<   2011年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧

■ 七月のお昼ご飯

c0067706_6533077.jpg


7/1 金
朝から高槻
若いのを連れて久々に「いろは」へ“いろは定食”
う~ん 全てがちびっこになってました がっくし...

7/2 土
長居の「一心」で“ざるうどん・特大+ビール”
暑い季節に 涼しいざるにビールはいい組合せです!

7/3 日
夏栗山の帰り道
「みのりや」で買ってきた“びわデニッシュ”“とまととツナ”
いやぁ 美味しい!

7/4 月
若いのと2ビル地下1階の「北斗星」へ 少し待ちました
“トルコライス・大 トンカツのせ”まずまず 
でも 違うメニューにしたら良かったかな

7/5 火
若いのを連れて マルビルの「御馥(イーフー)」
人数が多かったので円卓
ここは 手頃で本格的 たまにはこんなランチもいいものです

7/6 水
駅前2ビルB2の「にしき」
“鶏ポン・冷・1.5”はいはいこの味です!

7/7 木
奈良 いろいろ考えたけど「まぐろ小屋」
“鉄火丼+唐揚げ”この組合せ 魅力的ですなぁ

7/8 金
急遽お休みにする
じゃ行くしかないでしょ!
長居の「一心」“ざるうどん・特大+ビール”

7/9 土
扇ノ山へ
前から気になっていた
「そば処春来 てっぺん」で“ざるそば”
思っていた感じとちと違う
そばはまぁまぁ

7/10 日
庭仕事の後でパスタをゆがいていただきました

7/11 月
いつものように2ビルの「にしき」“鶏ポン・冷・1.5”です

7/12 火
天満に出ていたので何か食べようかと思ったけど梅田まで戻る
久しぶりに3ビルの「竹生庵」で“おろしそば”
ここは安定してます

7/13 水
少し元気が戻ってきた!
がっつり食べたくなって ど~ちかの「TSUBOYA」で“塩セット”
いやはや ほんま お腹が一杯になりますなぁ

7/14 木
桜橋の交差点 南東角の東洋ビル
そこの地下にひっそりとある「はま栄」は久しぶり
あっさり食べたかったしね
“丼セット 冷たい蕎麦” 丼はカツ丼でした
こういうタイプのお店はどんどん姿を消してるよね
流行ってて嬉しかったな

7/15 金
銀座の松坂屋の地下にある「キッチン・スギモト」の“黒毛和牛すき鍋”
さすがに三度目なので この美味しさにも もう慣れてしまいました

7/16 土
神保町さくら通りにある「キッチン南海」へ来るのは何年ぶりかな
“クリームコロッケ・しょうが焼き+ライス”

7/17 日
幕見のあとに長居の「一心」で“ざるうどん特大+ビール”
いや 美味しいのなんの!

7/18 月祝
「みのり屋」のパンを予約してた
ここのパンはなかなか美味しいです
ボリュームがあって 二つでお腹が一杯!

7/19 火
「にしき」で“鶏ポン・冷・1.5”
たまには違うメニューも食べようかなとも思うけど...

7/20 水
若いのと八尾へ車で出る
でも 時間が押しているので梅田まで一旦戻る
この若いのが好きな「佐くら」で“トンカツ定食”です

7/21 木
時間がないし気分ものらない
阪神改札前の「ミンガス」で“チキンカレー”

7/22 金
早朝から鶴見で取材
地下鉄で肥後橋まで戻って「だい富」で“うな重”です
ここのウナギはいけます!

7/23 土
伊勢の「川広」で“うな重”
う~む これぞ東海圏のうなぎ!

7/24 日
長居の「一心」で“ざるうどん特大”
これから歌舞伎だからビールは我慢

7/25 月
1ビルB2のカレー屋を若いのが絶賛しているので行ってみた
「DUBSTAダブスタ」で“黒マー油カレー”
ボクにとっては 絶賛とまでは行かず...

7/26 火
てつくんと地下の「民生」でお昼のランチ(海老チリと酢豚)

7/27 水
昼からお休み こうなったら長居まで脚を伸ばすしかないでしょ!
「一心」で“ざるうどん特大”

7/28 木
「にしき」でいつもの“鶏ポン・冷・1.5”
これこれ!

