2017年 03月 21日 ( 1 )

■ 食べすぎ

この三連休
急遽札幌へ行ったり 飲みに行ったりと忙しかった
最終日の 月曜はのんびり過ごせた
ふ~
暖かかったしね しみじみ助かりました


今朝早くから雨
雨はひさしぶり
雨粒が大きくて激しい雨だったけど
ほんとうは しとしと降る方が春らしいんだけどね
それでも
黄砂の影響(?)で汚れていたクルマや植物にはいい雨となったかな

このところの運動不足
どうも身体が重いと思っていたら
とうとう 体重もリアルに数字が上がってきた!
北海道でもいろいろ食べちゃったし
「新香園」でもおなか一杯になるまで唐揚げ食べちゃったしね
食べたら太るのは当たり前
連休中 よく歩いたけど SodaStreamで汗出してないしね
これから気をつけよう!


   + + +   + + +   + + +


読みたい新刊も出たし
札幌への移動もあったので 読んでます!

「灰色の密命(上下)」(ロバート・ゴダード 講談社文庫 ISBN9784062936217)
三部作の二作目
大戦中にパイロットだった男が主人公
そんな背景のお話しを続けて読んでいたので
アタマの中がこんがらがって困る
上巻の半分くらいでようやく「そうそうこんなお話しやった」と整理が付いた
いろいろと起こる なぞが謎を呼び 新たな展開!
でもなぁ 今までのこの書き手さんのストーリーと較べると
なんか“軽い”
そんな気がして 一気にのめりこむとまでは行かず
(面白くないワケじゃないけど)
それに 死んでしまう人が多すぎないか
で お話しはいよいよ佳境へ
ドイツのスパイの元締め レンマーの狙いは何なのか
そして マックスの父ヘンリーは結局何者だったのか?
三部作最後はスカっと終ってもらいたい!


「岳飛伝 5 紅星の章」(北方謙三 集英社文庫 ISBN9784087455519)
金軍と岳飛軍との対峙
意外なカタチで終った
それでも 時の流れ 物語りの流れは止まらない
呉用が残した遺言「岳飛を救え」の意味は?
そしてそれを実行できるのか?
続きが楽しみです!


「アトピー患者がつどう温泉」(門脇啓二 三五館 ISBN9784883206230)
アトピーとの闘いはこうも“壮絶”だったのか!
そう驚かずにはいられない

アトピーの治療に効果があるという
道北の豊富温泉についてのルポ
2~3日の湯治では意味がなく
少なくとも2~3週間の滞在が必要だそうだけど
多くの方の症状が改善されるという
一度行ってみようかな
そういえば 遥か彼方の記憶だけど 道南の島牧(だったかな?)
そこも スゴイ塩分が豊富な温泉やった(今でもあるのかな?)
「豊富温泉ミライノトウジへ行こう!」(安藤直子 子どもの未来社 ISBN9784864121187
この本を書店さんの店頭で見かけて
取り急ぎ図書館で借りて読んでみました
興味がある方には必読かと思います はい


どこかで見かけて気になっているので
忘れないようにメモしとく
「地球はもう温暖化していない」(深井有 平凡社新書 ISBN9784582857917)
そして
ラジオ文芸舘でやっていたという 北村薫「はるか」
「水に眠る」(北村薫 文春文庫 ISBN9784167586010)
こちらに収録されてる
図書館か新古書店で100円均一かな?



.
[PR]
by hangzhou21 | 2017-03-21 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)