2017年 11月 02日 ( 1 )

■ 鍋

今年は秋がなくて
一足飛びに冬になってしまったかな?
冷えるとまでは云わないけど...
気温が下がると鍋だね
数年前くらいから キューブ状だったり 小さいプラカップ状だったり
小分けされた“鍋の素”を使うことが多い
うどん出汁の素は以前から愛用してるけどね
野菜売り場には 大根 白菜やネギにキノコ類が存在を主張してる
あったまるし どんどん野菜を食べるのがいいね
ついついお腹いっぱいになっても ほとんどが野菜だから
体重に優しいです はい

今日のS紙に載ってたのが「絶メシ
そうやなぁ
なくなってしまうのってあるよね
なかなかええ企画やね
関西でもやらんかな

   + + +   + + +   + + +


週末 鮫川啓一牧場の生産馬の出走も確定してる
明日金曜の祝日 JRAへの出走はなし
大井8R JBCスプリント ブルドッグボス
土曜は東京の2R未勝利戦にハクサンキャノンとモリトカチグリ
何も同じレースを使わなくてもいいのに!
日曜は京都7R500万にローデルバーン
三日開催の割には少ないね
重賞は
ファンタジーS 京王杯2歳S みやこS アルゼンチン共和国杯
それに 金曜のJBCのGIは三レースともJRAで発売するじゃないの!
ふ~ お金がいくらあっても足りないな

そうそう
先週も爆発せず...
この週末 (投資)18,000円⇒(回収)9,300円⇒(収支)▲8,700円
トータル (投資)181,100円⇒(回収)108,300円⇒(収支)▲72,800円
目も当てられない“惨状”やなぁ...
今週こそ何とかする!
まぁ 何ともならんと思うけど...


   + + +   + + +   + + +


全然書けてなかったけど 頑張って読んでます

77「先生、犬にサンショウウオの捜索を頼むのですか!」(小林朋道 築地書館 ISBN9784806715382)
この鳥取環境大学小林教授のお話し もう何冊目かな
10冊?(11冊目でした!)
相変わらずの軽妙なテキストで すいすい読めるね
ヤギは淋しがり屋さんなんだとか
小川のゴム堰にはヤツメウナギがたくさんいるんだとか
最近はさっぱり見かけないけど コウモリってよく飛んでたけど
ねぐらはどこだったのかな?と思ったりする
毒にもクスリにもならないんだけど
よろしければ どうぞ(今回は中身がやや薄かったかな?)


78「本日も教官なり」(小野寺史宜 KADOKAWA ISBN9784041053904)
この書き手さんのお話しを読むのは一年くらい間が空いたかな
語り口が上手になってる
すいすいと詰まるところがなく読めるね
中年男性の悲哀を感じるんだけど
お話しも語りも上手なんだ
でも まぁ なんだね
「ええお話し読んだな...」って感じではないけどね
すぐに読めます


79「幻の黒船カレーを追え」(水野仁輔 小学館 ISBN9784093885690)
書店さんで積まれているのを見かけて気になっていたところ
この書き手さんがラジオにゲストで呼ばれてて喋っているのを耳にして
ようやく順番がまわってきました!
思い出せないんだけど
かすかな記憶の中 カレーのルーツを探るお話しって読んだことがあったような...
そのときも 今回のこのお話しと同じ結論だったような...
まぁ それはともかく
「カレーは日本の国民食だ」っちゅうのは間違いない
でも このカレーってどこから来たんだ?
それは誰でも知ってみたいよね
そんなことに真面目に取り組んだのがこの書き手さんなわけだ
テキストは平易で読みやすく
ボクも一緒にロンドンの街を歩いているような気がしました はい
すぐ読めるし まずまずのおすすめ!
ただし 時間があるときにどうぞ



.

[PR]
by hangzhou21 | 2017-11-02 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)