<   2011年 08月 ( 32 )   > この月の画像一覧

■ 八月のお昼ご飯

c0067706_985017.jpg


8/1 月
昼前に谷四
久しぶりに「streo」でランチとも思ったけど
緑橋まで行って「大ちゃん」で広島のお好み焼きにしようと 行ったら 定休日!
仕方ないから 森ノ宮まで行って「マルコ」で“ミックスカレー”

8/2 火
急遽 お休みをいただく
岡山でチーズと桃の買出し
高梁の「方谷庵」で そば大盛りと舞茸天

8/3 水
若いのと朝から奈良
そばは昨日食べたから「まぐろ小屋」で“鉄火丼+唐揚げ”

8/4 木
朝から若いのと高槻
すっきりしたのが食べたくて 阪急の駅前入り組んだところにある「喜八」
“肉ぶっかけ・冷 定食” まずまず

8/5 金
「ときわ」で“お昼ご飯”
さわらの塩焼きでした
仕切っているお店の人が変わったのかな?

8/6 土
心斎橋で映画を観てから
長居の「一心」で“ざるうどん・特大+ビール”
ええ感じです

8/7 日
休日なのに職場へ出るのは 久しぶり
だから 久しぶりにホカ弁“唐スペ”でした

8/8 月
「try」でステーキ
空いてます

8/9 火
2ビルの「にしき」でいつもの“鶏ポン・冷・1.5”

8/10 水
時間がなくてお弁当を買ってきてもらいました
そういえば こないだ「サバが食べたい」と大声で叫んでいたのを覚えてくれてたのかな?

8/11 木
2ビルの「にしき」でいつもの“鶏ポン・冷・1.5”
最近 麺の盛りが美しくなってきました!

8/12 金
長居の「一心」で“ざるうどん・特大”
よ~く 流行ってました!
お盆休みはなしで ずっと営業するそうです

8/13 土
9年ぶりの大山
事前に調べておいた安来のおそばやさんと思ったけど 満員御礼
そこそこクルマが停まっていた
拉麺屋 神楽 東松江店
あんまり食欲がなかったので“冷やし中華”にしました
麺が美味しかったので 次回チャンスがあれば普通のラーメンを食べたいな

8/14 日
姉夫婦がお線香を上げに来てくれたので
宅配のピザ
単調な味だったけど おなか一杯になりました

8/15 月
甲子園の外野スタンドから戻って
家で“辛ラーメン・ブラック”です
栄養満点は?だけど まろやかな味です
(でも汗びっしょり!)

8/16 火
ちびっと職場に出て
長居の「一心」で“ざるうどん・特大+ビール”
それから甲子園のアルプススタンドへ

8/17 水
朝から枚方
京橋まで戻って「インド屋」で“ビーフカレー・大盛り”
まぁ こんなもんとちゃうかな

8/18 木
「はま栄」で丼セット

8/19 金
ヒルトンのB2にある「たちばな」(焼肉の方ね)
“ステーキランチ”
若いのに衝撃的なお話しを耳にしました!

8/20 土
仁川の東側スタンド1Fのパクパク
卵うどん+おむすび二個
ボクにとって 仁川での懐かしのゴールデンコンビですな

8/21 日
日本橋の文楽劇場だと幕間のお昼はなぜか千日前通りを挟んだ向かいにある「CoCo壱番」
“コロッケカレー”

8/22 月
2ビルの「にしき」でいつもの“鶏ポン・冷・1.5”

8/23 火
なんばの道具屋筋の西側の路地奥にある「中華そば ○丈・まるじょう」
昼下がりでも並ぶと聞いていたけどすんなり入れる
“○丈”は売切れで “中華そば”(高井田風)
麺が美味しいですね

8/24 水
若いのとブリーゼにある「七八寿しPLUS」でランチのセット
まずまず

8/25 木
ダウン
昼はパス

8/26 金
ちょっと気になっていたうどん屋さん「讃岐うどん 白庵・びゃくあん」“ひやひや+鶏天”
よ~ 流行ってます!
独特のもっちり太い麺 ほどよいだしがいいですね
鶏天もちゃんとモモ肉です!
まずまずのおすすめ!
場所が難点と思ったら この場所での営業は9月一杯でおしまい
10月からは 阪急の神崎川駅前に移られるそうです

8/27 土
午前中に天満で用事を終えてから バスで上六まで
「活うなぎ ひらやま」で“鰻重・竹”+ビール
ふむふむ ここはまずまずおすすめできますね

8/28 日
仁川のスタンド下のパクパクで
ラーメンとおむすび二個です

8/29 月
ド~チカの「TSUBOYA」で“塩セット”でがっつり
ほんまは こんないがっつり食べたらあかんねんけどなぁ...

