<   2009年 10月 ( 32 )   > この月の画像一覧

■ 十月のランチ

10/1(木)
哲くんと「oven oven」
“ペスカトーレ”と“たらこ”の大盛りをシェアしました
お腹いっぱい!

10/2(金)
休暇
お昼前に宝之湯でのんびり 空いてていい感じ
結局ランチはうやむやのうちにパス

10/3(土)
早朝から清水へ
せっかくだから何か名物を食べたかったけど何故か“コンビニ弁当”
日本平のスタンドでいただきました

10/4(日)
仁川場内の特設会場で浅口市(岡山県)のうどん
以前の出石そばには遠く及びません(がっかり)

10/5(月)
先日の飲み会でこのお店のことが話題になっていたので
久しぶりに三番街の「本みやけ」へ“ステーキ重・肉大盛り”
美味しかったし おなか一杯になりました

10/6(火)
きのうそ~さんが「川繁」のうなぎを買ってきてくれたので
それで“うな丼弁当”をこさえました

10/7(水)
深江橋からクルマで八尾へ移動
「Friendly」で“ヒレ焼肉重”

10/8(木)
昼一番に江坂なので早めに職場を出る
そうだ「うどん棒」へ行こう!
“日替わり”をいただきました ここのうどんは美味しいわぁ

10/9(金)
久しぶりに「浜栄」で“丼セット”
ちょうどええ感じです

10/10(土)
御園座で歌舞伎
昼夜通し券を申し込んだら お昼ごはんもセットでした
(なんと晩ごはんもセットです)
こうやって 劇場の食堂で食べるのもええもんです

10/11(日)
家でマカロニサラダを作っていて
余計に茹でたマカロニにインスタントのソースをかけていただきました

10/12(月・祝)
六甲へハイキング倶楽部の例会
東おたふくやまの山頂でおむすびをいただきました!

10/13(火)
新サンケイビル地下の「四國屋」で“カレーうどん”
しまった カレーうどんを食べるにはまだ少し早すぎた!

10/14(水)
泉が丘へ行くのでなんばで若いのとランチ
そうなると「たちばな」になる “トンカツとおでん”にしました
しまった 素直に二段重にしておけば良かった...
(正直 ここは二段重以外はメリットないな)

10/15(木)
朝から奈良
前から気になっていた「そば切り 百夜月・ももよづき」へ
みずみずしくて歯切れも良く 美味しかったです~!

10/16(金)
職場に残っていた若いのたちを連れて「御馥」へ行くも満席
仕方ないので「老房」にしました

10/17(土)
広島への弾丸ツアー
駅前の「のん」で“そば入り”にしました
何故か期待の味とちと違ったような...

10/18(日)
仁川へ出陣してこてんぱんにやられる
疲れ果てて食欲なし
何故かこさえてあった ゆで卵を三ついただきました

10/19(月)
哲くんとおがっちと「焼賣太樓」で“中華ランチ”

10/20(火)
若いのを連れて「堂島とろ家」で“ヅケ丼”
ほんまは違うお店でパスタと思っていたけど
なんとそこはランチの営業をやめてました
(お店そのものが変わってしまったのかな~?)

10/21(水)
何べんも振られたけど
ようやく弁天町の「グリル ミヤコ」で“ステーキランチ”
ごっついヴォリューム 美味しかった!

10/22(木)
神田の駅前にある「丸重」でトンカツ
前から妙にトンカツが食べたくなっていた
トンカツは普通だけど 味噌汁が美味しかった!

10/23(金)
俊徳道駅から少し西に歩いて「きくや食堂」でおでんと小ライス
おばあさんとおじいさんがやっている小さくて地域密着の大衆食堂でした

10/24(土)
銀座の「のぼり亭」でランチのうな丼
まぁ お手ごろでこんなもんじゃないですか

10/25(日)
国立劇場の開演は正午ぴったし
近くにはお店も少なくて...
コンビニのおむすびをふたつ頬張りました

10/26(月)
アタマを下げるのは仕事の一部だけど
やっぱり テンション下がるよなぁ やらずもがなのちょんぼも重なるしね...
14時を回ってから 本町の「Sagra」でパスタランチ
お上品でした

10/27(火)
若いのを連れて四人
新サンケイビル地下の「四國屋」
カツ丼とおろしうどん(小)のセット
お腹一杯になってしまった...

