<   2010年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧

■ 三月のお昼ごはん

3/1月
哲くんと新サンケイビル地下の「四國屋」
“とじうどん”とおむすび
じんわり美味しいです!

3/2火
阪神の改札口にある「ミンガス」で“チキンカツカレー”
カレー屋さんのカレーはコクがあります
でも また食べたいという味でもないか...

3/3水
用事で鶴橋
「アルケミスタ」で“パスタランチ”
貝柱とヒラメのクリームソース
安定して美味しいですね

3/4木
今回異動がなかった若いのに いろいろ説明しながら
ヒルトンプラザの地下「華味鳥」で“博多水炊きご膳”
お上品で美味しいですょ

3/5金
ボクの許を卒業していく若いのと
福島にあるホテル阪神の地下にある「華氏393」でハンバーグ
まずまずだけど
わざわざ桜橋から歩いていくだけの価値があったかは不明

3/6土
広島弾丸ツアー
このツアーのランチはたいてい猿猴橋電停近くの「のん」
“肉玉そばダブル”としました はい

3/7日
終日 仁川出陣中
東スタンド一階のぱくぱくで「タマゴうどん」とおむすびにしました

3/8月
ヒルトンプラザの地下「たちばな」で“ステーキランチ”
ちょっと食べ過ぎたかな?

3/9火
イベント開催中
「えぇ!こんなええ弁当食べてええの~?」というイベント弁当
でも ボクのお弁当にはエビフライが入ってなかった ぐっすん!

3/10水
金浦空港の国内線ターミナル 搭乗待合室内にあるコンビニで買った
サンドイッチとコーヒーで手早く済ましました

3/11木
いつも行く 錘路タワーすぐ脇にあるお店
「スンデクッパ定食」とビール
なかなか美味しかった!

3/12金
金浦空港の出発カウンター前にあるロッテリア
ここでパプリカ入りのボゴセット

3/13土
仁川へ出陣も 適当に引き上げる
甲東園で途中下車してマクドで
“カリフォルニアバーガー”にしました
これで テキサス ニューヨーク ハワイと四つとも制覇です はい

3/14日
神戸で映画とサンフレの応援
元町の「むさし」で“ヒレ”
初めてここでトンカツを食べたときは感動は薄れたけど
安定して美味しいです お客さんもいっぱい!

3/15月
ド~チカの「さぼてん」でカツ丼
まずまずだけど 時間が掛かり過ぎ!

3/16火
哲くんとその仲間と「焼賣太樓」で“中華ランチ”
久しぶりです

3/17水
新大阪の「ばら家」で“焼き魚定食”
クリエイティブの方も含めて5名でわいわいと...
まずまず美味しかったです

3/18木
久しぶりに桜橋交差点南の「吉野家」
“牛丼・大盛り”+タマゴ
特製丼プレゼントキャンペーン中です

3/19金
先日通りかかったときに気になっていた
燦鶴」“ひな鳥唐揚げ定食”
今まで食べたことがないタイプの唐揚でした
ただ これはランチとしてはどうかな~?

3/20土
仁川へ出陣
早々に引き上げて 家でありものをごにょごにょ

3/21日
南座で花形歌舞伎
こさえたおむすびをお弁当にしました!

3/22月・祝
ハイキング倶楽部の例会
三田にある虚空蔵山の山頂でおむすび!
やっぱり美味しい!

3/23火
京都にいたので 久しぶりに烏丸の「レストランあき」にしました
“日替わり”は 白身魚フライとハンバーグ
相変わらずあんまり商売っ気はないね

3/24水
お弁当をこさえました
手抜きだから 略して“てぬ弁”です

3/25木
ついでもあって弁天町まで足を伸ばす
「グリルミヤコ」で“ステーキランチ”
ヴォリューム一杯です
よく流行ってますね

3/26金
中津の「たけうち」で“鶏天ぶっかけ”にしようかなぁ...
でも 天六の「カルダモン」で“カツカレー”にしよう!
よく流行っていて少し待ったけど 美味しいですね

3/27土
仁川のスタンド
この日は終日出陣の予定だったので
おむすび弁当をこさえていきました

3/28日
大舟山から宝乃湯経由でもどり
家でごにょごにょと...