8/30 火
ほんま久しぶりに「燒賣太樓」で“中華ランチ”でがっつり
ちょっと味が変わったかなぁ(気のせい?)

8/31 水
2ビルの「にしき」でいつもの“鶏ポン・冷・1.5”
[PR]
by hangzhou21 | 2011-08-31 23:58 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 長い夏

c0067706_963761.jpg


ようやく8月もおしまい
この夏はほんといろいろあったなぁ
暑くて長かった しんどかった
まぁ まだ過去形には出来ないけど...
むせかえるような熱気はなくて
どこかに秋の気配も確かにあるのかな?

水曜なので素早く職場を出て 湯之華廊へ
お湯につかっていると 雨
思いのほか空いてて良かった

ちびっと時間が空いちゃったけど
win5の情報をまとめると
8/21はwin5の18回目
発売額は 1,214,725,200円(12億1千万円)
2人気⇒3⇒1⇒6⇒1
払い戻しは 972,310円(97万円)
小倉のメインが6番人気というだけで ほぼ百万馬券か
こういうのを取らんとあかんな...
残念ながらカスリもせず...

昨日の8/28は19回目
発売額は変らずで 1,280,248,900円(12億8千万円)
3人気⇒2⇒1⇒2⇒5
ありゃ 真剣に検討したのに 最初からコケて 当たったのは一つだけ
当てごろ 手ごろの配当やったのになぁ...
払い戻しは 277,890円(27万円)
スポニチの岡崎記者が的中させてるから凄いね(乗ればよかった...がっくし)

来週は20週目でしかも
小倉新潟は二歳ステークスがメイン
ちびっと気合を入れてチャレンジしてみます
(これで長い夏の思い出を締めくくろう!)
[PR]
by hangzhou21 | 2011-08-31 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 深海魚

c0067706_945755.jpg


この夏
相変わらずの恐ろしい暑さが続いているけれど
お盆のころからだったか
拙宅の近所ではセミの声がやんだ
そういえば ここ数年 ツクツクボウシの声も聴かないな
ツクツクボウシの鳴き声は
“しゅくだいせ~ しゅくだいせ~ はよせな知らんで~!”と言われているような気がして
子供心にも“殺意”を抱いたものやったけど...


「深海魚チルドレン」(河合二湖 講談社 ISBN:9784062170321)
これまた乙女チックなお話しなんだけど
なかなか一筋縄ではいかない
何しろ 真帆は引っ込み思案で“おおきな子”の影に寄り添うようにいままで生きてきた
それが
中学へ上がってからというもの 頻尿との闘いが始まり
勉強や友だちどころではなくなってしまう
そんな時に偶然出会った喫茶店「深海魚」
このなんとも意味深なネーミング 真帆は自分の居場所を見つける
母親とのかみ合わない会話 その落差 価値観の違いを上手く教えてくれる
そして 親子のギクシャクを決定的にしてしまうのも
ある意味 自分がわかったからなんだろうなぁ
このお話しそのものよりも
ボクも 若いのとこうもかみ合わない会話を続ける中で
グサグサと若いのの心を傷つけているのかと 思わず振り返ってしまいました
ナイーヴなあなたにはおすすめかもしれません


