<   2009年 12月 ( 32 )   > この月の画像一覧

■ 十二月のランチ

12/1火
桜橋の産経ビルにある阪神産経桜橋ビルの1階の奥まったところにある
プテカ・ラ・ランテルナ (La Lanterna)」で“パスタランチ”
そういえばこのお店って門戸の駅前にもあったような...
お味はまぁまぁかな?

12/2水
青物横丁の「丸富」で“うな丼”
前回はもう少し感動があったような...
今回は正直もうひとつでした

12/3木
東京で過ごす休暇
生憎の冷たい雨
どうしたことか食欲がなくて
お昼は国立劇場にいたけど結局パス

12/4金
新サンケイビルの地下にある「四國屋」で“カレーうどん”
寒くなるとこれもいいですね
シャツにカレーの出汁が飛んでしまいました

12/5土
弾丸ツアーで広島へ
哲くん夫婦と一緒に
猿候橋電停前での「のん」で“肉玉そばダブル”

12/6日
家であるものをちょこっと食べる

12/7月
MMの事務所のすぐそばに出来た「T&A
これといって特徴がない普通のカレー

12/8火
久しぶりに1ビルB2の「トライ」で“ステーキ”
いつの間にか“サーロイン”はなくなったのね

12/9水
マルビルの8Fにある
「四川料理 御馥(イーフー)」で“ビジネスランチ”
若いのを連れて ランチしながら人生相談?

12/10木
秋葉原から万世橋を渡って神田に入ったところ
ちょこっと横にはずれたところにある「中よし
夜はふぐがメインの高級店だそうです
お昼は定食 ぶりの塩焼きをいただきました

12/11金
住吉にお昼一番に用事があったので食べられず
バスで阿倍野に戻ってから「古譚」で“ギョウザラーメン”

12/12土
イベントだからイベント弁当
だんだん良くなっているなぁ...

12/13日
仁川から戻って家でラーメンライス
馬券が当たるともう少し豪勢なランチになるんやけど...

12/14月
哲くんと一緒に桜橋の「ときわ」で“お昼ごはん”
今日は鮭でした

12/15火
オープンして1年は経つのに 初めてブリーゼブリーゼへ
忘年会をするかもしれないという「ねのひ」へ下見も兼てランチ
“魚御膳”という1,500円の高級ランチだったけど
ゆったり出来たし おいしかった! お腹が一杯になりました

12/16水
北浜
「カシミール」というお店にあたりを付けて行ったけど なんと臨時休業!
仕方ないので 次点で候補に上げていた「ランプハウス」で“ビーフカレー”
見た目と辛さは別なのね
クセになりそうな味でした 流行っているのもうなずける!
但し このお店の大盛りは 名古屋圏の大盛りです はい

12/17木
冷え込む
朝一番岸里で打合せを済ませ東京へ移動
すっかりランチの時間を逃がしてしまう
飯田橋「高はし」も“準備中”の看板 がっくし
陸橋から見えた「是はうまい 肉そば」の文字にひかれる
時間もないしここでソバをすすろうか...
(美味しくないわけじゃないけど きっともう行きません)

12/18金
豊橋の某所
社員食堂もいいけどせっかくだから
ほど近いウナギ屋さん「山忠」で“うな重”
ボリュームたっぷり
少しご飯が多かったかな
豊橋まで来ると 瀬戸あたりの焼き方とはちと違うようです

12/19土
南座で顔見世
持参したおにぎりをいただきました
これが一番やね!

12/20日
ハイキング倶楽部の納会
有馬でお鍋が待っているから こさえたおむすびも少しだけ!

12/21月
あんまり一緒にランチしたことない若いの(もうそんなに若くはないか!)と
「ときわ」で“お昼ごはん”
いろいろお話しを聞かせていただきました

12/22火
鶴橋での昼一番の用事を早々に済ませ玉造へ
駅前の「きくや」でおでんのランチ
ランチがあるのではなく 好きなおでんとライスを頼むというシステムです
14時前だったのに 結構お客さんが入っています
同行していた若いのが喜んでおりました

12/23水祝
お昼に少しだけ職場に顔を出す
ありゃ 哲くんも来てるよ!
阪神の改札前で買ったお弁当

12/24木
奈良から移動して江坂へ
「スパゲティハウス江坂店」で“日替わり”
パスタそのものがもうひとつなのは気のせいかな?