10/28(水)
お腹が減ってはちゃんとしゃべれない!
長堀を下がったところにある「船場カレー」
おゝここのルーは黒いんや!

10/29(木)
熱くなったアタマを冷やしたくて...
「はま栄」で丼ランチ

10/30(金)
さっぱりした食感が口に蘇ってきて
「うどん棒」で日替わり
美味しかった!

10/31(土)
仁川で「吉野家」(これは美味しくなかった)
家に戻ってからパスタを湯掻いていただきました
なかなか美味!
[PR]
by hangzhou21 | 2009-10-31 20:00 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 枕を替える

真夏になる前
寝ゴザとセットで買ったイグサの枕
寝ゴザはとうに仕舞ったけど イグサの枕はまだ使っていた
安物だからか 中のクッションはヘタって変形してしまっている
そんなこともあって ホームセンターへ行ったついでに枕を買った
考えてみたら 枕だけではなく布団にしても毎日使うものなのに
意外なほど買い換えることは滅多にない 何だか不思議な気もする
シーツ(布団カバー)も買おうかと思ってコーナーでいろいろ見たけど
価格重視の品揃えで 楽しくないのでそれはやめた
枕は青森産のヒバエキスが練りこんであるというふれこみのパイプが入っている(ほんまかいな!)
これで悪夢にうなされることもなく 安眠間違いなし!
もっとも ボクは寝入りがものごっつい良いうえに
極端に寝相が悪く 眠りながらかなり暴れるらしい
(本人には全く自覚はないんやけど...)
だから 結局はどんな枕でも最初の10~20分ほどしかアタマの下にはない(のだろうな)
それでも 枕を替えて 気分を一新することも大切かもね!


今朝
予報どおり天気は良かったけれど やっぱり お山には行かず
何の準備もしてなかったしね
結局 パラ経由で仁川に出陣!
淀の2Rに いつかの複勝でご縁があるピノブラン号が出走することは気がついていた
ボクが知らないうちに走った前走は14着だから 当然今日も全く人気が無い
「こりゃ ボクのための願ってもないお膳立てや!」とニヤリ 応援馬券をたんまりと買う
好発から直線を向いても2番手 「ひょっとしたら勝ってしまうかも...」と手に汗を握ったものの...
伸びきれずにズブズブ... がっくし...

こうなったら長居は無用 早々に仁川から退陣
11/3のハイキングの下見も兼て ちょっと歩いてみる
折からの好天 Tシャツ1枚だったけど 歩くだけでみるみる汗が流れる
ピクセンなんて何年ぶりだろう ひょっとしたら30年くらい過ぎているかもしれない
ボクのあやふやな記憶 大小の石がごろごろしている河原だと思っていたけど
実際は砂地の河原だった
昔はボート乗場とか売店があったような気がしたけど
それは 知っている人だけがわかるような面影が残っているだけ
行楽の季節だし もっと人がいるのかと思ったら
自然教室のような催しなのか 捕虫網を持った親子連れが30名ほどいたけど
そのグループ以外は 閑散(というか片手で足りるほど) ちびっと拍子抜け
水道の設備はないけど トイレがあるのを確認
これなら なんとかなるでしょう きっと
[PR]
by hangzhou21 | 2009-10-31 19:59 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 長~い一週間でした

