<   2011年 10月 ( 32 )   > この月の画像一覧

■ 10月のランチ

10/1 土
石山へ行くので 瀬田まで脚を伸ばす(足は短いけどね)
5番札所の「讃岐うどん茶屋 古蝶庵」で“梅わかめ”のざる
なかなか美味しい!
開店を並んで待っているのを見ていたのか 開店を10分早めてくださったのは嬉しかった!

10/2 日
南座で歌舞伎 神宮道までバスで移動
8番札所の「手打ちうどん 山元麺蔵」で“牛と茄子のつけ麺”+ゴボウの天ぷら
いや~ 並んで並んで 食べるまで1時間半とは凄いことです
独創的(?)なお味でした はい

10/3 月
午前中に岸里だったので 天下茶屋から南海の各駅でふたつ
22番札所の「麺屋 爽月」で“とりたま天ぶっかけうどんセット”
このところ連日のおうどんのためなのか やや感動が薄れてしまいます

10/4 火
奈良からの帰り道
上本町で近鉄を降り 以前から気になっていたラーメン屋「麺乃家」
(バスの車窓からいっつも行列が見えていた!)
“麺乃家らーめん(新味)”
ふ~ん スープはともかく 麺の硬さがボクの好みではなかったな

10/5 水
番外 2ビルのB2「にしき」“鶏ポン・冷・1.5”
少しご無沙汰だったかな?

10/6 木
どうしても食べたくなって わざわざ遠回りして
番外 長居の「一心」で“ざるうどん・特大”
やっぱり ボクはここが一番!

10/7 金
八尾で取材 クルマで移動だったので「ここへ行こう~!」と
ライターとカメラさんと一緒に
32番札所の「讃岐屋 雅次郎」で“からあげぶっかけ冷”
きれいかつ強烈なでも硬くない腰のおうどん それに からあげ旨い!
おなか一杯になります 大盛りにせんでよかった!
かなりオススメできます!

10/8 土
ハイキングの前に石山駅前にあるマクド
マクドほんまに久しぶり“フィレオフィッシュ”と“ベーコンレタス”

10/9 日
家で「氷見うどん」をゆがいていただく
これ ほんまに旨い!

10/10 月祝
休日出勤
久しぶりに「ほか弁」“からスペ”ですわ

10/11 火
長堀橋と堺筋本町のあいだにある
23番札所の「七弐八製麺」で“Aランチ・鶏天ぶっかけセット”
ふむふむのお味

10/12 水
もう何度も行ってる 43番札所「うどん棒 大阪店」で“生醤油・大”
ここは シンプルだけどこれが美味しい!
相変わらず きれいなおうどんです

10/13 木
東京出張中
時間がなくて
ナチュラルローソンで買ったおむすびニケ

10/14 金
うどんが続くのもどうかと思って
「燒賣太樓」で“中華ランチ”
ひゃ~ こっちもがっつりやね

10/15 土
ご無沙汰していた長居の「一心」もちろん“ざる特大”
今日のダシは特に美味しかった!

10/16 日
ハイキングの予定
でも結局職場で仕事してしまいました
ハイキング用に買ったパンを食べました

10/17 月
朝から東三国だったので
38番札所の「熟成うどん なかや」“鶏唐ぶっかけ”
うどんもうまいがカラアゲも旨い!

10/18 火
本当は
天六の「カルダモン」でカレーにしようと思ったのにお休み
「スエヒロ」で“トンカツランチ”
美味しいしボリュームあるな
洋食屋の王道のようなお店ですね

10/19 水
番外 2ビルのB2「にしき」“鶏ポン・冷・1.5”
最近 剛麺からやや柔麺に変わってきたような...

10/20 木
南森町の「旬香」で天丼
なかなか上品なお店だけど
つゆが多すぎかな?

10/21 金
阪神前の「ミンガス」で“チキンカツカレー”
もう“大盛”はムリやなぁ

10/22 土
新幹線で広島へ行くのはほんま久しぶり
「のん」で“そばダブル”
美味しいです!