12/25金
昼前に久しぶりに谷四
じゃ「stereo」へ行くしかないでしょ!
1年ぶりくらいかな もっとたつかな?
“日替り”はハンバーグとビフカツ 美味しかった!
ちゃんと割り箸が出来たのが嬉しかったな!

12/26土
家でラーメンほかをごにょごにょ...

12/27日
仁川出陣中
東館1Fのパクパクコーナーでモスでセット

12/28月
高槻にいたので「洋食のいろは」で“いろはランチ”
しばらく来ないうちに 大きくスケールダウン お皿の上が淋しい
カニクリームコロッケとハンバーグは半分ほどの大きさになってる!
お値段そのままだけに これはアカンなぁ...

12/29火
新サンケイビル地下の「四國屋」で
“親子丼のセット”
胃が疲れ気味だけに 優しいメニューが良いです

12/30水
ちょこっと外出して
戻ってから家でちょこちょこっと

12/31木
09年最後のランチは神戸
哲くんおすすめの「つるてん・西店
こちらで年越しそばです
“あったかいぶっかけそば・麺少な目・生卵抜き”
美味しかった もう少し天かすが多かったら良かったな
[PR]
by hangzhou21 | 2009-12-31 20:59 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 静かに暮れる

早起きして比叡山を歩こうかと思っていた
早起きはしたものの なかなか腰が上がらず
アカンね
運が向けば 正月の三日に歩くことにしますか

09年も静かに暮れて行こうとしています

いろいろありましたが
それなりに充実もしていたかな
ただ 昨今の環境の中 うかうかしてもいられません
下手すると足許から崩れてしまうかも...
来年はもっと目の色を変えて必死に取り組んで行く必要があるかな
とにかく
来年は良い年になるよう祈ります

毎日 しょう~むないことばかり書き殴ってきました
楽しみにしてくださった方も
たまたま覗いてみた方も ありがとうございました
もちろん 来年もしょうむないお話しばかりになるけど
ご愛顧くだしあますようお願いいたします!

良いお年をお迎えください!
[PR]
by hangzhou21 | 2009-12-31 19:12 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 09年を振り返る

今年最後の忘年会
西宮北口の某鍋屋
昨年も良く似たメンバーが福島に集まったような...
若いのと飲むのもいいけど
良く知ったメンツで飲むのも気楽で楽しい
鍋も美味しかったし みんな元気で良かった良かった!

   ★      ☆      ★      ☆      ★

振り返ってみると
09年はどんな一年だったのか...
それもよく思い出せないほど一気に駆け抜けた一年だったような気がする

仕事は経済環境の悪化の影響をもろに受け そんなに忙しくなかったけれど
その分 人数も減っていたわけでそこそこ忙しかった
ただ 例年のようにボクのお尻や背中が燃え盛ることはほとんどなく
その消火作業というよりも
若いのの成長に目を細めたり落胆したり 気分はジェットコースター状態

歌舞伎に傾注した一年でもありました
全く知らなかったこの世界 触れてしまいのめりこんでしまった
これからも数年は続きそうな気がします
愛之助 海老蔵 仁左衛門 左團次...
まだまだ観たい芝居があるもんなぁ...
(来年の金丸座は愛之助やし どうしよう?)

あおりを喰ってしまったのが映画
観た本数がここ10年では最低
アンテナも錆びついていて どうしましょう?

本はそれなりに読みました
「僕僕先生」の仁木英之は楽しい世界だった
「風の中のマリア」(百田尚樹)は一気読みしたし
「当マイクロフォン」(三田完)も良かったな
今更だけど「楊家将」「血涙」での北方節も良かった!
(「楊令伝」の文庫化はま~だかな?)
がっかりしたのは万城目学の「トヨトミ・プリンセス」次作に期待しましょう
まだ読んでいない“積読”もドカンとあるので
来年も楽しんで読むことにするし 新古書店巡りも楽しむことにしましょう!

サンフレ 今年はよく頑張りました!
ボクの前ではなかなか勝ってくれなかったけど
J1で4位でフィニッシュとは復帰したばかりだから上出来
来季は陽介抜き ACLはどうなるかわからないけど
ユニホームのデザインも新しくなるみたいだし
ちびっと成長した姿を見せてほしいものです
1,000円高速のお陰で弾丸ツアーやら遠征やら...
来季もどこでも行きまっせ~!

ハイキング倶楽部を熱心に活動したせいか
お山はそこそこ歩いたかな
硬軟織り交ぜて 来年もしっかり歩こう!

