2017年 09月 20日 ( 1 )

■ 続々と...

先週のこと
「駒姫」(武内涼 新潮社 ISBN9784103506416)
これ ずいぶん待った 図書館からやって来てたんだけど
残念なことに なぜか 20ページほどしか読み進めず...
次の予約の方に渡っていきました

なのに
図書館から次々にやって来る!
「果鋭」(黒川博行 幻冬舎 ISBN9784344030886)
「洞窟ばか」(吉田勝次 扶桑社 ISBN9784594076252)
「あなたという国」(ドリアン助川 新潮社 ISBN9784103398318)
上記三冊は今日借りて来た
「眠れない夜は体を脱いで」(彩瀬まる 徳間書店 ISBN9784198643454)
「アリガト謝謝」(木下諄一 講談社 ISBN9784062204958)
「時間のないホテル」(ウィル・ワイルズ 東京創元社 ISBN9784488014629)
「僕が殺した人と僕を殺した人」(東山 彰良 文藝春秋 ISBN9784163906430)
この四冊は 予約順位が「1」になってる
予約した時期はバラバラなのに
なんで こう固まって来るんかなぁ
こんだけ一気に来ると 残念ながらとてもさばけそうにない
このところ 読書意欲はかなり減退中だけど
来週には 新幹線での東京往復もあるしね
頑張って読むことにしましょう


   + + +   + + +   + + +


69「鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。」(川上和人 新潮社 ISBN9784103509110)

そこそこ話題になってる本ですね
凄くマイナーな存在の鳥類学者の日常を描いたエッセーなんでしょうか
面白く興味深く拝読しました
小笠原に噴火によって新しくできた西之島のくだりは
世の中にはいろんな研究があるんだなと感心した
また 色彩に関する考察も 理系の人はこうして理詰めで考えるのかと
特に“カビ”については面白く読みました
まぁ その道の専門家になるのは大変なんだな
これからも頑張ってくださいね
お時間があればどうぞ
軽~いお話しなのに 読了まで案外と時間がかかってしまいました



.

[PR]
by hangzhou21 | 2017-09-20 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)