<   2010年 08月 ( 33 )   > この月の画像一覧

■ 八月のお昼

8/1日
家でありものをごにょごにょといただきました

8/2月
諸般の用事で午後から半休
新梅田食堂街の「蕎麦 御陵院 香雅」で“もり・一半”
まずまず
でもなぁ 落ち着いていただく雰囲気ではないかな?

8/3火
新地にもいいお蕎麦屋さんがあるというので調査して行く
そば処 とき」で“十割定食(一半)”
蕎麦はまずまず なんと言っても 定食に付くお寿司が美味しい!

8/4水
哲くんと新サンケイビルの「四國屋」で“ざるうどん+おむすび”
いいですね

8/5木
2ビルB2の「にしき」でいつもの“とりぽん・冷・1.5玉”
すっかりランチの定番になりました

8/6金
何故か若いのと肥後橋の「だい富」でうなぎ
調べてみると 土用の最後の日
滑り込みセーフでした
ここ「だい富」は ボクの大阪ナンバーワンのうなぎ屋さんです

8/7土
岡山の高梁
事前調査で「方谷庵」 “もり+おむすび”
地元の方ではやってました
味はまずまず

8/8日
先日新聞に載っていたのを思い出して
逆瀬川駅前にある「そば処 三佳」へ
上品なのか下品なのか 紙一重
蕎麦屋さんの内装や器は難しいね
ランチにしては時間が遅かったので十割は売り切れてました
お味はそこそこかな

8/9月
2ビルB2の「にしき」でいつもの“とりぽん・冷・1.5玉”
はいはいこれです!

8/10火
2ビルB2の「にしき」でいつもの“とりぽん・冷・1.5玉”
美味しいうどんは飽きなくていいです
こうも暑いと冷たいモノがいいです

8/11水
昼前に若いのと谷四
「蔦屋」はお休みで「文目堂」は発見出来ず
で 「じょにー・松屋町」で“ジョニー定食”
まぁ こんなもんとちゃいますか

8/12木
午前中はお坊さんのありがたいお経を聴いて
その後職場へ
2ビルB2の「にしき」でいつもの“とりぽん・冷・1.5玉”

8/13金
お盆休暇中で淋しい職場
ボクはシールを貼ってる
どうしてもトンカツが食べたくて
若いのを誘って「かつの」で“ロースカツ定食”
そこそこ

8/14土
そ~さんは山口の実家へ帰省中
ボクも仁川からもどり
冷たいビールを飲みながら昼寝してしまい
お昼はパス

8/15日
有酸素運動をしようと
昼前に自宅から仁川経由で中山まで
完歩は出来なかったけど安倉まで歩いた
そのせいで ランチは結局パス

8/16月
まだまだお盆の雰囲気が色濃く漂う
新地の「SOPRANO・ソプラーノ」でパスタ
味よりも その器にやや驚きました!

8/17火
大国町の「洋食屋さん近藤」は前からいっぺん行きたいと思っていた
“洋食セット”
まぁ あんまし特筆すべき点はなかったような...

8/18水
最近 体重増加気味の若いのと
「そば処 とき」で“二八定食”
つるっとしてていいです
でも お寿司は初回の感動はないな

8/19木
久しぶりの奥様(元・おんな番長)とランチ
ゆっくりお話ししたいので
ブリーゼ5Fの「ねのひ」で“魚御前”
美味しかったし ゆっくりお話しできました!

8/20金
久しぶりのお嬢さん(もうお嬢さんでもないか!)とランチ
ハービスエントの2Fの「エノテカ」で“ピザランチ”
しかし このお値段でこの内容とは... がっくし!

8/21土
家でごろごろ静養
ビールを飲むわけでもなく
お昼はうつらうつらしながらパスしてしまいました

8/22日
文楽劇場 通りを隔てて向かいにある
「CoCo壱番」で“ビーフカレー・普通”
文字通り普通でしたがな

8/23月
久しぶりに 東梅田の「青冥」で“やきそばセット”
美味しかったけど 今のボクにはオーバーヴォリュームやったかな?