競馬はさっぱり
クラシックを一緒に追いかける馬に巡り会えるかどうかが
来年の熱中度を左右しそうな気がします

ツバキの世話もさっぱり
水遣りすら母親に任せっぱなしで 何鉢も枯らせてしまいました ごめんなさい
そんな環境でも 健気に花を咲かせてくれてます ありがとう!
この冬は開花が少し早いみたいです
寒肥えの用意はしているので お正月が明けたら作業しますね

フットボールも現地観戦は1ゲームのみ
ギャングはとうとう見なかったし
Tシャツも買わなかったってどういうことょ!
とにかく 降格はまぬがれたのでほっとした
お正月はライスを見てしっかり勉強します
(米国のボウルゲーム ローズだけでも中継してよ!)

アジアは春先にソウルへ行っただけ
本当は年末に香港へ“逃避行”のはずだったのにな
まぁ 香港も台北もソウルも逃げない
時間をみつけてぼちぼち出掛けることにします
[PR]
by hangzhou21 | 2009-12-30 22:59 | けんちゃな日記 | Comments(2)

■ ラストGI

我がサンフレは天皇杯が早くも破れたのでリーグ戦終了とともにシーズンオフ
契約更改や移籍やら何かと騒がしい
陽介のレッズ移籍は哀しいけれど いつかは帰ってきてくれればいい
ただ 陽介の代わりになるプレーヤーを探してこないとしんどいぞ!
トリニータのGK西川の移籍加入が取りざたされているけど
GKはそこそこ数がいるけどどうなるのかな?
(ここ2年は故障が相次いでやりくりに困ったけどね)
それよりも 森保がアルビのヘッドコーチ就任が発表されたのには驚いた!
森保にも アルビで経験を積んでサンフレに戻ってきて欲しい
考えてみたら 森保ってプレーヤーとしての最後はベガルタやったなぁ...

ガンバが決勝進出を決めた
もし 元日に優勝するとリーグ4位だったサンフレのACL出場が決まる
う~
悩ましい それでなくても層が薄いのにACLの過密日程を闘えるのか?
それに 韓国(浦項)くらいなら応援へ行きたくなる!
来季はACLよりも国内タイトルに全力を注いでもらいたいような...

    ★         ★         ★         ★

ガラガラの阪急に乗っていつものように職場へ
トントンと用事をこなして 掃除もする
昼過ぎに終える
梅田に着くと 各停が出るところだったので乗り込むと...
そうか~ 園田は開催中だし大井の東京大章典(GI)の場外発売してる
有馬ではどうも不完全燃焼だったから 年内最後のGIでケリを付けるか!
園田で降りてスポニチを買うと ありゃ東京大章典の発走は16時半
早く着いてしまうと 要らんレースにも手を出してしまう
そういえば... 競馬場までの道すがらにBOOK-OFFがあったような...

「平台がおまちかね」大崎梢(東京創元社9784488025281)
「船に乗れ!II 独奏」藤谷治(ジャイブ9784861766817)
「まほろ駅前番外地」三浦しをん(文芸春秋9784163286006)
「絶対帰還」クリス・ジョーンズ(光文社9784334962043)
「日本怪魚伝」柴田哲孝(角川文庫9784043943074)
ありゃ 重いのにたくさん買ってしまった!

まぁ 東京大章典の結果は言わずもがなですな...
師走の北風が身に滲みます
[PR]
by hangzhou21 | 2009-12-29 19:59 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 鶴橋の某所で

ここんと何年も仕事納めの日はひと足早く休暇をもらっていて職場にいたことがない
仕事納めの日 学校の終業式みたいなもので
午前中に挨拶があって大掃除をして午後からは解散 なんてワケはなく
しっかり一日普通に仕事をして 外出して三つ打合せをする
午後になって曇ってうすら寒くなり師走らしくなったねぇ

夜になってから急遽トラブルが発生して
どうしても新しいコンテンツが上手くアップされない!
システム担当に電話しても誰も出ないし 万事休す
仕方ないのでケイタイに電話を入れると 電話口の向こうは明らかにボウリング場
そこからモバイルにデータを転送して原因を究明してもらうと...
(いやはや 迷惑掛けまくりやねぇ...)
なんと データの文字コードが「UTF」じゃないとアカンということが判明
そんなん 一回も教えてもらってなかったで~!(ボクのは「shift-JIS」だった)
すると スルスルとアップできて 1時間以上遅れたけど完了!