いやはや
ほんまに長~~~い 一週間 ようやく金曜もおしまい
激しくショックを受けて落ち込んで
久しぶりに仕事へ行くのがイヤでした

何とか落ち着きを取り戻したけど
実際はこれから
ボク自身も含めて処分も受けないといけないのはもちろんだけど
現実から逃げないで この若いのに向いていく


珍しいことに
この週末は予定を入れていない
天気も良さそうだし どこか歩くのもいいかなと思い
ちょこちょこ調べてみる
岡山にあるここなら 手頃そうだし帰りに温泉もあっていいかな...
でも 現実問題としては 朝にちゃんと起きられるか
肉体的にも精神的にもくたくたやしな

そういえば
先日MMが 霧海に浮かぶ但馬の竹田城址のことを言ってた
小町も行きたいと言っているらしい
調べてみると 和田山からすぐみたい
でも ここは“歩く”というのとは ちょっと違うみたいやね
企画してもいいけど MMも小町も朝に弱いし 大丈夫かいな?


週末は完フリだけど
11/3の祝日はハイキング倶楽部の例会
今回はハイキングで歩くというよりも
野外でご飯を炊いてカレーもこさえて遊びましょうというもの
10人くらいになりそうかな
どうなるかはわからないけど まぁ何とかなるでしょう きっと
[PR]
by hangzhou21 | 2009-10-30 22:59 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 塩冶判官

「サイドウェイズ」という映画が公開されるらしい
“ん?”これって 何年か前に同じタイトルの米国映画を観たような...
“やっぱり!” 米国版「サイドウェイ」(日本では05年に公開)をリメイク
日本版の主演は小日向文世 このこひさん「非バランス」以来の好きな俳優さん
登場人物は日本人なんだけど 舞台は全編カリフォルニアのワイナリーらしい
思い返すと 細かいお話しはすっかり忘れているけど
「若い頃なら な~んにも面白くなかった」お話しだったような...
年齢を喰ってしまったからこそわかる そんなお話しだったな~
梅田ならリーブル 西宮北口でも上映があるみたい
久しぶりに映画でも観ようかな

先日
「弩」を楽しく読んだんだけど
“おゝこんなところにも!”と感動してしまったのが
「高師直」(←これ“こうのもろなお”とタイプしたら一発変換出来たのにも感動!)が
しら~と登場してくるところ
文字面を見た瞬間に激しく反応してしまう
ふむふむ 「仮名手本忠臣蔵」や「太平記」の世界を飛び出してこんなところにも顔を出しているんや!
しみじみ 歌舞伎を楽しむことは教養にもつながるんやなぁ...

新聞で紹介記事を見かけて順番をすっ飛ばして読んでしまったのが
「就活って何だ―人事部長から学生へ」(森健 文春新書 ISBN:9784166607150)
就職ランキングの上位に来るような著名な企業の人事部長へのインタビューをまとめたもの
いつもは小説などを読んでいるけど
こんな本を読むのもいいもの
勉強しようとして読むのではないけれど
企業側はこういう見方で学生を見て採用活動しているんだなというヒントになりました
ボクはあんまり手許に本は残さないし
本に何か書き込むことは絶対にしないけど
この本は手許に置いて何度か読み返してみたいと思いました
しかしな
学生さんがこの本を読んでも なかなか難しいかもしれない
いや読んで「そうなんや~」とすぐに判る人しか 厳しい就職戦線は勝ち残れないか...
[PR]
by hangzhou21 | 2009-10-29 22:59 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ ささくれだった心は...

う~
なんちゅうのかな
脱力感で一杯 何もなければ休んでしまいたいくらい
でも 後始末もあるし 善後策も練らないといけない
ほんまどうしようもないよね
幸いというか この事件の舞台になったのは以前にボクが担当していたクライアント
営業とアタマを下げに行くと 寛大な処置でお許しをいただくことができた
ほっとしたのも確かだけど
これでおしまいなのではなく これからが始まり
そして ボクもケジメを付けないとね


