■ 「日本死ね!」の真実

また台風
遥か南洋に22号が発生
この週末に日本へ接近するかもしれないんだって
ふ~ もう勘弁してよ!


産休育休を経て 今月 大阪へ異動して来た元・若いのとランチ
てっきり 旦那さんの転勤でこっちに戻ったんだと思ったら
なんと 東京での“保活”にくたびれ果てて
旦那を東京へ残して 子供と一緒に本人の実家近くに帰ってきたんだって!
びっくりしたな!
話しを聞いてみると 東京での子育てって本当に大変みたい
保育所に入れる順番待ちの長い列やびっくりするほど高い保育料!
全く知らなかったけど 常軌を逸してるとしか思えない
「日本死ね!」って本当だったんだ!
幼子を抱える家庭は大変だし
母親が職場へ復帰するハードル 恐ろしく高い!
一人で生きていくのだって大変なのに
子育てってもっと大変なんだなぁ...

この元・若いのも
今は落ち着いているけど
少し前までストレスで大変だったとのこと
こんな大阪でも地元があるっていうことと併せて
親の支援ってほんと大切なんだね
ボクは何も出来ないけど お話くらいは幾らでも聴くからね


   + + +   + + +   + + +


またしても
図書館から 資料が準備できてるょって連絡がどんどん入る
どれも 楽しみに待ってたのばかり
「先生、犬にサンショウウオの捜索を頼むのですか!」(小林朋道 築地書館 ISBN9784806715382)
「本日も教官なり」(小野寺史宜 KADOKAWA ISBN9784041053904)
「ホサナ」(町田康 講談社 ISBN9784062205801)
「幻の黒船カレーを追え」(水野仁輔 小学館 ISBN9784093885690)
ほんま
ここまでドカンと固まって来ることないのに!
また 何冊かは読めないまま次の方へ渡って行くんやろうなぁ...
残念無念




.

[PR]
by hangzhou21 | 2017-10-25 23:55 | けんちゃな日記 | Comments(0)


<< ■ コナミの手続き ■ 週末はうどん県へ >>