2017年 08月 05日 ( 1 )

■ 晴の会

ふ~む
同じ演目でも 演出や解釈の違いで
全然違うお話しのように見える!
久しぶりに歌舞伎
ハルカスにある近鉄アート館で「第三回 あべの歌舞伎 晴の会」
演目は「東海道四谷怪談」
5月に京都春秋座で拝見した木ノ下歌舞伎と同じやねぇ...

どんな人が何を楽しみに劇場に来るのか
そこをどう予想してどう見せるのかが演出家の腕のみせどころなんでしょうね
もっとも 普通の歌舞伎なら もう決まっているから そんなこともないのか...

結局
キノカブのお客さんは必ずしも歌舞伎に精通しているわけではないので
いろいろ説明したり見せる必要があるのに
普通の歌舞伎興行なら そのへんをすっ飛ばしても構わない
どっちが面白いのかは別にして
この差は 小さくないね

民谷って悪い奴なんだけど
これを仁左衛門や菊五郎が演じると
ただ単に悪い奴だけじゃなくなるから 不思議なもんです はい
今回は お岩などを力演した千壽くんが出色でした


今夜は
大阪は淀川の花火大会
神戸でも花火があるらしく
浴衣着用の特異日のようでした
青春やねぇ...


昨日はお休みをもらっていて
夕方から武庫川コースをポタリング
途中 にわかにかき曇り 凄い夕立!
武庫川の川尻でびっしょり 目を開けていられないほどの大粒の雨に横風だった
自転車でここまで濡れたのは久しぶり
どれだけ濡れても 暑いからまだなんとかなる
ふ~
こういうことも あるよね



.

[PR]
by hangzhou21 | 2017-08-05 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)