<   2010年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

■ 九月のお昼

9/1 水
クルマで羽曳野方面へ
「こんなとこは食べるとこもないなぁ...」と諦めてたら 幹線道路へ出る
目に付いた「和助」へ(島田病院の向かい側)
塾の一階というヘンテコなロケーション
妙に醤油味の濃い関西風のうなぎでした はい

9/2 木
昼間で肥後橋
少し押してしまい 0時半ごろ終わる
そうか~ 久しぶりに「ピエロ」へ “ハンバーグ定食”
相変わらず流行ってますね
味も相変わらずで なかなか美味しいです!
でもな 背中で待たれているのが 気になります はい

9/3 金
用事で近鉄八尾
時間がないしそうお腹も減っていないので お昼はパスかと思ったら
近鉄の高架下に「吉野家」発見! “並+たまご”
注文してから しまった新発売の牛鍋丼にしたら良かった... と後悔

9/4 土
早朝散髪を済ませて職場へ
出入橋ってきんつば屋さんだけが有名なのかと思ったら お蕎麦屋さんもありました
「助六」“助六せいろ”はお揚げと巻寿司かと思ったら
田舎と二八のもりセットでした まずまず

9/5 日
職場に居たので
例によってほか弁の“カラスペ”でした

9/6 月
郵便局に用事があって自転車で
とうとう「まき埜」へ行ける日が来たか!
“二種モリ+お寿司” まずまず
気持ちの良いお店でした
次は“ひやかけ・すだち”にしょう!

9/7 火
ヒルトンプラザイーストのB2にある「たちばな」で“ステーキランチ”
若いのと三人で話しが弾みました!

9/8 水
ヒルトンプラザイーストのB2にある「華味鶏」で“親子丼”
ほんとうは水炊きにしようと思ったけど ついつい浮気
若いのとか5人で楽しいランチでした!

9/9 木
弁天町の近く ある倉庫に潜入捜査!
終ってから
弁天町なら「グリルミヤコ」やね “ステーキランチ”です
お腹が一杯になりました!

9/10 金
用事で三木へ
その施設の中の食堂 ランチは中華丼でした
(その割には お腹が一杯!)

9/11 土
職場でごにょごにょと用事を済ませてから長居へ
一心
ここね うどんが美味しいです こんなうどんが好き!
ひょっとして 大阪で一番?
かなりオススメ!

9/12 日
南座で昼夜通し
持参したおむすび弁当をいただきました

9/13 月
このところ谷四へよく行っているのに寄らなかった「streo」
“日替ランチ”はチキンカツのカレーソース
美味しかったし ご飯軽めなのにお腹一杯になりました!

9/14 火
2ビルの「にしき」で“鶏ポン・冷・2玉”
調子に乗って2玉にしたら
のどの奥までうどんでぎっしりになりました
何事もほどほどが肝要ですな

9/15 水
締切当日
息が詰まって食べに出る気がしないので
若いのにほか弁を買ってきてもらいました

9/16 木
ひさしぶりの「ときわ」で“お昼ごはん”
グジ(アマダイ)の塩焼きでした
ここは あっさりしてていいですね

9/17 金
掛川駅で買った駅弁
自笑亭の“しらす弁当”まずまずかな

9/18 土
新歌舞伎座へ行く前に(どう行く前やねん?)
もう一度食べたくなって わざわざ長居まで 「一心」へ
やっぱり うまいわ~! ええわ~!

9/19 日
元町映画館で昼過ぎまで
ここまで来たら「青葉」でうなぎか「つるてん」か...
あっさりと「つるてん西店」で“ぶっかけ・冷・卵抜き”
去年の大晦日以来です
あれっ 店内が異様に綺麗になってるぞ!

9/20 月祝
ハイキング倶楽部の例会で六甲山中
五助堰堤を少し上ったところの流れ込みの渕でお弁当
おむすびをいただきました はい

9/21 火
2ビルの「にしき」で“鶏ポン・冷・1.5玉”
美味しくお腹一杯になりました!

