<   2011年 11月 ( 31 )   > この月の画像一覧

■ 11月のランチ

c0067706_21341386.jpg


11/1 火
阪神地下の「プリモピアット」で“クリームソースのパスタ”
久しぶりやなぁ~!
「ソタレ」やったときは あんなに行ってたのに...

11/2 水
栃木へ出張
野木駅で途中下車して「美家古・みやこ」で“蕎麦・中”と“ミニマグロ丼セット”
味は普通だけど
次から次へと人が入って来て よ~く流行ってました!

11/3 木祝
ハイキング倶楽部の例会はピクセンで飯ごう炊さん
カレーです
野外で食べると美味しいね

11/4 金
2ビルB2の「にしき」で“鶏ポン・冷・1.5”
おなか一杯になってしまった!

11/5 土
出石の永楽館で歌舞伎
「よしむら」で出石蕎麦です
13世仁左衛門さんの色紙もありました

11/6 日
長居の「一心」で“ざる・特大”+ビール
うんうんこの味!

11/7 月
クライアントの社員食堂で“サーモントマトソースのパスタ”
いいなぁ こんな社食があるのは!

11/8 火
クライアントの社員食堂で“和風きのこパスタ”
綺麗で美味しくて楽しそうです!

11/9 水
中百舌鳥へ行く前に
長居の「一心」で“ざる・特大”
仕事中なのでビールは抜きです

11/10 木
ド~チカの「TSUBOYA」で“塩セット”
不覚にもお腹が一杯になってしまった!

11/11 金
北巽の「花丸軒」で“しあわせラーメン ”おむすび二個サービス付き
美味しかったけど 可もなく不可もなく...

11/12 土
長居の「一心」で“ざる・特大”
朝が遅かったので 今日の特大はこたえました...
お腹が破裂しそう...

11/13 日
徳島へ行ってました
「支那そば三八田宮店」で「ラーメン肉入り小盛」あっさりしてました!
行列とまではいかなかったけど
ごっつい流行っていてびっくりしました!

11/14 月
桜橋西北角のB2「ときわ」で“お昼ご飯”
やっぱりこのお店かわっちゃいました
要領は悪いけど 味はまずまず

11/15 火
ドーチカからそのまま行けるエルセラーンホテルの地下
「骨付き阿波尾鶏 一鴻 大阪堂島店」へ若いのに連れていってもらう
“骨付阿波尾鶏(ハーフ)定食”
しっかり美味しかったです
今度は夜に行きたいな!

11/16 水
本町センタービルの堺筋よりまだ東側
しゅうまいの「一芳亭」で“豚天定食”
まぁ たま~に食べたくなるね

11/17 木
このところ続けて谷四に出没しているから
いっぺんくらいは行かないとね
「stereo」で“本日のランチ(チーズ入ミンチカツ)”
やっぱり美味しいし ちゃんと流行ってます!

11/18 金
阪神改札前の「ミンガス」で“チキンカツカレー”
ここはボリュームあるね

11/19 土
阪神地下の「プリモピアット」で“クリームソースのパスタ”
財布を忘れて一文無し
ここならピタパで払えるからね

11/20 日
家でインスタントのやきそばをこさえました

11/21 月
久しぶりに泉北高速に乗る
ナンバで降りて高架下の「たちばな」で“二段重”です
店内が改装されて小奇麗になってますね

11/22 火
昼前に谷四で用事が終わる
若いのを連れて谷六の手前にある「一味禅」で“海鮮丼”
美味しいしお腹が一杯になりますね

11/23 水祝
休日出勤
マクドで“KBQバーガー”と“フィレオフィッシュ”

11/24 木
奈良へ移動する前にナンバの「大谷製麺所」
ここの名物“トマ天ぶっかけ”です
おうどんは久しぶりやなぁ

11/25 金
時間がないので焦っていた
阪神改札ヨコの「ミンガス」で“チキンカツカレー”
大急ぎでかきこみました

11/26 土
松屋浅草店の地下に「草津亭」のお弁当“隅田川”にしました
以前に較べてずいぶんとグレードダウンしたような...

11/27 日
休日出勤
久しぶりに「ほか弁」で“唐スペ”にしました

11/28 月
久しぶりに 新サンケイビル地下の「四國屋」“カツ丼セット”
いやはや お腹一杯です!