7/29 金
京橋だから鰻屋の「紫煙」も一瞬アタマをかすめたけど
何故か駅構内の「吉野家」で“並+タマゴ”
吉野家久しぶりやなぁ

7/30 土
谷九なのか上六なのか
「ひらやま」という鰻屋さんへ
そうそう 関東風の鰻はふっくらして やっぱり美味しいのよね
まぁ 客あしらいは最低線だけど お味はかなりいけてます

7/31 日
早朝から愛宕山へ千日詣
疲れ果てて下山 温泉を経由し 四条大宮近くの「京珉」
餃子とカレーチャーハン
懐かしいお味でした
[PR]
by hangzhou21 | 2011-07-31 23:58 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 五回目のおのぼりやす

c0067706_6474674.jpg


京都
嵐山のさきにある清滝から辿る愛宕山の山頂へ至るコース
7月のおしまいに歩くのは「千日詣」
7/31の日暮れから8/1の未明にかけてお参りすれば
その一回で千日お参りしたのと同じ効果があるという
また 幼いうちにお参りすれば その子は一生火の難に遭わないという
その昔 火は今とは比較にならなないほど 災いだったんだろうな

ちゅうことで
もう何回目なのか「千日詣」を歩いてきました
(調べてみると5回目 このコースそのものは7回目)
少し本分からはそれるけど 涼しい早朝に歩いてしまおうという作戦

躓きは早朝から!
なんと 日頃から若いのに「遅刻はアカン!」と口を酸っぱくして云ってるのに
4時の目覚しで起きたものの 何故か二度寝
気が付いたら 同行する森の音さんの家での待合わせ時間やんか!
これがアカンかったのか それとも みんな考えることが一緒なのか...
清滝の駐車場の入るのに1時間待ち とほほ...

忍の字と我慢のコースなのはもう分ってる
流れる汗をぬぐう間も惜しんでひたすら脚を進めるしかない!
今までの経験で16~19/40くらいが一番の難所とはわかってる
何が助かるって
朝が早いので降りてくる人がほとんどいない
従って恒例の「おのぼりや~す」「おくだりや~す」のエール交換がほとんどない!
これは 精神衛生上大きいです はい

途中から 2時間を切ることに意義が見出せなくなり
結局 休み休みで 2時間10分ほどで ラストの“いぢめの石段”を登り切る
全身全霊汗もしたたるええ男 というか 濡れネズミ
普段の山行とは全く違う達成感
暗闇の中 ぼ~っと浮かび上がる提灯の光に照らされる山門もいいものですが
朝のうちに出発して 明るい中を歩いてしまうのも 爽やかでなかなかいいものです
同行をお願いした 森の音さんなっちゃん カメラのMさん そのご友人のYさん
ありがとうございました!

ふ~む
これで 5回目だから
きっと ボクももう一生 火の難からは逃れられてもよさそう
向こうが避けてくれるでしょう きっと
帰路は「天山の湯」で温泉と水風呂 そして 「京珉」の餃子で生き返りました!
(クルマなので ぐっとビールを飲めなかったのが ほんまに残念!)
来年はどうしようかな?
[PR]
by hangzhou21 | 2011-07-31 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 蜂蜜

c0067706_6391126.jpg



春に植え替えをした植木鉢のツバキたち
うららかな春を過ごし梅雨の雨に打たれ酷暑に耐え
ようやく落ち着いて来たかな そろそろ置肥をあげよう
穏かに効力を出す緩効性化成肥料を数粒ずつ
ふと見ると 地植えのツバキたちには小さなツボミがあちこちにあって
そうか~ 今年の秋の訪れは遅くないのかなと思ってしまう
去年は早咲きの品種も ずいぶんと遅れたけどね
草むしりもして 気になる徒長枝も落とす
いつの間にか 夏ツバキの花もすっかり終って
今は百日紅ですね(家にはないけど)
ムクゲ(無窮花)やノウゼンカズラ(凌霄花)
それに キョウチクトウ(夾竹桃)
真夏にも花は咲き誇っているもんですね

