<   2012年 08月 ( 32 )   > この月の画像一覧

■ 八月のランチ

8/1 水
新サンケイビル地下の「四國屋」で“カツ丼”
おなか一杯になります!

8/2 木
阪神改札前の「ミンガス」で“チキンカツカレー”
一気に食べてしまいました

8/3 金
高梁の「方谷庵」で“ざる・大盛り”
一年ぶり! 美味しかった!

8/4 土
広島駅前の猿猴橋電停前にある「のん」で“そば入りダブル”
そうそうこの味!

8/5 日
パンク攻撃にあって
ごにょごにょしているうちに ビール飲んで昼寝してしまいました

8/6 月
カレーを食べようと外に出たのに
何故か 1ビルB2の「try」で“ステーキ”

8/7 火
新サンケイビル地下の「四國屋」で“カツ丼”
おなか一杯になります!

8/8 水
新梅田食堂街「maruman」で“ライトランチ”
久しぶり よ~く流行ってます
このチープな感じがええよね

8/9 木
阪神改札前の「ミンガス」で“チキンカツカレー”
夏休みのせいなのかわからないけど 混んでました

8/10 金
ど~ちかの「インディアン」で“レギュラー”
ちょっとだけ量が足りへんかな

8/11 土
文楽劇場で上方歌舞伎会昼の部
なんばの高島屋に寄って「今井」の“日替わり弁当”

8/12 日
姉夫婦がお墓詣りに来てくれました
そのまま お蕎麦をいただきました

8/13 月
100km走
デイリーヤマザキのヤキソバパンでエネルギー補給です

8/14 火
板宿というか東須磨というか鷹取というか
「うどん よつ葉」で“梅おろしうどん・冷・大”+ビール
きれいでなかなか美味しいおうどんでした

8/15 水
西宮浜の「神戸ごきげんキッチン」で“インベロカレー”
似て非なるものです

8/16 木
昼休みにホワイティまで買い物が会ったので
「ピッコロ」で“ビーフカレー”
ものごっつい久しぶりに食べたけど こんなんやったっかなぁ...

8/17 金
新サンケイビル地下の「四國屋」で“カツ丼”
なんかすっかりクセになってます

8/18 土
マクドは「世界の★★★マック」
今回の「ゴールドマサラ」は全く人気が無いようです
ボクは 結構美味しいと思うんですけど...
日本橋駅西側のマクドでいただきました(他に「ゴールド~」食べてる人いなかった...)

8/19 日
三田帰り 伊丹の「千舟屋」さん 今日はすんなり入れました!
“すだち冷かけ+鶏天+かやくごはん”のセット
とってもおいしいです

8/20 月
1ビルB2「ぶどう亭」で“バーグステーキ”
珍しくすんなり入れました

8/21 火
若いのと三人で 新サンケイビル地下の「四國屋」で“かつ丼”
いつもの味です

8/22 水
阪神改札前の「ミンガス」で“チキンカツカレー”
手早く食べられるのがいい感じです

8/23 木
若いのと南森町の「うな次郎」で“ランチ”
ここはカリッと焼き上げるどちらかというと東海圏のうなぎですね
ボリューム的には物足りないかな

8/24 金
昼イチに土佐堀に出てた
その用事を終えてからだから遅いランチ
前から行こうと思っていた「木田」で“鶏天ぶっかけ”
美味しい!
でも 時間がかかりすぎなのと おっちゃん過剰なおせっかいすぎ

8/25 土
三田帰りに「千舟屋」に行くも 一杯で入れず
結局 ランチはパス

8/26 日
疲れ果てて ランチはパス

8/27 月
出入橋近くの「吉野家」で“牛丼+たまご”
残念ながら な~んの感想もなし

8/28 火
阪神改札前の「ミンガス」で“チキンカツカレー”
前回くらいから ちょっとチキンカツが変ったような気がします(気のせい?)

8/29 水
てつくんに教えてもらった(大阪駅前第)3ビルB1の「うだま」で“天ぷらぶっかけ・大”
たしかに美味しいし きれいなうどん
でも なんかもうひとひねり欲しいな

8/30 木
久しぶり
二ビルB2「にしき」で“鶏ポン・冷・1.5”です
並ばずにすぐに入れました!