3/29月
朝から草津へ
用自があるので急いで戻って
駅ビル地下の「うどん棒」
美味しいけど 少しせわしないね

3/30火
弾丸ツアーでACL観戦
「のん」にしようかと思ったけど
中途半端な時間なので 鷹野橋の「ロン」でトンカツ定食
その後
三越で開かれていた福岡展で「一味」のラーメン

3/31水
哲くんと「瀬るび」でアジの一夜干し
まだまだ難しいことがいろいろあるのね
[PR]
by hangzhou21 | 2010-03-31 23:56 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 卒業式

今日で三月もおしまい
ボクがいる部署
若いのも若くないのも三名が卒業して行く
短いつきあいで1年 長いのだと3年
ボクと一緒に頑張ってくれた
デキルのは好き勝手に成長していくのを眺めていただけ
アカンのは何かと手を焼かされて 幾度となく泣かしたり泣かされたり...
いろいろ思い出はあるものの
結局 何も教えられなかったし 何も出来なかったな
ほんま すんません

ということで
太融寺界隈の某所で鍋をつつきながら“ご苦労さん会”
個々では飲みに行くこともあったけど
みんな揃っては珍しい
結局 いつものようにアホな話しで盛り上がり
赤ん坊が生まれたもう若くないのには 皆から出産祝いを渡し
卒業するメンバーには 皆からとボクから記念品の贈呈
お返しは 手紙の朗読がありました

長いようであっと言う間
みなさんありがとうございました
新しい部署でも今までどおりに頑張ってください
そして 引き続きボクと一緒に仕事をする人たちは
ご迷惑をおかけしますすが これからもよろしくね


席替えもあって
オフィスの中でもかなり奥まった場所に移る
シマの中でもちょこっと席を動かして
各人の役割が明確になるような席割りにした
ボクの左側は移って来た若いの(こんどは男の子)
右側はアキママにして
打ち合わせ用のスペースにすることに
従来の打合せテーブルが遠くなってしまったからね
でも
機能するのはまだまだ先の話しになりそうで
そのアキママにスペースには
いろんなものが山をなしていて ほんまに片付くんやろか?
[PR]
by hangzhou21 | 2010-03-31 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ ACL 第四節

先日のアデレードとのアウェイ戦をTVで見ながら
いったいこれは何の差なのかと思いつめていた
善戦するものの結果が出ない今の状況
ほんまに しんどい

前日まで
行こうかどうしようかさんざん迷って
夕方 コンビニでチケットを買ってしまった
さんざん迷ったおかげなのかどうなのか
平日に休みを頂戴し はるばる駆けつけたかいがあったというものです はい
ようやく ACLで記念すべき勝点 そして勝利!
素直に嬉しかった!

思えば
山東魯能はまだ2月で今季の緒戦
思わぬ敗北にがっくりした
底冷えの浦項 雪を踏みしめてのスティラーズ戦
追いついた直後の失点に気が萎えた

今夜は
もう本当に追い詰められた状態での闘い
出来るじゃない!
やっぱりある意味ハートだったのか

これで
サンフレは相変わらず勝ち続けるしかない
アデレード スティラーズの両方が勝点を一つでも積み上げればそれでおしまい
そんな厳しさの中
次節の山東魯能のアウェイ戦にこそ
サンフレの本当の真価が問われる!
もちろん現地へは行けない TVで応援するからね!
[PR]
by hangzhou21 | 2010-03-30 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 夏炉冬扇

人格を持たない人形が心を持ってしまったらどうなるのか?
自分が「誰かと代わりが効かないかけがいのない存在」だと思っている人が
誰かの代わりに心を持たない人形を愛でる
哀しいお話しだけど「観て良かった」と思ったのも事実
使い古された言葉だけどペドゥナの「体当たり演技」が凄い!

