<   2010年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧

■ 六月のおひるごはん

6/1 火
谷四にいたので 久しぶりに「stereo」で“日替わりランチ”
ハンバーグとトンカツでした 美味しかったし流行ってて良かった!

6/2 水
若いのと4人で丸ビルの上にある「御馥(イーフー)」で“ビジネスランチ”
まずまずいつもの美味しさでした!

6/3 木
サークルケイサンクスで打っている“歌舞伎座シリーズ”
“歌舞伎蕎麦”と“助六”をセットで
まぁ こんなものかな?

6/4 金
空港リムジンに乗る前に買ったローソンのサンドとヤキソバパン

6/5 土
地下鉄に小一時間揺られて水原(スウォン)
ここまで来たら カルビを喰うしかない!
虹華門にある「ヨンポンカルビ」へ お腹一杯になりました!

6/6 日
二泊三日なんてすぐですね
金浦空港のターミナルにあるSC二階のフードコートで「トンカツ」

6/7 月
阪神の改札前にある「ミンガス」はひさしぶり
“チキンカツカレー”にしました

6/8 火
2ビルB2にある「にしき」で“鶏ポン”1.5玉
お腹が一杯になりますね

6/9 水
3ビルB2にある「竹生庵」で“やまかけそば”
なかなか美味しかったけど
ちょっと年齢層が高すぎるかな?

6/10 木
3ビルのB1「さくら月 田ごと」というお店で“唐揚げマウンテン定食”
ボリューム最優先 普通の人は完食も難しいかもしれません...

6/11 金
お弁当をこさえて持って来ました!

6/12 土
朝から堺筋本町でイベント
途中で抜けて大阪市民歌舞伎
当日券を買ってから 近くを歩いてみつけたのが「夕陽ケ丘更科
ふつうのうどん屋(そば屋?)さんですが
ちゃんとした蕎麦もやっていて“田舎蕎麦1.5”をいただきました
う~ん 旨い!

6/13 日
久しぶりに休日出勤
となると「ほか弁」やねぇ
でも 当分からあげは食べたくないので“煮魚弁当”なるものにしました

6/14 月
暑くなるとさらっと食べたくなる
3ビルB2の「うどん棒」で“生醤油”

6/15 火
もう一度「竹生庵」で“やまかけそば”
うん ここ美味しいゎ!

6/16 水
ふと思い立って
東淀川駅の駅前にある「プラザ」で“肉玉そばダブル”
もう行くことはないでしょう...

6/17 木
新サンケイビルB1の「四國屋」
“冷たいぶっかけ タマゴ抜き”
暑くなるとこうなるなぁ...

6/18 金
神田で大学生の甥っ子と待ち合わせて「満寿家 (ますや)」へ
“うな重・上”
ゆっくり話せて良かったです

6/19 土
本当は違うお店を考えていたけど 行ってみたらお休みだったので
麹町の「とんき」“ロースとんかつ定食”
思っていたのとはかなり違うトンカツだったけど
ヴォリュームもあって美味しかった!
ランチではなく定食を頼むと缶ビールがおまけで付いてきた!
そういえば 的場町の電停の裏にあったり 商工センターにあったのも「とんき」やったなぁ

6/20 日
有楽町駅の「吉野家」は何度か来たことがあるね
“並+タマゴ”

6/21 月
この日は久しぶりに自分の分のお弁当もこさえました

6/22 火
昼前に谷四だったので いつものように「stereo」も考えたけど
先日職場で話題になっていた「一味禅」へ若いのと
“海鮮丼”にしました
う~ん なんだか海の家みたい
おじさんたちのパラダイスですね
ヴォリューム優先です はい

6/23 水
3ビルB2にある「竹生庵」で“やまかけそば”
今日は空いてました!

6/24 木
煮詰まっていました...
2ビルB2の「にしき」で“鶏ポン・冷・1.5”

6/25 金
久しぶりにドーチカの「TSUBOYA」で“塩セット”
胃が小さくなっているのか このボリュームは少ししんどかった!