たっぷりとかいた汗をシャワーと水風呂ですっきりして
大阪へ向かう
気になっていた映画「蜂蜜」が終わってしまいそう
びっくりしたけど 一回のみの上映になっているのにほぼ満席!
静かで興味深いお話しだけど
あまりに静か過ぎて(何しろ音楽が一切入っていない)撃沈しそうになる
静かな山の暮らしとともに 少年期のナイーブな心の揺れが見事に切り取られている
せっかく あんまり好きではない毎朝のミルクを飲み干せたし
憧れのバッジを先生から胸につけてもらった日に...
なんか ユスフの気持ちがわかるなぁ
2010年のベルリン映画祭金熊賞の受賞作です
「ユスフ三部作」の三作目ということなので 他のも観てみたいな

昨日
何故か左足のクスリ指の先っぽにマメが出来て それがつぶれた
痛い
歩くのがいやになるほど痛い!
う~む 明日は愛宕山を歩くのに治ってくれるんかいな?

※写真は今日のお昼にいただいた
上六「ひらやま」の鰻重です 美味しかった!
[PR]
by hangzhou21 | 2011-07-30 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ チキンラーメン

c0067706_7304069.jpg


ろくなことがない毎日
これでは気も塞ぐ

中国浙江省では中国版の新幹線が衝突脱線事故
事故そのものも衝撃的だったけど
その後がもっと衝撃的
ふ~む...
計らずも「マスメディアとは何なのか」を考えてしまいました

ソウルでは集中豪雨で“水爆弾”だったとか
漢河はあふれそうだし 街中も洪水で 被害が出てる
ソウルは意外と坂が多い街だし 低い場所では水に浸かっているのかな
排水も都市機能のひとつなのだと 思い出させてくれました

一方

御堂筋沿いにある銅像
一夜にして赤い服を着せられているという“事件”(?)
少し ニヤリとしてしまうやんか!
誰がどんな意図で行ったのかは知らないけど
メッセージ色が全く無いのがいいね
翌朝 すぐに脱がせてしまったのは ちびっと残念だけど

尼崎の園田近辺では アライグマがうろうろしているらしい
決まって 犬の散歩中の方が アライグマに噛まれてる
ふ~ん そうなんや って感じだけど
そのアライグマを捕獲するための檻に仕掛ける餌
チキンラーメンが効果的なんだというのは 少し笑ってしまった
そうか ラスカルはチキンラーメンが好物なのね
(ボクも思い出したように無性に食べたくなることがあるけど)
今まで二匹捕まっているけど また噛まれる事件が起こっているから
あと何匹か隠れているのか...


サンフレ
水曜夜のナビスコカップ一回戦(アウェイ)に破れ
1分1敗で一回戦で敗退
昨年 ファイナルで惜敗した借りを返すことはならず
このところ すっかり調子を落として勝てない
立て直したいところなのに 過密日程でそれもままならない
不運もあるけど どうにかならんか!
このままでは タイトルは難しい!
[PR]
by hangzhou21 | 2011-07-29 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ ラジオ

c0067706_6595576.jpg


今使っているラジオ
ついこないだ買ったばっかりだと思っていたけど
考えてみたら 広島へ異動したときに買ったんだった
広島ではAMでの競馬中継がなくて 短波が受信できるラジオを選んだ
ということは“こないだ”では全然なくて なんと20年ほど前やんか!
ここ数年 音量の調節が上手くいかなくなって
結構 大きなボリュームで鳴らしていた(耳が遠くなったお年寄りみたい!)
夏場になって窓を開け放しているから 近所迷惑かな
「これじゃアカン」と
ようやく 重い腰を上げて買いに行く
だいち いまどき 単体のラジオなんて売っているのか? 素朴な疑問もあった
でも 大阪駅前のヨドバシではちゃんと売ってる
大きくなくて AMFM短波が聴けて スリープモードもあったらいいな
20年前は10,000円以上したような気がしたけど
ボクの希望をほぼ満たしてくれるラジオが2,400円でした
こうして あと20年ほどはボクのラジオライフが続くんでしょう きっと