9/22 水
昼過ぎに弁天町
すると「グリルミヤコ」へ行くしかないなぁ
今日のサービスは“ビーフカツ定食”
これはほんまにメリットあるけど ダイエットには向きません はい

9/23 木祝
松竹座で愛之助の舞台
幕間にうなぎ弁当
芝居が終わってから 長居の「一心」
やっぱりここのうどんは旨い!

9/24 金
ブリーゼブリーゼの「佐くら」でトンカツの定食
不覚にもお腹が一杯になってしまった

9/25 土
弾丸ツアーで広島
猿猴橋の「のん」で“肉玉ダブル”
ほんま ここの麺は美味しい!
今日はお客さんでいっぱいでした!

9/26 日
職場に出て昼過ぎに長居の「一心」まで
ほんま 美味しいわ~!

9/27 月
軽く済まそうと思っていたのに
若いのと桜橋の「焼賣太樓」で“中華ランチ”
しまった! 腹いっぱい食べてしまった!

9/28 火
3ビルB2にある「竹生庵」で“やまかけ”
北海道の夏蕎麦になってました
ここのやまかけは美味ですね

9/29 水
2ビルの「にしき」で“鶏ポン・冷・1.5玉”
う~ん! このメニューは売れ筋なんや

9/30 木
奈良からの帰り道 JR八尾で途中下車
「一心」の大将が修行したという「一忠」へ
ざるうどんがもう終わっていたのは残念
変な立地なのに よ~く流行ってました
[PR]
by hangzhou21 | 2010-09-30 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 八尾

ちょいっとヤボ用が出来て
続けて奈良へ
大規模な改装で橋上駅となるJR奈良駅
その全貌が姿を現していてる
もうすぐ完成みたい

奈良からの帰り道
雨の中だけどJR八尾で途中下車
最近お気に入りの長居の「一心」が修行したという「一忠」といううどん屋さんへ
住宅街かなり“?”の立地にあるにもかかわらず
結構混んでます 流行ってます
時期的にぎりぎりかと思ったけど ざるはもう終わって釜揚げのみ(残念!)
システムは同じだからわかってて気楽
麺もだしも美味しいけど やっぱりざるで食べたかった
食べ終わって思うのは 釜揚げってこんなに汗をかくんや!

かなり近鉄に近づいているようなので
傘をさしてぶらぶらと住宅街を北へ
古い街並みですね
すると 突然 気の利いた古民家
何か商売をしてるのだろうけど 一見しただけでは何を商いしているのかはわからない
與兵衛 桃林堂」と控え目な行灯
なんだか歌舞伎の舞台になりそうな...
レストランかカフェか...
袋を手にした人が出てきて お店の人も出てきたので尋ねてみる
「何屋さんですか?」
「和菓子です どうぞ覗いて行ってください」

八尾って何もないと思っていただけに
ちびっとびっくりしたな
実に感じが良いお店で
「河内太鼓」という焼餅の包装紙がとてもかわいい!
「桃李最中」もお上品な感じです
すこしずつ若いののおみやげに買うことにしましょう
そうか~
こんな古い街は奥が深い
次は天気が良い日にゆっくり歩いてみたいな
[PR]
by hangzhou21 | 2010-09-30 23:50 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ いざ日本平

昼休み
この週末に西京極であるサンガ戦のチケットを買うついでに
来週末のナビスコカップ準決勝の二回戦
清水アウスタのチケットもついでに買ってしまう
西京極も日本平(=アウスタ)も ほとんどいい思い出はないねんなぁ...
そうこう思いながらも 締切に追われ 時間を忘れてごにょごにょと仕事をする
(ほんま珍しいことです!)
ふと 気付いてネットで確認すると
ナビスコカップ準決勝の一回戦 後半もずいぶん経過した時点 2-0でリードしている
しめしめ
これでひょっとしたら 国立へ行けるかもしれない!
思い返せば その昔 優勝したJの1stステージ
天王山だった草薙でのエスパルス戦に勝って ぐっと優勝を引き寄せた
(その次のゲームだったジュビロ戦で優勝を決めたんだったなぁ...)
今回も エスパルスを叩いて
相手はフロンターレかジュビロ 久々のタイトルがぐっと近づいた!
(でも 国立での決勝って 何度もはね返されてるねんなぁ...)
結局
2-1で勝利!
10/10は引分でもOKとなった
(でも ちゃんと勝たないとアカンょ!)


