<   2013年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧

■ 6月のお昼

6/1 土
高知の須崎 この街のB級グルメだという“鍋焼きラーメン”
土鍋で煮込んだ鶏がら+醤油のスープ 麺は硬め
ボクにはどうもあわへんかった
でも 「橋本食堂」凄い人気店です!

6/2 日
香川の三豊市
讃岐といえばうどんだからへそまがりのボクはそば
「まちだ」というお店で“天丼セット”まずまず
ラーメンも食べてみました
「はまんど」というお店で“讃岐麺”こちらもまずまず

6/3 月
「斗鬼」でお昼
サワラの切り身の天ぷらです

6/4 火
「あすなろ庵」で“からあげ定食”

6/5 水
「斗鬼」今日はカレイの唐揚げ甘酢あんかけでした

6/6 木
「斗鬼」サバの味噌煮

6/7 金
「あすなろ庵」で“冷麺+カツ丼・小”のセット

6/8 土
徳島の日和佐(のものごっつい山の中)「麺屋 藤」で“醤油ラーメン”
これで徳島一位?って感じの普通に美味しいラーメンでした
その後 欲張って阿南市の「弘伸丸・こうしんまる」で“さしみ”
なんか歌舞伎に出てくる家宝の名刀みたいな店名ですが ここはおすすめ!
お店は小汚いけど 圧倒的なボリューム! これで700円は値打ちアリ!

6/9 日
東かがわ市 R318沿い高速の入り口近くにある「ほそかわ」で“わかめうどん・冷”+なす天+かしわ天
久しぶりになすの天ぷら 嬉しかった!
おうどんはまずまず

6/10 月
「斗鬼」こぶりなカンパチの煮付

6/11 火
新居浜だから「ほの香」へ“かしわ天ぶっかけ”
ここは美味しいです!

6/12 水
「斗鬼」鮭の塩焼

6/13 木
「斗鬼」赤魚の煮付

6/14 金
「斗鬼」鰆の漬け焼
平日のランチはすっかり「斗鬼」になりました!

6/15 土
香川の76番金庫寺のすぐそば「長田in香の香」で“冷やし・大”
う~むと唸る!
うどんとおむすびいなりしかない
薬味はネギ生姜ゴマ
旨い!

6/16 日
昨日 信号待ちしていたらヘラの音が...
で 行ってみました「樂・がく」で“そば入り”
かなり旨い!
まずまずのおすすめです (エアコン効いてないけどね)

6/17 月
「斗鬼」鯖の味噌煮付け
大将が入院するとのこと 明日から今月いっぱいはお休みだそうです

6/18 火
イベント当日 残念ながらお昼はパス!

6/19 水
西条へ行く前に松山IC近くの「そば吉」で“日替わり”
つめたいぶっかけそば+親子丼
お腹いっぱいになるボリュームです

6/20 木
「アムール」で“アムール・ハンバーグ”
手造りでまずまず美味しいハンバーグでした
ボリュームもあるょ

6/21 金
「あすなろ庵」で“とんかつ定食・大”
ほんまにごっついとんかつでした!
ふ~ お腹いっぱい!

6/22 土
SpanishExpressの帰り道
「樂」で“そば入り”

6/23 日
「のん」はお休み
広島駅1番線のホーム「駅そば」で“赤うどん・冷+梅むすび”

6/24 月
家でパスタゆがいて食べました

6/25 火
四国中央の「菜の家」という掘っ立て小屋で“冷ぶっかけ大”
ちょっとうどんがなぁ...
今回は期待ハズレ もう一回は試してもいいけどな

6/26 水
空腹感に乏しい
「あすなろ庵」で“冷麺”にしました

6/27 木
そろそろうなぎの季節
絶滅危惧種に指定される前に食べておこう
銀天街から少し外れたところにある「うな一」で“うな重・並”
思っていたのとちびっと違った
松山で美味いうなぎに巡り会えへんなぁ

6/28 金
「あすなろ庵」で“冷麺+カツ丼・小”のセット
ここの冷麺なかなか好きです!

6/29 土
板宿の「Pop Boy」で“レバーステーキ”
たまに渇きが抑えられないように食べたくなるのよね
せっかく 神戸にいるならもう少しビタミンBを補給しとこうかと
「青葉 元町店」で“うな丼”もいただきました

6/30 日
長居の「一心」で“ざる・大”+ビール
やっぱり「一心」は美味い!
[PR]
by hangzhou21 | 2013-06-30 23:58 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ ビタミンBに続いて炭水化物補給!