8/24火
哲くんと「なんか美味しいもん食べよ」と
ブリーゼブリーゼへ
「ねのひ」にしようと思ったけど 同じ五階にある「佐くら」でトンカツの定食
なかなかいけました!

8/25水
そういえば 数日のご無沙汰やったなぁ...
2ビルB2の「にしき」でいつもの“とりぽん・冷・1.5玉”

8/26木
阪神尼崎 そういえばここに天ぷら屋があったような...
何しろ20年以上も前のこと もうなくなっていても仕方ないか
駅を南に出て東側 バス乗り場の前にあるガード下
(すんません お店の名前はチェック漏れ しかも探してもわからない!)
ここで かつとじの定食をいただきました
まぁ 並です

8/27金
東京にいた
哲くんから予習で勉強していた九段下の「魚鐵 (魚鉄 うおてつ)」
うん
美味しくてなかなか感じよかった!

8/28土
銀座
時間もないしビタミンB1を補給する必要があると学習したから
「登亭」で素早く食べようかと思っていたら
なんと 凄い行列 う~この程度のお店で行列が出来るのか... びっくり!
仕方ないので 有楽町駅のガード下
「吉野家」で並+タマゴ

8/29日
職場に出てた
ほか弁の唐スペ 久しぶりです!

8/30月
2ビルB2の「にしき」でいつもの“とりぽん・冷・1.5玉”
相変わらず流行ってます まずまず

8/31火
谷四と谷六のあいだ一本東に入ったアップダウンがある道をたどり
銅座公園の向かい側
ようやく「そば切り 蔦屋」さんが開いてました
古~い民家を改造して 壁板を外したつくりは涼しげでいいですね
“もり一半”お味はまずまず 鯖寿司が美味しかったです
[PR]
by hangzhou21 | 2010-08-31 23:58 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 行く夏を惜しむ

始まるときは こんなに長い休日をどうやって過ごそうかと思うけれど
終わってみると 何もしないままに過ぎていくのが夏休み
すっかり日が短くなって
すっかり垂れた田んぼの稲穂に赤とんぼの姿が見え
セミの声に変わって 秋の虫の音が響く
どことなく淋しい気持ちになるもの...

繰り返しになるけど
そんな気配は微塵もなく ひたすら暑く陽射しは凶悪でまぶしい
ほんま どないなってんねん!

なんかの記事でふと目に留まり 「読んでみようかな」と思ったのが
「ツバメ号とアマゾン号(上・下)」 アーサー・ランサム 岩波少年文庫 ISBN:9784001141702
その記事はチラ見だったので
“アマゾン号”を“あじあ号”だと思い込んでいた
なので 書店さんで検索しても出てこない
“あじあ号”って 旧満州を疾走していた特急列車だったか
ともかく 本にたどり着いて 上下巻を購入
順番が回ってきて読み始める
そうか~ 100年ほど前の腕白少年少女(しかもある程度の階層以上に属する)は
こんな夏休みを過ごしていたのか...
懐かしいような気もするし 縁遠いような気もする
でも 子供のときって夢を見ることが出来ていいなぁ 素直に羨ましいょ おじさんは...
ヨットの操船もしてみたかったなぁ...
ちびっと どきどきわくわくしながら子供の頃に戻れるいいお話しです
夏休みの最後に読むのにはもってこいです
童心に戻りたい方には オススメですね

もう夏休みが無くなってしまって随分になるけど
とにかく 今日で夏休みはおしまい
でも
相変わらずの酷暑は続くんだろうな
[PR]
by hangzhou21 | 2010-08-31 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 残酷暑いつまで

梅雨が明けたときには
「ほんまに暑いのはお盆まで もう少しの我慢」と思い
甲子園が始まると
「決勝が終る頃には 涼しくなるかな」と期待し
島袋烏賊蔵くんが優勝すると
「まぁ 暑くても8月いっぱい」と達観していた

いざ 8月も終ろうとしているのに
「行く夏を惜しむ」気配は全く無い 綺麗にない
まさか ここまでの酷暑になるとは思わなかったし
いつまでも続くとも思ってなかった
ふ~ どうなってるんだか...
秋はどこへ行ったのかしらん?