11/29 火
阪神地下の「ベンガル」で“カツカレー”
どう考えても軍配は「ミンガス」に上がるな

11/30 水
野洲からカメラの方のクルマで枚方へ移動
「来々亭」でラーメンと焼き飯のセット
期待の割には印象に残らない味やった...
[PR]
by hangzhou21 | 2011-11-30 23:58 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ オープン前夜

c0067706_21311210.jpg


この前締切があった大型企画が明日の0:30にオープン
以前だと印刷だから入稿してしまえばそれでおしまいだったけど
webの時代になると どんどん更新できるから便利なんだけど
ある意味“キリがない”のも事実なんですね
だから 締切の日に入稿したものにどんどん修正が入る
手離れが悪くて困ったもんだ
そんな原稿を抱えてのオープン前夜

朝から
野洲で取材 昼からは枚方なので
カメラの方にお願いして スルーで取材 クルマに載せてもらう
そうこうしえいるうちに
昨夜から上手く行っていなかったweb案件の件でクライアントからどんどん電話が入る
そういえば 昨年も上手く行かなかったんやなぁ...
三つほど試してもらって ようやく解決! やったー!
それで一息ついたところに 明日の名古屋取材のキャンセルが決まった
良かった オープン当日だけに 正直行きたくはなかった 助かりました
とんとんといい知らせでホッとしました


書けなくてたまっていたけど
なんだかんだと言いながら 本も読んでます

「楊令伝 6 徂征の章」(北方謙三 集英社文庫 ISBN:9784087467598)
う~む
みんな少しずつ角が取れて“いい人”になっていくような...
でも 扈三娘の壮絶な聞煥章との“勝負”は凄い!
それにしても青蓮寺がこのまま空中分解してしまうのではないかと はらはら...
たぶん 来月からは官軍との闘いの火蓋が切って落とされるのでしょう
着々と準備が進んでいきます
わくわくしてきます

「あした、次の駅で。」(高山文彦 ポプラ文庫 ISBN:9784591122778)
全く違う本を探していて ふと 棚に刺さっていたこの本に目が行く(こんな出会いもいい)
さくっとあらすじ紹介を読むと 「オデオン座」という昔観た映画みたいなお話しなんや...
ふとね そんな郷愁に駆られて買ってしまった
実際読んでみると 悪くはないのだけど ボクが想像していたお話しとはちびっと違ったな
残念というよりも もう少し読者を限定したもので良かったんとちゃうかなと 思う
子供を対称にするなら 百合子とのエピソードはもっと淡いものでも良かったと思うな
そんなこんなで ちょっと中途半端でもったいない
しかし 鉄道とは単に人やものを運んでいるだけではない ぎっしりと詰まっている
それを 止む終えない諸事情もあるのだろうけれど 簡単(?)に廃止してしまうのは
単に鉄路が消えるだけではないんだなぁ...

「柿のへた」(梶よう子 集英社 ISBN:9784087714203)
何かの書評で見かけて 読んでみたいと思っていたところ
タイムリーに新古書店さんで出会った
さほど新鮮さはないのだけど 上手いんでしょうね にやりとしながらずんずん読み進む
そういえば もう何年も前に 後楽園の場外の西側にある“小石川後楽園”を歩いたことがある
(でも 今回の舞台は白山と茗荷谷のあいだにある“東京大学付属植物園”の方なんだろうな きっと)
そんなことを思い出しながら
まぁ 水草さんと千歳の行方も気になるし 続編も期待したいところです

「転迷―隠蔽捜査4」今野敏 新潮社 ISBN:9784103002550)
「3」も「3.5」もずいぶん探して手に入れたのに 今回の「4」はさくっと見つかったし
その後 いろんな棚にささってる
大森署の竜崎に今回はどんな事件が... なんだけど 案外 すぐに底は割れてしまう
「柿のへた」よりもスルスル読めてしまうなぁ(まぁ2時間もあれば読めてしまいます)
次回への布石が多く
竜崎もきっとどこかへ転任してまた腕を振るうんでしょうね きっと

「舟を編む」(三浦しをん 光文社 ISBN:9784334927769)
読みたいなと思っていたところ
このところよく行く西宮北口のブックオフにひっそりとささってた(ラッキー!)
この書き手さんには毎回驚かされ楽しましてもらえる
今回は辞書の編纂という地味で奥深い世界
ボクは普通の人よりも辞書は好きだと思うけど それでも想像を絶する世界があるんだな
辞書を取巻く三人の若者(?)の視線をリレーしながらの語り口は
う~上手い!
「新解さん」の新版が出たことだし 買おうかな!
まずまずのおすすめです はい