昨日
板宿の「Pop Boy」でレバーステーキ 元町の「青葉」でうなぎ
ビタミンBをしっかり補給したから
今日は 長居の「一心」でうどん
ここのざる 麺もダシもボクの中でナンバーワン!

大阪駅前のバス乗り場が大きく変わってるね
グランフロントやハルカスにはまだ行ってないのに
こんなところに目が行く
横を見れば 旭屋さんの本店が入っていたビル
(そのとなりのビルも)すっかり姿を消してる
新御堂までの飲み屋街の薄汚れた街並みが見渡せるのも変な感じ
わずか三月ほど居なかっただけでこんなにも変わってしまう
やっぱり都会のスピードは凄い!


長居から伊丹へ向かう途中
偶然 てっちゃん夫妻と出会う
まぁ世の中こんなものやね


「夏を殺す少女」(アンドレアス・グルーバー 創元推理文庫 ISBN:9784488160050)
オーストリアのナイトクラブ近くの建設現場での事故死
時を同じくしてドイツの病院で入院患者が自殺
ウィーンとライプツィヒ全く関係ない場所で起こったつまらない死
ウィーンでは女性弁護士
ドイツでは半分引退したような刑事
二人が各々の事件を追い始める
やや強引かと思わないでもないけど
その強引さゆえに一気に引き込まれ 文庫版の細かいフォントを追う目が止まらない
次々と明らかになる事実の展開は巧い
あればいいのになではなく不親切だと思ったのが
関係する箇所を示す地図が添付されていないこと
(ライプツィヒってどこにあるねん!)
ヨーロッパの地理関係にかなり疎いボクには 地図があるのとないのとではずいぶん違う
もう少しひねりが欲しかったような気もするけど
一気読みさせるだけの魅力があるのも確か
ミステリーを読み慣れている方にはおすすめです


続いて手元にあるのは
先日 かなり褒めてあったので慌てて買った
「島はぼくらと」(辻村 深月 講談社 ISBN:9784062183659)
図書館で予約の順番がようやく回ってきた
「天翔る」(村山由佳 講談社 ISBN:9784062182591)
こっちはすぐに借りることができました
「いよう!」(山田宗樹 ポプラ社 ISBN:9784591133965)

まだ手元にないけど読みたいから
多分買ってしまうのが
次の三冊
「ジェリー・フィッシュ」(雛倉さりえ 新潮社 ISBN:9784103342113)
「楽園の蝶」(柳広司 講談社 ISBN:9784062183635)
「小さくても、勝てる。」(佐藤寿人 幻冬舎 ISBN:9784344024120)
買うまでもないかなっと 図書館の予約の列に並んだのが
「フロム・ミー・トゥ・ユー」(小路幸也 集英社 ISBN:9784087715101)
さぁ 頑張って読みますか
[PR]
by hangzhou21 | 2013-06-30 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 煙たい焼鳥屋

プライベートバーバーへ
朝からさっぱり アタマの大きさが半分以下になったような気がする
ふぅ
ちょいと用事があるので神戸へ
人の少なさとのんびりムードにすっかりなれてしまったのか
元町のアーケード街の人数でさえうっとうしいく思える
夕方からは梅田
いやはや 梅田はもっと人が多い!
うえぱ~で今までと同じタイプのサイコンを買う
しかしなぁ
調べてはいないけど
サイコンってこんな簡単にあかんようになるのかな?

例の煙たい焼鳥屋で若いのと
元気に頑張っているみたいで良かった
スタートが早かったので
飲みつくして食べつくして話しつくしても まだ21時半
一日ってこんなに長かったんや
お初天神では「茅の輪くぐり」をしていて
煙たい店のお母さんに“人型”を貰ってお願いしておきました
楽しい時間が過ごせてすっかりリラックスできました!