6/26 土
福井の三方「淡水」というお店で“うな丼・並”
あっさりとした結構なお味でした!
とても混んでいるので ある程度覚悟が必要ですね
近くにも何軒かうなぎ屋さんはあるようです
「徳右ヱ門」と「源与門」

6/27 日
仁川に出陣中
釣師さんがガーデンズで買ってきてくれた
なつま屋」さんの“とり天弁当” 美味しかった~!
これで 馬券が当たってたらなぁ...

6/28 月
新サンケイビルB1の「四國屋」
“ざるうどん+おにぎり”
お腹が一杯になりました!

6/29 火
暑くなるとあっさりとした冷たいものが食べたくなります
3ビルB2の「うどん棒」で“生醤油”

6/30 水
哲くんと哲くんとこの若いのと「瀬るび」
日替わりは“鶏の照り焼き”でした

※遅くなりましたが"五月のお昼ご飯"もアップしています!
[PR]
by hangzhou21 | 2010-06-30 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 泣くな駒野

急いで帰ったものの
いつもの帰宅後のパターンを踏襲すると
どう考えても23時のキックオフまでに寝てしまう確率が高い
そこで
まず ローソンでギネスを2缶買い チコで納豆と合挽きのミンチを買う
それらを冷蔵庫へそっとしまって
お風呂セットと着替えを用意して Qちゃんでレッツゴー!
つかしんの湯の華廊へ
平日の夜のせいなのか 来るべき決戦を目前にしているせいなのかはわからないけど
今までで一番空いてました
職場のエアコンで冷やされた身体を労わるようにゆっくりのんびり大きな湯船につかる
やっぱり 極楽ですわ~!
じっくりつかってたっぷりと汗をかいて 最後は水風呂で引き締める!
う~ 生き返りました!
22時過ぎに帰宅
外も家の中も ここ数日と同じような湿度のはずなのに
温泉効果かしゃきっと気持ちいい!
こんなんやったら 毎日でも行きたい
(いっそ 温泉がある家に住みたい!)

ゴールの予感がしなかったし
ゴールへのアイデアも足りなかった
守ることに必死すぎて 見ていて楽しかったり美しいサッカーではなかったな
それは 日本もパラグアイもそうだけどさ
120分の死闘を経てのPK戦は結果にすぎない
だから 駒野を非難する気はさらさらない
惜しかったけど これから乗り越えなければならない差があったのも 確か
W杯が始まっても 一向に興味が湧かなかったけど
結局 デンマーク戦 パラグアイ戦は気合を入れて応援してしまった
サッカーの素晴らしさを見せてくれてありがとう!
もっとも W杯は終わったわけじゃなくて これからが本番 いいゲーム期待してます!
あ~ぁ
このメンバーの中にサンフレの選手が一人でも入っていればなぁ...
[PR]
by hangzhou21 | 2010-06-30 22:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 珍道中

時には思い出したようにアジアを歩いているんだけど
幸か不幸かあんまりトラブルには見舞われていないねんなぁ
そんな中でも 一番は
韓国の雪嶽山(ソラクサン)の山頂で拘束されかけたことかな
もう帰れないかも... とそんな思いが一瞬よぎったものの
最後は 筆談で「罰金100万ウォン!」とかどやされつつ笑って許してくれた
空港にピックアップをお願いしていたホテルのマイクロバスが来なくて
カンカンになって怒ったのも江原道のことでした...
このときは親切にも隣のホテルのバスが送ってくれたし 結局 部屋をアップグレードしてくれました
中国の武漢でも迎えのバスが欠車して
うろ覚えで真夜中の路線バスを乗り継いでたどり着いたことがあったなぁ
この街への訪問が二度目だったことがラッキーでした!
(その当時の中国の路線バスは 室内灯なんてなくて車内は真っ暗で怖かった!)
ホテルに戻るタクシーがやたらと遠回りをしたせいで 怒り狂って料金の支払いを拒否したのも武漢でした
香港では頼んでおいた広州への航空券が手配出来ていなくて
フロントで暴れたら 行きは火車 帰りは汽車の切符をすぐさま手配してくれました
(今ではカンタンに自分で手配出来るのにね)
もちろん 怒ったり暴れたりしたことばかりではなく
毎回 数知れないほど多くの人の親切と好意に甘えて旅をさせていただいてます