腰も首も快調!
すっきりしました!
でも
こんな夏場に織部さんのお世話になるのは珍しい
いつもはたいてい 忙しさのピークの冬場なんだけどね
昨日は 凄く空いてたしな
ほとんどの人は快調なのかな?
[PR]
by hangzhou21 | 2011-07-28 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 腰痛

c0067706_2111494.jpg


夏休みになると
どこの書店さんでも 各版元ごとに文庫のフェアがドンと積まれている
そんな中で目に付いたのが集英社の「ナツイチ2011」
(ちゃんときれいなweb-siteまである!)
その中の一冊に高野秀行の「腰痛探検家」(ISBN:9784087466355)が入っている
確かにこの本 そこそこ面白かった(切実な方にはごめんなさい!)
そうか~ 夏休みのこの手のフェアって学生さんが対象かと思っていたら そうでもないんだ!
だからこの本も選ばれているのか!
文庫なので最新刊は入っていないものの
いわゆる古典と呼んでも差し支えのないものから
「岳物語」(椎名誠)とか「神々の山嶺」(夢枕獏) 「荒野へ」(ジョン・クラカワー)
こんなのまで入っているのに ちびっと驚く

ここ1~2週間ほど
腰と首の具合がどうも良くない
お尻が大きなコップで その中にある腰がぐらぐらと揺れて痛むって感じ
首はクビそのものはもちろん肩まで痛い 影響で頭痛まで...
今週のアタマあたりがひどかった(近鉄急行のせいかな?)
思い切って午後休んで織部さんへ行こう!
(そう決断すると なぜか痛みが収まったような...)
痛くないなら織部さんへ行くのを止めようかとも思ったけど 折角だしね 
まず 症状を話して立ち姿を見てもらい ふむふむここやなって感じ
電気治療 これが的確なところに電気がビビビって走って 実によい!
全身マッサージベッド(これ ほんまに家に欲しい!)
こうしてほぐしてから 施術台へ
えい やぁ って腰の骨のゆがみを治してもらう
それから 座って はい 少し上を向いて 力抜いて...
軽い感じでアタマを手のひらで持ってもらったと思ったら
ぽきぽきぽきぽき... そんな感じでクビの骨が鳴ったとおもったら
「はい OKです!」
物理的にも心理的にも 安心して任せていられる主治医がいて ボクは幸せだなぁ...
施術後 すぐにスッキリしているかというと そんなことはない
今までのズレを筋肉がかばっているからね
でも 翌朝にはスッキリ快感!
な~んだ もっと早く行っておけば良かった

この本 何かの書評にも載っていたし
カバーの絵がね あのコミック「かぶく者」のたなか亜希夫なんだろうな
(やっぱりそうでした!)
そこで買ったままになっていた
「贋屋十四郎 影桜、咲かせやしょう」(ヒキタクニオ 徳間書店 ISBN:9784198631901)
どうかな~
面白いかな?
[PR]
by hangzhou21 | 2011-07-27 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ Kilroy was here

c0067706_6364576.jpg


先日の伊勢名古屋遠征のお供は
「楊令伝 2 辺烽の章」(北方謙三 集英社文庫 ISBN:9784087467154)
いよいよ楊令が登場
物語りが次の段階へ音を立てて移り変わろうとする“胎動”を感じる
ボクが好きなキャラクターの一人 武松
“吹毛剣”で右腕の先を切られる それを喰らうのが なんとも凄い...
(まるで魯智深なんだけど...) 
胸が熱くなって来た頃に あっちゅう間に2巻もおしまい
これで またひと月おあずけか...

もう一冊が
「グランプリ」(高千穂遥 早川書房 ISBN:9784152092182)
ふ~む
この書き手さん 今までもうひとつ評価していなかっただけに
いい意味で驚き すっかり嵌まってしまった
もちろんボクは 競輪を知らないわけじゃないし 嗜んだこともある
といいうのも
もう15年ほど前かな 「ギャンブルレーサー」というマンガに影響を受け
宇品の広島競輪場や西宮や甲子園 岸和田などに行った
でも それっきりだったのも確か
競輪は人が走る
それだけに 予想のファクターは競馬とは全く違う...
当たらなかったわけじゃないけど 馴染めなかった
で この「グランプリ」
人の脚だからこそのドラマ とても巧みに取り入れ
しっかり読ませて離さない魅力を持っている
たまたま舞台が競輪というだけ
読み物として一級品の仕上がり おすすめできます!