土曜
ビッグアーチへは行かなかったけど
サンフレはモンテディオ相手になんとか勝った
そうそう「勝つ」という結果が大事
順位も9位へじわりと上がる
まだ上位への挑戦権は持ったまま
(来年もACLのあの興奮を味わいたいね)
迷走していた日本代表の監督
紆余曲折ながら イタリア人の監督に決まりそう
ほっとした!
と言うのも このまま決まらなければ
その手腕を買われて ペトロビッチに白羽の矢が立つのではないかと心配していた
シーズン途中でサンフレの監督を投げ出すとは思わないけど
もしやもしやと...

そう思うと
もう圏外の遥か彼方へ去ったものだと思っていた民主党の小沢というおっさん
何を考えているんだか
党首選へ出るとか出ないとか
この人“気を読む”ことが出来ないのか?
今まで幾度も時期を見送ってきたのに
スネに傷を持つ身になった今にして 何を血迷っているんだか
この国の政治
ほんま 国民不在
わけがわからないのは この酷暑だけにしてもらいたいものです
[PR]
by hangzhou21 | 2010-08-30 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 新歌舞伎座

土曜の朝は東京
だから スポニチ大阪本社版の「はくぼで大逆転」は読めない
ムリを云って釣師さんに事前にお願いして 買い目をメイルで送っていただく
いつものように「ゆで太郎」で納豆定食を食べてるとケイタイにメイルが届く
今週は 当てに行っているのではなく勝負気配が漂う買い目
よっしゃ!
勢い込んで銀座のウインズで購入するも ハズレ
日曜も 軸に指名された中館が出遅れてパ~
ほんまあかん!
これで来週も当たらないと四開催ボウズ...
釣師さんには「もうやめといたら~」と云われてるしなぁ...

車検でピットインしていたQちゃんが帰ってきたので
さっそく 宝乃湯へ
駐車場へ停めるまでずいぶん待たされた 盛況ですな
(みなさん 考えることは一緒なんやなぁ)
酷暑に火照った身体を水風呂で一気に冷やすのが気持ちいい!
(身体には良くなさそうだけどね)

にっちもさっちも行かないほどには追い詰められていないけど
少し職場に顔を出し 原稿整理を少し 
その後 上六へ
新歌舞伎座のチケットを買う
どうやらあまり売れ行きが芳しくないよう
もう数日前なんだけど 第一希望ですんなり取れる(もちろん三階の三等)
折角の柿落とし公演なのにな...
残念ながら 右近さんの一座ではひと月通しの公演ではもたない
松竹もそのへんは分ってるのだろうに...
これでは この新歌舞伎座で今後歌舞伎の公演が組まれないような気がするな
ほんま もったいない!
ともかく
これで寿命が延びそうです(?落としを観ると寿命が延びるんですって!)
[PR]
by hangzhou21 | 2010-08-29 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ ツクツク

大阪だけが暑いのかと思っていたけど(思ってない!)
東京も暑かった
昼下がりの飯田橋 銀座 日比谷... 強烈な直射日光に溶けるかと思った
(いや いっそのこと 溶けてしまいたかった)

ボクと生まれ年が一緒
きっと言葉では表現できないほどの苦難を経験したんだろうな
山東省の片田舎から北京へ出て 一流のバレエダンサーとして成長するまでの軌跡
やや喰い足りないところはあったけれど
泣かされました 号泣!
すすり上げる音や嗚咽を漏らさないようにするのに苦労しました
(周囲もみんな泣いてたけどね)
ただ 本人にしかわからない心の葛藤をもう少し描いて欲しかったな
どういうお話しか どういうエピソードで泣いてしまうのかは ないしょ
ご自身でお確かめください
(原作も読んだけど 映画の方が上手くまとまっていると思いました!)
初日の初回 結構な入りでした はい
「小さな村の小さなダンサー」大阪では9/4からシネ・リーブル梅田で