「完盗オンサイト」(玖村まゆみ 講談社 ISBN:9784062171328)
「よろずのことに気をつけよ」(川瀬七緒 講談社 ISBN:9784062171434)と同時に乱歩賞を受賞したお話しです
出だしが「?」が点滅しまくりだったんだけど
ボクはグイグイ引かれて楽しく面白く読み終えた
いろいろどうかな~と思う点もあるけど 出てくる人たちが上手く書き分けられていて
奇想天外(でもないか)な設定も光ってます
次のお話はもう少し洗練されているはずなので 楽しみにマークしておくことにします!
[PR]
by hangzhou21 | 2011-11-30 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 35年

c0067706_21292693.jpg


どうも腰と膝の具合が良くない
ときおり 左半身の腰から太腿の裏がピリピリと刺激痛が走る
出張で同じ姿勢で閉じ込められているとこうなるねんな
膝も左側で こちらはバイクに長く乗っていると痛くなる
ふ~む
歳を喰ったっちゅうこと
これは織部さんへ行くしかないか...
週末には大型イベントも控えていることだし 忙しいんだけど仕方ない

昨日の月曜
定時に上がりダッシュで向かう
汗をかきながらギリギリセーフ
「いがんでるやんか なんですぐ来うへんねん」とお小言をいただく
うつぶせになってまず電気治療
これが10数分かかるんだけど その間にいろいろ思い出す
織部さんへ初めて来たのは高校1年生のことやった
アタマの中で数えてみると なんとまぁ35年も前 そうか そんなになるのか...
場所は今より少し西側のアパートの1階だった
その時の流れに 改めて愕然とする
ズレた骨を入れなおしてもらい すっきり(もっとも本当にすっきりするのは翌朝以降)
膝も一言「ズレてるな 半月版が弱ってる」施術してもらい楽になった
「階段のくだりと急な動きは注意せなアカンで」

35年前のボクは毎日何を考えていたんだろう さっぱり思い出せない
今では考えられないほど一日が長くて
有り余る時間を持て余していたはずなのに...
(まぁ それが青春なんやなぁ...)
今は泣きたいほど忙しい時を過ごしているんだけど
もう少ししたら 有り余る時間を持てるようになる
そのときが来たら ゆっくりと35年前のことを思い出してみることにしよう
[PR]
by hangzhou21 | 2011-11-29 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 少し速く走れる

c0067706_21273814.jpg


日曜 朝はバイクに乗る(早く名前を付けなくっちゃ!)
どんどん明るくなるのが遅くなるね
サイコン スポークに付けてる磁石(?)の角度 少しいぢると反応しだした(良かった!)
仁川の合流点から入って 海まで(洲崎駅あたりなのかな?)流して
そこから 新宝塚大橋まで一息に駆ける このタイムを測ろう
(距離は11キロちょっとで30分20秒だったから こりゃ かなり遅い!)
でも ようやく 走り方がほんの少し分ったような気がした
今まではなるべく重いギアで頑張って脚を使うことがトレーニングになると思って
基本的には最も重いギアを選んでいた
それは トレーニングにはいいかもしれないけど 速くは駆けられないのではないか?
そうではなく
自分のベストの回転数をギアを使ってキープすることが 速く走るコツ?
重いギアで回転数が落ちてしまえば しんどいだけでスピードは落ちてしまい 意味が無い
そう思って そうしんどくもなくスムーズに脚が回るよう こまめにギアを調節する
ふむふむ なかなかエエ感じ!
そうか~ だから水曜日には何台にも抜かれてしまったのか!
やっと訳がわかった(遅いで!)
(だから ケイデンスという概念があるねんな これも分るんが遅いよ!)
なにごとも アタマを使わないとアカン
ただ 今日も一生懸命漕ぎすぎて 深い疲労感...

日曜は自転車に乗っただけではなく
昼前には職場に出て
根を詰めて仕事をモクモクと...
帰り道には 休日のお約束 園田で銭湯でした

それにしても
いつまで経っても仕事が終らない
経験から“終らない仕事はない”とはわかっているけど
ほんと 減らないどころか 増えてさえいるような気がする
ほんま どうにかならんか...
[PR]
by hangzhou21 | 2011-11-28 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ いろいろあった週末