当たり前だけど
心が乱れようと涙を流そうと 季節は黙って進んでいく
先々週だったか ガンバ戦のために山陽道を西へ走っているとき
我が目を疑う
中央分離帯の植栽はどうみてもサザンカ
そのサザンカ 濃い紅がポツポツと...
その時は なんとも気の早いサザンカと思ったけど
等々力から戻った次の朝
拙宅の狭い庭でも サザンカがぽっつりと淡い桃色の花を咲かせているし
気が早い「安芸小町」(ツバキの品種名) 数輪の濃い桃 中輪がこぼれんばかり
そうか 来週は早くも11月
ジャケットを着て街を歩いても汗ばまないどころか
サマーウールのジャケットではスースーするくらい

ここ数週 早咲きの花に
ボクのささくれだった心を癒してもらうしかなさそうです
[PR]
by hangzhou21 | 2009-10-28 22:59 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 不適格

“はらわたが煮えくり返る”とはこういうことなのか
怒りを通り越して情けなさを感じる
それ以上に 無力感
ボクは2年半以上この若いのに接してきて
「一体何を教えてきたんだろう?」
そして
ボクにはチームをまとめるとか 教育指導するとか
そういう管理的な能力が欠如していると思い当たる(いまさらながらだけど)
若いのの責任だけではない その非を指摘するのはカンタンだけど
今回ばかりはそれだけではない
全ての責任はボクにある

こう啖呵を切ったところでどうなるものでもない
だけど ケジメは必要だ!
[PR]
by hangzhou21 | 2009-10-27 22:59 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ まだまだ人間が足りない

我ながら情けない
今まで数々の失敗や迷惑を振り撒いて生きてきたのだけれど
今回ばかりは 弁明の余地はない
思慮も配慮も足りず 頑張っている若いのの脚を引っ張っている
単に偉そうにしているオヤジに過ぎない

早朝から奈良へお詫びの行脚
その後の一シーンで気を抜いてしまい
何も考えず火をつけたタバコをポイ捨て
そんなしょうむないことで お詫びも何もかもパ~!
このご迷惑については言葉も無い...

この次の訪問先で
「あれ 今日は元気ないですね」という誘い言葉に
ついつい 直前のこのちょんぼを披露してしまう
「(訪問先から)出た直後は要注意です」と同情もしてくださったけれど
それでいきなり元気が回復するほど若くはないな
まだまだ人間が足りない
[PR]
by hangzhou21 | 2009-10-26 22:59 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 等々力で果つ

何年か前
J2に陥落したサンフレ そのJ2最終戦が等々力でのゲーム
サンフレッチェ フロンターレ アルビレックス これらの3クラブ
もつれにもつれた熾烈な昇格争いを繰り広げていた
最終戦 この直接対決でJ1昇格のクラブが決まる予感
ボクは早々とこのゲームを現地観戦することを決めていた
でも
ラッキーなことに このゲームを前にしてサンフレはホームで昇格を決め
サンフレにとっては“消化試合”となる
でも フロンターレはまだ昇格の可能性を残した最終戦
晩秋の暖かい陽射しに包まれれた等々力は異様なムードだった
あれから何年?
5年くらい前かな

そして今夜
前節で“J1”首位に立ったフロンターレ
サンフレだって5位 まだ優勝戦線に踏み留まれる可能性もある
雨上がり 初冬を思わせる北風が強く吹き抜ける

がっくりは来たけど
ボクは怒ってもいないし諦めてもいない
上位のクラブとの違いが確認できた
要は 勝ち方がわかっていないだけ
一人少なくなっても 自分たちのスタイルは見失なわなかった
何が通じて何が通じないのか それが分った
だから サンフレがJ1で優勝争いをするために
何が必要で何が足りないのか明らかになった
少なくとも闘う姿勢は間違っていない!
うつむ必要はない!


