<   2010年 10月 ( 32 )   > この月の画像一覧

■ 十月のお昼


10/1 金
いろいろ押していて さくっと食べようと
久しぶりに 桜橋の三菱UFJ地下1階にある「はま栄」で“丼定食”

10/2 土
西京極でサンフレの応援
その前にランチしようと 事前にチェックして「サラダの店サンチョ 西京極店
「お料理が出るまで1時間かかります」と云われて断念(なんで?)
近くの「はたごや」という高級そうな個室居酒屋(?)でお昼御膳

10/3 日
長居駅の階段を上がっていくと ぱらりと雨
「ありゃ!」
「一心」で“ざるうどん・大(+おむすび ビール)”美味しい!

10/4 月
ラーメンが食べたいけど 桜橋界隈に美味しい普通のラーメン屋さんはない
仕方ないから
ドーチカの「TSUBOYA」で“醤油セット”
不覚にも腹一杯になってしまった...

10/5 火
昼から用事でそっちの方面へ出かけるので
このところすっかりご無沙汰の「たけうち」で“鶏天ぶっかけ・冷・麺少な目”
確かに 麺はもちもちしていい感じだし
鶏天もモモ肉を使っているだけに美味しい!

ここのダシってこんな味やったけ?

10/6 水
出るのが惜しくて
若いのにほか弁を買ってきてもらう
“唐スペ”にしました

10/7 木
若いのを誘って
ハービスプラザイーストのB2「たちばな」で“しらす丼”
う~ イメージと異なるものでした

10/8 金
この日も若いのと1ビル1階の「○秀・まるしゅう」
ふ~ん こんなお店があったのね “寿司定食”にしました
まぁ こんなもんかな

10/9 土
このところ週末に一度は長居の「一心」
“ざる・特大(+ビール)”
ほんまに美味しいです!

10/10 日
沼津へ
まず「うなよし」で“うな丼”まずまず
それから「杭州飯店」で“ラーメン”もうひとつやったなぁ

10/11 月祝
倶楽部の例会で比良の武奈ガ岳
お弁当のおむすび 美味しいなぁ!

10/12 火
久しぶりに1ビルB2の「うどん棒」で“生醤油・大”
ここは麺がもっちりしてますね

10/13 水
カレーが食べたくなって
阪神の改札前にある「ミンガス」で
“牛厚切りカレー・大”
ノドの奥までカレーになりました

10/14 木
2ビルB2にあるいつもの「にしき」“鶏ポン・冷・1.5”
うどんも実に個性がある食べ物やねんなぁ...
ここも美味しいです!

10/15 金
遠いけど どうしても食べたくて長居の「一心」で“ざる・特大”
ほんま 美味しいです!

10/16 土
例会だから生駒山でおむすび
ほんまに 動いて食べるおむすびは美味しいょ!

10/17 日
ラーメン力」「十割亭」「今浪うどん」と北九州の麺食べ歩き
それぞれ美味しかったけど
もう胃も若くないねんなぁ...

10/18 月
八幡駅からそう離れていないところにある「芭蕉庵」で“おろし蕎麦”
おろしがとても粗くおろしてあって それが新鮮(もう少し辛いと尚良かってんけど)
元気良く流行ってました!

10/19 火
久しぶりに 東梅田の「青冥」で“やきそばセット”
美味しかったけど ほんまにお腹一杯になってしまいます!

10/20 水
2ビルB2にあるいつもの「にしき」“鶏ポン・冷・1.5”
最近は並んでいることもないなぁ...

10/21 木
前回は定休日で空振りだった天七「たかま」ようやく行ってきました
“いなか”一枚 研ぎ澄まされたようなおそばでした
すると バスで若いのに会う
お昼がまだだというので
3ビルB2の「踊るうどん」でもう一回 “わかめぶっかけ・冷”

10/22 金
十三に行っていたので梅田に戻って
三番街の「本みやけ」で“ステーキ重・肉ごはん大盛り”
相変わらず美味しかったけど がっつり行きすぎました...反省です

10/23 土
13時過ぎまで谷四で撮影
まだ開いてるかなと あわてて長居まで地下鉄
やってました「一心」 “ざるうどん・大”+おむすびです
ほんまに ここはダシが美味しいよ~!

10/24 日
何の因果かしいたけ狩り
これが意外と楽しく美味しい!