本当は
松の葉をむしったり ウバメガシを刈り込んだり
ひと月も経っているからいろいろと庭仕事がたまっているんだけど
まぁ 来週も帰るからそのときでいいか
来週も天気がいいという保障はどこにもないけどね
[PR]
by hangzhou21 | 2013-06-29 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ その時はすぐに来るのかなぁ

のぞみに乗ると 岡山→新神戸はたったの30分
いやはや スゴイ!
岡山までのマリンライナーや乗換の時間を含めても
高松から新神戸は2間足らずやねんなぁ
もっとも 新神戸から門戸は三回も乗換があって1時間近くかかるけど
まだ 一度も門戸→松山にJRを利用していないけど いっぺっんくらいは試してみようかな
特に 読みたい本がある時にね

第二退職金の説明会があるので 昼から高松へ
ずいぶん先だと思っていたけど
残り時間はもうそんなに残ってないんだな そう思う
その先に何が待っているのか解らないけど
具体的に考え始めないとアカン時期なのかもしれない
個人的には もうそんなに長生きしなくてもええかなと思うけど
その時になってみないとわからんか
案外 “その時”はすぐに来てしまうんだろうな


「《80后・90后》中国ネット世代の実態」(TokyoPanda 角川SSC新書 ISBN: 9784047289598)
正直云って 少し斜に構えて読み始めたんだけど
しごくまっとうなことが書かれてる
つまり 日本の経営者は中国を消費地として意識しているのに
その「消費地=お客さん」のことをあまりにも知らなすぎる ということ
上から目線で商品を投入しても売れるわけないよね
で 中国という巨大な消費地は何を求めているのか
どんなパターンで行動するのかをネット市場において教えてくれています
曰く 口コミ スピード フォロー この三つが三大要素
なるほどね
まぁボクは中国で商売を始めようとは思ってないけど
勉強になりました
でも 考えてみたら まずは普通話をマスターしないとね
まかなか勉強になります
いい意味でも悪い意味でも 中国に興味がある方にはおすすめできます
[PR]
by hangzhou21 | 2013-06-28 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 泥

屋外で撮影
前日まで雨模様 どうにか上がる
天気予報では“はれ”だったけど
今にも降り出しそうな“くもり” まぁ降っていないだけましか
新築の社屋
想像以上で驚いた いい会社なんだな
クライアントの担当は一言「ちょっと頑張りすぎました...」と
そりゃそうでしょう
その新社屋の全景を収めるためにはずいぶんと引かないとあかん
道路を挟んで前にある何も耕作されていない畑のあぜ道へ
昨日まで結構降ってたなぁ...と思う間もなくローファーがずぶずぶと沈んでいく
こんな日に限って革靴 最近はスニーカーの日も多いのに...
ここまで泥だらけになったのは思い出せないくらい久しぶり
まぁ 泥は拭けば落ちるからいいのにしよう!

このところようやくと
電車に乗らなくても本が読めるようになってきた
読むペースも上がってきたしね
それになんと云っても
たった1ブロック先に図書館があるのがいい!
またの名前を“公立無料貸本屋”さんとも云うのかな
おかげで 書店さんへ出掛ける頻度は激減
こっちの図書館 蔵書検索はもちろん予約もインターネットで出来るのが便利
予約した本が準備できたらメイルで知らせてくれるのも親切
ただなぁ 新刊がなかなか入らないのがね(ちびっと残念)
借りた本 あたりまえだけど返さないとアカンから 自然と頑張って読むしね

新しくは買わないけど
こうして借りてし読んでいると
つまり 結局 積読の山はちっとも減らへんねんなぁ...
[PR]
by hangzhou21 | 2013-06-27 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ アル中

「もう雨はいいです」
水不足の心配がなくなったら すぐにこう思ってしまう
傘を差して裾が濡れて じめじめと...
洗濯物もパリっと乾かない
でも
雨のおかげか 割と涼しい日が続いてるからね
それは嬉しい

松山へ来てから
ぐっと業務の守備範囲が広がった
今まで担当したこともなく いろはも知らないイベント
連日このイベントに悩まされる
「ほんま あれやこれやれってうるさいねん!」と叫んでしまいたい

いきなり“人生最大の汚点”案件が動き出す
ひょっとしたら近日中にフィニッシュできる(かもしれない?)
もう一息
これはチャンス! 頑張って終わらせよう!

雨が降ってると
銭湯へ行く気にもならない
クリーニングも行かないとあかんのにな
そう思いながら
帰り道で買った刺身のパックを開けて酒を飲む
う~ アル中やな
[PR]
by hangzhou21 | 2013-06-26 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ バド

重たいのにザックの中に入れても
どうせ読まないと思っていたけど
帰りのフェリーで頑張って読みました!