8/31 金
1ビルB2の「try」で“ステーキ”
まずまずです
[PR]
by hangzhou21 | 2012-08-31 23:58 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ タイガーズ・ワイフ

ほんの少し涼しくなってきたかな
「五郎丸~」すぐ読めたから この勢いを失わないうちに 次行きます!
「転がる空に雨は降らない」(小野寺史宜 新潮社 ISBN:9784103325413)
タイトルだけなら「転がる香港に苔は生えない」(星野博美 文春文庫 ISBN:9784167717070)を連想するけど(しないか!)
香港のお話しではありません
各紙で取上げられている サッカー選手のお話し
素直にサッカー選手のお話しなんだけど 実は人生そのもののお話しなのかもしれない
読み進めながら
「サッカーを取上げられたら困る」(原文ママじゃないけど)という表現にハっとさせられた
何かに打ち込むというのはそういうものなんだよな
近頃はそんなこと考える余裕はなくて 仕事させられてたなぁ...
「取上げられたらイヤだ」という気持ちで仕事に向き合わないとあかんなぁ
サッカー選手のお話しなんだけど
これは若い人が読んでも判らないかもしれない
せめて灰沢と同い年くらいじゃないとね
おじさんにはいいお話しです
続きのエピソードも読んでみたいと思いました
ある程度の年齢層以上の方にはおすすめです


自宅と職場との途上にあるのが「紀伊國屋書店梅田本店」さん
ここは確かに本はたくさん並んでいるけれど
とにかくお客さんが多いのとレイアウトが変わってからは本を見つけにくくなった
ボクにとっては“この本を買うと決めた本を買う”書店さんであり
何か新しい発見や出会いは期待できない
「ブックファースト梅田二階店」さん
ここには朝に寄ることがほとんどで 最新刊のチェックが主目的
出るのが決まってる「楊令伝」などはここで買うことが多かったし
日経の朝刊に出た広告に反応して買ってしまうのもここが多い

だから
たまには道を外れて書店さんに行かないとあかん
ふらりとよく立ち寄るのが職場から近い「ジュンク堂大阪本店」さん
ここは人が少ないのが嬉しい
文芸モノや翻訳モノ それにノンフィクション ここで出会ったり発見することは少なくない
ただ 既刊本や文庫新書はとても探しにくい
「ブックファースト梅田店」へも時折お邪魔してる
ブックファーストはどこも売れ筋大量面陳主義なんだけど
この梅田店は広いだけあって 既刊本もそこそこあるのが気に入っている
その他にも「紀伊國屋書店本町店」さんも知らない本を探すにはいい書店さんだと思っているけど
最近 さっぱりこの書店さんの近くには行かなくなってしまった

フラリとアバンザのジュンク堂さんへ
目に付いて心にメモしてきたのが三冊

知らなかったけど いつの間にかコニー・ウィリスの新刊出てる
恐ろしくツカがあって けっこうええ値段 しかもこれで上下の上だという
「ブラックアウト」(コニー・ウィリス ハヤカワ・SF・シリーズ ISBN:9784153350052)
う~ん どうしようかな?

表紙のイラストに妙に惹かれてしまったのが
「タイガーズ・ワイフ」(テア・オブレヒト 新潮社 ISBN:9784105900960)
タイトルもそうだけどね
どこか謎めいて 読んでみたくなる どうかなぁ面白いかなぁ?

もう一冊 こちらは一年ほど前に出た本だけど
「僕は君たちに武器を配りたい」(瀧本哲史 講談社 ISBN:9784062170666)
若い人向けに書かれたんだろうけど
ボクはこういうちびっと攻撃的なタイトルに惹かれるんです
(でも これは新古書店さんを探せばすぐに出会えるかな?)

新聞などの書評から発見するのは手っ取り早くていいけど
実際に本のタイトルや装丁を見て そして手にとって選ぶのは楽しい
でも その場でそのまま買ってしまうことはあんまりないけどね

ネットで見つけた気になる本は
「夜毎に石の橋の下で」(レオ・ペルッツ 国書刊行会 ISBN:9784336055170)
「黄金の少年、エメラルドの少女」(イーユン・リー 河出書房新社 ISBN:9784309205991)
「日本のリアル」(養老孟司 PHP新書 ISBN:9784569806983)

いやぁしかし
ほんま次から次へと本って出るもんやねぇ...
[PR]
by hangzhou21 | 2012-08-31 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ いったいどうしてしまったんだ!