もうあきらめていた「空気人形」
宝塚のシネピピアで上映されているのをたまたま知り
あわてて観に行きました
ペドゥナはほんま凄かったし 彼女を選んだ是枝監督の眼力もさすが
ARATAもいいです 静かに死んでしまうのですね
歯抜けのようになった東京の下町の風景にもよくマッチしていた
青森から上京していた少女 彼女もまた何かの象徴であったのでしょうか?


それにしても
もうこの週のうちに4月になるというのに この寒さ
朝から草津へ行っていたのだけど
大津市内では一瞬吹雪いてました お~サム!
この草津往復のおかげで
本はドカンと読めた
もっとも しっかり居眠りもしたし それ以外の時間ででも読んだんだけど

「高原王記」(仁木英之 幻冬舎 ISBN:9784344017801)
ほんまに仁木英之が書いたの?
なんか悪い夢でもみているのじゃなかろうか?
それほど悪い出来でした がっくし

「エデン」(近藤史恵 新潮社 ISBN:9784103052524)
「サクリファイス」(新潮文庫 ISBN:9784101312613)に続く自転車もの
一気に読める 面白い!
前作の続編でもあるけれど「エデン」だけでも全く問題なし!
チカ(日本の青年)が走ったツールドフランス スピード感たっぷりで展開されます
(やや急ぎすぎたきらいはあるけど)余韻の引き具合がいいね

「遠ざかる韓国 冬扇房独語」(田中明 晩声社 ISBN:9784891883478)
この本を読んで
韓国や北朝鮮についてではなく日本について内省する
そして つくずく教育は大切で刷り込みの効果は大きいのだと思う
この歳になってボクもようやく“刷り込み”の呪縛から解放され
いろんな物事がフラットに見えるようになってきました
著者はごく当たり前のことを語っているのだけど
それを「当たり前」と受け取れるひとがどれだけいるのだろう?

今度は奈良の往復もあるので
この際 積読の本を少しでも消費すんで~!
[PR]
by hangzhou21 | 2010-03-29 22:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 春の大舟山

先週歩いた虚空蔵山
その頂上から見えた あのとんがった特徴がある姿は大舟山に違いない!
ほんと
すっかりご無沙汰している
久しぶりに独りで歩いてみようか
大舟山は二年ぶり
それに 単独行はお正月の比叡山下見以来だしね

いつの間にか
山でのスピードも持久力も すっかり失っている
(まぁ もともとなかったんだけどね)
一向に脚は速まらないのに 息だけはすぐに上がってしまう
いかんなぁ
気ままなペースで ゼ~ゼ~荒い息 汗びっしょり
それでも 1時間ほどで山頂
この開放感がたまりません!
静かで誰もいないし 誰ともすれ違わない この閑静さがこの山の魅力
だから 誰に気遣うこともなく
息を整え 持ってきたお茶を飲み干す
ふ~
生き返った!

麓にある三つの溜池は美しいエメラルドグリーン
畦はきれいに刈られていて なんだかゴルフ場みたい
田んぼには珍しくヤギがいて
めぇ~めぇ~鳴いている

そういえば
先週の有馬から 深夜の帰り道
キラリと何かが Qちゃんの照明に反射したと思ったら
野うさぎがダッシュで草むらへ
ふ~む
六甲にも灰褐色のうさぎが暮らしているんやなぁ...