「銀狼王」(熊谷達也 集英社 ISBN:9784087713558)
この人 多作の書手さんですね
「邂逅の森」(文春文庫 ISBN:9784167724016)は良かった
何かの書評で読んでいて 探していたら塚口のブックオフにありました
舞台は北海道で猟師のお話しと来れば
こないだ読んだ「羆撃ち」(久保俊治 小学館 ISBN:9784093878401)を思い出す
あちらはクマでこちらはオオカミと違うものの
相棒の猟犬と一緒に獲物を求めて山を歩き回る...
まずまず
(でも「新刊で買わなくて良かった...」とも思ってしまいました)

若いのから貸していた本が戻ってきた
「家守綺譚」(梨木香歩 新潮文庫 ISBN:9784101253374)
「ちょっと合わなくて最後まで読めませんでした...」という言葉と一緒に
貸していたことさえ忘れていた
でも このお話し面白かったのにな
最近読んだ中では 出色のストーリーだと思ったんだけど
それぞれにあるからね
[PR]
by hangzhou21 | 2010-09-29 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 帝国主義

追い詰められているけど
昨秋のように
お尻から煙が出ていたり 背中が燃え盛っている ということはない
それよりもむしろ 自分の案件はほとんどなくて
他のところの消火作業やボヤが出てないかのチェックで 気が休まらない
(これなら 自分が燃えている方がよっぽどラク!)

それもこれも
とにかく10月1日を目標に進めていて
なんとかかんとか数字も合ったし 納期もカッコが付く
もちろん 内外に多大なる迷惑を振り撒いての結果
ビジネスの枠をはるかに超えてご協力いただきました皆さん
“ありがとうございました!”
ただただ感謝するしかありません!
若いのも連日連夜にわたっての残業や休日出勤ご苦労さまでした!
ひとまずピークを過ぎて
すぐにラクになるわけではないけど よ~く頑張ってくれました
いろいろあったけどね

こうして
終わりが見えてくると
ほっとした気分半分 ちびっとさみさも覚えるんだから
不思議なもんですね
(しみじみ...)


き~っ! となっていたので目を離していたけど
ギクシャクしている日中間
どんなふうに推移するのか見ものだけど
処分保留のまま釈放はイカンでしょ
せめて 略式起訴をして国外退去
そうしないと 何のための逮捕拘留だったのかわからない
今まで 北方海域でどれだけの船長や船員がロシアに拿捕されことか...
日本は甘ちゃんだと舐められてしまったから
「謝罪と賠償」なんていう発言が飛び出してくる

このごろの中国を見ていると
「帝国主義」とか「覇権主義」という言葉を連想してしまう
これらの言葉を否定するところから「共産主義」はスタートしたのだと思うけど
結局 たどり着いた先は一緒だったってことなのかな?
今後の推移を見守りたいです はい
[PR]
by hangzhou21 | 2010-09-28 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 秋

明け方は空気が澄んで涼しい
いや わずかに寒さも覚えるほど
こうなると 待ち遠しいのが金木犀の薫り
もうツボミが大きくなってるのかと 木を見上げるけれど
まだみたい (ちぇっ!)

涼風のお陰もあって 何冊か読む
「初陣 隠蔽操作3.5」 今野敏 新潮社 ISBN:9784103002543
ず~っと探していて 広島のブックオフでようやく出会った!
なかなか良く出来た設定で 今まで三冊出てるお話し
それの 立場を替えた短編集
だから 主人公は竜崎ではなく伊丹
思わす「上手い!」と膝を叩いてしまいますね

「ふたつめの月」 近藤史恵 文春文庫 ISBN:9784167716042
近藤先生の「賢者はベンチで思索する」の続き
今回は中篇が三つ もちろん フリーター(?)の“くりちゃん”が活躍します
今回は事件らしい事件ではないところがミソですね
また続きが読みたくなります はい