「吹毛剣」(北方謙三 集英社文庫 ISBN:9784087468663)
そういえば「水滸伝」のときもこういう解説本が最後に出たな
「替天行道」(北方謙三 集英社文庫 ISBN:9784087462838)
ただでさえ膨大な数になる登場人物
「楊令伝」に突入してからは 誰かの息子や娘も多数登場して
もう何が何だかさっぱり把握できない
一度っきり名前が登場してそのまま打ち捨てられる人もいれば
実は 後日 重要人物として復活することもあって ほんま混乱の極み
(特に 金国のみなさんは難解な名前が多いしね)
そういう意味では 登場人物の解説はむさぼるように読んでしまいました

それ以外は まぁ 別にどうってことなくて
これなら 好事家の皆さんがこさえる“ファンブック”の方が面白いんじゃないかと...
まぁ そんな本です はい

「五郎丸の生涯」(三浦明博 講談社 ISBN:9784062177788)
犬が好き(ネコも好きだけど)
少し前 北上次郎がN紙で取上げられていてすぐに買った本
カバーをかけて数週間カバンの中に入りっぱなしになっていたのがようやく順番が回ってきました
淡々としたこの書き手さんの語り口調がいい すぐにお話しの中へ引き込まれていきます
ペットを飼う 動物と暮らすというのはどういうことなのか そんなことを考えさせられますね
時系列には並んでいない 幾つかの短編が織り成す連作
それぞれのお話の中で 決してモノを言わない秋田県の「五郎丸」が人を癒してくれます
でも 癒された人たちは結果として五郎丸を裏切ってしまう
五郎丸は決して何も言わないんだなぁ...
ラスト 少し救われる気もするけど
それは 身勝手な人間(=ボク)が身勝手にそう思っただけなのかもしれません
ちょっと心に染み入るお話しです


先日
京阪の車内で盗撮をしたという若い裁判官が逮捕されたとニュースで知りびっくりしてたら
こんどは
大企業の元社長が同じ容疑で逮捕されたというニュース
まったくどうなってるのか?
痴漢や盗撮といった類のニュースを目や耳にしない日のほうが珍しい
その犯人が公務員や教員や警察官だったりする もういい加減にして欲しい!
やっていいことといけないことの分別がつかないのだろうか?
そういう職業や社会的地位に付いている(付いていた)人がそうなんだから
この世の中 どこかが間違っている おかしくなっている!
いいか悪いかではなく 現実とヴァーチャルの境界線がおかしくなっているのか
それとも 心を制御できないのか...
何年か前に マスコミにちやほやされてた早大の教授が同じように逮捕されたことがあった
実は もうそのときから日本はおかしくなっていたのかもしれない
このままでは 何が起こるのかわからない
危なっかしくて おちおち街も歩けなくなる
「やってはいけないと判っていながらしてしまう」
それって まるでお騒がせなふたつの隣国と一緒じゃないか...


今夜は ヤングなでしこ快勝! で良かったです!
[PR]
by hangzhou21 | 2012-08-30 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 「楊令伝」終わる

とうとう“楊令伝”終了
あゝ終わってしまった...
予想もしなかった喪失感
やっぱり 幻王=楊令は凄い
この15巻目に“楊令伝”は凝縮されていたんだなぁ...
戦の向こう側に何があるのか
そんなことを考える必要があるのか ないのか...
軍人 政治家 経済人 思想家...
いろんな英雄がいて 国が出来 国が栄え そして滅んで行くのか...
もう 読むのはやめようと思っていた続編「岳飛伝」
何年先かわからないけど また 読んでしまうんだろうなぁ...
「楊令伝 15 天穹の章」(北方謙三 集英社文庫 ISBN:9784087468656)


大阪にはほとんど影響はなかったようだけど 台風がふたつ
この台風が去ったあとに 大陸からの乾いた高気圧に覆われるんでしょうか
(そんなワケないか...)