散々迷って
行かなかったのが先週土曜 ビッグアーチのアルビ戦
行けば良かったのか 行かなかったから勝ったのか
それはよくわからないけど
まぁ 勝って良かった!
これで 2週間のインターバル
これまで全力疾走だったので ゆっくり休んでリフレッシュしてください
残りのゲームは10
タイトルはちびっと難しいけれど 勝点を20積み上げられればACL圏内は見えてくる
諦めて欲しくない!
[PR]
by hangzhou21 | 2011-08-30 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 乙女チック

c0067706_22414655.jpg


この手のお話しばかり読んでいるからなのか
どうも ちびっと乙女チックになってしまう
「想い出あずかります」(吉野万理子 新潮社 ISBN:9784103006336)
Y紙の読書欄 女優の小泉今日子さんがピックアップするコーナーがあり
7月の終わりにこのお話しが取上げられていた
海沿いの崖の下にある洋館
ここでは退屈な魔女が子供相手に“質店”を営業している
子供たちはこの洋館を訪ねては いろんな“想い出”を質入れし幾らかのお金を手にする
質入された想い出は 持ち主の子供が二十歳になるとヒトデの形にして海に沈められる
(それまでに受け取りに来た想い出は子供に返される)
そして 二十歳になると この洋館や魔法使いに関しての記憶を失ってしまう...
そうそう
子供の頃っていろんなことが身の回りで起こるのよね
それを通して子供は大きくなっていく それを成長って呼ぶのかな
お話しは真面目な中学生の女の子と魔女との交流を軸に語られていく
真面目で一途な女の子の姿に胸を突かれるけれど
ふと 子供たちの話を受け止める魔女のような大人って 実際にはいないと気付く
崖の下の洋館のような避難所があればいいのに...
迷う心をお持ちの方にはおすすめかもしれません(すぐに読めます)

この週末
ちびっと気になったのは
「1000ヘクトパスカルの主人公」 安藤祐介 講談社 ISBN:9784062170444
「みなも」 石田千 角川書店 ISBN:9784048742085
「生涯うなぎ職人」金本兼次郎 商業界 ISBN:9784785504052
「動物の値段」 白輪剛史 角川文庫 ISBN:9784043943166
そういえば
東京で行く散髪屋さんで何度か隣り合わせになったが動物商の方
聞くともなく聞いてたことがあったな

書評などで好評なのが
「韃靼の馬」 辻原登 日本経済新聞出版社 ISBN:9784532171087
もちろん 日経の連載時にそのタイトルは目にしていたけど読んではいなかった(惜しいことをした!)
新聞は読むんだけど
連載モノ(特に小説)を読み続けることはまずない
頑張っても一ヶ月で完結する「私の履歴書」くらいかな
この「韃靼の馬」は面白そうだから読んでみようかな
それとも 新古書店さんで出会うまで待ちかな?
う~
文庫版が出るどころか 映画の公開も始まってしまったし 真剣に探そう「神様のカルテ」
[PR]
by hangzhou21 | 2011-08-29 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 忘れてしまった胸の鼓動

c0067706_6264683.jpg


エアコンがほどよく効いて快適な仁川のスタンド
ここのベンチに陣取ってページを繰る

「GF」(久保寺健彦 双葉社 ISBN:9784575237344)
“あゝ なんだか重松清みたい”そんなことを思う
どのお話しも 良くまとまっていて女の子たちが活躍する
でも 今までのように 少し(いやかなり?)変わってエッジが効いているワケでもない
あまりにも その口解けの心地良さに かすかに違和感
「オープン・セサミ」と続けて読んだので余計にそう思うのかな?
でも
一番最後のお話し「足して七年生」
Y紙の書評で北上次郎がこう書いている
>遊びにきてくれたの? と興奮する拓馬の笑顔がまぶしい。
>私たちが忘れてしまった胸の鼓動がここにある。
これ 実にそうなんです!
北上氏の文章なんてすっかり忘れていたのに
ボクもここが一番好きだな
こういう出会いがあるから 小説はいい!

本を読みに来たのか
馬券を買いに来たのか
それとも 金儲けなのか どぶに捨てるのか...
いやいや 単に涼みに来ただけか?
スポニチの競馬面を抜き出したものを片手に たまには検討
こないだ注目していた セッカチクイーンは出てない
もうすぐ 未勝利戦も終わってしまうのに...
先週のように36レースフル参戦というわけではなく ときどきね
結局 新潟の最終が終わる16時半ごろまで居座ってました
まぁ 勝てなかったけど それは仕方ないか