幸か不幸か
ユタカは
何箇所か骨折しているものの 意識はしっかりしているらしい
(ほっとした!)
このところ 往年の勢いは薄れているものの
まだまだJRAのスターとして競馬界を引っ張ってもらわないとね
今回のこの事故で春のクラシックは難しいかもしれないけど
ゆっくり休んで しっかり直してください

前日発売で買った
高松宮記念 マーチステークス そして中京の最終 美しく外す
まぁ
当たる気もしてなかったから あんまり熱くならない金額しか買ってない
高松宮記念では 四位がGIの勲章を手にしたんだけど
何故か
四位って勝っても勝っても 花がないような気がするのは ボクだけ?
[PR]
by hangzhou21 | 2010-03-28 21:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 毎日杯

調べてみると
86年3月2日のこと(現在とは施行時期が三週ほど前だった)
レース開始直前 俄かに吹雪となり見る間に白く染まる枯れたターフ
そんな中
出遅れたフレッシュボイス号 田原成貴を背に 直線だけで捲くってしまった
翌87年(この年から今と同じ頃に移動して“東上最終便”となった)
勝ち馬は 懐かしのダイゴアルファ号
トウショーボーイ産駒 新馬で惚れた
1勝クラス芝のこぶし賞を快勝して臨んだこのレース
加用が鞍上で ここも圧勝して
「待ってました西の秘密兵器」のはずだったけど...
皐月賞は回避して NHK杯(当時は東京優駿のトライアル)はボクも東上したけど4着
東京優駿では 紺と橙の勝負服が沈んで行ったなぁ...
そして
こちらは 記憶ではなく記録の中にしかないけど
79年のこのレース
福永洋一(祐一の父)騎手が落馬事故で騎手生命を断たれたのだった

今年はいいメンバーが揃い
良血のルーラーシップ 前走は不利をものともせず快勝している
休養明けのリルダヴァル
ダノンシャンティ ミッキードリーム ザタイキ などなど 混戦模様
ボクは キンカメ親子丼を狙っていた

直線 坂の手前で悲劇が起こる
不利があってのものではないにしろ
なんとも後味が悪い
最近は現場で競馬を見ることは少なくなっているせいもあるけど
落馬事故を目の当たりにすることは滅多になかった
背筋が凍りついただけではなく 心も凍ってしまう
落ちたユタカ
衝撃でヘルメットも脱げているし 動かない
大丈夫かな 大丈夫ではなさそう
最悪の事態までアタマの中を行き来する
一方
ザタイキ号 右前がポッキリ折れているのがわかる
予後不良 それも仕方ない
いつも楽しんでいる競馬だけど
実は とってもキケンな薄い刃(やいば)の上で行われているんだなぁ...

思い返すと
88年の毎日杯 勝ち馬はオグリキャップ
この世代のクラシック ボクはサッカーボーイと心中した(ボクはこのNHK杯も東上した)
86年から90年くらいにかけて
ボクが一番競馬に熱中していたような気がするなぁ...
[PR]
by hangzhou21 | 2010-03-27 20:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 三月は“去る”

4月を迎えるにあたり
少し編成替えもあって 人も席も動く
そろそろ その準備もしないといけない
ほんとうは
あんまり移動したくない
こんな仕事だから 刷り出しやら見本やら資料やらなんやかやで荷物が一杯
だから クリーンデスクと云われても困るけど...
まぁ これも世の中の動きがそうなんだから 仕方ないか
この際
どんどん捨ててしまおう!

そんなこんなで
気もそぞろになっている上に
大阪から異動して行く人の送別会
どこかのお店でするはずだったのに 経費節減なのか収容人数の関係なのか...
急遽 職場の会議室でするそうな
ケータリングのサービスを使うわけではなさそうで
若いのが準備しているのを横で見ながら
ボクが勝手に自分で食べたいものを手配してしまう
南森町の「中村屋」のコロッケにしよう 電話して40個揚げてもらう
吹田の「とり信」の唐揚 3キロ(骨なしと骨付きを半分ずつ) こちらも電話して取りに行く
(キロ単位で買ったことないから どうかなと思ったけど 案外少なかった これなら5キロにすれば良かった)
チープな感じかと思ったけど
それも 最初人が少ないときだけで
まぁ こんなのもアットホームでいいんじゃないですか
(ボクの時は送別会そのものがゴメンだけど)
ボクは早々に こっそりと退散させていただく