「またたび潔子の猫魂」 朱野帰子 メディアファクトリー ISBN:9784840131698
実は ブックオフの“二冊で1,000円”という設定だったので
もう一冊とあわせて“苦し紛れ”にタイトルだけで判断して買ってしまったのが この本
設定が抜群に面白いのに どうもその設定が上手く生かされていない
(ちゅうか あまりにも 下世話でちびっとげんなりする)
だから 一話目は面白いのだけど 次からはミエミエなのがもったいない
でも 面白いです はい
この設定のままに仁木英之がお話しを書いていたらどうなっていたかな?
思わず そんなことを考えてしまいました
気温や環境もあるけど
三冊とも気軽に読み飛ばせるお話しだったのも確か
今の気分だから こんなのが合ってます


秋の予定をリリースするために
カレンダーとにらめっこしながら 予定を立てる
10月11月 我ながらびっくりするくらい いろんな予定が詰まってる
歌舞伎は 平成中村座(10・11月連続) 出石の永楽館 鳴門システィーナ
サンフレはリーグ戦もナビスコカップも大詰め
(ひょっとしたら タイトル取れるかな?)
フットボールも今年こそ少しはやってくれそう
秋競馬もたけなわになるので 何度かは淀に行こうか
もちろん ハイキング倶楽部の例会も...
秋は祝日もあるものの こうしてみると 休日はほとんど予定が入っていく

「シイタケ狩に行きましょう!」と誘われる
シイタケを取って楽しいのかどうかは疑問だけど
まぁ いっぺんくらいはいいかな
「熊野古道を歩きたいです」とリクエスト
ふ~む 考えたことなかったな
調査をして春に企画しましょうか
「大山にいっぺん登りたいです」の声も
そうか~ 単調なコースだけど 一泊で温泉という手もあるな
ハイキング倶楽部の番外で「屋久島ツアー」が企画されている
11月に二泊三日 これは他の予定とダブっているので
ボクはパス 職場の若いの6~7人で行くようです 事故がないようにね
[PR]
by hangzhou21 | 2010-09-27 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ カロリー過多

昨日
久々に猿猴橋の電停前にある「のん」で“そば入りダブル” 
広島に来たらやっぱり食べないとね
いつもは 多くても2~3人だけど
どやどやと5人組が入ってきて満員御礼になってしまった こんなこともあるねんな
やっぱり 旨い!
いいね~!

今朝は
写真の加工とかがしたくて
ちょいっと職場へ
すると しばらくして哲くんもやって来た
阪神で開催中の「楽天市場うまいもの大会@阪神」で
「六厘舎」という東京からのラーメン(つけ麺)を朝から食べて来たとのこと
なんと10時過ぎには もう“3時間待ち”だったとか...
う~
うわさは聞いていたけどな もの凄いもんやなぁ
9時半から並ぶのも 3時間待つのも ボクにはちびっとムリ
昼過ぎ 早々に用事を終え 例によって長居まで足を伸ばす
(しつこいようだけど)「一心」のうどんだしに心を奪われてます!
そうこうしてから
家に戻り 少し早い目の夕食はカレーライス(昨夜のうちにこさえておきました)

結局
どういうことかと云うと
夕食後に向かった 宝乃湯でのっかった体重計の目盛りにびっくりした!
う~む
食べれば やっぱり体重は増えるんやなぁ
クルマに乗っていたりキーボード触っていたばっかりで
ほとんど動いてへんかったもんなぁ...
ビッグアーチでも あんまり絶叫でけへんかったし...
カロリー摂取過多
(来週からは絶食やな...)


ところで
昨日
スポニチのコラム「最終一発逆転」が的中!
しかしなぁ...
「馬単 4→12 1,620円 1人気」
当たらんよりはええけど 一番人気では“逆転”は難しい...
勢いに乗って
日曜も阪神の最終 コラムを読めば なかなかの人気薄
「これは“一発逆転”も夢ではない(かもしれない)!」と
少しハリコム
が...
8人気のクリスリリー号
後方追走から 少し足を使っただけで 人気どおりの8着で万事休す
もう 買うのやめとこかな...
このコラムを追っかけるようになって 確実に変わったのは
以前にもまして 自分で考えることをやめてしまったこと
そろそろ 競馬そのものから足を洗おうかな(来週からGIだけど...)
[PR]
by hangzhou21 | 2010-09-26 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ ビッグアーチ哀歌