10/23 日
工事中の歌舞伎座の近くにある岩手県のアンテナショップ
ここでウニやイクラなどが乗ったお寿司を買って
新橋演舞場でいただきました まずまず

10/24 月
神田の「お多幸」でおでん定食
たまにね 食べたくなるよね
大根が熱すぎて 口の中を火傷しちゃった

10/25 火
高槻だったので「いろは」で“いろはランチ”
まずまず

10/26 水
クライアントの社員食堂で“塩焼きそば定食”
いいなぁ こんな食堂があって!

10/27 木
高槻で昼前
番外の「喜八」で“肉ぶっかけ・冷”
ここも美味しいね

10/28 金
阪急で高槻から戻って ほんとうは焼き魚が食べたかったんだけど
新梅田食堂街の「maruman」で“ライトランチ”です
いやぁ 久しぶり!

10/29 土
二週間ぶりです!
長居の「一心」で“ざる特大”+ビール
今日のはちびっとぬるかったかな?

10/30 日
豊中の服部
46番札所「銭形」で“ぶっかけ”
硬めの麺はなかなか上手い
なんだか懐かしい味がしました はい
お店の名前は観音寺の銭形からなんでしょうね きっと

10/31 月
13時少し前
谷四の「stereo」で“ハンバーグランチ”
相変らず流行ってますね ボクも嬉しいです!
[PR]
by hangzhou21 | 2011-10-31 23:58 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 激しく落ち込む

このところ謝りに行くのは恒常化していて
気が緩んでいた感は否めない
認識不足に準備不足
クライアントが何に足してご不満に思っていらっしゃるのか
何を望んでいらっしゃるのか
そのあたりをしっかり握れてなかったな
だから
謝りに行ったのか 火に油を注ぎに行ったのか...
ふ~む
ボク自身のすかたん加減にほとほと嫌になる そっして落ち込む
しまったなぁ...

ここひと月くらいはどうしようもない
そんなこともわかっているんだけど 準備を怠ってたなぁ...
すぐにでも皆なを集めて 締めなおすとともに
仕事の優先順位について確認したいし
話しの進め方もいろいろ云いたいけど
いかんせん ボク自身も渦中にいて席を暖めるヒマもないからなあ...
(まぁ なにもかも言い訳にしかならないけど...)

落ち込んでいるヒマもないけど
こういうことが続いているから
もっと大きなことが起こらないうちに手を打たないと 危ないかもなぁ...
[PR]
by hangzhou21 | 2011-10-31 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 雨上ガル

昨夜のトマチュウの酔いから心地良く目覚めると
耳に届くのは屋根を叩く雨粒の音
「ちぇ 雨か...」
雨では自転車に乗れへんやんか!と不貞腐れてしまう
それでも
一度起きてしまうと 二度寝はでけへんからなぁ
きっぱりと起き上がって 新聞に目を通して朝ごはん
「ん?!」どうやら雨はあがったのかな いつからか雨音が聞こえない
窓を開けるとどんよりとしているものの 雨は落ちていない
それじゃぁ
朝の間にひとっ走りしましょうか

武庫川のサイクリングロード 樋之口から入って河口まで
実際には 河口にはまだまだ距離があるんだけど
そこでサイクリングロードが終っているから仕方ない
行きしなは流して 帰りは頑張って脚を回す
ヒ~ヒ~云いながら仁川の合流点まで
回したつもりだけど ちっとも回ってなくて 出るのは荒い息と汗
(それにストレス解消!)


昨日
今日はのんびり過ごせるように頑張ったんだけど
昨夜 お風呂に入っていて ふと「あれもせなあかんかった!」と思い出す
だから
まぁしゃぁない うっとうしい空の下職場へちびっと出るか

豊中の服部にある
■46番札所「さぬき手打ちうどん 銭形」で“ぶっかけ”
硬めの麺はなかなか上手い
なんだか懐かしい味がしました
店内もぐっと庶民的でええ感じ
ちょうど昼時ということもあったんだけど
次から次へとお客さんが入って来て 地元の人から指示されてるんやなぁ...
お店の名前は観音寺の銭形からなんでしょうね きっと

妙にナマ暖かい
天皇賞の予想をして
昼から本降りになるなか そそくさと用事を済ませ
園田銭湯の福寿温泉で一番風呂 すっきりしたな
ここは駅から近いし そばに安いスーパーがあっていいです
すっかり本降りになりました
[PR]
by hangzhou21 | 2011-10-30 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 正しい土曜の過ごし方?