不思議と モノをなくしたり盗まれたりという経験はなくて 大事なものを落としたこともないような
これって 単にウンがいいだけなのかな?
腹巻式の貴重品入れは使ったことがないというか 持ってないしね
台北で空港バスの乗り場が判らなくて 重いスーツケースを延々転がして歩いて 夫婦ゲンカになったこともあったけど
まぁ これはトラブルとまでは呼べないか
前日に買おうと思っていたお土産をどんなに探しても翌日は見つけられなかったり
ラジオを買ったら 日本では電源も入らなかったこともあったけど これはご愛嬌かな
お腹を壊したり 全然予想もしていなかった料理が出てきたりと
ハプニングや失敗 そんなももは数知れず

もっとも
最近では
行き当たりばったりなんてことはなくて ホテルはちゃんと予約しているし
そもそも 知らないとかはじめての街へ行くこともないもんなぁ...
根性が無いので まぁ 仕方ないか
それに 日本以外のアジアでは危なくてレンタカーなんて運転できないしね

何だかんだと云って
年中いろんなところへ出掛けて行っては
世界中に愛想を振りまいているMM
今回はイタリアでどんな珍道中だったのでしょう
とにかく 生きて帰ってきてるみたいなので 土産話しが楽しみ!
[PR]
by hangzhou21 | 2010-06-29 22:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ ゴシック・ミステリーって何?

いつぞや
敬愛する近藤先生の写真を見るのか見たのか そんな話しをMMとしていた
すると 近藤先生の新刊紹介かたがた 先生の近影が産経新聞のweb-siteに載っている
この新刊 また探して読むべきか それともすぐに新刊の書店さんで買うべきか ちびっと迷うなぁ...
「薔薇を拒む」(近藤史恵 講談社 ISBN:9784062162142)

この本の紹介文に
“ゴシック・ミステリー”という言葉が使われている
ボクの好きなロバート・ゴダードも“ゴシック・ミステリーの名手”なんて紹介のされ方をしているけど
そもそも“ゴシック・ミステリー”とは何なんだろう?
ちょこっと調べてもこれと云ってヒットしてくれない
分解して調べると
ゴシック小説とは「幻想的な中世風(歴史風?)小説」らしい
ミステリー小説の定義は 「発端の不可思議性」「中途のサスペンス」「結末の意外性」があるものらしい
ふ~む
そういうことなのね(判かったような 判らないような...)
そうか!
近藤先生の新刊「薔薇を拒む」をしっかり読んで
従来の先生のお話しと較べてみればいいのか!...

このごろのちょっとした楽しみは
朝日毎日読売産経など各紙のweb-siteを巡って書評や読書欄を読むこと
もうすでに読んだ本が紹介されていると 単純に嬉しいし
読んでみたくなる(刺激される)本にめぐり合うと
ついついISBNを調べてメモをしてしまう
書店さんの店頭 それはそれで絶対に外せないけれど
新聞の書評もここでしか出会えない本があるのも事実
きっと さぞかしニヤニヤしながら読んでいるんやろなぁ...

ネットで調べ物をしていて
全然関係ないけど突き当たったのが
先生、カエルが脱皮してその皮を食べています!」(小林朋道 築地書館 ISBN:9784806714002)
この先生 確か鳥取環境大学の教授で いつぞやラジオで話しているのを聞いたことがあったような
この本でシリーズの4冊目
確か一番最初は
「先生、巨大コウモリが廊下を飛んでいます!」(小林朋道 築地書館 ISBN:9784806713449)
(2007年の3月発行 ありゃマイナーな版元さんだったんですね)
こんなおもしろい先生のおもしろい授業なら受けてみたいと思わせる
お~っと
これは先入観だから まずは「巨大コウモリ~」を読んでみましょうか
それにしても タイトルの付け方が上手い!
「先生、シマリスがヘビの頭をかじっています!」
「先生、子リスたちがイタチを攻撃しています!」
なんとも食指をそそられる!
このシリーズを読んで人生変わる高校生もいるかもしれないなぁ...
[PR]
by hangzhou21 | 2010-06-28 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 長期放牧決定!