c0067706_20394784.jpg


Jは1も2もいよいよ大詰めを迎えてる
その前に
ボクは見落としていたのだけど
サンフレは服部 盛田 高柳 ムジリ トミッチ この5選手の契約満了を発表している
そういえば 一昨年もホーム最終戦を前にして ハンジェの契約満了を発表してたな
(あの時は それを知らなくて スタジアムの異様な盛り上がりに違和感を覚えたんだっけ)
今回もそうなった 併せて ペトロビッチ監督のホーム最終戦
勝つとわかっているなら 羽田から広島へ飛んでも良かったかも
いつか来るとは知りながら コウタもとうとう...
ペトロビッチ監督はガンバとかその他のクラブからもちらほら名前が挙がってるし
サンフレは 森保で決まりみたいだ
契約満了の選手はいずれもそんなに高くない選手たちだけど
倍以上の人数の新人が入団可能な金額になるのかな?
それにしても 早く 今のレギュラー陣を脅かす若い人が出てこないと
サンフレはどんどん老齢化が進んでいく...

J1は レイソル グランパス ガンバが優勝の可能性を残して最終節
降格は レッズ ヴァンフォーレに可能性があるものの なんとかレッズは逃げ切ったか
J2からの昇格争いは FC東京に続いて なんとサガンがほぼ確定
(九州新幹線に乗って応援へ行こうかな!)
残る一つの椅子を コンサドーレとヴォルディスが得失点差で最終節
徳島なら一足で行けるから ボクとしては 四国初のJ1クラブの誕生をヴォルディスに期待したいけど...

とうとう
最終節を迎えてもスタジアムへ行けなかったのが カレッジのフットボール
パンサーズとの全勝対決を 予想外の大差でファイターズが快勝して優勝
(長居はお客さん入っていたのかなぁ?)
関東は久しぶりにフェニックス だから 多分甲子園はこの組合せだね
ギャングは 前半戦のうちにローバーズに破れ シーホークスに分け
その頼りなさに 入替戦も覚悟していたのに なんと カイサーズに勝ってる
ほんと 後半の3ゲーム まるで別のチームになったみたい これで来年は期待できる?
入替戦は ローバーズとレッドギャング
二部からはデビルズと なんと大教大(チーム名は何かな?)!
この入替戦は興味深いです はい
最終戦を終え 長らくギャングを率いてきた水野監督の勇退を公表している
う~ ギャングといえば水野監督で サイドラインにその姿を探していたのに...
寂しくなります まぁ これも時の流れなんでしょうか...

寂しいといえば
阪急ブレーブスの元監督西本幸雄さんが鬼籍に入られている
何を隠そう ボクは“ブレーブス子供の会”の会員だった
今は無き西宮球場へも何度も行った
バッファローズの監督を辞められてから 一度阪急の車内でお見かけしたことがあったなぁ
多くの選手や指導者を育てたその手腕 もっともっと発揮して欲しかった
しかし
これも時の流れなのでしょう...


ところで
大阪では 府知事と市長のダブル選
ボクにとっては残念な結果となった
大阪市民の皆さんは 本当に考えて投票したのだろうか?
結果を受けて考えられるのは二つ
まずは 既成政党の存在意義
この流れが続けば 今まである政党は意味を失い瓦解しかねない
もう一つ
これは良く考えないといけないと思うけど
“リーダーシップがある”というのと“意見の異なる者を排除する”のは違うということだ
府知事時代の橋下流の物事の進め方 それはファッショであり独裁でもあるとボクは見てきた
すなわち かなり危険だ
大阪がどんな姿に変わっていくのか心配だ
いや
ボクは兵庫県民なのだから
ここは“お手並み拝見”というところなんです
[PR]
by hangzhou21 | 2011-11-27 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(4)

■ 長命寺

c0067706_73225.jpg


昨夜はホテルに入って
シャワーを浴びて 持参したパソコンを開くこともなく そのまますぐに寝てしまう
気温は低かったけど エアコンは入れず ずずずいとベッドにもぐりこんだ
おかげで 毛布にくるまって爽やかに朝を迎える
いつものDホテルだから 朝食は“ゆで太郎”で納豆定食 その後コーヒー

この出張は急に決まったので
もう歌舞伎はムリかなと思いながら 出張が決まった日に調べてみると
浅草の中村座も国立劇場も この日は楽日
中村座は空席なしだし 国立劇場は高い席しか残ってない
「曽根崎心中」は観たことが無いはずだから 国立劇場にしようかと思いながらそのままになっていた
飛行機とホテルに予約を入れたときに
歌舞伎も一緒に...と思ってもう一度調べてみると 中村座に一席だけ空きが出てた
少々高いけど こうなったら 楽しい中村座にするしかない!
そういえば もう お正月の浅草公会堂のチケットももう発売されてるなぁ

