が暮らしている
産業はなく冷害で柑橘が壊滅的な被害を受けるなか
あきらめと閉塞感だけが漂う...
そうだよな JRも国道も走っていない過疎の町
そんな中 JAの職員と農家の主婦が仕掛けたのが「つまもの」
まぁひとことで表現すると「はっぱ」
これを売り出すまでの奮闘記というかなんというか...
日本の農家の縮図を見せられているようで なんか胸に迫ります
藤竜也がいい! もちろん吉行和子富司純子中尾ミエもいいです
生きていくっていうのは 難しいけど素晴らしい! そう思いました
単純に「田舎暮らしもいいな」とは思わないけど
田舎にしかないものがあるのも確かなんです
関西での上映はもうないかもしれないけど チャンスがあれば是非!
「今度の休み 上勝町へ行ってみようかな...」そんな気にさせられました はい


大雨の中
大分駅前から直行バスで大銀ドームへ
想像を絶する立派なスタジアム! しかも開閉型の屋根(ドームやもんね!)
濡れずに快適に観戦出来るのには 正直 驚いた!
売店の「とり唐」美味しかった!
開始直後にゴールを決めていれば違う結果になったかもしれない
後半の半分くらいで遅すぎる先制点(いいゴールだったけど)
そこからリズムが崩れて 先週と同じく追いつかれてドロー
でも 正直 負けなくて良かった(負けてもおかしくない流れやった)
今夜 マリノスが負けたから得失点差で首位に返り咲きです

小雨のなか大分駅前へ戻る
大分出身の若いのにお店を教えてもらっていたけど
もう22時 閉まってました(土曜の夜だしね) 残念
ホテルにチェックイン シャワーですっきりして缶ビール 早々に寝ます
[PR]
by hangzhou21 | 2013-08-24 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 雨

梅雨明け以降 ちっとも降らない
炎暑が続き カラカラ
今朝 一面の曇り空 う~ ひと雨来るかな?
そんな中 四国中央から新居浜を巡る

ちょっとしゃべりすぎて疲れた
インタビュー相手
大学を中退して北海道浦河の牧場で働き
いまは ロードバイク(トレックのなかなか高いの)に乗ってる
(ホイールはカンパのかっこいいのに履き替えてる!)
途中から自転車好きの社長も話しに加わって...
そうなったら 自分でも呆れるくらいに脱線していくしかない
でも 楽しかった!

夕方遅くに事務所に戻り
薄暗くなりはじめた頃 駅前の駐車場で「のど自慢」がスタート
すると 急に窓を叩く雨音 しかもかなり激しい!
これで少しは気温が下がったかな?
いやはや 通り雨とはいえ久しぶりに降ったな

週末だからというわけでもなく
珍しく 若いのと連れ立って(まだ仕事がしたいというのを無理やり切り上げさせて)
飲みに行く 焼肉
焼肉なんて どんだけ久しぶりやねん!
そのときには 
もう地面が濡れているだけで 傘は必要なかったけどね
[PR]
by hangzhou21 | 2013-08-23 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)