先週末
広島⇒東京と遊びに出かけていたので
ほんの少ししか自転車に乗れなかった
もっとも あの週末は天気も良くなかったので
遠征へ出なかったとしてもあれ以上乗れたかどうか...
だから
ようやくの週末 嬉々として バイクにまたがる
(パンクが)不安だから 一旦空気を抜いてから もう一度空気入れで調整する
仁川の合流点から北(宝塚)へ
前回は流しただけだったけど 今回は気合を入れて漕ぐ
朝早いから人も少ないしね
いやはや ほんま脚を使います
まだまだ自転車用には体幹が鍛えられてなくて
ふらふらして 余計なところに力が入るねんな
それでも バイクの扱いそのものにはずいぶんと慣れたし
ほんの少しは 手の内に入ったかな?
お尻も痛くなくなったしね
自転車は思っていた以上にいろんな乗り方があるのだとわかる
ゆっくりのんびりと楽しむのもそうだけど
スピードを追求するのか それともストイックにヒルクライムに挑むのか
うむ 実に幅広い!
ボクの場合 もうしばらくは武庫川のサイクリングロードで馴し運転
もう少し(タイムを縮める)自信が付いてから
もう一度“the kayanndo atack”にチャレンジすることにしよう
(それでも タイムが縮まへんかったら ショックやろなぁ...)
しかしなぁ
森の音さん 毎日あの坂を駆け上がっているとは ほんまアタマが下がります!


スポーツウエアのバーゲン
別に欲しいものはないねんけど
シャツを何枚かとフリースを選び
それに なんと サドルバックがあった!
自転車用のウインドブレーカーもあって ありがたくそれも買おう
サイクルショップで売ってるウエアって 「なんで?」と思うほど高いからね
汎用品の売場だから さすがにヘルメットはないな(当たり前だけど)
バッグも面白いのを買ってしまった

長居の「一心」に寄ってから職場へ
貯まっていた自分の仕事をごにょごにょと
キレてしまいそうになったけど
ここで頑張らないと明日も来ることになるから 我慢して頑張る
[PR]
by hangzhou21 | 2011-10-29 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ テンション アガル

今週は三回も高槻へ
いつもタクシーやバスの中から
「こんなところにも新古書店さんがあるんやな」と見ていた店へ寄ってみた
なかなか勉強しているみたいで
しっかり 売れ筋の本だけを集めているコーナーがある エライ!
しめしめと何冊か買ってしまいました
ボクのほうこそ お店の戦略にまんまとはまってしまったか...
このところ 東京で寄ったブックオフでも買ってしまったし
ついつい買ってしまいます
頑張って読んでるけど それ以上に買ってしまうもんなぁ...

「境遇」(湊かなえ 双葉社 ISBN:9784575237399)
この書き手さんの本は全部読んでるけど 今回は...
面白くないわけじゃないけど 最後のオチも何となく途中から想像出来たしなぁ...
でも 上手いのは上手い
吸い寄せられるようにページを繰る手が止まらない
これで もう少し各々の人物描写が深かったらなぁ...
主人公の旦那さんが惜しい この人にもう少し捻りがあればいいのに!
(ちょっと いい人過ぎます!)
すぐに読めます

新古書店さんへ寄るのは
もう 趣味の世界なのかな?
以前ほどではないにしても ここへ行けばこの店に寄るというのはパターン化してる
探すべき本もリストアップしてるしね
売れ筋じゃなくてもすぐに出会える本もあれば
もっと簡単に出会えそうだけどなかなか見つけられない本もある
その巡り合わせは不思議としか云いようがない
まぁ 買っても買ってもキリがないほど新しいお話しは出るしね
永遠のイタチゴッコです


恥ずかしながら
今シーズン何度目かという謝罪に行く
かなりのご立腹ということで こっちも腹をくくってお邪魔する
まぁ 瞬間湯沸器みたいだったのでしょうか
お怒りのピークも過ぎていたようで
「まぁええじゃにですか 建設的にいきましょ」とのこと
身体中の力が抜けていく
ふ~...
今まで何度も何度もいろんな“修羅場”(?)を経験してきたけど
今日は久しぶりにテンション上がってた...