どうもリズムが狂いっぱなしで
全くアカンのではないだけに口惜しい!
今日は 香港へ遊びに行くか それとも新スタンドの函館かと
ハナ息も荒く仁川に乗り込んだものの 残念な結果に終わる
残念無念...
釣師さんと女子大生の母さんもお疲れさまでした!
これで 有馬まで長期放牧かなぁ...
(スポニチの「最終逆転」 今週も土日ともハズレ!)

釣師さんとこの高校生ケンちゃん
最近ギターに興味を持ち出したそうで
釣師さんの埃をかぶった往年の名機(?)が出番
「パパ上手いやん!」と株を上げているという 微笑ましいエピソード
そうか~
そんな時期になったんですね...


仁川のスタンドで待ち時間のうちに読了したのが
「るり姉」(椰月美智子 双葉社 ISBN:9784575236606)
ふわっと心が温まる そんなお話しでした
たまにはこういうお話しにも親しまないとあかんね
まぁ チャンスがあればお読みになっても損はしないと思うけど
期待しすぎるとどうでしょう?
次は
東京で買ったものの1ページも読んでいない
「残念な人の思考法」(山崎将志 日経プレミアシリーズ ISBN:9784532260750)
それとも 先日 古本市場でみつけてしまった
「夜行観覧車」(湊かなえ 双葉社 ISBN:9784575236941)
今週は奈良に行く用事があるので 両方読めるかな?


昨夜のW杯の決勝トーナメント
“アジアの虎”こと韓国はウルグアイに少し惜しい敗戦
1点目の入れられ方がね 惜しかったです
それでも 胸を張って帰国してもらいたいですね
日本は火曜の晩に パラグアイと対戦
決勝トーナメントでひとつでも勝つというのは簡単ではないと思うけど
全く歯が立たない相手ではなさそうなだけに
なんとかしてくれへんかな?
[PR]
by hangzhou21 | 2010-06-27 19:55 | けんちゃな日記 | Comments(4)

■ 身代わりカエル

若いのが重い結膜炎で三週間ばかり続けて休んでいる
金曜に医者からの許可が出て ようやく週明けから出勤できるとのこと
別の若いのも眼をひどく充血させていて 金曜に医者に行くとそのまま半休
う~む
ということで ボクは大丈夫だけど こりゃお祓いでも必要かなと ネットで調べてみると
長岡京に目の病気にいい神社があると出た 京都市内にも幾つかあるみたいだけど
せっかくだから脚を延ばしてみようともう少し調べると...
湖北の木之本に「木之本地蔵」というのがあり 目の病気にご利益があるそうだ
北陸道の木之本ICからも遠くないし ちょっとそ~さんと一緒に行ってみることにした

「身代わりカエル」という片目をウインクした陶器のカエル
本殿右手の仏像の足元やそこいらにうず高く並べられて(奉納されて?)いる
その数は圧巻!
その昔
池に棲むカエルが目を患った旅人に片目を与え旅人は無事に旅を続けた という言い伝え
今でも この池に棲むカエルは片目をつむっているとか...
なるほど!
眼病平癒祈願をして ぶっとい線香に火をつけても奉納
奮発して大きなお札 そしてお守りと「身代わりカエル」をいただいて来ました
これで 職場から結膜炎も退散してくれることでしょう!

