2017年 08月 25日 ( 1 )

■ 上方歌舞伎

今日はお休みして 文楽劇場で上方歌舞伎
昔は土日の開催だったけど この頃は平日に日程が組まれてる
今回は夕方からの回を予約してる

ランチは
普段行けなさそうな場所にあるお店をハシゴしてみよう!
まず 環状線の「今宮」駅
ふ~む この駅って今まで乗り降りしたことがないような...
この駅から 徒歩で5分ほどかな
「釜揚うどん一紀」
ここは 長居の「一心」の兄弟店のようですね
ずいぶんと庶民的な感じで メニューもたくさんありますが
敢えて“ざる・細・並”
まぁ こんなもんかな
麺の上に載った細かい短冊に切ったノリが余計かな

それから環状線をほぼ半周して天満へ
ここで“マ~活”です はい 「ライオン飯店」
たっぷりオイリーなマーボーがやって来ました
旨辛いって感じですかね まずまず
特筆すべき点はあんまりなかったかな?

上方歌舞伎会は「菅原伝授手習鑑・すがわらでんじゅてならいかがみ」
これって 「車曳」「寺子屋」といったパーツが演じられることが多くて
通しでどんなお話しなのか全く知らない
今回 「加茂堤」と「(佐太村)賀の祝」を初めて観て
な~んとなくだけど 輪郭がわかったような気もします はい
“松梅桜”三兄弟のお話しと 武部源蔵のお話しが両輪になっているのね
そして“寺子屋”の首実検にすべてが一気に収束するわけだ
なんとも切ないお話しなんやなぁ...

主だった役者さんはこないだのあべの歌舞伎とダブってます
昔のことを思うと おどおどしたところがなくなって
みんなしっかりしてます はい
純也くんっていつの間にか名代昇進して「上村折乃助」になってるんだ!
吉太郎くんもすっかり大きくなって...
そんなことを思いながら 舞台を見入ってしまいました
最後に幹部も含めて全員が勢揃いして いい感じというか
アットホームな雰囲気がいいです
初めて見た「若伎会」もこんな感じやったなぁ...

帰り道
もう一度“マ~活”
こんなことがないとアマでご飯食べることもないもんね
杭瀬の駅前「China style 元基・モトキ」で“マーボー豆腐”
まずまず
きっと何でも美味しいお店だと思います
でも かなり気になった点が二つ
ひとつは 床がアブラでねちゃねちゃ スニーカーの裏にくっつきます
そして もうひとつは(これはお店のせいじゃないけど)
腕に絵を描いた人たちのグループがいて
Tシャツの袖を捲りあげて それを誇示してた
おとなしく静かにわからないように飲んでいればいいものを...
ふ~ 楽しさも食欲も一気に失せました



.

[PR]
by hangzhou21 | 2017-08-25 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)