染五郎が国立劇場で事故して九月の新橋演舞場は休演
ケガの具合が軽ければいいんだけど ちょっと心配 大丈夫かな
染五郎の代役をどうするのか
ボクなりに期待も含めていろいろ考えていた
(代役によっては チケットの売れ行きも変るかも?)
意外と地味というか これは“代役”でもなんでもないな
松王丸は吉右衛門さんが演じるという
なんだか もったいないような気がする
若手や中堅どころの抜擢があっても良かったような気がするなぁ...

サッカーマガジン
ようやくサンフレ特集を組んでくれてる(寿人と高萩のインタビュー記事)
やっぱり 勝って強くないと特集は組んでくれない
後半のTV中継の予定を見ていると
前半はほとんど無かったNHK-BSの中継がすごく増えてる!
(これやったら わざわざ現地へ行って応援しなくてもええくらい!)
これも 首位に立っているおかげなんでしょう きっと
このまま終盤まで突っ走ってほしいな
[PR]
by hangzhou21 | 2012-08-29 21:45 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ もうすぐ長かった夏もおしまい

なっちゃんが韓国へ行くので ムリヤリおみやげをお願いしていた
いつものようにタバコの「THIS」とその他
それをこないだの土曜に受取りました(ありがとうございます!)
そろそろなぁ
身体中からアジアがキレてきた どこかへ行きたい!
でもなぁ
最近はいろいろあって そんなに心も盛り上がらない
エアのチケットもずいぶん安くなってるのかな
ちびっと検討してみようか
まぁ
考えてみたら 来年の春先 サンフレのACLのアウェイゲーム観戦がある
だから 中国と韓国へは行くのかな?(ちゃんと積立しておこう!)


先日の日曜の晩 この夏で一番寝苦しかった(ような気がする)
どうだろう?
ほんの気持ちだけ朝晩涼しくなってきたんとちゃうかな(気のせいかな)
汗びっしょりで目覚めることもないし
寝る前に本を開こうかという気のもなる
そうか~ もう少しで熱帯夜からも解放されるのかな
この週末には9月 ようやく長かった夏もおしまいなんでしょうか?


週が明けて9月になると
ピーク時に手伝ってくれる 派遣スタッフさんが職場にやってくる
5名予定しているうち
紆余曲折ありながらも2名は決まったんだけど
後が続かない
特殊なスキルや能力は別に必要ないんだけど
期間も短いし景気も上向いているからなのか 人が集まらないそうです
う~ 知らんかった!
大丈夫なんかなぁ...
[PR]
by hangzhou21 | 2012-08-28 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ この週末は

昨日の左手首の“突き腕”
痛さなどの症状は前回の1/3ほどかな 痛いのは痛いけどまるで質が違う
たぶん ヒビが入るには至っていない模様 良かった!
でも しばらくは自重して様子見しよう
ということで
左手首にはドカンっと大きな湿布貼ってます


月曜は各紙の書評がネットにも揃うので それをチェックするのが楽しみ
朝日と毎日は日曜に実際の紙面を読むし 日経は月曜に職場で確認できるから
実際は 産経と読売だけなんだけどね
今週は産経で紹介されているお話しが面白そう
「こんな日もあるさ」(上原隆 文藝春秋 ISBN:9784163754505)
「満鉄特急「あじあ」の誕生」(天野博之 原書房 ISBN:9784562048472)
「スパイにされた日本人」(エドナ・エグチ・リード 悠書館 ISBN:9784903487588)
調べてみると「こんな日もあるさ」にはこんな記事もありました
まぁ 例によって読めるかどうかは別なんですけどね
寒い晩は幾ら寒くても本は読めるけど
風がない蒸し暑い晩 読む気も起こりません はい


九月
松竹座で勘九郎の襲名披露公演
お父さんは休演だけど玉三郎さんが出るね
巡業は右近さんを座頭とした澤瀉屋チームで神戸
それ以外にも 秋は 出石の永楽館 鳴門のシスティーナとっても楽しみにしてる
でも
この秋のシスティーナは平日のみの開催 しかもその時期は一年で最も忙しく休めそうもない
がっくし 今年は徳島へ行かれへんな...
永楽館とシスティーナは本公演とも巡業とも趣向が全く違うからなぁ...
秋の巡業で内子座が入ってないかと調べたけど こちらもナシ
まぁ 永楽館を楽しみにすることにします


この週末
土曜は
松竹座初日の昼の部を観て
西京極へ移動してビール片手にフットボール観戦
日曜は
早起きして 扇ノ山へ“小さい秋”を見つける山行をしよう(ヒルクライムはまたそのうち!)
その後 登山口の湧き水で行水して
麓のそば屋で昼食 その後 鳥取市内でお酒を買って帰ろうか
こんな計画
サンフレはアウェイでジュビロ戦
小倉は二歳ステークスやけどなぁ...