つづいて
ちょっと前に予告編を観て「こりゃ観なあかん!」と思っていた
アカデミー賞の外国語映画賞受賞作
ふ~む ゴシックミステリーですな 重厚感たっぷりのつくり
そんな割には やや肩透かしかな
でも充分に水準以上 主役の男優さんかっこいいです!
(でも 一番目を引いたのは殺されてしまう新妻かな?)
これ 凄い人気みたいで
ボクが予定していた回は 最前列のみしか空いてなくて 以後の回も完売
シャンテの三つのスクリーンのうち二つ使って上映しているんだけどね
びっくりしました!
「瞳の奥の秘密」アルゼンチンのお話しですね
大阪では8/28から シネ・リーブル梅田で上映が始まっています

シネ・リーブル梅田では「闇の列車、光の旅」も上映しているみたいですね
(モーニングショーのみだけど) これオススメなのでチャンスがあれば是非!


これだけカンカン照りが続くと 植木も悲鳴を上げている
なるべく土日はボクが時間をかけてたっぷりと水を撒くようにしている
そういえば お盆前からかここ数日は暑すぎるのかセミの声も聞かないな
例年だとツクツクボウシが“シュクダイセ~!ハヨセナシランデ!”と鳴いているのに
この夏は ツクツクボウシの声を一度だけ耳にしただけ どこでやったかな?
ヒグラシは扇ノ山でバスの効いた野太い声を聞いただけ
蚊にかまれながら ホースで水を撒く
よ~く見ると 椿の先には小さなツボミ
秋咲きの品種を探してみると もう少し大きくなってる
死ぬほど暑い残暑なのに ほんの少しだけ 秋が近づいているのを発見
週間予報を見ると 向こう一週間はず~っと36/28(最高気温/最低気温)
ふ~
まだまだ遠いな 来週には9月に入るっちゅうのに!
[PR]
by hangzhou21 | 2010-08-28 22:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ genius

世の中にはいろんな人がいる
人と話しをするのが商売だから
ピーク時には年に200人ほどインタビューしていたと思うけど
この頃は減って50人ほどかな
そんな中で「この子ええな」と思うのは何人も居ないけど
久しぶりに 突き抜けた“天才” それも続けて出会った
このクライアントは 週の始めに大阪で社長さんのインタビューをして
東京で部長と若手三人のお話しをいただくことになっていて
出てきた開発部門の若手二人がそうだった
論理的な思考で
聞き手の意図を瞬時に理解して応えてくれる
朴訥とした話し方が知的で的を外さないのはもちろん
業務内容も高度なことをいとも簡単にやり遂げている
それを 自慢げにではなく さらっとわかりやすく教えてくれる
ふ~む
こんな人っているねんなぁ...
この二人
そう遠くない将来大きな仕事をやってくれそうな気がする
(有能なディレクターかプロデューサーに恵まれればだけど)
こんな若い人がこれからの日本を背負って行くんでしょう きっと
この企業にとっては まさにお宝のような存在なんでしょうね
(そのことに 会社も本人も 気付いているかどうかはわからないけど...)
もう一人の若手
天才二人の後だけに この人も充分水準以上だと思うけど
凡庸にしか見えなかったのは ちと 可哀想でした

いつもではないけど
こんな人とお話しできるのが
今のボクの仕事の楽しみなのかもしれない
ほんま 刺激を受けます


いったん解散して
夜も更けてから目黒で再集合
目黒といえば 久しぶりに“女学院前会”
今回は KとF
プラス 今日もそうだったけど よく東京で仕事をお願いするライターのTさんも一緒
例によってアホな話しや
先日ランチした 仁子さん(仮名)の話題になったけど
ついつい
心に隙が出来て いろいろ弱音を吐いてしまったかなぁ
彼らと広島の事務所で一緒に仕事をしていたのも 20年も前だなんて
ほんと 時の流れの速いこと
20年も前の上司を いまだに立ててくれることに感謝しないとね
ありがとう そして ごめんなさい!!
とっても 楽しかった!
次回は 和歌山でやりましょう!
[PR]
by hangzhou21 | 2010-08-27 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 銭湯へ行こう!