「先生、カエルが脱皮してその皮を食べています!」(小林朋道 築地書館 ISBN:9784806714002)
この先生シリーズも4冊目
マンネリになることもなく
新鮮で面白いエピソードが詰まってます
今回の話題では先生がNHKのラジオに出演する件
この放送を(多分)聴いていたのに 
先生がスタジオに持ち込んだのはイモリではなくヤマネだと思ってた
ヤギ部というよりもヤギコの知恵と体力には驚きます
こんなユニークな先生の授業なら受けてみたいと思うのはボクだけではないだろう
それも 鳥取まで出かけていくのを厭わずにね
しかし カエルが脱皮するとは知らなかった!
それを自ら食べてしまうのなら見かけなくても当たり前かもしれない
そういえば もうず~っと蛇の抜け殻も目にしてないな
この夏に久万高原の面河山岳博物館で開かれる
「ぬけがらコレクション~脱皮で変身する生き物たち~」(7/20~9/1)
行ってみたくなってきた!

「ラブオールプレー 夢をつなぐ風になれ」(小瀬木麻美 ポプラ文庫ピュアフル ISBN:9784591134641)
この「ラブオールプレー」も三作目
バドミントンが主役の青春もの
熱血ではなくどこかクール でも 確かに熱い!
一作目は水嶋亮というどこか醒めたところを持つ少年が主人公
二作目は天才遊佐賢人が主役で
この三作目は今までどこか掴みどころのなかった横川祐介を中心に据えてが描かれる
バドがこんなにも激しく熱いスポーツだとは知らなかった
書き手さんの視線が熱くでもクール そしてどこまでも優しい
嫌なヤツが出てこないのもいい
今回思うのは やっぱり五輪なんだなぁ
オリンピックで行われる種目かどうかによって
世界に道が開かれているかどうか全然違う!
そして 祐介と賢人はリオに向かってダッシュする
(あっ!ということは まだ続編があるんだ!)
「勇猛邁進」いい言葉だな
かなりのオススメ
可能であれば 三作一気読みがより楽しめると思います!


今夜はweb会議
思ったよりコンパクトで前倒しで進行して良かった
商品や企画がどんどん複雑化していくなぁ...
なんでもかんでも「昔は良かった...」なんて云う気はないけど
それでも 少し増えすぎじゃないかと思う
こさえるほうも大変だけど 売るのも大変
それどころか 買う方(クライアント)はもっと大変かな?
[PR]
by hangzhou21 | 2013-06-25 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ いよてつに乗って

昼前に松山へ戻る
シャワーを浴びてさっぱり
ここでビールを飲んでしまうともう昼寝するしかない
それでなくても このところ自分でも「アル中」かと思うほど毎日飲んでる
ここはぐっと我慢して 寝転がって読書の続き
すると ピッピっと洗濯が終わったのを知らせてくれる
そうや!
こないだSpanishExpressで通りがかった伊予市の郡中(ぐんちゅう)にある「伊予温泉」へ行こう
伊予鉄に乗って行けば 風呂上りにビールも飲める
洗濯物を干して 手早く準備完了
月曜の昼下がり 最寄の土橋駅から乗込む伊予鉄の車内はのんびりムード
バスクリンの色を半分ににしてくすませたような色合い さほど匂わない
強いて言えば 三田の温泉のような感じかな
この時間帯だもの そう広くいはない温泉だけどほぼ貸切!
湯船に漂いながら ふと 思いつく
そうや! 帰りは三津まで行って例の“三津浜焼き”を食べよう!
ということで 元気いっぱいの小学生たちとガタゴトと伊予鉄に乗り込み松山市で乗り換え
本を読んでいるうちに あっと云う間に三津駅到着(新しく改装されたみたいね)
午前中 観光港からの道すがら 目的の「日の出」の場所は目にしていた
この“三津浜焼き”ひろしまのお好みとどう違うのか?
はっきり云って その違いがあんまりよくわからない
確かに 豚ではなく牛を使う そしてそばにソースで軽く味付けしてあるところかな
“台つき”ってどんなんかと思っていたけど まぁ普通の広島と同じ
ここでアル中の血が騒いで 思わず大瓶一本飲んでしまった
(ふ~ 三津浜焼き 甘くなくて良かった! 松山はなんでもかんでも甘いからなぁ...)