忘れてたけど
ちびっと気になっているお話し (けっこう 各紙で取上げられてます!)
「転がる空に雨は降らない」(小野寺史宜 新潮社 ISBN:9784103325413)
(こうやって書いておかないと忘れてしまいそうだ!)
次 これ行きます(まだ買ってないけど!)
[PR]
by hangzhou21 | 2012-08-27 21:34 | けんちゃな日記 | Comments(4)

■ 2,226

起きたら二日酔!
新聞で確認したら サンフレ負けてる(ボクが行かなくても 負けるときには負けるのか...)
がっくし
でも ギリギリまだ首位をキープ
決して悲観する必要はなく ここからリスタートです!

久しぶりに仁川へ行くか 酔い覚ましにSpanishExpressに乗るか
一瞬迷ったけど
ボトルに冷たい水を詰めて 当然 SpanishiExpress
着替える前にタイヤチェックしたら 大丈夫 ほっとする
昨日で要領を掴んだので 今日はタイム大幅短縮が見込める(はず)
びゅ~っと平地は飛ばして えっちらおっちら坂に挑む
ただただ踏んで引くことに没頭していたら
何の前触れも無く「おつかれさま~!」と声が掛かって
アイスブルーのトレックに抜かれる
予想だにせず あまりに急なことだったので 飛び上がるほどびっくりした!
いやはや 自分ではそこそこのスピードだと思ってたのに ボクはスピードないです...

ここからが最大斜度の難所
フロントをインナーへギアチェンジしたら なんとそのままチェーンが外れた
こんなんはじめて!
スピードを失い ペダルから足を離せないまま がちゃんと落車
ふ~ 立ち上がってがっくし
SpanishExpressも身体も故障してないみたいだし 気を取り直して再びまたがる
タイムは諦めるしかないな
結局 1時間8分15秒 ラストはヘロヘロ...

手をついたつもりはなかったんだけど 無意識に突いたのかな 左手首がかなり痛い
また 骨やったんかなぁ?
後川奥から後川ドライブインで折り返し
小柿から見比峠の坂を嫌って 木器(こうづき)を経由してパーキングまで 46kmちょっとでした
サイコンの通算距離は2,226km
次の週末はもう9月だし 2,600kmへはずいぶん足りないまま夏が終わってしまった
チューブのアクシデントもあったし なかなか駆けられないもんやなぁ
手首のこともあるし 数週は大人しくしておきます
(もっとも 歌舞伎やフットボールがあるからやけど...)
秋には もう一度しまなみ往復 それに 扇ノ山ヒルクライム チャレンジしよう!
[PR]
by hangzhou21 | 2012-08-26 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ ダムカード

こんなにクソ暑いのに駆けてる人なんかいるんかいな?
さすが土曜日ちゃんといるんやなぁ!
ヴィットリアの新しいチューブはばっちり(でも途中何回も確認したけど)!
いつものパーキングをスタートして永沢寺まで
タイムは1時間3分05秒
前回より2分ほど詰めた計算だけど
これは脚が付いたのでは全くなく タイムを意識して流してたところをきっちり駆けただけ
1時間を切るには バスの終点で25分 母子茶の工場前の橋で45分をそれぞれ切っておかないと苦しい
まぁ 今日はそれがわかっただけでいいことにします

帰りは後川奥から後川ドライブインで休憩して折り返し
小柿から久しぶりに見比峠 49kmちょっと
この一週間で稲穂がすっかり色づいて 赤とんぼも群れで飛んでます
まだまだ暑いけど 確実に季節は進んでいるんやなぁ...
青野ダムの記念館で「ダムカード」もらいました