金曜の晩はいつものDホテルにしよう
これは まぁ いつものように簡単に予約できた
土曜はサンフレがビッグアーチでモンテディオ戦なので
羽田から広島に入って応援するのもアリかと思う
最終の新幹線目指して走るくらいなら 珍しく広島で泊まろうか
すると なんと 広島のホテルが空いてない
何かイベントがあるのかな?
それとも 山形からモンテディオのサポーターが大挙押し寄せているのか?
う~
これは 大人しく帰りなさいということやねんな きっと
そう理解して 飛行機のチケットも伊丹羽田の往復にしておく
モンテディオもきっと来年もJ1で闘ってくれるだろうしね
このカード逃げやしないし いつか山形へ行って応援したいもんです

先日
出石の永楽館の日程(11/5~10)が発表されていると思ったら
こんどは 鳴門でのシスティーナの日程も明らかになった
11/13・14の土日で 薪車さんに吉弥さんと壱太郎
ふむふむ
愛媛の内子座はどうかと調べると
今年の秋の巡業 内子座での興行はないみたい ちびっと淋しいな
新歌舞伎座の柿落とし チケットはまだ手配してないし
10月と11月の平成中村座ももうすぐ発売
ほんま
次から次へといろいろやってくれて
忙しいし大変です はい

近松集を読んだところだから
「恋飛脚」か「女殺し油地獄」「心中天網島」なんかを観たいけど
そう思うと なかなか演目は掛からない
来月の南座は千本桜の通しだしね
もちろん 通しで観れば 新しい魅力の発見もあるだろうから
楽しみではあるけどね

ところで
福島の駅前
飲み屋街にいっぷう変った銭湯があるという情報をキャッチ!
JRでも阪神でも梅田から一駅
これなら 残業する前に汗をさっぱり流すこともできそう
そう思って ここ数日着替えやタオルをバッグに忍ばせているんだけど
案外 時間が惜しかったり面倒くさくなったりして
まだ実現していない 無念!
さっぱりして 服を着替えたら リフレッシュ出来ると思うけど
どんなもんかな?
[PR]
by hangzhou21 | 2010-08-26 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 久々にmacに向かう

やっぱりボク自身が忙しくなって追い詰められないと
なかなか調子が出ないのか
ちびっと案件が動き出して 少しはアタマが回転してきた(ような気がする)
これから少しまとまったワークになりそうな案件
デザインやヴィジュアルにまでは至らないけど
必要意義や方向性や立ち位置が理解できるような企画書というか提案書
一夜漬けでこさえる
久しぶりにmacに向かうと 忘れてるなぁ...
ヴァージョンが新しくなっているとか以前の問題で
細かい作業方法やショートカットなんて完全に抜けてる
あきません...
若いのたちはmacではなく パワーポイントで
実に美しく素晴らしい企画書を意図も簡単にこさえる
それにくらべて
ロートルのボクはmacのイラストレーターでこさえようとするところに
ムリがあるねんなぁ きっと
まぁ 企画書の出来映えの善し悪しではなく
そこに何が書かれているのかが問題だと そういうことにしておこう
それでも
あんまり奇麗にはまとまらなくて(見た目だけではなく)
ちびっと自己嫌悪 アカンね

この週末
佐野さん(仮名)が久々に大阪へ帰省して来るので
「まぁちょっと集まって飲もか」ということになっていた
でも
急にボク自身が金曜は東京になってしまい
佐野さん(仮名)には申し訳ないけどパスすることに(すんません!)
まぁ
佐野さん(仮名)とは 東京でまたすぐに飲める
九段下でええお店探しておいてくださいな
[PR]
by hangzhou21 | 2010-08-25 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ カップヌードルごはん