昨日
広島で映画を観た
吉田修一の小説が原作の「さよなら渓谷」
この書き手さん 本当に売れっ子ですね(「路」早く読まなくっちゃ!)
この原作 既に読んだと思っていたけど どうやら未読だったみたい(積読の山の中か?)
少し陳腐な言い回しだけど いろんな 実にいろんな愛し方愛され方があるんだなぁ
ラスト「不幸になるために生きてきた」という言葉に こんな人生もあるのだと驚かされた
そういえば 暑苦しい 音楽が極端に少ないうえに 台詞もかなり抑制されている
目が表情がモノを云う なんとも映画らしいお話し
主演の真木ようこがものごっついいい!
その割を大きく喰ってしまったのが もう一方の大西信満 惜しい!(この人黙ってるほうが絶対いい!)
相変わらず存在感がでかいのが大森南朋 どんどんいい味出てます
大森の同僚役の鈴木杏 こんな子 ボクの職場にもいそう!
なんか 映画らしい映画を観た そんな気になりました
まずまずのおすすめです
このお話しの監督大森立嗣って大森南朋のお兄さんなんですね 知らなかった!
[PR]
by hangzhou21 | 2013-06-24 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(3)

■ 7と8

宇品から5番 比治山下経由の広島駅行きに乗る
途中の皆実町6丁目の電停 見たことがあるお母さんが乗り込んできた
あれ?っ「のん」のおかみさん?
途中の的場町で降りていった
だとすると 今日「のん」はお休みなのかもしれん...
猿猴橋で降りてみると やっぱり赤いのれんが出ていない
がっくし...
しまったな 声掛けて訊けばよかったかな

横川駅前の「得」
ミシュランにも載ったしね
パリッとあっさらした“そば入り”をいただいた
そのままシャトルバスでEスタまで


数年前
ビッグアーチ(今は“Eスタ”)サポーターの背中
“7”や“8”が踊ってた
これはもちろん森崎兄弟の背番号 “7”がカズで“8”がコージ
サンフレの中盤を演出するスター

今夜 改めてサポーターの背中を眺めていると
“11”の寿人が圧倒的に多いのはもちろん
サポーターの“12” “10”は洋次郎 ボクも背負ってる“6”は青山あたりが中心
“7”と“8”はほんと数えられるほどしか目にしなかった(しかも数年前のモデル)
そうか〜
淋しいけど こうして世代交代は静かに進んでいくんだなぁ...
このゲーム カズは目立った動きが出来なかったし コージはベンチ入りもしていなかった
“35”のナカジもベンチ外だったしね
集中を欠いたかに見えた瞬間に失点を重ねる
勝てない相手ではなかっただけに残念
[PR]
by hangzhou21 | 2013-06-23 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 下灘駅

GWの前半戦に走って以来のSpanishExpress
久々にカバーを外す
タイヤ圧を調整し ギアには注油して滑りを確かめる
レーパンをはくのも久しぶりやんか!
事前の調査で 北伊予にそば屋さんがあり
三津に「三津焼き」というお好みのようなものがある
その両方を結べばそこそこの距離になるんじゃないか
でも 洗濯機を回しながら ちゃんと調べてみると
往復しても20kmほどにしかならない
これではな ちょっと物足りない(ような気がする)
次の候補は
伊予市のはるか彼方にある双海町 ここにある「下灘」という無人駅
海岸に面して風情がある 特に伊予灘に沈む夕日が美しいと マニア(?)の間では有名らしい
よっしゃ そこまでガンバってみるか!
途中 三秋峠というなんてことはない峠に手こずったものの
ほぼふた月ぶりの割には脚が回った
“下灘駅→400m”という表示に導かれ 国道を離れて下灘駅へ
ふ〜休憩も含めて2時間弱
生憎の曇天は残念だけど 確かに感じイイ もちろん無人駅
下灘駅写真コンテスト」というのをやってるようです
ちっとも知らなかったけど 本当に人気のスポットのようです
(その割には人の気配は皆無やったけど...)
手頃な距離感 心地よい疲労感
それに海沿いのコースって今までなかっただけに
これから何度か走ろうかな

サイコンがちっとも云うことを聞いてくれないので
実際には幾らかは不明だけど
調べてみると 往復で概ね60kmほどのようです
風がなくて助かりました
[PR]
by hangzhou21 | 2013-06-22 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)