もう一冊(こちらは遠征中にページを開かなかったけど)
「学校を変える力」(デボラ・マイヤー 岩波書店 ISBN:9784000258043)
1/5ほど読み進めたけど いまいちピンと来ない
途中で読むのをやめることは まずないけど
珍しく ギブアップしかけてる...

その代わりに読み始めて 読み終わってしまったのが
「謎の1セント硬貨」(向井万起男 講談社 ISBN:9784062152686)
新聞で紹介されていてチェックしていたら 少し前に新古書店さんで出会った
積読から引き抜いたのが またまこの本だった
こちらも あんまり期待していなかったけど 面白い!
単純に面白いのだ!
書き手は 慶応大学医学部の准教授にして医師
そして 宇宙飛行士・向井千秋さんの旦那さんなんですね
この書き手さんがアメリカで出会った様々な出来事への考察と行動が記されている
な~んにもすることがない 読む本がない そんなときの気楽に楽しめます
まぁ 勉強になったりためになったりするわけじゃないけど
その考え方(感受性)と行動力には脱帽するしかないです はい!

読むはずだった「神様のカルテ」
探してもない 出てこない
まぁ 積読の本は逃げない そのうちどこかから出てくるでしょう きっと



昨日
若いのが泣きながら 終電まで残って考えた提案書
フォロー役の存在が功を奏したのか
今朝 もう一度打合せをしたときには まぁ なんとかなってたかな?
まだまだ 甘くて浅いけど 昨日“0点”だったことを思うと良くなってる
何箇所か修正をしてもらい
諸般の都合で プレゼンは若いの本人ではなくボクがすることに
お客さんの反応は悪くなかった
スグには結論は出ないけど 良い結果が出れば
若いのにはかなりの自信になるんだけどな~...
[PR]
by hangzhou21 | 2011-07-26 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 涙の意味は

c0067706_6384527.jpg


日頃から
「考えることが大事やねん」なんて
生意気なことを 口を酸っぱくして若いのに言ってるつもり
でも その思いを伝えるのは難しいものやねんな
改めてそう感じる

今月から預かっている若いのと
金曜に一時間以上お話しをしたんだけど
その話した中味 残念ながら全く伝わっていなかったのだと知る
もう一度 呼び出して 話しをしたら
「あヽ やっぱりな」 泣かれてしまう
叱り方 怒り方 伝え方 難しい
でも
今日は具体的な事例を前にしてのこと(金曜は建前論だったのかもしれない)
せなしゃぁない案件を前にしいるから 時間との闘いもある
短い時間の中で どれだけ頑張れるのか
あんまり期待もしていないけど 不安九分 期待一分
フォロー役に中堅の男の子も付ける
自分だけでは勝手に成長はしてくれないのだったら
手本を見せて なおかつ フォロー役もね
その後は 気付けるかどうか もう本人次第だしね
まだ 匙は投げないけど
とにかく一生懸命に取組んで欲しい
訳が分らなくてもなんでもいい 一生懸命さが若いのの 唯一の取柄なんだし
そこにこそ 今夜流した涙の意味があるんんじゃないかな?
しかしなぁ...
またしても よく泣く若いのを預かってしまったのか...
まぁ いいけどね



きのう
松竹座でチラシが置いてあったのが
「第四回 永楽館大歌舞伎」
とうとう演目も決まった
「双蝶々曲輪日記 ~ 引窓」
「口上」
「茶壷」
この三題 「引窓」はともかく「茶壷」は初めてなので楽しみ!
愛之助 壱太郎はずっと出てて 昨年に引き続き吉弥さん
そして 錦之助さんと隼人くんが永楽館では初のお目見えということになりますね
永楽館 ちびっこの劇場なんです
でも このサイズだからこその魅力も満載!
ずい分先だけど 11/4→11/9の上演なので 是非!
[PR]
by hangzhou21 | 2011-07-25 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ リコーダーの音色

c0067706_637824.jpg


チック・コリアというジャズのピアニストが好きで
ずいぶんまえに 廉価版の「Friends」というCDを買った
(もちろん新譜ではなく 30年近く前のアルバム)
そのままになっていたのを取り出して Qちゃんのカーステに入れる
タイトル曲(昔の表現だと“B面の1曲目”)
そのフルートの音色に心を打たれる
「そうそう 楽器の演奏は 息継ぎも含めて
電子楽器では決して出せない この“均一感のなさ”が魅力なのね」

