2017年 09月 06日 ( 1 )

■ メコンを下る

ようやく読了
もう全部読むのは無理かなと諦めかけてたんだけど
返却日の夜
図書館が入ってる建物のベンチでラスト100ページほど一気に読む
ふ~良かった!

68「メコンを下る」(北村昌之 めこん ISBN9784839602352)
他人にとって どうでもいいとしか思えないことに一生懸命
しかも 11年もかけて 命を張って ベンツが買えるほどのお金も使って...
そんな姿に「アホやなぁ」と思うのは簡単
でも 読みながら湧いてくるのは この書き手さんへの「羨望」に他ならない!
中国東チベットの源頭から ラオス カンボジア
そして ベトナムで海に流れ込むまでの4900km余
メコン川の全流域を下降するドキュメント
中国内は いわゆるラフティングとカヤック
ラオスに入ってから 現地の竹筏と木造船
この間で大きく趣は変わってしまうけど 興味は尽きない
中国国内では命を削り運命を懸け
ラオス以降は 流域の人々とほのぼのと また実にチープな交流を行っている
竹筏で漂流する姿 実にいい!羨ましい!
想像を絶する困難に立ち向かいながら
悲壮感なく いつも明るく前向き!
それにしても
通訳の梅さんとは本当のところどうだったのかと
いらぬこととは知りながら 気になってしまいました はい
(それも含めて)間違いなく面白い! おすすめ!

次は「洞窟ばか」(吉田勝次 扶桑社 ISBN9784594076252) だな!



.

[PR]
by hangzhou21 | 2017-09-06 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)