10/25 月
哲くんに教えてもらった神田の「やまいち」で“ロース定食”
分厚いトンカツは東京ならでは 美味しいです

10/26 火
お腹が空いていたので たくさん食べたいという欲望
ふ~む
ド~チカ「TSUBOYA」で“醤油セット”

10/27 水
阪神の地下でうなぎ弁当を買って
中村座の桜席でいただきました

10/28 木
昼前に若いのと十三
少し早いけど梅田に戻って三番街の「RON」でBセット
その後一旦事務所に戻り 奈良に行くまでに長居へ寄って
「一心」で“ざるうどん” 美味しいです

10/29 金
新高島平の駅前 ひょっとしたら昼飯は抜きかと心配していただけに
お店があったことに素直に感謝
「庄や」で“焼魚定食”
こういうチェーン店に入るのは久しぶりです はい

10/30 土
神保町の「なかや」でうなぎ
久しぶりだけど まずまず

10/31 日
横浜 10月の締めくくりは
勝烈庵」で“ロース定食”
とんかつはまずまずかな
味噌汁がとても美味しかったです
[PR]
by hangzhou21 | 2010-10-31 23:58 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 負けました!

c0067706_74639100.jpg


まるで 下位のクラブと対戦するときのよう
ふわ~としたゲームの入り方
チャンスらしいチャンスも作れないまま
足に吸い付くようにボールが運べたワンチャンスをものにしたけど
その後も修正できずに逆転負け
実は今日のゲーム
三点差以上付けて勝てば得失点差でもう少し上位に行けた
負けるなんて思っていなくて どれだけ点が取れるか そんなことを思っていたら
案の定...
あかん時のサンフレだった
おまけに 順位を二つも下げてしまった
でも まだシーズンは終ったわけでもなし
厳しさは増したものの ACLも消滅したわけじゃない!
水曜にはナビスコカップの決勝も控えている
何とか気持ちを入れ替えて 水曜はブレイクして欲しい

しかしなぁ
悩ましいのはメンバー
故障者が続々と戻って来て
今 使えないのは公太と盛田くらい
特に中盤は厚くて 青山が控えにまわっているもんな
今日も イッセイも洋次郎も悪くなかったし チュンソンだって好調
水曜の先発メンバーは難しい
一層のこと 切り替えて行くのがいいかもしれない

横浜に来るのは 今を去るウン年前以来 
その時の印象も薄くて 初めて来たのと同じかな
一番最初に寄ったのがウインズというのがボクらしいか
(天皇杯は硬く収まったので出番なし!)
その後 関内 伊勢崎町をぶらぶらと
街の灯りがとても綺麗ね♪ なんて口ずさむところがすでにおっちゃん
都会と地方都市が微妙に入り混じっているように感じたのは
そんなところばかり歩いたせいかな

Jリーグが始まって何年?
ようやくにして初めてお邪魔した三ツ沢球技場
(マリノスは一度も降格してないしね)
緑に囲まれ こじんまりとして しかも トラックがないので近くていい!
帰りは横浜駅まで歩ける距離だしね
大宮サッカー場 柏のスタジアムと並んで サッカーを見るにはいいです
サンフレもこんなスタジアムを作ってくれないかな
日本平も磐田もバードスタジアムにキンチョウも神戸も福岡もサッカー専用
近いのはいい!
(カシマも仙台もそうだよね)

水曜はもう一度行く 国立
その次の日曜は ビッグアーチでレッズ戦 これも行きます!
去年だって 木枯らし吹く中 等々力で大敗を喫して(ほんま寒かった!)
そこからリーグ4位をもぎ取った!
今年だって出来るはずや!
[PR]
by hangzhou21 | 2010-10-31 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 瞳の強さ

何故か錦糸町のウインズ
駅からウインズの建物 信号ひとつだけなのに ズボンがしっかり濡れるほど
「台風ほんまに来てるんやなぁ」
東京競馬は台風の影響で中止になってしまっているやんか!
「若いのは今日から熊野古道へ行くはずやったけど 大丈夫なんかな?」とふと思う

前売りのオッズを見ていると
京都4Rの障害未勝利 出津のラストランが異様に売れてる
(ボクも記念に応援馬券を100円!)
メインのスワンステークス 久々にジョーカプチーノが出てる
全くのノーマーク こちらも応援馬券を100円だけ(しまった!がっつり買えば良かった!)