なんやかやで
今週も乗り切ったか...
[PR]
by hangzhou21 | 2011-10-28 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 涙

「仕事が多くてパンクしそうです」
若いのに泣かれる
これはツライ
仕事が多いのも 忙しいのも パンクしそうのも わかってる
でも
今は本当にピークで忙しい
なんとか頑張ってもらうしかない
慰めたいし 肩代わりしたり 代わってあげたいけど そうもいかない
思い返せば
ボクだって ほんと 何年もこうして 繁忙期を迎えてはなんとかやり過ごしている
何十回も何百回も「もうアカン!」って思ったけど
まぁ なんとかこうして生きてるんだから 何とかなります きっと
(と云っても なぐさめにもならんか...)
しかしなぁ
こうして 若いのの青春を“搾取”してるんやなぁ... すんません...

ボクも お尻から煙が出てきて
ほったらかしの案件 いろいろと「どうなってますか~?」と問い合わせが入る
経験を積むということは
こういう問い合わせをのらりくらりとかわす方法を身に付けるってことなんかな?
それとか 土壇場での力技(ちからわざ)を知ってるとか...
まぁ ロクなもんじゃないね


映像の案件
ちびっと心配していたんだけど 
粛々と進んでいて なんだかひと安心
やっぱり プロは頼りになる!
自分でコントロールするには あと何回か経験が必要だろうけど
ベースは平面(印刷物)とそう変わらないから 慣れれば大丈夫(たぶんね)
作り方よりも むしろ 素材が大切


いつもタバコをのみに外に出るところにある ミニクチナシの植え込み
珠のようなフンを目印にオオスカシバの幼虫をみつけるのを楽しみにしてる
ミニクチナシの葉はみごとに食べ尽くされていて
いやはや すごいなぁ
みつけたイモムシは それこそ休むこともなく もくもくと食べ続けてる
その食欲というか 食べっぷりには驚くしかない!
でも
端からみていると イモムシを観察しているとは誰も思わないみたいで
「ネジが一本切れてるおっさんかと思いました」なんて云われてしまう
拙宅では サツキにルリチュウレンジの幼虫
こちらは人海戦術(虫海戦術?)で 葉を食い荒らしてる
これから12月になって寒くなるまでは 見つけ次第捕殺
かわいそうだけど仕方ないね
[PR]
by hangzhou21 | 2011-10-27 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 北杜夫も鬼籍に

ほんま ろくなことがない!
思いもよらないところから 水が漏れる
自分のことだけでは一杯になっていないけれど
そんなこと関係ナシに 想定外のことがどしどし押し寄せて来るもんやな
まぁ それも仕事の重要な部分のひとつだしね
今回は アタマを下げて勘弁していただく
でも それだけでは済まない
アタマを下げるだけではなく 善後策をしっかり対応しないと 拙いなぁ

いつもは きわめてふざけた服装 それに無精ひげも伸び放題
謝りに行くのに それはマズイか
そんな朝は ひげを剃って カッターシャツを着て ネクタイを締める
たまには サラリーマンのような出で立ち


作家の北杜夫さんが亡くなっている
もし この人の本に出会わなかったなら 今のように本を読んでいたかどうか...
一番好きなのは「白きたおやかな峰」
この本を好きになっていなかったら 山歩きも楽しんでいなかったかもしれない
「楡家の人びと」はもちろん「輝ける碧き空の下で」という長編もあったし
「怪盗ジバコ」「さびしい王様」のシリーズも楽しませてもらった
もう 新作には期待していなかったしチェックもしていなかったけど
本当にいつまでも読み継がれて欲しい書き手さんのひとり
でも
既に 文庫ですら“品切れ”が多い
今の時代に“読み継がれる”ことはなんと難しいことなのか...
ご冥福をお祈りいたします
[PR]
by hangzhou21 | 2011-10-26 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 読んだ本