結局
最終日にする予定で溜め込んでいた事務処理や身辺整理が何も出来ず
明日 静かになったオフィスですることにしましょう 
そういうことで
若いのと約束していた鶴橋の某店でのタッハンマリの酒宴に駆けつけました
ボクたちが行くまでにサムギョッサルをつついていたらしく かなり出来上がっている
タッハンマリもいい具合に煮えてます
ビールで乾杯して ドンドンジュも開けて貰う
タッハンマリは美味しくてスープを最後の一滴まで飲み干す勢いだから
う~ 若いって素晴らしい!
急遽 ヘムルタン(海鮮鍋)をこさえてもらう ここのヘムルタンは具も豪華だしスープが旨いんだなぁ!
こちらも あっと言う間になくなる(ハクサイが美味しかった!)
仕事納めには 鶴橋で鍋が似合います!

但し
ボクは 昼に食べた高槻のいろはの揚げ物が胃にもたれていて(それだけが理由ではなさそうだけど)
どうも体調イマイチ(実はイマヨンくらい)
トラぶったお陰で 時間の経過と共に少しは良くなっていたけどね
まぁ ボクはいつでも鶴橋の某店には行けるんだけど
このメンバーの若いのと一緒に行くことはあんまりないし
このタッハンマリは秋口から約束していた
ボクが一緒じゃないとヘムルタンを食べることもないだろうし...
みんなの美味しそうに盛り上がっている顔を見ているとこっちも元気になりました!
[PR]
by hangzhou21 | 2009-12-28 23:59 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 仁川に出陣!

一年を締めくくる大一番は有馬記念
でもなぁ 今年はどうも盛り上がらない
しっかり検討も出来ていないし メンバーも三歳中心で薄いしな
でも
桜花賞 東京優駿(日本ダービー)と並んで ボクにとって気合が入るレースだけに
朝から仁川に出陣

福永から藤田に鞍上が変っているセイウンワンダーから入っている
直線 セイウンワンダーの前がぽっかり開いたのに
ありゃ~ いっこも伸びへん! 藤田しっかり追わんかい!
おまけに 相手の筆頭に選んでいたスリーロールスは向こう正面で故障発生!
終わってみれば
エアシェイディがきっちり交わして3着に入って
極めて順当な着順
ドリームジャーニーは強かったし ブエナビスタも3歳牝馬としては超一級だったわけだ
リーチザクラウン アンライバルドといった春に牡馬クラシック戦線で活躍した面子
ゴール前は歩いていたのはどうしたことなんでしょうね

この日は中山が11Rだったから 全部で35Rが行われて
途中中京のレースをマークし間違えるアクシデントがあったので34Rに参加
昼前にトントンと的中し 一時はかなりプラスだったものの 結局は負け越し
でも 財布の中は案外減らなかったので まぁヨシとしようか

競馬に関しては
春先は絶好調 どれだけ勝てるのか週末が楽しみだったのに
春競馬が終わって放牧に出ている間にリズムを崩し
結局 尻すぼみ
暦が変ってからも 放牧を挟みながらボチボチ行くことにしますか...
※年間重賞収支は後日計算しておきます

しかし
一日で30を超える予想をこなして
馬券買ってモニターを凝視して一喜一憂
アタマの中が芯から疲れます
仁川の12Rが終わって 暗くなった裏道を駅まで戻っていると
師走の風が冷たくて 今年もおしまいやなと身に滲みます はい
[PR]
by hangzhou21 | 2009-12-27 19:59 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 26日は風呂の日

何をしようかと考えるのは楽しいけれど
しなければならないことがいろいろある休日は大変
気分が悪いほど腰の具合が良くないので織部接骨院には絶対に行く
寝癖が気になるほど伸びてるから散髪へも是非行きたい
クリーニングへ持って行くものがたまってる
庭仕事も出来ればしたいことがある...
それでもカンフリの休日 目覚めると気持ちいい!