岩波ホールは「山の郵便配達」以来かな
ちょっと話題になっていたので観たいと思っていた「冬の小鳥」
7分ほどの入り
予備知識を入れないようにして拝見したせいもあったのか
主人公の瞳の強さに激しく胸を突かれてしまう
なんという運命 
その境遇というか運命に抗えない小さな存在は実に哀しい
素朴な「どうして?」とか「なぜ?」という思いに答えられない
諦めではなく 人生の流れに身をゆだねる 上手にではなく実に不器用に
彼女が熱心に植え込みの中に穴を掘る その理由がわかったときにはドキリとしてしまう
この子 大成するかな 顔つき特に眼がいいね
豪華なキャスト ソルギョング 「グエムル」の女の子コアソンも出ています(気が付かなかったけど)
楽しいわけでもないし すがすがしかったり すっきりするわけでもないけど
「いい映画を観たな」と思える おすすめ!
大阪では梅田ガーデンシネマで上映中です

ところで
指のひび割れが快方に向かっている
すっかり落ち着いて 今週からは包帯も外している
「白色ワセリンがいいですよ」と教えてもらって塗り始め
それに前後して K企画のかっちんから“秘密のクスリ”もわけていただいた
かっちんも部首は違うけど同じようなひび割れに苦しめられていたらしい
ワセリンやクスリが効いたのか
それとも 大きな〆切も終わってストレスから解放されたからなのか
理由ははっきりしないけど ほんまに良かった!

11/3(水・祝)に予定していたハイキング倶楽部の飯ごう炊さん
若いのに実行委員長を任せるつもりだったけど
諸般の事情で今回は中止にしました
ピクセンも飯ごう炊さんも逃げないしね
来春 桜花賞の前週にでもまたしましょう
[PR]
by hangzhou21 | 2010-10-30 20:40 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 寒くなったのに台風接近!

今週に入って
木枯し一号が吹き
どうやら長かった夏もおしまい ようやく冬の入り口に辿り着いたみたい
タバコをのむためにビルの外に出て「寒い」と思う
この「寒い」という感覚 すっかり忘れていたなぁ...
コートやマフラーという気が早い人もちらほら
ボクは夏物のジャケットだけど 来週はフラノ地の冬物を出さないといけないかな
しかし こんなに寒くなってきたというのに 台風が日本を狙っているってどういうことよ!

月曜に続いて金曜も東京
埼玉の和光市を経由して 昼過ぎに「新高島平」
どんなところかと思ったら 何もない静かな住宅街
当初の予定だと ここで手早くという感じだったのに
用意していたスケジュールから大きく変更して
茨城県へ行ったり ビッグサイトまで行ったり... ほんまびっくり
幸いなことに 段取りも良く 協力的だし 何より道が空いていてスムーズに移動できた
(茨城→ビッグサイト間は後部座席で居眠りしてしまったけど)
ビッグサイトでクライアントの担当者と別れたときにはすっかり日も暮れてました

今週に入ってスポニチの競馬欄に小さな記事
障害ジョッキーだった出津騎手 今週一杯で騎手を引退するという
う~む
いかつい顔つきで無愛想なジョッキーだったけれど
ボクは結構好きで
障害戦は印や人気に関係なく 出津~林~熊沢のボックスでよく買っていた
(あんまり当たらなかったけどね)
なんだか淋しい
明日 淀の未勝利戦が最後の騎乗だそうだ
ご苦労さまでした
[PR]
by hangzhou21 | 2010-10-29 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 最近読んだ本

和田竜の「のぼうの城」 上下組の文庫になり店頭に積まれている
「このお話しはまずまず面白かったなぁ」と思いながら
家に帰って ごそごそ積読の山を探す
「早雲の軍配者」 富樫倫太郎 中央公論新社 ISBN:9784120040993
「哄う合戦屋」 北沢秋 双葉社 ISBN:9784575236644
この二冊を探し出してカバーを掛ける
こういうのは旬のものだから
買ったことにだけ満足せず すぐに読まんとアカンね
とは云うものの
新幹線の往復は惰眠をむさぼり愚痴をこぼし
奈良に行ったけど近鉄の車内で居眠っていると なかなかページは進まない

「早雲~」
ボクは歴史に疎いので
このお話しがどこまで史実に忠実なのか
実在の人物かどうかは知らないけど
主人公の小太郎はなかなか魅力的
終わり方がやや唐突なので
続きがどうなるのか読みたくなる
切羽詰ったときに座禅を組むほどの余裕は無いけれど
相手がどう思いどう動くのかを考える ふむ 参考にさせていただきます
それに 足利学校って行ってみたくなりますね

「哄う~」
歴史上に名を残した武将についてはもう語り尽くされてしまったのかな
「早雲~」もそうだけど
そうした有名な武将の影に居たであろう参謀格にスポットを当てている
なるほどな上手くていいお話しでした
理詰めで考えることも必要だけど
ごく一部の天才には理詰めを超越したひらめきがあるのよね
こんな一徹のような一途で潔癖な人が居たのかどうかはわからないけど
まずまずのおすすめです はい