木之本
宿場と言うかこのお地蔵さんの門前町だったのか
古い街並みが残り 生憎の雨模様でしたがなかなか風情がありました
昨秋にお邪魔した 愛媛の内子のような感じかな
きっとこの街にもかつては芝居小屋があったのでしょうか 今でも残っていたらいいのに...
駅前には芝居小屋ではなく 明治39年に建てられ滋賀県最古というレトロな図書館がありました
その後
敦賀に抜け 三方でうなぎをいただいて 小浜から舞鶴道に乗りました
まるで台風が近づいて来ているかのような風と雨 そんな天気がね 残念
知らなかったけど 若狭は梅の産地だそうで いろんなところで 梅干や梅酒を売っていました
敦賀のスーパーでは 福井産のイクヒカリとアキサカリという はじめて見る品種のお米を購入

湖北や若狭は今まで何度かしか行くことがなかったけど
案外近くて いいところ
気候がいい頃にまた行きたいですね
また 敦賀と小浜で郵便局に寄ったけど 残念ながらフォルムカードは売ってくれませんでした
土日の扱いは同じ「ゆうゆう窓口」でも局によって全然違うのは困ってしまいます はい
[PR]
by hangzhou21 | 2010-06-26 20:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ クチナシ

ボクの二回戦は惨敗だったけど
早朝のデンマーク戦は快勝!
昨夜 早々にフテ寝して早起きしたかいがあった
松井の惜しいシーンがあったものの 得点の匂いが全くせえへんと思っていたら
本田がドカンとFKを直接叩き込む! ビューティフル!
ありゃと思うと 今度は遠藤がヒュルっとカーブをかけてそのままネットへ
これまたビューティフル!
2点も先行すれば 3点取られない限りベスト16入り
ちょっと押し込まれたところはあって1点献上したけど
見事な本田の切り替えしから岡崎が3点目 これで決まった!
手に汗握る接戦ではなかったけれど 久々にTVの前で力が入った!
この日のデンマークの戦いぶり まるで調子が出ないときのサンフレみたいやったなぁ...
次戦の相手はパラグアイ
う~ん ひょっとしたらひょっとするかな?
ボクの中では全く盛り上がっていなかったW杯だけど
やっぱりというか 予想通りというか 少し熱くなってきたようです

本田や遠藤の美しいFKを見ながら思いを巡ったのが
ベンチに座っていたであろう中村俊介のこと
このW杯で影の部分を一身にかぶってしまったなぁ
もちろん 様々な意味での巡り合わせももちろんあるだろうけど
冷静に考えると ここまでとは本人も思っていなかっただろう
彼にとっては最後のW杯 ちびっとツライ大会になってしまったな


昨日のアガパンサスは爽やかなこの時期の花だけど
梅雨時に忘れちゃいけないのがクチナシ
(渡哲也の「くちなしの花」を反射的に思い出してしまうと 年齢がバレますね)
つやっぽくて濃いライム色の葉に 白い肉厚の花
その姿と芳香が特徴ですね
大きいイモムシが付くのが難ですが
クチナシもいつかは低い生垣に仕立ててみたいです
[PR]
by hangzhou21 | 2010-06-25 22:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ まだまだ 迷ってばかり

大きな提案の二回戦
圧倒的に準備不足
理屈もロジックもヴィジュアルも足りなければ 理解力も表現力も...
どたばたしていて 反応薄く 手応えナシ
危うし!
17時からのプレゼンだったけど
帰り道 すごくキレイな夕焼けを見ながら 営業と二人 深いため息をひとつ...
う~ がっくしと肩を落とす
まだまだ足りない所だらけで迷ってばかり
今回の精神的なショックは大きい

そんな心情とはウラハラ
大陸からの高気圧
乾いた空気を運んできてくれた
梅雨とは思えない爽やかさでひと心地付く やれやれ
この日はジャケットにネクタイだったから助かる

この時期
アガパンサスが涼しげに咲き始めている
いつもはその存在をすっかり忘れているんだけど
この可憐な姿をみかけると いいなと思う
群生よりも 一株がこっそりと咲いているのがいい
秋になったら 大きめの鉢に植えてみようかな
[PR]
by hangzhou21 | 2010-06-24 22:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 発芽

ゴールデンウィークが過ぎた頃
発芽したツバキの種を植木鉢に埋めたんだけど いっこうに芽が出てこない
「こりゃもうアカンのかなぁ?」
思い出して今朝植木鉢をのぞいてみると ひとつ ちゃんと芽が出てる
「(自然って)エライな~」(あとの三つは変化なしだけど)
どんな花が咲くのか それがわかるまで2年半から3年半はかかるけど 楽しみです
(親のツバキは濃紅の八重で猪口咲きだったけど どうかな?)