先日
「カップヌードルごはん」っちゅうもんが発売され
事前の情報も仕入れていたし 新もん好きなことだし 帰り道にコンビニで早速購入
すると
売れすぎて供給が追いつかないとかで 発売をいったん打ち切ると報道されてた
ふ~む 凄いもんですな

この「カップヌードルごはん」を買って帰った晩
何故か ボクが食べないままに 職場の若いメンバーに喰い尽くされてしまう夢を見た
家に持って帰ったはずなのに なんで職場の若いのやんねん! と思ったら
「そうか 夢なんや!」と気付いた

もう40年近くも前だけど
カップヌードルが発売されたとき
当時はまずインスタントの食品を食べさせてくれなかった母親
このカップヌードルを買ってきて食べさせてくれた
「友だちがみんな食べてるのにあんただけ食べてなかったからかわいそうやからな」と
その味がどうだったのかは忘れてしまったけど
この母親の言葉はいまでも覚えております


「カップヌードルごはん」
美味しいかときかれるとどうなのか返答に困るけど
まぁ いっぺんくらいは食べてもいいかもしれません
10年もたてば この味がスタンダードになっているのかもしれないけどね

しかし
「カップヌードルごはん」でインセプションとは
ちと 淋しいもんです


相変らず疲れは溜まっているものの
体調は週末に較べると すっかり持ち直し 元気になりました
これから来月の初旬がひとつのピーク
しんどいしんどいと云っていないで ここは踏ん張るしかありません
[PR]
by hangzhou21 | 2010-08-24 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ パラレルボックス

土曜日は ラジオ関西で朝から最終まで競馬中継がある
(もっとも 夏場は“はくぼ”がある関係で最終までは入らないけど)
家に居るときはわざわざ聴かないけど
クルマに乗っているときには聴いてしまうこともある
すると
ラジオ関西の番組宣伝CMが入って
甘ったるい声で「パラレルボックス」という番組の広告が入ることがある
どういうのかな 妙に男心をくすぐられるという感じ
「こんな声で横でしゃべられたら なんだかくすぐったいやろなぁ」と思ってしまう
(相当 鼻の下が伸びてる?)
わざわざこの番組にあわせてダイヤルを回す(この表現“死語”かもね)こともなかった
ただ アタマの片隅にはあった
それが
この土曜 偶然聴いてしまった
もうおしまいだけで
恋人同士が花火大会へ行くという他愛のないストーリー
声ですぐにわかった
これが ほんまにくすぐったい
こんなお話し ある訳ないとわかっていても なんだか想像をかきたてられたなぁ


何が言いたいかというと
こういうトークの台本を考えたり書いてみたりしたいなと
そう思ったということ
実際には有り得ないし 女の子が話すわけないとわかっちゃいるんだけど
男としては こんなふうに話してほしいとか こう思ってほしいとか あるやんか
男は誰しもロマンチストやしね

5分もないような短い(でも書くとなるときっと恐ろしいほど長いと思う)時間
その中で完結するんだけど
夢があってほっとするような
でも 一方的ではあるトーク なんか魅力的かな
ラジオって 当たり前だけど 音だけで完結してる
だからこそ 聞き手の想像力が入り込む余地が大きい
声 話し方 そして関西弁のイントネーション...
いいなぁ...
ボクならこう言ってもらいたい いやこう言わせたい
そんなことを考えてしまいました

もちろん わざわざ聴くような番組ではないと思うけど
番組宣伝のCMもしかり 番組そのものもしかり
なんか ボクには妙にくすぐったい
ひょっとしたら ボクだけではないのかもしれへんけど...

※調べてみると
ここでダウンロードすれば 聴けるみたいです
はい
[PR]
by hangzhou21 | 2010-08-23 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)