そんなことを思っていたら
世間はもう夏休みなのか
朝起きて ごにょごにょとしていると
前の小学校からリーコーダーの音色が聞こえてくる
その旋律は間違いなく「夏の思い出」
(♪ 夏が来れば思い出す~ ってヤツです)
何度もつっかえながらも 何人かで合奏の稽古しているんかなぁ
決して上手くはない
でも その優しい音色に 思わずボクの心が和む
“いいもんだな 小学校が近くにあるのも...”
いつもは騒がしいだけ でも たまにはそう思う


関西・歌舞伎を愛する会 第20回 七月大歌舞伎(松竹座)
昼の部 (幕見)
「江戸唄情節」
仁左衛門さんの三味線の腕が見せどころ聞かせどころ
時蔵さんは今まで注目したことなかったけど 声がいいね
でも ずいぶん撃沈してしまいました

夜の部
「菅原伝授手習鑑~車引」
「伊勢音頭恋寝刃(いせおんどこいのねたば)」
「車引」
孝太郎 進之助 愛之助の揃い踏み
このお話しは 車引よりも寺子屋の方が好きかな(哀しいお話しだけど)
「伊勢音頭~」は 通し狂言
もちろん初めて拝見します
仁左衛門さんって そこにいるだけで舞台が締るから不思議
不条理なお話しが展開されるのだけど
ストーリーだけを追うのじゃないしね
ここでも時蔵さんが良かったし 我當さんもいい役でした
秀太郎さん どうも藤十郎さんに見えて仕方なかったけど 気のせいかな?
まずまず
一見の価値はあるかもしれません 27日まで
[PR]
by hangzhou21 | 2011-07-24 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 神保町の恨みを 伊勢と名古屋で晴らす!

c0067706_7114597.jpg


てつくんが伊勢へ行って 美味しい鰻を食べてきたらしい
さっそく 教えてもらった
宇治山田から少しのところにある「川広」
(しかし 今まで 宇治山田=伊勢とは知らへんかった!)
ふむふむ
サンフレの応援で名古屋へ行くから
近鉄を乗り継いで宇治山田へ脚を伸ばすか!
(結局 乗り継がなくても 鶴橋から一本で行けました!)
途中 伊勢郵便局もある(事前の調査で土曜も窓口が開いてるのは確認済み)
「そうそうこの味!」
東海圏の鰻は 蒸が入らないから 皮はかりかり身はジューシー 独特の食感
丼はご飯にタレが絡めてあって 重はタレを上からかけたものだそうです
関東の鰻のように お箸でさくっと身が切れることはなくて 弾力があるのが特徴
ほんま“ええ感じ”です
併せて“昼ビール”(実際はお昼前だから“午前中ビール”)
これも ええね

名古屋までの車中 絶好のお昼寝タイム!
ちょっと岐阜へ寄ってから
金山を経て 瑞穂競技場
ここにも「うな豊」という 良さげな鰻屋があるのを調べてある
“白焼重”にする これが あっさりしていて なかなかいい!
鰻を細く短冊に切ってあるんだけど
長焼きのままか 普通のうな丼のような切り方の方がボクの好み
(そうしないと 弾力の有る食感が楽しめない!)

二日間で三食も鰻を食べた
これで 夏バテはきっとないな!


ボクは夏バテ解消だけど
サンフレは重症
どこかが噛み合っていない
ゲームを通して勝てそうな雰囲気を全く感じられなかった
ふ~む
思い切った立直しが必要
[PR]
by hangzhou21 | 2011-07-23 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)