韓国やビッグアーチへ行ったり 納骨があったりで 休みはいただいているけど
当然
動いている案件もあって
それも 鉄骨の模型をこさえるという変テコな仕事が決まり
異様に難しい研究所のパンフの制作(こちらは終りかけ)
新規に 看護婦さん(最近は“看護師”やね)募集用の映像制作も立ち上がりそう
(森の音さんお世話になります!)
他にも 某金融機関の入社式の取材や その後の新人研修の撮影もあるねんなぁ...
内向きでも
デスクの移動や席順を決めるだけではなくて
異動などに伴う担当替えも考えないとあかんし
動行を見ながら 目標設定やら面談やら なかなかのんびりとはさせてくれない
(まぁ 本当はいつものんびりしているんやけど...)
ただ
この4月に新人を預かることはないのが決まっているので
それだけは ほっとするような 少し淋しいような...
(ボクは預からないけど 大阪への配属はあるから新しい若いのとの出会いはあるけどね)

気が付けば
来週でもう3月もおしまい
今年も1/4が過ぎてしまう!
ほんま 早いね
[PR]
by hangzhou21 | 2010-03-26 22:55 | けんちゃな日記 | Comments(2)

■ 墨国料理

MMには毎度おもしろいお店に連れて行ってもらえる
やっぱり もつものは健啖家(食い意地が張った?)の友人やなぁ
(ありがとうございます!)

今回は
天満の怪しげな路地裏にあるメキシコ料理のお店
お店というか 屋台のようなもん 気に入った!
でも 次回はもう少し暖かくなってから行くのがいいかも

メンバーは MMと森の音さんとなっちゃん
は~ 気楽でええゎ~!
あちこちに話しが飛んで行ってまるで収拾がつかないけど
まぁ そんなもんどうでもええ
楽しく美味しく 飲んで食べるのがいい
メインの回転鶏よりも
ふんだんに添えてあるチーズが美味しかった!
久しぶりだけど
久しぶりではなくて つい先週もこのメンバーで飲んでたんとちゃうかと 錯覚
かつては 毎日顔を合わせていたけど
それは 10年以上も前のことなんやなぁ... しみじみ...
先週末も楽しかったけど また全然タイプが違う楽しさで
ほんま
たまにはこんなに楽しい酒の席も必要です はい

この時期 毎年のことだけど
連日連夜の宴会続き 慢性アルコール中毒
ふ~
[PR]
by hangzhou21 | 2010-03-25 22:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 一流との差

いつもの煙たい焼鳥屋
今夜は若いのと「かしわのすき焼」をいただく
「鴨しゃぶ」もいいけど このすき焼もなかなかいい!
鍋は予約が要るんだけど「八栄亭」の実力おそるべしやなぁ

すき焼を終え ほろ酔い機嫌
でも
早足で駅まで戻り 門戸からも急いで戻る
ACLの第三戦 アデレードとのアウェイ戦 TVで3時間遅れの録画放映がある

ほんの少しの差
戦術なのか 技術なのか ハートなのか...
その差こそ 一流とそれ以外との差なんだろうな
その差を一歩ずつ埋めることが
この一年のサンフレの課題なのかもしれない
でも
まだあきらめない 絶望的だけど可能性はある
あと三ゲーム
その差を埋めて飛び越えて欲しい...

30日は休みを取っているけど
ビッグアーチへ行くべきかどうすべきか 悩むなぁ...