昼の部は
・「双蝶々曲輪日記~相撲場」
・「お祭り」
・「義経千本桜~渡海屋・大物浦」
どれも馴染みの外題です
橋之助の濡髪長五郎は貫禄たっぷり
勘太郎の放駒長吉は軽くて迫力不足かな
でも 若旦那の与五郎役は似合ってた ムリして二役する必要があったのかな?
お茶屋の主人松之助は存在感あった
「お祭り」の勘三郎は 余裕があって楽しめた
昼の部は せっかく仁左衛門が出てるのに勘三郎との絡みがないのが寂しい
仁左衛門の知盛ははじめて観るけど なかなかいい(ずいぶん撃沈してしまったけど)
いや 仁左衛門に“なかなかいい”なんて表現は失礼か...
敷地の関係かもしれないけど
名古屋や大阪に較べて今回の浅草中村座ちと小さいかな?
みやげ物売場も小さくて めぼしいものも売ってなくて少し残念
(それでも 手拭を買ってしまったけど...)
全体的に見て 今回の中村座は平凡だったと思います

浅草とは隅田川を挟んだ向島
ほんの少ししか歩けなかったけど スカイツリー人気で注目のスポット
今度は ゆっくり散策してみたい
長命寺の“桜毛ち”とにかく桜の葉の薫りがいいですね
[PR]
by hangzhou21 | 2011-11-26 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ delay

c0067706_6574118.jpg


空港に着くと
ボクの乗る便が「delay」
機材の到着遅れで20分遅れるという表示
結局 羽田到着は40分も遅くなった
これではどう頑張っても 間違いなく取材開始時間に遅刻
クライアントとカメラなど関係者に電話を入れる(すんません!)
こんな時に限って 脚が速い電車は来ないし接続の巡り合せも最悪!
日頃 若いのに「遅刻は絶対アカン!」って口を酸っぱくして云ってるのに...
やっぱり新幹線にしたら良かった 選択ミスやな...
言い訳できません (がっくし...)

遅刻はしてしまったものの
取材そのものは順調
お話しそのものがとっても良く 今回のコンテンツで使うにはもったいないくらい
写真栄えする対象者で その点でも良かった!

取材を終えたのが21時前
そのまま カメラのか~くん(仮名)とライターの辻さん(仮名)と飯田橋の駅前の飲み屋へ直行
本当はすぐにホテルへ入って仕事をするつもりだったけど そんな気力残ってなかった!
25日(給料日)の金曜日 そのせいなのかはわからないけど
普通の飲み屋(実際に“大衆居酒屋”とのれんに書いてある)だったけど 超満員!
二人は東京のカメラとライターさんだけど 大阪の仕事もよく受けてくれていて
うちの若いののお話しをいろいろと聞いたり 最近の話題で結構盛り上がる
「明日(中村座を観に)浅草へ行くなら“長命寺のさくら餅”を買わなくっちゃ!」っと教えてもらう
11時過ぎまで楽しくおしゃべりして 解散
う~ 外で飲むのは久しぶりやったなぁ...
おかげで 遅刻ショックも忘れてしまうほどリフレッシュできました はい
(ありがとうございました!)
[PR]
by hangzhou21 | 2011-11-25 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 試写版

c0067706_94502.jpg


当たり前だけど
一日の祝日を頑張ったくらいで
切羽詰った状態から解放されるわけもない
相変らず綱渡り状態
午前中に修正の指示が入って それをデザイナーに投げる
ボクが打合せに外出しているうちに 即反映してもらい
それを持って奈良へ
なんとか夕方遅くには責了の返事をもらい
微調整の後に入稿出来た 良かった!
(今日の入稿は諦めていただけに 嬉しかった!)

一方
お願いしてた
web-siteの新コンテンツのラフも上がってきた
これはプリントアウトして 明日持って行こう

そうこうしているうちに
待ちに待った 一本のメイルが入る
例のムービー企画 いよいよデモ版が完成
そのデータが送られてきた
印刷物なら 慣れてるし
作っていく過程でカンプがあるし 写真やコピーが上がって来ると
完成のイメージが大きく異なることはまずない
要所も分っているから ほとんど心配することもないんだけど
今回ばかりは 撮影は立ち会って同行したものの それっきり
果たしてどんな仕上がりになっているのか ドキドキして心配...
「play」ボタンを押して さぁ スタート!