競馬がある前の日は 帰り道 駅の売店でスポニチの“前夜版”を買うのが楽しみだったけど
秋も深まってから なくなってしまったのは残念
だから 朝になってから 宅配されて来るスポニチでざっと出走馬を眺める
う~ 魅力的な番組は無いな
それにしても 有馬記念にどうして福永祐一と松岡の名前が無いのかアタマをひねる
(落馬負傷と騎乗停止 ネットで調べて知った)
ラジオNIKKEI杯二歳ステークスと中山大障害がメインだけど 仁川へ出陣するほどもないかな
朝食を済ませて 甥っ子に送るお年玉を用意して(お正月は受験で帰省して来ない)から
プライベート・バーバーへ電話すると 「もう少ししたら来てください!」とのこと

実は今回 スキンヘッドにしてしまおうかと 真剣に思っていた
いっぺんしてみたかってんなぁ...
最近はスキンヘッド 確実に増えている(ような気がする)から
かつてのような違和感はないような気がするけど...
「その楽しみはもう少し取っておいたほうがええんちゃうか」という進言で 今回はやめておく
短目に刈ってもらって 実にすっきりした
でも 短く刈ってもらうと 染めている部分がキレイになくなり 「こんなに白髪が多かったんか」とちびっとショック
まぁ 事実だから仕方ないけどね
散髪用のすっぽり身体が包み込まれるような椅子 余計に腰が痛くなるような...
ボクは腰痛の時には クッションが全くない固い椅子がいい

織部さんへ行くと
数歩歩く姿を見るだけで
クビと背中と腰がズレていると指摘され
筋肉をほぐしてもらってから コキコキっと入れなおしてもらう
不思議だなぁ 筋肉の炎症は残っているのは仕方ないけど 身体も気持ちもしゃきっとする
(ほんま 心から信頼できる接骨医が近くにいてくれているのは有難い!)
だらっとしていた気持ちが引き締まるなぁ!

庭仕事をごにょごにょと2時間ほどこなしていると13時をまわってる
まだまだしたいことはあるけど切り上げて遅いランチ
腰もすっきりしたことだし 宝之湯に出かけよう!
行ってみると 26日は風呂の日だそうで
今日は入会費(200円)が無料で会員になれると案内される
会員になると その日から入浴料金が50円引き(750円が700円)
それに もっと割引率が大きい回数券も買えるらしい 
とにかく会員登録をして 今日から50円引き(ちびっとだけ嬉しい!)
結局一回しか行かなかったコナミも使えなくなるし これらからは寒くなって温泉が恋しくなるだろうしね
温まった帰り道 ディスカウントの酒屋へ寄って 格安の赤ワインを4本
きっと これでお正月まではもつでしょう(ほんまかな?)
[PR]
by hangzhou21 | 2009-12-26 20:59 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 御座候

昼前 担当を離れたクライアントへ顔を出す
今年は若いのが何かと迷惑をお掛けしてしまったけれど
ぐっと我慢して その時は手も顔も出さなかったことだしね
おみやげは何がいいかなぁ
ここはオフィスの雰囲気もわかっている
夜なら阪神の地下でイカ焼野菜焼でもいいけど
昼間からあの匂いが漂うとビールが飲みたくなって仕事どころではなくなるか
何時間待ちとか表示が出ているラスク
喜ばれるかもしれないけど そんなに並んでいられない
ちゅうことで 御座候にしようと決める
これなら ずっしりボリュームあるし数も買える 喜んでいただけるでしょう

お昼を済ませて急いでデスクに戻る
電話せなあかん用事もあるし
パソコンがないと出来ない用事も幾つも抱えている
そうこうしていると 早くも窓の外は真っ暗
煙草を飲みに下に降りて行くと妙に生暖かい
これでは師走の雰囲気は出ないな
それでも 28日はお休みをする人とは年内は最後になる
ボクは用事があるので何年かぶりで最終日も職場へ行く
デスク回りの整理や掃除は出来そうにないけどね

職場を出るときに
一瞬だけ「飲みに行こうかな」とそんな思いがアタマをよぎるも
このところ飲んでばっかりだから止めておく
(23日は久しぶりに休肝日となったけど)
あれだけあったワインも今は一本もない
数えてみると宅配で取寄せただけでも60本以上あったことが判明 驚いた!
取寄せ以外でも10本じゃきかない
う~ 他人のことを笑っていられないか...
今年はほんまによく飲みました!
(年内はまだ飲むけどね!)

職場を出て急ぎ足で梅田の街を若いのと歩いていると
やたらと若いカップルが目に付く もうイヴも過ぎたのに!
24日ではなく25日にデートを誘われた彼女は「私は本命じゃないの?」と怒るんちゃうか?
そう若いのに尋ねると
25日の方が金曜で長く一緒に居られるからいいんじゃないですか
そんな答が返ってきたけど
そんなもんなんかなぁ?
じゃぁ モテモテの君は 22日から25日まで4晩も違う相手と飲めるんだ!
[PR]
by hangzhou21 | 2009-12-25 22:59 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 二つの企業

朝から奈良
近鉄に揺られ 生駒を抜け
読んでいる本からふと目を上げると
なんと 一面の濃霧 こりゃ凄い!
乳白色の世界が一面に広がっている
う~
せっかく来たけど 外での撮影はアウトかなぁ...