歯痒いというか
喪失感というか...
失ったゴールは戻っては来ないし
疲労困憊で取り戻す気持ちも力もない
これが“王者”との違いなのか...
タイムアップのホイッスルと同時にピッチに倒れこむのはサンフレの選手ばかり
「良くやった」と声を掛けたい気もするけど
あまりにも忸怩たる思いがそれを邪魔する

偶然のような先取点
その後に何度も続いたビッグチャンスを一つでも決められれば
このゲームは決まっていたはずなのに...
何度身体を張ってゴールを防いだことか
手中からスルリと滑り落ちたのは
勝利や勝点だけではなく サンフレのプライドであったかもしれない
今夕の悔しさを糧に ひとつ上のステップをめざしてほしい
それが出来ない限り
サンフレはいつまでたっても“地方の小さいクラブ”に過ぎない

一方
カズが帰ってきて
目を見張るような活躍を見せてくれた
これで 怪我人が続々と復帰したら
サンフレがどんなサッカーを見せることが出来るのか
考えただけでも胸が震える

あと10節残ってる
現在4位のセレッソとの勝点差はわずかに6しかない
まだまだ来年もACLへ行けるぞ!


それまでの暑さで身体が疲れているから「秋は寝が深い」とは
池波正太郎さんがお話しの中で何度も書いていらっしゃる
だから 大泥棒は秋に仕事をするのだとか...
読んだときは ふ~んと思っていたけど
これって 実際にそうなんだな
このところの ボクもぐっすり 幾らでも眠れる
ただ ボクの場合 起きる時間は一定なので
たくさん寝ようと思うと 早く横になるしかないけどね
日が暮れるのも朝が明るくなるのがずいぶん遅くなった
本当に秋になったんだな しみじみ...
[PR]
by hangzhou21 | 2010-09-25 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 思わずクリック!

この連休の谷間はお休みをいただこうかと
密かに(?)計画を練っていたものの
そんなこと上手くいくはずもなく
まぁ いつものように職場へ向う

すっかり空気が入れ替わっていて
家を出たときに「しまった!」と思うけど
それもいい いつものポロシャツでは肌寒い
9月一杯はクールビズでいきましょう!

asahi.comだと思うんだけど 
このコンテンツを読ませんが為の ほんの短いコピーが上手い
(の割には もう忘れて思い出せないけど...)
タイトルにも惹かれて 思わず新刊で買ってしまったのが
「おっぱいとトラクター」(マリーナ・レヴィツカ 集英社文庫 ISBN:9784087606096)
これが...
実に面白くない ユーモアらしいいんだけど
残念なことに ボクには理解も共感も出来ず
よっぽど途中で投げ出そうかともおもったけど
どうにかこうにか 読了
あ~ しんどかった

拙宅のパソコンは速度がかなり落ちていて
重いコンテンツを開けるにはかなりの忍耐が必要
だからこそ(なのかどうかはわからないけど) テキストバナーへよく目が行く
これが
ほんの10文字ほどなんだけど 上手いのが多くて
思わずクリックさせられてしまう
なにしろ 動画でもフラッシュでもなく 文字だけの勝負だからね
腕の見せ所なんでしょう(きっと)
何か秘訣でもあるのかな?
[PR]
by hangzhou21 | 2010-09-24 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 前田慶次

だんぢりの朝は涼しくて
Tシャツ一枚では肌寒むいくらいだった
その後 もう一度蒸し暑くなり 外出すると身体中汗まみれ
それでも さすがにお彼岸も中日を迎えただけはある
激しい雷雨を伴って寒冷前線が通り抜けると
曇天ではあるものの ひんやりとした空気に入替ったみたい
(涙がちょちょ切れるくらいに嬉しい!)