いやぁ
なかなかええやん!
すごく丁寧に作り込んであるのが伝わってくる
言葉で伝えたことが 共有されて そして映像というイメージで目の前に現れる
今まで知らなかった世界だけど ドキドキして面白い!

これだと
クライアントにも満足してもらえそう!
ひとり にやにやしながら何度も何度も再生してしまう
たまには こんな時間があってもいいよね
[PR]
by hangzhou21 | 2011-11-24 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ トレペ

c0067706_6522879.jpg


普段でも 祝日でお休みなのは嬉しいものだけど
追い詰められているだけに
ほんまにこの休日は嬉しい
まさに“勤労感謝の日”です はい

その割には
朝から職場で仕事をしたのではなく
バイクに跨る
仁川の合流点から武庫川のサイクリングロードに入って
まず 宝塚側を市役所まで走って そこから一気に西宮側の終点まで
新しいタイヤになって
軽快になったような気もするし あんまり変わらないような気もする
そこからスタート地点まで戻るんだけど
ゆるやかな勾配の上りだし向かい風
完全に脚が停まってしまい ポタリング以下のヨロヨロ...
さすがにママチャリに抜かれることはなかったけど
数台のロードバイクにあっさり抜かれました
さほど速いとも思わなかったけど
もう付いていく足はすっかりなかった(アカンやん!)

実は
サイコンも取り付けたんだけど
どうも 上手く表示がスタートしない
ワイヤレスの電波を拾わないみたい
これやったら 単なる時計なんですけど...
ハードそのものが不調なのか それとも取り付け方が悪いのか?
なんだか妙な感じ


12時にプライベートバーバーを予約している
きりっと短くしてもらって さっぱりしました
ここからようやく 職場へ
どうしても今日済ませたかった入稿
大昔作ったパンフに写真の差し替え
どうやって入稿指示を入れようかと考える
現状のパンフを版下に見たてて 
トレペにアタリを貼って使うことにしよう!
いやはや トレペそのものが久しぶり! なんだか妙に懐かしい気分
昔は トレペにルミナー ポジコピー機 そんなん当たり前やったのになぁ...
もちろん 今の職場にトレペがあるわけもなく 文房具屋さんに買いに行きました
入稿先の印刷屋さんに電話してみたら ラッキーなことに出社してた!
さっそく取りに来て貰う
しめしめ 頑張ったかいがありました!

でも
この一連の作業を終えて入稿してしまうと
ぷっつりと すっかり集中力が切れてしまった
寒い中 またしても福寿温泉で筋肉をほぐして温まりました
いやはや 大きいお風呂はいいな!
[PR]
by hangzhou21 | 2011-11-23 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 色気

c0067706_6485423.jpg


このところ
新古書店さんのアタリがいい
かれこれ一年以上になるのかなぁ ず~と探していた
「ブラッド・メリディアン」(コーマック・マッカーシー 早川書房 ISBN:9784152090935)
「ザ・ロード」の書き手さんです
いつ順番が回ってくるのかわからないけど 見つけた時は 目を疑った
ほとんど諦めてたのに しかも105円とは...
その他にも リストアップしてある本と次々と出会えて 買ってしまう
当然のことながら 積読の山はまた高くなる
読みたいな~と思っていて
さっぱり出会えないのは「韃靼の馬」(辻原登 日本経済新聞出版社 ISBN:9784532171087)
まぁあんまり心配してへんけどね
ここまで忙しいと ほんまにページが進むのが遅くなる まぁしゃあないね
その割には 決して便利な場所にはないブックオフや古本市場へは寄ってるのにね
まぁ 買うことである意味ストレス発散ですゎ...

毎日のようにインタビューをしているんだけど
今シーズン一番面白かった!
ボクよりは若いけど 現場でプレーヤーとしても活躍している管理職の方
(こんな人が対象に選ばれるのも珍しいけどね)
その中で“色気”と“羞恥心”という言葉が出てきた
いやいや なかなか出てこない言葉(特に若い人の口からは絶対に出てこない!)
“色気”って“野心”という言葉を婉曲に置き換えたような気もするけど
ちびっとニュアンスが違うか
最近では ほとんどこういう意味では使わないか
上手く表現できないけど とっても刺激を受けた
やっぱり 若い人ばかりをインタビューしてたらアカンね
このインタビューを含めた取材が21時頃終る
明日がお休みで本当に良かった!

急に金曜の夕方から東京へ行くことになった
嬉しいような...
[PR]
by hangzhou21 | 2011-11-22 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)