次はこちらも 積読の山から発掘した
「蛇衆」 矢野隆 集英社 ISBN:9784087712773
ちょっと おどろおどろしいタイトルだけどどんなもんでしょう
時代物にしては舞台が九州というのが面白い
もう少し台詞の言葉に気をつけてくれていたらもっと良かったかな?
(でもまだ1/5も進んでないから 今後に期待!)
[PR]
by hangzhou21 | 2010-10-28 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 桜席

な~んだ まだ残っているんだと
喜んで取りました 大阪平成中村座のチケット
あれだけ苦労したのに買えなかった「桜席」
楽日の昼の部
「熊谷陣屋」
「紅葉狩」
「封印切」
ほんといずれも夢を見させていただきました
でも やっぱりいいのは扇雀さん 上手い!
橋之助も獅童もそれなりに
勘三郎の忠兵衛は評価が分かれるところかな
彌十郎の八右衛門は悪くはないけれど
それならいっそうのこと橋之助に演らせらば面白かったかも

「桜席」は二階なんだけど 幕の内側にある
羅漢席の二階版
だから 全部見えてなかなか興味深い
お芝居そのものを楽しむ感じではないけど
舞台上の左右ではなく縦というか奥行きがわかって なかなか楽しい
これって本当にいいアイデアだと思います はい

もちろん仕事はお休みを貰っています
歌舞伎の後は
なっちゃんとライターさんと待ち合わせて谷六の焼鳥屋
待ち合わせの時間を間違えて 1時間も早く行ってしまう(あかんなぁ)
たまには カウンターで一人酒もええもんですな
そんなこんなで 楽しい一日でした はい
[PR]
by hangzhou21 | 2010-10-27 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ いろいろ思う木枯らし一号

暑くもなく寒くもないと 温泉へ行きたいとは思わへんのやな
と云うことは きっと空いているはず!
でも 往復もあわせると2時間を割いてまで行こうとも思わないから不思議
もう 二週ほど行ってないから 行きたいと思うけど
そんな晩に限って 珍しく21時過ぎまで取材
それも 恐ろしいほどにレベルの低い内容で いささか参ってしまう
木枯らし一号が吹いた大阪の街は淋しくて寒かったです

昨日の会議で聞いた発表に即発されたわけでもないし
帰りの新幹線で つっくんに愚痴を聞いてもらったからでもないけど
いろいろ思うところがあるのよね
もちろん 我が身のことは棚に上げてのことだけど...
これまで 博愛主義で面倒見良く接して来たけど
ほんまにそれでいいのかな?
本当は 精査して個々人に具体的な目標設定をして
相対的な評価ではなく 絶対的な評価をするべきなのかな
ボクも甘い でも 個々人はもっと甘い
出来ているのか出来ていないのか その擦りあわせをしっかりしないと
ボクにも若いのにも 評価の基準が判りにくい
現実を突き付けないと判らない若いのがいる
(失敗はスグに忘れて 成功体験にだけしがみついてしまう)
その結果が“不満”として表面化すると辛い

本当にこの仕事がしたいのか?
この仕事に向いているのか?
あるいは
この仕事を続けたいのなら そのためにどういう努力をしているのか?
シビアで厳しいようだけど それを知りたい

思い込んでいるだけじゃないの?
向いてないのじゃないの?
無理してない?
そして 安住してない?
何となくしているだけでは
足許はあなたが思っているほど 強固なものじゃないよ

21時過ぎ
取材を終えて事務所に戻ると
何とも云えない気だるい空気が充満していた
その雰囲気をリードしている本人は 何も気が付いていないんやろなぁ...
[PR]
by hangzhou21 | 2010-10-26 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(4)

■ 週明け会議

東京へ会議で出張
年に4回ほどある
会議と云ってもボクが何か発言することは間違っても無く
何時間か 誰かの発表を拝聴させていただくことになる
折りしも経済情勢は厳しく 自分の置かれている立場をひしひしと感じる
まぁ そんなに暗い後ろ向きのお話しばかりではなかったのが せめてもの救い
それでも 自分の足許を見ると
そうも呑気な気分ではいられないけどね

奇跡的に 前倒しで終わる
いろいろ用事も抱えている身だけに
早い新幹線へ変更してもらい そそくさと東京を後にする
う~
新幹線で帰るのか 飛行機で帰るのか
果たしてどっちが便利で早いのかは難しい判断だけど
3時間10分時代とはずいぶんマシになったとはいえ
やっぱり新幹線は長いなぁ...