仁川が少しおかしくなってる
まず 売店が何店も閉店している
フードコートのお店もシャッターが閉まっている
これらは 開催中じゃないからというお店もあるけど
退店してしまい 開催中かどうかは関係ないみたい
じゃ いっそうのこと 昔のように カップ麺にお湯をそそいでくれるカウンターを作ってよ!
今では覚えている人も多くないと思うけど
北風がもろに吹き込むスタンドで食べるカップヌードルは旨かった!
また
無料でお茶を飲めるサービスがあるんだけど
いつの間にかウーロン茶が姿を消している 日本茶か冷水かお湯
今年に入ってから レープロも表紙がモノクロになってるしなぁ
暑い中 わざわざ馬券を買いに来るファンに
「また来たい」とか「もっと居たい」と思ってもらうのがファンサービスだと思うけど
そんなところが削られてるよな
何も華美にして欲しいなんて思っていないけど
このままだと 何十年か前のように「売ってやる」「買わせていただきます」なんてことにならないか
ちびっと心配やなぁ...

ところで
胃の手術で入院していた友人
予後がよっぽどいいのか今日退院すると連絡
良かった
家でゆっくり養生してくださいね
[PR]
by hangzhou21 | 2011-08-28 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 晩夏

c0067706_6224693.jpg


考えてみれば まだ8月
本当は 文句を言うにはまだまだ早い
それでも ついつい口に出してしまうのも 仕方ない
「いつまでこの暑さが続くねん!」
カッっと照りつける陽射しの強さは盛夏のもの 全身から汗が噴出す
来週で ようやく8月もおしまい
立秋はとうの昔に過ぎている
なんとかせめて赤道熱帯夜 いや 普通の熱帯夜からも解放してほしい...

ちびっと済ませたい用事があって職場へ
夕刻近くになり
ふと
窓の外 空一杯に暗雲が垂れ込めている
用事は済ませていたので 急いでビルを出ると
叩きつけるような大粒の雨が落ちてきた!
ふ~む ここまで降るかなぁ
ところが
北口まで戻って来ると 上空は青空 地面すら濡れてない
家に帰ってしばらくすると 
むくむくと黒い雲が押し寄せて 空からこぼれてきた!
ふ~
これで気温が下がってくれればいいんだけど 降り込むから窓も開けられない
(狭い庭に水遣りしなくてもよかったけどね)

体調イマイチ
まず タバコが旨くない
それに ビールもなんだかな
さらに
日頃にもまして 食欲もない(これは大袈裟かな?)
いつもなら 食べたくなくても 知らず知らずのうちにビールを飲んでるんだけど
このところ ビールもプシュっとしたくない
仕方ないから
バナナ 桃 スモモ プルーン ぶどう 果物を喰って 横になる
暑いから眠れないかというと そんな気がするだけで
叩きつける夕立の音を聴きながら
布団に横たわると そのまま...

“晩夏”という言葉
その意味には“過ぎ去って行く夏を惜しむ”というニュアンスがあるんじゃないかな
でも
それは 余力を持って夏をすごした方が思う心情であって
この暑さにほとほと参っているボクには縁遠いなぁ...
[PR]
by hangzhou21 | 2011-08-27 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 開けゴマ!

c0067706_20213889.jpg


死んだように眠っていると
本を読めるわけはないのだけど
ぼちぼち読んでる(買ってるから読まないとね!)

“オープン・セサミ”って 何か意味があるのかな?と調べてみると
ふ~む そうやったんか!
全く知らなかったけど “開けゴマ!”なんや!
(調べてみるまで知らなかった 自分自身の教養のなさに唖然とする!)
ネットでそう行き当たって ふと思う
アラビアンナイト(千夜一夜物語)の原典はアラビア語だとは思うけど
そこに出てくる呪文を「開けゴマ!」と日本語を当てた人は凄いセンスをしている
きっと 今となっては 何処の誰だかはわからないんだろうけどね
あなたが訳して きっと数百年後も「開けゴマ!」 色あせることなく使われてますよ(きっと)!

