■ 心中天の網島

木ノ下歌舞伎「心中天の網島」
正直 これって 松山へ行く“ついで”程度に思ってた
おととしの“初演”を京都で観てるしね

でも
久しぶりに 酔わせてもらった
ビリビリ来た!
初演から 演出も役者も少し替わってて 大きくシェイプアップされてた

冒頭
ハイテンションな芝居
これで向こうの世界へ一気に引きずり込まれた!
中盤以降 箪笥の中から思い出の品々が出てきて回想する一場があるんだけど
あの切り替えの見せ方 実に見事!
やっぱり ナマの舞台っていいな
しかも 手を伸ばしたら届いてしまいそうな距離感がいい
少々の難も 跳ね除けてしまう迫力が大きな魅力!
まぁ どう書いても ボクが文字にしてしまうと上手く伝わらない
とにかく 一度ご覧いただきたい
それも 歌舞伎を一度も観たことがない若い方がいいね
歌舞伎+ミュージカル 全く新しいジャンル
斬新な解釈で近松の歌舞伎(文楽)を現代劇で見せる いいねぁ
数年先にもう一度 その時点での“リクリエーション版”が観てみたい
どんなふうに進化したのかを確かめたい

キノカブは 碇知盛 勧進帳 四谷怪談と拝見したけど
ボクには この網島が一番グッと来た
京都と三重と香川の公演はすでに終了
残りは 宮崎と横浜です
詳しくは キノカブのwebで!



.

[PR]
by hangzhou21 | 2017-10-28 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ 斗鬼 ■ 明晩は「斗鬼」 >>