前のこの会議のときに
哲くんに教えてもらった神田のトンカツ屋へ行くと
カウンターに横須賀出身の若いのが座っている
そうこうしていると なんと約束していたのでも何でもないけど
哲くん本人も登場して 何だか不思議な感じ
でも トンカツは美味しかったです はい!
[PR]
by hangzhou21 | 2010-10-25 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ しいたけ狩り

c0067706_6275158.jpg


毎日毎日
仕事のウサを忘れて遊び歩いているわけだけど
何故か今日は “しいたけ狩り”
「ハイキングはちょっと...」という あんまりアウトドア志向が強くない若いのと行って来ました

しいたけを“狩る”というのは有り得るのか?
むしろ“刈る”ではないかと思うんやけど...
まぁ それは表現の問題かな

JR高槻駅から路線バスに揺られて30分以上 到着したのは「高槻森林観光センター」
どんなところかと思っていたら しっかりしていて いろんな施設が整然とある
温泉 フィールドアスレチック 野菜販売所 喫茶 BBQレストラン...
奥まったところに「高槻しいたけセンター」なる大きなビニールハウス
入り口で籠を受け取って ビニールハウス内に進んで行くと...

ほだ木が整然と並べられていて
そこにニョキニョキとしいたけが生えておりました!
う~む
“狩り”にはほど遠いものの「どれが美味そうなんやろ~」と選んでもぎ取るのは
案外楽しい作業なんやなぁ...
帰りに収穫したしいたけを100g250円で買い取らなくてはいけないので
選別する眼は 自然と鋭くなります!
作業をしているお兄さんに「どんなんが美味しいのか」しっかりレクチャーを受けつつも
やっぱり傘が大きく成長したしいたけに目が行きますね
(この価格設定が高いのか安いのかもさっぱりわからないしね)

その後
BBQレストランに場所を移し
もちろん肉も焼くんだけど メインは収穫したばかりのしいたけ
塩を振りかけて炭火で焼くと ほんま美味しい!
どんどん進みます!
間違いなく 生涯で一番たくさんしいたけを食べたな 今日は
きっと もうこれ以上のしいたけを食べる日は 今後ないやろなぁ...
(だいたい しいたけでお腹が一杯になるなんて考えられへんやん!)
しっかり ビールも進みます
なんとか天気ももって 手軽で楽しく しかもちょっぴり真剣になれました
ふ~
あなどれんなぁ
小さいお子様連れから 若いグループや職場の団体さん
誰がお越しになってもそこそこ楽しめると思います
いや ほんま 意外としいたけも旨いんです はい!
[PR]
by hangzhou21 | 2010-10-24 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 志ら浪

c0067706_7503657.jpg


忽然と芝居小屋が現れて
異次元の世界に連れて行ってくれる
華があって夢がある
いいなぁ 歌舞伎って

去年の秋は名古屋城 羅漢席で観たんだったなぁ
平成中村座
今年は大阪城 二階の梅席で夜の部
始まる前からわくわくしてどきどきしていた
南座や松竹座といった常設の劇場とも違うし
永楽館や内子座などの昔の芝居小屋ともまた違う
上手く言葉では言い表せない これが平成中村座の魅力なんですね
幕開きまで 独特の期待感が膨らみます
下手側だから 花道が見切りなのが惜しいけど まぁ仕方ないか
(おみやげに期待していたオリジナルTシャツがないのは残念だった)

意外(!)なことに 獅童が良かった
七之助は台詞に力みが入ってたな
脇があまりにも軽かったけど これは若い子を育てようという意図なのかな
勘三郎さん 今年は何度も拝見したけど
この人も「何を演っても勘三郎」だね 良くも悪くも
橋之助は老け役だったのがちと残念

「俊寛」はやっぱり我當さんが当たり役なんだと再認識しました
「太閤桜」新作らしい演出だけど 扇雀さんと獅童がいい
「弁天娘女男白波」はまぁまぁ パレードのようなものですね
この演目のお得なところは浜松屋の番頭役だと思うけど 今回はハズレかな
以上は まぁ欲を言えばということで
三時間半ほどたっぷりと夢を見させていただきました!

昼の部は「封印切」「熊谷陣屋」など
十月公演は27日(水)まで
チャンスがあれば お得な公演だと思います 是非
(引き続き十一月公演もありますよ)
[PR]
by hangzhou21 | 2010-10-23 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)