佐野(仮名)がこっちに帰って来るということなので
森の音さんとなっちゃんに声を掛けて 急遽 西宮北口で集まる
居酒屋の予定が目に入ったワインバーになった
みんな元気そうでなにより
そんなつもりはなかったんやけど
あ~ぁ ちびっと飲みすぎ
いろんなこと話したかったのに なんか騒いだだけでおわっちゃった
また 年末にでも集まりましょう!
[PR]
by hangzhou21 | 2012-08-25 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 銭湯で疲れを癒す

昨日 午後から茨木
JRの車内から見上げた暗雲「あぶないな」と思ったら
駅から外に出たとたんに大粒の雨
今日 昼前に阿波座(というか土佐堀)
千日前線の中国領事館の方の階段を上がると 降ってる
連日 どうもついてへんなぁ でもこないだのようなゲリラ雷雨じゃなくて助かった
まぁ こうも暑いんだから 夕立で「打水効果」も悪くないか
最悪なのが 中途半端に降って蒸し暑くなるだけちゅうやつ

自分で担当していたクライアントを全部手放してる
ずいぶんとお世話になったし ムリも云った
これらのクライアント 有形無形の情報や知識 全部引き継ぐことは出来ない
ちょっともったいないなとも思うけど まぁ仕方ない
こうやって若いのに引き継いでどんどん活躍してもらわないとね
継続している案件の残りは一件だけ
これが強敵 膠着状態 いったい 何時終わるんだろう?

お盆の休み明けでリズムがあわない
エクセルとの格闘なんかもあったし 今日は今日で新規案件の提案もあった
なんか長い一週間
職場を出るのは少し遅くなったけど 園田で途中下車
意外なことに 脱衣場には人がたくさんいたのに 浴場は貸し切り
ふ~ のんびり!
こんどの新しい石鹸はヒノキの香り いい感じ!

園田で一回だけ寄った「札幌ラーメン 毬藻」
いつの間にか別のお店になってると思ったら
貼り紙に「ビルの水道工事のため一ヶ月休業します」と
う~ 何があったのかな?
[PR]
by hangzhou21 | 2012-08-24 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 泥沼

見て見ぬ振りををして 伸ばしに伸ばしていたエクセルとの格闘
もう 締め切りだから 仕方ない
一年に一回しかしないから すっかり忘れてる!
外出しての打合せも二件入っているしなぁ...
まぁ しゃあない
結局 今年も付け焼刃でなんとか済ませる
ふ~ 来年はもう少し早くからちゃんと準備しよう(と毎年思うけど...)

言葉にしても仕方ないとはわかってはいるけど 暑い!
もう 勘弁して欲しい~!
甲子園もとうとうおしまい(大阪桐蔭おめでとうございます!)
こうなると 気分はもう「夏は終わった」のはずなんだけどなぁ
天気予報を見ると 最高気温は連日35度だし 熱帯夜やん
おまけに もう9月やろうと思っていたのに
一週先もまだ8月だったのにはがっくりしてしまった
赤とんぼはもう飛んでるし「処暑」も過ぎた
ほんま そろそろ ちびっとくらい秋の気配があって良さそうなのに...

なんと云っても話題は日韓関係
ギクシャクどころか「泥沼状態」
お互いに子どものケンカみたい
でも こればっかりは お互いに引けないし これと云った打開策もなさそう
ボクは煽ることもなくただ静観しとくしかないな~
ただ
韓国 大陸はもちろんのこと 香港ですら しばらく行く気は失せました
個々としてはいいんだけど
集団になって こうもナショナリズムを剥き出しにされると げんなりします

ところで
ずいぶんチェックが遅くなってしまったけど「どうなってるかなぁ?」と
関西学生アメリカンフットボール連盟のweb-siteをのぞいてみると
当然 秋季のスケジュールが載ってました
ギャングは9/1に半夜(?)で シーホークスと開幕戦
そうやなぁ 開幕の頃は半袖に半ズボン ビール片手
シーズンも深まると しっかり着込んでそのうえに毛布にくるまってるんやった
今季はどうかなぁ
何試合かはスタジアムで応援できそうかなぁ...
サンフレ観戦とは全く違う心情やねんな 不思議なことに
[PR]
by hangzhou21 | 2012-08-23 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)