先日からのお仕事
代打で受け持って さらっと流してしまう取材だったはずなのに
コツンと当たる
外見からは想像も出来なかったような手ごたえ
そうか こんな人物がいるんだ! しまった!
こんなオブラートに包んだような企画ではなくて 
もっと真正面から取り組んだ 読み物にすれば良かった!
もっとも後悔先に立たずで もう転がり始めているからどうしようもない
それに
中の人もこの「コツン」という部分に気が付いていないのか
それとも どう表現したらいいのか判っていないのか...
次がまたあるのかどうかわからないけれど
あれば もっと気合が入った企画を当てたいな

そんなことを考えていたら
ネットのニュース あるメーカーさんの倒産の記事
なんと ボクがまだ駆け出しの営業だった頃 お世話になった企業さん
堅実経営で商売も堅いと思っていたけど
世の中どうなってしまうのかわからない
それに ボクが担当を離れてから20年以上になるもんなぁ
同じ世代の担当者だったけど どうされているのかな?
しかしこうして思い返せば
数年前に若いのと挨拶へお邪魔した時 その態度の変化に
今日のこの事態を招くようなほんのわずかな“芽”も感じていたような...
それは気のせいだと思っていたんだけど

入社を決める時には
何年も先のことなんか誰にもわからない
コツンと来た企業さんだって
5年後10年後にどうなっているのかわからない
業界大手の一角にまでのし上がっているかもしれないけど
どこかに統合されているかもしれないし
それどころか 業界そのものが世間から抹殺されているかもしれない
こちらのメーカーさんも
ちょっと足許を読み間違えていて その意識が末端近くまで染みこんでいたのかなぁ...

ボクは
運が良かったのか
多分そうなんだけど だからこそ
その運がどこかに行ってしまわないように
いつも謙虚に感謝の気持ちを忘れないでいるようにしなくてはアカンね
[PR]
by hangzhou21 | 2009-12-24 21:59 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 助六

河原町の高島屋さん 地下しか行っていないけど 買物客でごった返している
それもそのはず クリスマス前で祝日の昼下がりだものね
今日は「顔見世」夜の部の幕間に食べるお弁当を買おう

お稲荷さんと巻寿司がセットになって折に詰められているのを「助六」というんだけど
この「助六」っていう名称 歌舞伎から来てる
“助六”という伊達な主人公 “揚巻(あげまき)”という太夫さんといい仲なんです
そこから転じて「助六 = 揚(お稲荷さん)+巻(巻寿司)」なんだそうです

今回初めて 歌舞伎での「助六」を観たんだけど
助六(仁左衛門さん)が花道から登場するところは なかなか盛り上がったけれど
お話しそのものは(例によって?)ありゃ~って感じで まるでリアリティがない
もっとも お話しにリアリティや説得力が絶対に必要なワケではないから まぁいいか
助六という伊達なヒーローがいて 彼が活躍すればいい
吉原の太夫といい仲になるだけの資金がどこにあったのかなんて気にするだけ野暮
左團次さんや愛之助も珍しく三枚目のずっこけ役だったのも面白い

その前に
菊五郎さんの「土蜘(つちぐも)」
1月の浅草でこのお話しだけ時間の関係でパスして悔しい思いをしていたのに
なんと ほとんど撃沈していたのだからしょうがない
先日の昼の部でも 菊五郎さんの「一条大蔵譚」はほとんど憶えていない...
なんかこう 相性ってあるのかな?
この顔見世の夜の部で今年の歌舞伎鑑賞はおしまい
今年は歌舞伎をよ~く観ました
これだけ観れば 入門者から初心者にはステップアップできたかな?
もっとも ずいぶん撃沈してしまったのも確かですけどね
もちろん 来年も楽しみにしています!


新幹線や飛行機での移動時間も多く(しかも「こだま」も長かったし!)
南座の三階席に押し込められてもいたせいもあったのかな
またしても どうも腰の具合が良くない このところいつも左の腰
腹筋や背筋が弱っているねんな ちゃんと鍛えることにして
この週末には織部さんへ行こう!
[PR]
by hangzhou21 | 2009-12-23 23:59 | けんちゃな日記 | Comments(0)