どうしても済ませたいことがあって
まず職場に顔を出し ごにょごにょとしてから
おっとり刀で松竹座へ
「花の武将 前田慶次」
愛之助が出てるしね たまには普通の芝居も観ようかと
もちろん 三階の三等席
昨日予約したときにはかなり空いていて心配していたけど
三階も八割は埋まっていて なんだかほっとする
芝居そのものは 笑ってしまうようなお話し 少し撃沈してしまう
そして こうして較べると歌舞伎の美しさを改めて知ったような気がする
姿勢も動きも美しいんだなぁ...
それに なんだか舞台の空気が張り詰めているのがいい
愛之助は好演 もう少し華があるかと思ったけどね
歌舞伎のときよりも 声が良かった
(どうしても 芝居では見栄を切ってしまうところが おかしかった!)
千秋楽なのに もうひとつ盛り上がらなかったのは ちびっと残念
(でも 原作を読んでみよう!)


哲くんに薦められて貸してもらって読んだのが
「街場のメディア論」(内田 樹 光文社新書 ISBN:9784334035778)
総論としては さほど面白くなかったけど
気が付いたのはふたつ
教育と医療にビジネス感覚を持ち込んでは破綻するということと
本を買ったり本棚に本を並べることは なかなか面白いことなんだなということ
「読むかもしれない」「読む時が来るかもしれない」と思って本を買う
これって 割と皆さんが共通していることなんだ!
なんだか安心してしまいました!

梅田の紀伊國屋さんもリニューアルしたし
涼しくなったことだし 本を読もう!
[PR]
by hangzhou21 | 2010-09-23 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(2)

■ もうすぐヌーヴォ

結局
昨日の茗荷は浅漬けになる
これもなかなかイケるんです!
ご飯のお供はもちろん ビールよりも焼酎に合うね

油断していたら
そろそろヌーヴォの季節が近づいて来ている!
この夏は暑さに負けて ビールや缶チューハイ それに焼酎の柚子ロックがほとんどだったけど
先日 営業攻勢に破れ 1ダース10,000円のお手ごろワインセットを不本意にも注文してしまい
ドカンと宅配で届いてしまった
こういうお手ごろワインは コップ酒ならぬ コップワインで
気取らずに 冷蔵庫で冷やしてがぶがぶと飲んでも 損をした気にはならない
ケースで届くと 気が大きくなって ついつい飲みすぎてしまうねんなぁ...
(ちびっとだけMMの気持ちがわかります はい)
だから
もう少しすると ヌーヴォの営業攻勢に晒されるわけ
まぁ 1ダースなんて すぐに飲んじゃうけどね


手離してたつもりだったクライアントの案件
急遽 ピンチヒッターで進行することになり
その納期が9月末 ほんまにピンチやで!
例によって“力技・ちからわざ”
クライアントもクリエイティブも説き伏せ
出来ることはとことんやって
手抜きや妥協するのではなく お互いに納得して 期日に間に合わせるか
実は そう難しくはないんだけど
どう着地させるのかが腕の見せ所(?)
カレンダーや時計とにらめっこしながら ここ数日を過ごすことになりそう
もちろん それ以外にも9末〆の案件もあるしね


ここ数日のこと
中国政府 日本が漁船の船長を逮捕拘留していることに激しく反応している
面白いのが 船長の人権などを問題にはしていない点で
普通の日本人はこの中国の反応が理解できない(のではないか?)
要は「中国固有の領土である尖閣諸島で中国人が何をしようと自由でありそこには日本の司法権は及ばない!」と
強く主張している(ようだ)
日本は尖閣諸島の領有権を主張しているし いわば 実効支配しているので
「国内法に基づいて 粛々と処理する」というスタンス
両政府は 領土問題について弱腰の態度は取れないし 面子もある
まぁ 振り上げたコブシをそう簡単には下ろせない(みたい)
どんなふうに収拾されるのか 興味は尽きません
でも 困ったもんです


ところで
先日 有馬の金の湯に浸かったせいか
指のひび割れの調子がなかなかいい!
でも 有馬へは早々行けないので
遅くにつかしんの「湯の華廊」へ このところ「宝之湯」ばっかりだったからね
実に心地よくゆったり出来た
お彼岸に入って 明日は中日
そろそろこの猛暑ともお別れしたいのですが...
[PR]
by hangzhou21 | 2010-09-22 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)