出張へ大きくて重い単行本を持っていくのはイヤなので
文庫本を何冊かザックに放り込んだ

「楊令伝 5 猩紅の章」(北方謙三 集英社文庫 ISBN:9784087467475)
ひと月に一冊出るというパターンには慣れたけれど
このところ 物覚えが悪くて...
1/3ほど読み進んでようやく どんなお話しだったのかを思い出す
それでなくても このお話しは登場人物がムチャクチャ多いうえに
「水滸伝」で活躍した漢(おとこ)たちの息子などがぞろぞろ出てきて
まぁ ほんま苦労が多い(それでも面白い!)
2/3ほど進んで ようやく佳境に入ったところで いきなり終ってしまう
今回は 珍しく かなり思わせぶりな終り方
「ほんま そりゃないで」なんやけど 来月が楽しみです はい

「還るべき場所」(笹本稜平 文春文庫 ISBN:9784167684037)
この書き手さんは「天空の回廊」という
人間臭い割には超人的な主人公が活躍するヒマラヤアドベンチャーを書いた人だとは認識していた
今回の「還るべき~」は読めば読むほど
ひょっとしたら このお話し すでに読んだことがあるような ないような...
世界で第二の高度を誇るK2で最愛の人をなくした主人公が
同じく八千メートルのブロードピークに挑みながら自分を取り戻していくお話し
ふ~む...
結構なツカがありますが ずんずんすぐに読めます
そして 読了後 お山を歩きたくなりますよ!

「かえっていく場所」(椎名誠 集英社文庫 ISBN:9784087460315)
前作の「春画」に続くお話し
これは 私小説なのか それともエッセーなのか...
その判断は難しい
いつまでも若く元気だと(勝手に)思っていた椎名誠
ボクと同じなんだな 誰にでも等しく地球は周り時は流れるんだ
この「かえっていく~」だけいきなり読んでも面白くともなんともない(と思う)
ある程度彼のお話しを読んでこその このお話しだと思います はい
そんな意味では 読み手を選ぶお話しですね 実に


このところ
家で楽しんでいるのが“トマチュウ”
焼酎や泡盛をトマトジュースで割る
(野菜ジュースで試したけど 断然 トマトジュースが美味しい)
ぐびぐびとイケルし 悪酔いしない
気温も下がってきたし ひょっとしたらビールよりも旨い(かな?)
“トマチュウ” 少し前に森の音さんに連れて行ってもらったお店で出会ったんだけど
すっかりお気に入り
でもなぁ 900ccくらいは2~3晩で飲んでしまうねんなぁ...
まぁ ヤケ酒ですわ...
[PR]
by hangzhou21 | 2011-10-25 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 東京で会議

今回は興味深い話しや刺激を受ける話しはなくて
週末の土日も含めてだけど あんまり来る意味がなかったかなぁ...
それでも
謝ったり叱責を甘受するのが仕事のように この会議に出るのも仕事のうち
そう割り切るしかない
もちろん
(あくまでも)ついでなんだけど
広島にも行ったし歌舞伎を楽しむことが出来たんだし
それはそれで有り難い
そう思うことにしましょう


土曜 淀の新馬戦
オースミイチバン(オースミハルカの子 上はナリタキングロード)が出る
同じレースで印が重いのがタガノグーフォ
よく見ると なんと もうウン十年前にボクがひと夏を過ごした牧場の生産馬
目にするのは久しぶりのような気もするな
結果は印通りで タガノグーフォが快勝 オースミイチバンは惨敗
ボクにとって競馬の楽しみの大きなウェイトを占めること
血統であり 縁(‘ゆかり’であり‘えん’であるわけだ)
だからこそ 新馬戦では 母の名前や生産牧場はしっかり見る
鮫川三千男だったり 八木牧場であれば 本当に嬉しい
検索して その母系に自分が触ったことがある名前を見つけると
それこそ“心躍る”んです(この感覚わかるかな?)
あヽ 北海道へも長く行ってへんなぁ...
何もかも投げ出して 5日くらい北海道へ逃避行もいいな
(でも 優先順位は 香港>ソウル>台北>北海道・日高 って感じなんですけど...)