強く剪定した地植えのツバキたちも
気温と湿度の上昇に刺激されたのか 続々と新芽を吹き出していて いい感じ
濃い色の花をつけるのは新芽も赤い(茶色?)
そして 白い花をつけるものはライムグリーンなんですね
上に書いた 植木鉢の実生
新芽は濃い赤なのできっと花の色は濃紅でしょう(姿はわからないけど)
やわらかい新芽が伸びてきたから 次こそオルトランを撒かないとあかんね

キンちゃんがいなくなってしまったので
新聞を取りに外に出たときも 楽しみがなく ふと淋しい
植物も金魚も一種の“癒し”なんやなぁ...


「『若者はかわいそう』論のウソ」 海老原嗣生 扶桑社新書 ISBN:9784594062163
ふ~む
ここ数年声高に叫ばれている
就職氷河期とか格差社会とか派遣切りとかワーキングプアとか
若者をとりまく雇用不安に関して データ面から切っている(反論している)
この本を読み解くのは少々退屈でもあるけど
後半の対談や新たな提言の部分は結構面白かった
結論は言い切っていないけど「若者の仕事に関する考え方(心構え)が変わった」ということなんでしょう
こんな仕事をしているのに 大学の数や大学新卒者の数がこんなに増えているとは
迂闊にも数値としても実感としても掴んでいなかったな
(それに気付かせてくれただけでも 読んだ価値があったかな?)
大学生というカテゴリー
ここ30年ほどのうちに 質という意味では大きく変容してしまったんだなぁ


このところ
夕方になると猛烈にお腹が空く
若い証拠か それとも元気ということなのか
ここで食べてしまうと メタボへ一直線だから ぐっと我慢
お腹をすかせたまま家に帰り着くと
まず 梅酒のソーダ割り(これが旨い!)
でも あんまり(ほとんど?)食べない お腹が空きすぎて食欲もなくなっている
食べても 冷奴とか玉子豆腐かな

このところのお気に入りは
「底たまり新六梅酒」
コクがあってなかなか美味しい!
きっと大量生産であろうチョーヤ梅酒の製品はあんまり買わないようにしていたけど
(でも 梅酒はここのしか置いていないお店も少なくないけどね!)
阪神の地下にドンと置かれていて ついつい買ってしまったところ
飲んでみるとなかなか良い!
よっしゃ 追加で何本か買っておこう!
[PR]
by hangzhou21 | 2010-06-23 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 広島ことばのiPad

廿日市の四季が丘出身の若いのと話していたら
「You-TubeにiPadの解説を広島の言葉でやるのがあって 聞くだけで ぶち癒されるんです~」
と教えてくれたので ちょっと聞いて(見て?)みた
iPadの説明するけぇ、よう聞きんさい。
いや~ ほんまに
とってつけたような言葉ではなく
ほんま ネイティブの広島の人やね
これって 他の地方の言葉もあるのかな?

広島には縁もゆかりもあるんだけど
残念ながら 広島の言葉をしゃべることは出来ない
三年住んでてもさっぱりアカンかった
でも 耳は良く(?)なって
今でもちょっと聞いた瞬間に「この人 広島の人かな?」とは聞き分けることはできる
そして ほんの少しだけほっとするから不思議
まぁ 丹後の言葉を耳にして感じるのとは少し違う感覚だけどね


どうも蒸し暑い日が続いて元気が無い
日中はもちろんのこと 朝晩も暑くて ほんまイヤになる
まだ7月にもなっていないから これからおよそ三ヶ月はこんな日が続くのか...
とほほ...
汗ぐっしょりになって家に戻るとシャワーを浴び
ビールではなく梅酒のソーダ割を飲む これが爽やかでいい感じ!
寝ゴザも出して扇風機を回して
汗はいっぱいかくけど まだ熱帯夜ではないから 一応熟睡しています
[PR]
by hangzhou21 | 2010-06-22 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)