  ※   ※   ※   ※   ※   ※   ※


等々力でのナイターの前に国立劇場で歌舞伎
「京乱噂鉤爪・きょうをみだすうわさのかぎつめ」
昨秋に観た「江戸宵闇妖鉤爪・えどのやみあやしのかぎつめ」の続編
土曜の歌舞伎座とは一転して 一階前方で花道のすぐそば

ふ~む こう来たか!
とにかくボクの眼を引いたのは梅丸演じる「花がたみ」
染五郎も幸四郎もこの梅丸の弾けるような色香にはかすんでいました
(ちと 誉めすぎかな?)
この中村梅丸については 今まで全くのノーマークだったので
「かぶき手帖2009」で調べてみると
う~む まだ12才
参りました!

その他
番頭の松本錦弥 丁稚の松本錦成 このでこぼこコンビも出色の出来
こんな発見があるのも
新作でしかも国立劇場の公演だからなのかな?
[PR]
by hangzhou21 | 2009-10-25 23:59 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ 初音の鼓

歌舞伎座で「義経千本桜」
“渡海屋・大物浦”から“吉野山”“川面法眼館”までの通狂言
前半は眠くて眠くてかなり撃沈する
“渡海屋・大物浦”ってこんなに面白んないお話しやったかなぁ?
後半は良かった
菊五郎菊之助親子の忠信・静御前 良かったな~
惜しむらくは もう少し重くて華がある脇で締めて欲しかった(偉そうに!)

以前誘ったけどタイミングが合わなかった若いのと一緒に行く
夜の部の幕見 割と早くから並んだので良い席に座れた
早く並んで良かったのは 良い席に座れただけではなくて
その間にこの若いのとたくさんお話しが出来たことが良かった
今まで
先入観やイメージで やや見下した思いを持って接していた
前回一緒にご飯を食べながらゆっくり話しをして“あれ”っと思った
その時は“東京に行ってこの子も成長したんやな!”なんて のんきな感想だったんだけど
実はなんとボク自身が軽薄であったことか!
確かに 東京へ行って変わった部分もあるだろうけれど
ボクはこの若いのの本質が全く見えていなかっただけだった
う~
まだまだボクは人を見ていない...
やっぱり ゆっくりじっくりお話しをせんとあかんねんなぁ

これも まぁ 歌舞伎の縁
今回 初めて歌舞伎を観て また行きたいと思ったのかどうかは知らない
でも ボクにはそれなりに意味があった義経千本桜でした
[PR]
by hangzhou21 | 2009-10-24 23:59 | けんちゃな日記 | Comments(0)

■ アタマを抱える

説教臭いおやじ
最近はかなり減ったけれど
多くの若い人たちにインタビューしてそのエッセンスを探っていると
以前はそうでもなかったけど
言わずもがなのついつい説教臭いお話しになってしまうことがある
(あかんなぁ...)
素晴らしい若い人に出会うと
その行動や思考はどこから湧いて来るのか
もともとのポテンシャルがどのようなきっかけや指導で開花したのかを知りたくなる
そして どうしたらボクのところの若いのたちが成長してくれるのか
そのヒントにしたくなる

どういう人材が必要なのか まずそれを明確にする
現状はどうなのか 何が出来て何が足りないのか分析
そのうえで どのような教育や指導が必要なのか体系的に考える必要があるなぁ
余りにもその場限りの(その場しのぎ?)の付け焼刃的な指導教育しかなくて
若いのに「なるべき自分像(目指すべき自分像)」を明確に示せずにいるから
とにかく“叱られない”とか“上手く逃げる”とかそんな対応をしてしまうんやろなぁ...
同じ若いのが
続けて同じようなミスをしでかしてしまう
本人にも過失はあるし能力的な問題もあるのだろうけど
むしろ その若いのに対してボクが話してきた内容に問題はなかったのか
教育や指導と称して行ってきた方法に問題はなかったのか
日ごろからちゃんと分け隔てなく暖かく接してきたのだろうか
その辺をちゃんと反省したい

それはともかく
まったく何を考えているんだか
まぁ ボクは謝ったりアタマをさげるために存在しているんだからいいけど
その下げたアタマを抱えてしまう...
[PR]
by hangzhou21 | 2009-10-23 23:59 | けんちゃな日記 | Comments(0)