菊花賞は読み間違った!
勝馬はオルフェーヴルだったんだけど
相手はひねって8枠と読んでいた まぁしゃぁない 今週の天皇賞に切り替えます
もっと唸ったのは WIN5
買い続けて初めてのこと なんと5レース全て外す
×→×→×→×→×
ほんま アカンやん!


半年ぶりに“東京カット”
ここでカットすると ほんま優しいカットになります
(いつものプライベートバーバーが“いかつい”わけじゃないけどね)
そういえば
広島は上安の散髪屋さんへは もう一年は行ってへんなぁ...
[PR]
by hangzhou21 | 2011-10-24 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 東京で汗ばむ

東京なら 歌舞伎をしっかり楽しまんとね
10月もおしまいだというのに 妙な具合
半袖のTシャツ一枚なのに 少し歩くだけで背中はぐっしょり汗でぬれてる

新橋演舞場では「芸術祭十月花形歌舞伎」
・「義賢最期(よしかたさいご)」
・「京人形」
・「江戸ッ子繁昌記 御存知 一心太助」
今回は“花形”歌舞伎
愛之助 右近 獅童 (+亀治朗)の三人が組んでいて
それぞれが主役を務めているのだけど 他の演目でもしっかり脇で出てるところがいい
それが 実にいい!
各々の座組みだけで演じるのも息が合っていいものだけど
組合せの妙が楽しめるのも こんな“花形”のいいところなんでしょうね
先月の松竹座でも思ったんだけど 片岡當十郎さん 個性的でいいですね
薪車さんも 駆け出しのような役どころだったけどいい感じ
獅童と亀治朗の掛け合いも良かったです はい
愛之助は怪我をしないようにお願いします
右近さんも大活躍! 「京人形」もいいけど「一心太助」の爺が良かった!
不覚にも途中で撃沈してしまったけど 最近では一番面白かった!
夜の部も観たかったなぁ...

一方
国立劇場の10月歌舞伎公演「通し狂言 開幕驚奇復讐譚(かいまくきょうきあだうちものがたり)」
こちらは一筋縄ではいかない複雑なお話し
新作なのかと思ってしまうほどの柔軟な演出は悪くはない
“実は悪い奴”という役 菊五郎さんはいい味出せますね
ただ このお話しを通しで演るには ちびっと長すぎるような気もします
いまさらながら時蔵さん あんまり色気はないもののいい

国立劇場は開場45周年
これから春先まで大作がどどど~んと控えている
う~ 全部観るのは難しいなぁ... いやムリやなきっと...
東京では来月からは平成中村座のロングランもあるし
東京出張は直前にいきなり決まることが多いしなぁ...
次の会議 お正月の浅草か...
とにかく
今月はこれでおしまい
11月は 永楽館とシスティーナの予定です はい!
(そろそろ 顔見世の発売かな?)


若いのと新宿
天ぷらで飲む
この春に異動した若いの ボクと一緒の仕事になったんだけど
堰を切ったようにしゃべってる
そういえば 6月に別の若いのと名古屋で会ったときもそうやった
今まで 一心不乱に駆け抜けてきて ふと 我に返る頃なんやな
そういえば自分も通って来た道だと 心を広くして受け止めることが出来る
一緒の仕事とは云え 東西で違うし
損得抜きにして 話したいことや訴えたいことを云えばいいじゃない
こんなおっちゃんやけど 聴くだけは ちゃ~んと聴きますよ!


天ぷらのネタにハゼがあったのでお願いする
その姿に似合わず 白身であっさりしてる
そうやった! 秋も深まるとハゼ釣りやった
武庫川でも今が旬で釣れているんかなぁ?
よっしゃ!
今度の土曜 ハイキングの予定もない
バイクで河口まで行って ちびっと釣ってみようかな?
[PR]
by hangzhou21 | 2011-10-23 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)