「オープン・セサミ」(久保寺健彦 文藝春秋 ISBN:9784163291208)
結局 万能の呪文なんてない! (当たり前だけど!)
それは 土壇場の底力なんだよね
そんなことを 20代から70代まで それぞれの年代の主人公たちが奮闘する
いや なかなか面白くて読み応えがあるねぇ
もし このお話しでこの書き手さんに初めて出会っていたら
久保寺健彦の印象もずいぶん変ったやろうなぁ
そう思わさせる変身振り
まずまずのおすすめです

「ベースライン」(須藤靖貴 PHP文芸文庫 ISBN:9784569676807)
須藤さんのお話しは好きなのよね
今回はちびっとパンチが薄いけどいいね
そのキーワードは「片思い」なのかな
(本文にも出てくるし 解説にも書かれているけど)
普通のようで普通ではないのだけど
でも 飛び抜けたスターが活躍するのではない
甲子園へ行くだけが 試合でばんばん勝つだけが 高校野球じゃないんだ!
爽やかな気分になります(やや物足りないけどね)

実は
「オープン・セサミ」を読み終えてから「ベースライン」を開くまでの間
別の本を開いていたんだけど
いろいろ思うところがあってね
一割ほど読んだところで それ以上読み続けられなくなってしまった
決してしょうもないとか面白くないわけじゃないけど
今のボクにはムリ
こんなことも珍しいんだけど しばらく時間を空けることにしました
まぁ 読むのに苦しいお話しをムリして読むことはない


水曜のナイター
サンフレはレッズとアウェイで対戦
いいゲームのようだったけど 1-1でドローだった
(ボクは飲んだくれていて 映像も見てない)
これで ここ2試合で勝点は1プラスしただけ
次のアルビ戦を含めた3試合で勝点6は積みたかったけど...
どうもなぁ...
上位の4クラブとの差は開くばかり 下からの突き上げもある
うかうかしていたら ACLどころか降格争いに巻き込まれてしまうぞ!
この体調で ビッグアーチへ行くのは難しいから
次回は 9月に入ってからのセレッソ戦になりそう
ほんま 頼みます!
[PR]
by hangzhou21 | 2011-08-26 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 体調不良で20時間寝る

c0067706_1930599.jpg


そういえば
盆前に豚ちゃんで飲んだ次の朝も体調イマイチやった
そんなに痛飲したわけでもないし 午前様でもなかったのに...
日頃の遊びすぎなのか 不摂生のせいなのか
とにかくアウト!
かろうじて 職場へはお休みさせていただく旨を電話連絡し
引き続き倒れこむように眠る
う~む
04年9月 富士山登山に出発する朝にダウンした時のような感じ
暑いとか云ってられない
底なし沼に引きづり込まれるような感じ
眠るというよりも 意識を失うようなものか...

都合 20時間以上
死んでました
(もちろん 今は元気に復活してます!)


日経のweb-siteに
なっちゃんが喜びそうな興味深い記事が載っている
(いつまでリンクが生きているのかはわからないけど)
奈良・大和盆地に「太陽の道」 一直線上に遺跡・社寺 異説の日本史(1)
ふむふむ そういえば 二上山を歩いたときの教えてもらったような...
奈良から京都、南北縦断「聖なるライン」に天皇陵・有力古墳 異説の日本史(2)
そして
古代天皇陵と都、不思議な幾何学関係 大和三山と益田岩船が起点 異説の日本史(3)
ふ~む 凄いな この壮大な歴史の事実
まだ特集は続くようなので 楽しみに待つことにしよう!

これもそれも
大阪府が(何故か)百舌鳥・古市古墳群を世界遺産に登録しようという
意味があるのかどうかよくわからない試みをすることになって
(予算が付いたので?)
そのシンボルマークとロゴの公開コンペ
ちびっとアタマをひねってる

古代史のロマンはあなどれない
しかしなぁ
大きさはさまざまあるにせよ あんな大きな古墳 どうやってこさえたのか
しかも どうやって どこにこさえるのかを決めたのか
わからないことだらけだし
造った人は 後世にその理由を伝える意思はなかったようですね

日経だけじゃなくて Asahi.comのどらく
列車でユーラシアを横断する旅
とうとう(ようやく?)イタリアのベネチアへ
ボクもこんな旅をしてみたい!
でもね 誰でも出来る旅じゃないから こうして特集記事になるんだよね
きっと
[PR]
by hangzhou21 | 2011-08-25 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 天満彷徨

c0067706_1856962.jpg


急遽
昔からお世話になってきた方と飲むことになった
仕事でご一緒しなくなってからも
多いときで年に何回か 少なくとも2年に一回はお会いして飲んでる
どこにしようかな?
そうだ!
続くけど天満にしよう!
天満なら知ってる店が何軒もあるし
あの独特の雰囲気は広島にはない
(強いて表現すれば“でっかい横川”って感じかな?)