決してツマラナイのではなかったけど ボクにはちと難しかったか
「日本語は生きのびるか」(平川祐弘 河出書房新社 ISBN:9784309624112)
言語を通じて地球上の文化の不均衡を説くという手法は斬新で
ボクのような“選良”ではない“凡人”にも理解しやすかった
「言語的にも文化的にも日本は辺境」という説は これも“日本辺境論”なのかな?
また
「世界を語るには三点支持が必要」だという著者の論旨もよくわかる
ひとつの言語で観る世界は点にしかすぎず 外国語をひとつ学ぶと点が線となり
第二外国語をものにすることによって 初めて面として捉えることが出来るのだという
そういえば 大陸(中国)に傾注しているときには見えなかったことが
韓国にも行くようになって見えてきたこともあるなぁ...
(もっとも 普通話もハングルもさっぱりなんだけど...)

次のようやく順番が回ってきたのが
「高原王記」(仁木英之 幻冬舎 ISBN:9784344017801)
でも
たまたま書店さんへ寄ってしまい
ついふらふらと三冊ほど新刊を買ってしまう
「遠ざかる韓国 冬扇房独語」(田中明 晩声社 ISBN:9784891883478)
「行くのか武蔵」(好村兼一 角川書店 ISBN:9784046215000)
「エデン」(近藤史恵 新潮社 ISBN:9784103052524)
全くジャンルが異なる三冊だけど 楽しみ!
まぁ 滋賀県へ行く用事がありそうだから
その往復で居眠りをしなければ 少しは進むかな?



若いのが笑顔で寄って来る
産業カウンセラーの合格通知
昨夜帰宅すると届いていたと報告してくれた
「良かったね!おめでとう!」
前回は“前祝い”だったから
こんどは“本祝い”しないとね と思っていたら
「今度は甘いの食べに行きましょ~!」ときた
はいはい 喜んでご一緒しますょ!
[PR]
by hangzhou21 | 2010-03-24 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 冷たい雨の大谷廟

そ~さんの実家
山口のおじいさんとおばあさんの遺骨を本願寺さんに納めるという
「そんなこともあるのだな」という感じで何も考えずに聞いていたけど
この「納骨」という行事に参加して初めてわかった

予報では昼過ぎから雨だったけれど
目覚めると もう地面は濡れている
本願寺というから京都駅のそばかと思ってたら
五条坂(1号線のバイパスのところね)にある大谷廟へ納めるとのこと
京都へは南座かみなみ会館ばかりだったから 東山へは久しぶり

外観は厳かで京都らしい古刹を思わせるけれど
実は
地下にまで広がるお墓の超大型マンション びっくりした!
山口でお世話になっているのは 浄土真宗の末寺 そこの手引きもあり
山口のお墓のほかにも この大谷廟へも分骨するそうだ
親鸞聖人のお傍で永い眠りに入られるわけです
浄土真宗の門信徒にとってはとてもありがたいことなのです

このシステム(?)が良くわかっていなくて
どうして 「今ごろ?」とアタマの中にハテナが点滅していたのだけど
なるほどと合点がいきました

書類を提出して
指定の骨壷を購入 持参したものから移す
さらに別の受付で
山口の末寺の番号は「●階●列●番」ですと教えていただき
それがなかなかわからない
それほど ずらりと並んだロッカーは圧巻
待つことしばし お坊さんがどこからともなく現れ
ロッカーを開け 納骨を行い
併せてお参り(読経)をしてくださる
(ジャケットのポケットに数珠をしのばせておいて良かった!)

ふ~む
まだまだ知らないことだらけだ
この大谷廟
いったい何柱納められているのだろう?
万は万でも 10万くらいだろうか もっと多いかな?
地上に出ると
静かにそれでいて冷たい雨が
開きかけていた大谷廟の桜を濡らしている
羽織るものを持ってきたら良かったかな

本当は
一日を山口の父母と過ごす予定だったけれど
急遽 用事で呼び出され
納骨が終わると ランチもご一緒せずに大阪へ向かいました
[PR]
by hangzhou21 | 2010-03-23 20:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)