まず ジョニーに振られる お休み
仕方がないから すぐ近くの お好み焼き千草 ここもお休み!
ダメ元で こないだ行った双龍居は満席
なんと メキシコ回転鳥も一杯!
ありゃ~ 計算ハズレたなぁ...
仕方ないから 豚ちゃんへ ガラっと空いてました 良かった~!

最初の出逢いから勘定すると もう25年くらい
ボクはまだ駆け出しで生意気盛りの営業だったころからのスタート
よくぞまぁ 元気で口だけは達者だけど ヘナチョコなボクを相手にしてくださった!
それでも ヘンな縁があって
異動になった後も 全く畑が異なる仕事もご一緒して助けていただいたり
その後は 仕事抜きでもいろいろと...
全くありがたい関係です ほんまに

今は ビジネスは抜きで 旧友というか 先輩後輩という感じ
お互いに年齢も喰ってしまった
それだけに 利害関係もなく いろんなお話しで盛り上がる
それこそ 女学院前会や海山オヤジの会の二人版みたいなものかな(違うか?)
大阪に来られて「一杯やりますか」とご連絡いただけるのが 嬉しいんです はい

しかしなぁ
天満恐るべし
こんなに混んでるとは 思わへんかった...
(人気店は 直前でもいいから 電話してから行きましょう!)
[PR]
by hangzhou21 | 2011-08-24 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 夏の夜の夢

c0067706_1925977.jpg


あの涼しさは「夏の夜の夢」だったのか...
残暑が厳しい
熱帯夜とはいえ まだ朝はましになっているけど
昼間はとろけるように暑い!
ちょっと外出して大阪の街を歩いたんだけど 全身から10リットルは汗でた
その後 地下鉄の売店でポカリ一気飲み(生ビールならもっと良かったんだけど!)
こうも暑いと 冷奴とか素麺とか冷麺を食べたくなります
まぁ
あのまますんなり秋になってくれるわけもなく
これから徐々に気配が出てきて
最高気温が30度に行かなくなって 朝が20度くらいになって行くのでしょうね
(ほんまかなぁ?)

ちょっとだけ本を読む元気が出てきた
「オープン・セサミ」(久保寺健彦 文藝春秋 ISBN:9784163291208)
「GF」を読む前にこっちにしようと ずいぶん前に新古書店さんで買い積読の山にあったのを取り出す
新聞で紹介されていた
「ギンガ」(山本精一 ブルース・インターアクションズ ISBN:9784860203283)
須藤さんの新刊が出てるのね
「ベースライン」(須藤靖貴 PHP文芸文庫 ISBN:9784569676807)
そうか~ れぶんの活躍に胸を熱くしたのは 去年の夏だったか...
これも新聞か何かに書いてあった
「いつだって大変な時代」(堀井憲一郎 講談社現代新書 ISBN:9784062881142)
「ふしぎなキリスト教」(橋爪大三郎・大澤真幸 講談社現代新書 ISBN:9784062881005)
そして リクエストを出したままで音沙汰の無い
「想い出あずかります」(吉野万理子 新潮社 ISBN:9784103006336)
これらをどかどかと買ってしまう
ふ~む
読むスピードよりも 買ってしまう本の数が明らかに上回っている!
ちょびちょび読んでいくしかないのだけど
こりゃ またしても積読の壁が高くなってしまいそうだなぁ

本の読み過ぎや働きすぎということは一切ないのだけど
どうも今頃夏バテがやってきたのか
ここ一日二日 元気がなく疲れてる
時間だけはしっかり寝ているのだけど どうもな 疲れが抜けなく
ふいに眠気が襲ってきてどうしようもない
夏バテなのか 年なのか 熱中症なのかしらん?
[PR]
by hangzhou21 | 2011-08-23 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)